水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
その他
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

オキナワマルチビガムシ
at 2017-12-14 21:48
冬の森たんけん(2017)
at 2017-12-12 23:07
夜磯(2017年12月)
at 2017-12-07 21:31
ヒナカマキリ
at 2017-12-05 22:05
スジヒメガムシ
at 2017-12-01 22:41
ヒョウモンダコ
at 2017-11-28 00:29
我が家の海水魚(2017)
at 2017-11-22 23:32
ニセコクロヒラタガムシ
at 2017-11-21 22:55
ムツボシツヤコツブゲンゴロウ
at 2017-11-17 00:27
海水魚採集用のタモ網
at 2017-11-13 22:54
福岡・山口の旅(2017年1..
at 2017-11-11 22:32
三浦市の海(2017年11月)
at 2017-11-09 22:33

記事ランキング

最新のコメント

> いそべさん T橋く..
by shingo-ayumi at 22:23
うーん羨ましい・・・ ..
by いそべ at 23:35
> 磯邉さん イケメン..
by shingo-ayumi at 20:07
なかなかにイケメンだねぇ..
by 磯邉 at 01:25
> おいかわ丸さん ご..
by shingo-ayumi at 22:23

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


日本産水生昆虫―科・属・種への検索


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Nikon デジタル一眼レフカメラ D610


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D ボディ EOS60D


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応

外部リンク

ファン

観音崎自然博物館


オキナワマルチビガムシ

b0348205_21375659.jpg
〈オキナワマルチビガムシ Pelthydrus okinawanus NAKANE,1982, 沖縄県〉
 2017年春に沖縄本島で撮った写真です。体長3mm程の流水域に生息するガムシです。
b0348205_21380822.jpg
〈生息地での採集の様子〉
 上の写真は2010年に先輩と後輩と3人で採集に行った時の写真です。懐かしい~笑

 オキナワマルチビガムシは、流水域でも少し淀んでいる所に生えている植物の根際や落ち葉が溜まっているような所で見られます。
b0348205_21380325.jpg
 そして、あれから7年経って、久しぶりに本種を採りに行ったのですが、あれ?…「前採った所はどこだっけ??」と分からなくなってしまいました。しかたなくまだやったことのない場所で探していると、たくさん見つけることができました。よかったよかった!


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-12-14 21:48 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

冬の森たんけん(2017)

 先日、久しぶりに地元の市民団体、ふるさと侍従川に親しむ会に行ってきました。この日は、毎年恒例の冬の森たんけんということで、横浜市金沢区と鎌倉市の間にある朝比奈の森を歩きました。
b0348205_22583300.jpg
 紅葉が綺麗でした。
b0348205_22585310.jpg
〈トゲナナフシ〉
b0348205_22585963.jpg
 トゲナナフシは最も遅い時期まで見られる昆虫の一つです。
b0348205_22590577.jpg
〈ウスバカゲロウの幼虫(アリジゴゴク)〉
 アリジゴクの観察も毎年恒例です。
b0348205_22591852.jpg
b0348205_22592438.jpg
 紅葉が美しい朝比奈切り通し
b0348205_22593797.jpg
 川で少し生きもの探しをしました。
 
 右上からヤマサナエ、ヌマエビ、モンキマメゲンゴロウ、ヒメクダマキモドキ
b0348205_22594473.jpg
 見つけた生きものを解説するだいちゃん
b0348205_22595720.jpg
 山の頂上に行って弓矢づくりをしました。富士山が少しだけ見えました。
b0348205_23000600.jpg
 放てー!!
b0348205_23001170.jpg
b0348205_23001765.jpg
〈フユイチゴ〉
 侍従川の活動に今年はなかなか参加できなかったのですが、久しぶりに参加できてよかったです☆


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-12-12 23:07 | 侍従川流域 | Comments(0)

