人気ブログランキング | 話題のタグを見る


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域の自然
観音崎周辺の自然
称名寺の自然
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

観音崎の梅雨明け(2022年..
at 2022-06-30 18:10
観音崎周辺のヘイケボタル
at 2022-06-28 12:57
ヒラタクワガタがたくさん採れた日
at 2022-06-26 23:55
キイロヤマトンボの調査(20..
at 2022-06-22 18:15
Dorcus sp.(カンボ..
at 2022-06-20 18:00
房総半島の里山(2022年6..
at 2022-06-18 12:31
夏の訪れを感じた日
at 2022-06-17 12:04
少年時代から世話になった秘密..
at 2022-06-12 17:51
アオヤンマの採集になった
at 2022-06-11 18:00
ルリヨシノボリが採れた!?
at 2022-06-09 16:01
シマケシゲンゴロウ
at 2022-06-08 00:51
房総半島の里山(2022年6..
at 2022-06-04 18:10
観音崎にアカウミガメが漂着し..
at 2022-05-31 18:40
ウスイロシマゲンゴロウは観音..
at 2022-05-30 23:39
トウキョウサンショウウオとサ..
at 2022-05-26 18:00
サラサヤンマの新産地
at 2022-05-23 18:00
三宅島の旅(2022年5月)
at 2022-05-21 18:13
ケブカケシカタビロアメンボ
at 2022-05-20 18:00
房総半島の里山の文化と民俗を辿る
at 2022-05-10 18:21
クロスジギンヤンマの♂型♀
at 2022-05-07 20:09

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


日本の水生昆虫 (ネイチャーガイド)


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


クワガタクワジ物語


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1 MarkIII ボディー ブラック


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


Canon 超広角ズームレンズ EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM フルサイズ対応

記事ランキング

観音崎の梅雨明け(2022年6月)

観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14321803.jpg
 ヤマユリがきれいな季節になりました。観音崎では公園の市民団体の皆さんがヤマユリの保全をしているため、今年も美しい花を咲かせています