夜磯(2017年12月)

b0348205_21195153.jpg
 12月に入って、仕事でもプライベートでも夜磯に出かけています。
b0348205_21200053.jpg
〈ミミイカ〉
b0348205_21205547.jpg
〈コバンアジ〉
 死滅回遊魚のコバンアジがまだ元気に泳いでいました。
b0348205_21210098.jpg
〈ダンゴウオ〉
 ダンゴウオはすでにたくさん出てきていました。
b0348205_21210682.jpg
 この日は、帰宅後、妻に誘われ(家で飼育している魚たちのエサ(ヨコエビやスジエビモドキ)を採りたいと言われ)、23時半の干潮を狙って近所の海に行ってきました。
b0348205_21212069.jpg
〈ホウボウ〉
 しかし、ホウボウを見つけてスイッチが入ってしまい、結局帰宅したのは2時半でした…トホホ、次の日も仕事なのに…
b0348205_21212685.jpg
 ホウボウはヒレを広げると本当に美しいですね。
b0348205_21213257.jpg
 緑と青のハネのようなヒレ☆


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-12-07 21:31 | | Comments(0)

ヒナカマキリ

b0348205_21505906.jpg
〈ヒナカマキリ Amantis nawai, 横須賀市〉
 夏の終わり頃から秋に見られるカマキリですが、12月に入っても見られることがあります。樹林内や樹林地に近い地面で多く見られます。
b0348205_21511080.jpg
  ヒナカマキリは日本で最も小さいカマキリです。
b0348205_21511615.jpg
 見ての通り、翅は微翅型といって小さいものがちょこんと付いているだけなのですが、台湾の個体群には、長翅型の個体が出現することがあるそうです。


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-12-05 22:05 | 虫いろいろ | Comments(0)

スジヒメガムシ

b0348205_22335140.jpg
〈スジヒメガムシ Hydrobius pauper SHARP,1884, 北海道〉
 去年撮影したスジヒメガムシです。名前に「ヒメガムシ」と付いていますが、普通のヒメガムシとは遠縁で、マルガムシなどに近い仲間です。
b0348205_22335789.jpg
 体長は7mm程で、ガムシの中では結構大きい方です。このくらいの大きさの水生昆虫は、個人的に写真が撮りやすいと思っているのですが、このスジヒメガムシときたら落ちつきがないわ、すぐ頭をうずめてしまうわでイライラさせます。結局辛抱できない僕は良い写真が撮れないまま妥協してしまいました…笑


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-12-01 22:41 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

ヒョウモンダコ

 少し前からヒョウモンダコを飼っています。
b0348205_00175369.jpg
〈ヒョウモンダコ〉
 地元、三浦半島の海でも夜礒に行くとしばしば出会います。しかし、狙って確実に見つけられるというわけではありません。
b0348205_00182228.jpg
 この日は、ヒョウモンダコのエサを採りに近所の海に行ってきました。
b0348205_00181564.jpg
 近所の海にはたくさんの水鳥が来ていました。
b0348205_00191495.jpg
 スジエビモドキ、ユビナガスジエビ、ヒライソガニ等を採集してきました。
b0348205_00182951.jpg
 カニゲットー!!
b0348205_00192740.jpg
 ヒョウモンダコは水槽の中でもよくエサを食べます。また、夜はよく歩き回っています。動きの中で次々と色を変えるのは見ていて飽きないものです。


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-11-28 00:29 | | Comments(0)

我が家の海水魚(2017)

 これまで撮影メインだった歩海奥さんが、今年の秋はやたらと海水魚採集・飼育にはまっていました。今年は例年に比べて黒潮の影響が少なかったのか、死滅回遊魚が少なかった印象があります。
b0348205_23105777.jpg
 9月~10月に採った魚たちは白点病に悩まされました。
b0348205_23111197.jpg
 特にチョウチョウウオの仲間は病気にかかりやすく苦戦しました。
b0348205_23104858.jpg
〈現在の我が家の海水魚水槽〉
 一度水槽をリセットしてからは比較的上手くいっています。
b0348205_23112015.jpg
b0348205_23113028.jpg
 タコとイカも入りました。 

 そういえば、少し前に作った網ですが、とても使いやすかったです!!
b0348205_23114047.jpg
 海水魚ではありませんが、我が家の一番の古株、オヤニラミくんも健在です。我が家によく遊びに来る近所のネコとはいつもにらめっこをしています!笑
 
[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-11-22 23:32 | 我が家のいきもの | Comments(0)

ニセコクロヒラタガムシ

b0348205_22461441.jpg
〈ニセコクロヒラタガムシ Chasmogenus orbus (WATANABE,1987) , 静岡県〉
 北海道から本州中部まで記録されているガムシの1種です。抽水植物が繁茂する池や湿地で見られます。
b0348205_22462271.jpg
 写真で撮ると薄っすら透けていて茶色っぽく見えるのですが、野外で採った時は黒っぽい印象があります。地元神奈川県でも出ないかなぁといつも意識しているのですが、まだ見つけられていません。


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-11-21 22:55 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

ムツボシツヤコツブゲンゴロウ

b0348205_00115890.jpg
〈ムツボシツヤコツブゲンゴロウ Canthydrus politus (SHARP,1873) , 静岡県〉
 国内に分布するゲンゴロウの中でも有数の美麗種なのではないでしょうか?国内では静岡県以西から九州にかけて分布しますが、生息地は局地的で結構珍しい種だと思います。
b0348205_00111236.jpg
 生息地は局地的なのですが、いるところにはたくさんいてひと掬いでたくさん入ることもあります。
b0348205_00113614.jpg
 しかし、大きさは上の写真の通り小さく、2.5mm程です。ただ目立つ色をしているので網に入ればすぐに分かります。
b0348205_00114300.jpg
〈生息地の様子〉
 抽水植物が繁茂する池に生息します。また真冬でも見られます。。
b0348205_00110475.jpg
〈ムツボシツヤコツブゲンゴロウ,愛知県〉
 今年の9月頃、本種を採ろうと以前採ったことのある池を探しに行ったのですが、なぜか採れなくなってしまっていたり、池そのものが無くなっていたりして、改めて本種の貴重さを感じました。いる所にはたくさんいるので、採っている時は珍しさを感じないのですが、生息地数で考えるとやはり希少種なのだと思います。


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-11-17 00:27 | ゲンゴロウ | Comments(0)

海水魚採集用のタモ網

 海水魚採集に使うためのタモ網を造ってみました。
b0348205_22520856.jpg
 造ったといっても、フレームは釣り具屋で市販されているものをそのまま使ったのですが、網はガーデニング用のものを買ってきて縫いました。

 さて、これでちゃんと採れるでしょうか・・・


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-11-13 22:54 | カメラ、機材、道具 | Comments(0)

福岡・山口の旅(2017年10月)

 少し前の話になりますが、仕事で福岡県に行ってきました。そしてそのついでに山口県まで足を伸ばし写真家のTさんにもお世話になりました。
b0348205_22150642.jpg
 写真は小倉にある水環境館です。
b0348205_22153504.jpg
 水環境館は地下にあり、すぐ横を流れる紫川の水中が観察できる仕組みになっています。なんて画期的な展示なんだ!と感激しました。
b0348205_22151715.jpg
 ちなみに小倉駅の花壇でマツムシが鳴いていました。こんな都会で、しかも僅かな土しかない花壇によくいるなぁと驚かされました。
b0348205_22155507.jpg
〈シマヒレヨシノボリ〉
 仕事は調査だったのですが、調査地でないところでも少し網を入れさせていただき生きものを採りました。
b0348205_22154927.jpg
〈ミズカマキリ〉
b0348205_22154446.jpg
〈コガタノゲンゴロウ〉
 コガタノゲンゴロウはここ数年で本当に普通種になりました。ウシガエルやザリガニがいる池でも採れます。
b0348205_22160953.jpg
左:タイワンウチワヤンマ,上:タベサナエ,下:キイロサナエ,右:オオヤマトンボ
b0348205_22160384.jpg
 一緒に行った上司のYさんが、工事現場にある黒い岩を見て言いました。

 こういう所って化石がいっぱい出るんだよねぇ~

 なんて言っていると早速↓
b0348205_22161518.jpg
 種類は分かりませんが、貝の化石が見つかりました。
b0348205_22162264.jpg
 しかもたくさん!!

 ちなみにこの時、九州には台風が接近していて、帰りはなんとか飛行機に乗れたものの羽田空港で終電をむかえ、国際線ターミナルの椅子で寝ました。こんな時、どんな場所でも熟睡できる繊細さのかけらもない僕は便利だなぁと思います 笑


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-11-11 22:32 | | Comments(0)

三浦市の海(2017年11月)

 昨日の夜、大学時代の相棒「まっつん」が我が家に来て一泊しました。まっつんは昨夜、ハムスターのガラガラとポンプの音に悩まされて寝不足だったようですが、構わず今日は三浦の海に潜りに行ってきました。三浦の海は、風が強く若干荒れていました。しかし、潜ると透明度は高く水温は低いものの死滅回遊魚も見られました。
b0348205_22211220.jpg
 今日の戦利品、フウライチョウチョウウオ。歩海採集。
b0348205_22212770.jpg
 海から上がった後は、三崎に行って海鮮丼を食べて、おやつにドーナツを買って食べ歩きました。
b0348205_22213590.jpg
b0348205_22214137.jpg
 久々に会った相棒とはゆっくり話もできてよかったです。

 また行きましょう!


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-11-09 22:33 | | Comments(0)

キンクマハムスター

 このブログらしからぬハムスターという名の生物が先日我が家にやって来ました。
b0348205_22520436.jpg
 種類は「キンクマハムスター」というゴールデンハムスターの品種だそうです。
b0348205_22523042.jpg
 ハムスターを飼うのは小学生の時以来です。普段ヘビにマウスを与えている身としては、「ハムスターなんて所詮ネズミでしょ?」というような感覚でしたが、実際飼い始めるとカワイイものです!
b0348205_22522090.jpg
 大学生の頃、恩師のK先生がハムスターを飼い始めて、子どもが産まれたからと、一時的に研究室に置いていたことがありました。普段、野生生物を扱う先生が、ハムスターをカワイイと言いながら飼っているのは意外でしたが、今ではその気持ちがよく分かります!笑 柔らかくて暖かくて昆虫とはぜんぜん違いますね!
b0348205_22523631.jpg
 ハムスターの飼育セット一式は職場仲間のアンナちゃんからもらいました。小学生の頃飼った時は、適当な鳥籠みたいなセットだったのに、最近のセットはヒーターやオシャレな器具、回してもうるさくないガラガラ(回し車?)といろいろ発展していて驚きました。
b0348205_22524398.jpg
 ウチに来た初日は、少し警戒していましたが、翌日には慣れて手の上で餌を食べるようになりました。それほど繊細な生きものではないようです。

 ちなみに名前は、キンムギ、金パチ、生チュー等を考えていたのですが、妻にすべて却下され「コムギ」になりました。

 小学生の頃飼った時は、冬に寒さで何度も仮死状態?のようになって、3年目の冬にはとうとうそのまま永眠してしまったので、冬の寒さには気を付けようと思っています


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-11-06 23:15 | 我が家のいきもの | Comments(0)

横浜のミヤマアカネ

b0348205_00092642.jpg
〈ミヤマアカネ Sympetrum pedemontanum elatum, 横浜市〉
 翅に帯があることから「ヤグルマトンボ」、「カザグルマトンボ」なんていう名前で呼ばれることもあるきれいなアカトンボです。スナアカネを探している時に見つけました。
 横浜市内では少ないトンボで、分布は西部と北部の一部に限られます。
b0348205_00091989.jpg
 この写真は2017年11月に撮影したものなのですが、この日見られたほとんどの個体は、上の写真のように地面にべたっと張り付いて日向ぼっこをしていました。接近しても逃げずにじっとしていました。
b0348205_00093375.jpg
 トンボが見られる時期も今月いっぱいくらいでしょうか。今週は晴れるようなのでトンボとりに行けたらいいなぁと思います。


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-11-06 00:21 | トンボ | Comments(0)

秋晴れ

 今年の秋は、なんだか雨ばかりだった気がします。ちなみに去年の9月も雨ばかりでしたね。夏が終わってテンションガ下がっている時に雨が続くと、ますます気分が冴えなくなってきます。
b0348205_23042934.jpg
 しかし、そんな冴えない心を吹き飛ばすような青空とオオカマキリ☆
b0348205_23043561.jpg
 カマキリは本当に画になる昆虫です。
b0348205_23105567.jpg
b0348205_23044232.jpg
 気が付けばもう11月です。11月はもう冬に向かうばかりなので、個人的には1年で一番つらい季節です・・・笑 

 気が早いけれど、早く春が来ないかなぁ~笑


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-11-02 23:10 | その他 | Comments(0)

タカチホヘビ(横須賀市)

 先日、職場で上司のYさんが「えへへ~」と言いながらやって来ました。見ると手首には細長いヒモ状のものが巻き付いていました。それを見て、そのヒモ状のものがタカチホヘビだとすぐに分かりました。
b0348205_22434440.jpg
〈タカチホヘビ,横須賀市〉
 なんでも管理員さんたちが作業中に土を掘っていると出てきたそうです。そしてそれを貰い受けたそうです。
b0348205_22432743.jpg
b0348205_22431330.jpg
 細かい鱗が美しいヘビです!!
b0348205_22435018.jpg
 それにしても職場の付近では本当によくタカチホヘビが見つかります。今年だけで何件目でしょうか。
b0348205_22433315.jpg
 ストロボを当てると青く光って見えるタカチホヘビ。繊細で美しい良いヘビです☆


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-10-31 22:53 | 両生類・爬虫類 | Comments(0)

神奈川のスナアカネ

 10月初旬のある日、昆虫写真家のオゾノさんとメールのやりとりをしている中で、「今年はスナアカネが大量に飛来しているから神奈川でも採ろう!佐野くんは三浦半島担当ね!」と言われました。
 その数日後、オゾノさんと三浦半島を回ったのですが、その時は時間も遅く天気も曇りで見つけることができませんでした(そもそもいない場所だったのかもしれませんが)。おまけにオゾノさんには「今年はチャンスだよ!今年採れなかったら恥ずかしいよ!」と言われ、ムキになって探し始めました。
b0348205_22445349.jpg
〈スナアカネ Sympetrum fonscolombei, 三浦半島〉
 それからというもの寝ても覚めてもスナアカネのことで頭がいっぱいで、仕事の合間や休みをを使ってスナアカネ探しに没頭しました。しかし、職場の周りや家の近所、また三浦半島各所を散々探したのに見つけられませんでした。
b0348205_22450397.jpg
 しかし先日、仕事が早く上がった日の昼過ぎ、上司のYさんにスナアカネがいそうなポイントを案内していただき下見をし、翌日の休みの日についに採ることができました。
b0348205_22445812.jpg
〈スナアカネが採れた水溜り〉
 台風の直後で、普段水がないところに大きな水溜りができていました。そこにはアキアカネが産卵に来ており、その中に1個体混ざっていました。
b0348205_22450859.jpg
〈スナアカネ〉
 スナアカネは、開けたコンクリート池やプール等が狙いやすいようで、今回は普段虫とりをしないような公園や観光地、霊園などの池を散々探しました。しかし、そういう場所というのは、人気も多く、「あの人、でっかい網持ってなにやってるんだろう?」というような視線の的となり、ある意味難易度の高い採集でした…笑
b0348205_22451372.jpg
 ちなみにスナアカネは、本来ユーラシア大陸、アフリカ、インドの方にまで分布があるようで、日本には偶発的に飛来する場合や台風によって運ばれてくる場合等が考えられています。しかし、同じく大陸から飛来するとされる他のアカネ属とは違い、太平洋側でも多く記録があり、日本に飛来するスナアカネはいったいどこから来ているのか?また本当に台風の影響で来ているのか?ということがまだよく分かっていないそうです。

 スナアカネは、死滅回遊魚と同じように冬には死んでしまいます。そのため見られるのも11月までかもしれません。今度は横浜方面で探してみようと思っています。


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-10-25 23:14 | トンボ | Comments(0)

カズサヨシノボリ

 今月、仕事で千葉県に行った際に採ってきたカズサヨシノボリだと思われる個体です。
b0348205_23105369.jpg
〈カズサヨシノボリ,千葉県〉
 カズサヨシノボリは、2012年にトウヨシノボリの房総型とされていたもののうち第1背鰭が長く伸びないタイプを別けて名付けられたそうです。今回採集した場所は、海までの距離が比較的近い小規模な川の中流域でした。

 ちなみに下の写真は同所的に採れたヨシノボリです。
b0348205_23151284.jpg
b0348205_23152173.jpg
 色はだいぶ違いますが、こいつらもカズサヨシノボリなのでしょうか。ヨシノボリの分類は、素人の僕にとっては本当に難しいなと感じます。


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-10-24 23:21 | 淡水生物いろいろ | Comments(0)

青いダンゴムシとイリドウィルス

 先日、職場の玄関で上司のYさんが突然「なんだこりゃ!?」と叫びました。見るとそこにはもの凄くド派手な紫色をしたダンゴムシがいるではありませんか!早速、捕まえてタッパーに入れたのですが、もともと弱っていたこともあり数時間後には死んでしまい紫色は青色に変色してしまいました。
b0348205_22515816.jpg
 後から調べたところイリドウィルスというウィルスに感染した個体は、紫や青になるそうです。
 また、通常ダンゴムシは石の下や落ち葉の下などにいるものですが、イリドウィルスに感染した個体は明るいとこに出て行くようになり、捕食者に食べられやすくなることでウィルスが広範囲に広まると考えられているようです。恐ろしいウィルスですね!!


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-10-23 00:18 | その他 | Comments(0)

ネキトンボ

 今年は、スナアカネがたくさん飛来しているということで、少しでも時間があれば探しに行く機会をうかがっています。先日も仕事で観察会をやったあと、ちょっとトンボの調査をしてから帰ります!と言って職場周辺の水辺をかたっぱしから歩き回って探してきました。そんな中で、本命でないこのトンボとはだいたいどこに行っても出会います。
b0348205_22364925.jpg
〈ネキトンボ Sympetrum speciosum, 観音崎〉
 身近に見られるアカネ属の中では、独特な色をしたトンボです。公園の池やビオトープなんかにもよく入って来ますが、入ってこない地域にはまったく入ってこなかったりよく分からないトンボです。
b0348205_22364380.jpg
 スナアカネについておしえてくださった写真家のオゾノさんには、ネキとスナはよく一緒にいるよ!と言われたのですが、僕の行動範囲内はネキばかり!そうこうしているうちに晴れ日は終わりを継げ、ここ数日は毎日雨ばかり!
 この雨は当分続くようですね。最近は毎日寝ても覚めてもスナアカネを採りにいくことばかり考えているというのにこの天気にはイライラが募ります。冬に入る前から心が荒み始めてきている気がします…笑


[PR]
# by shingo-ayumi | 2017-10-16 22:51 | トンボ | Comments(0)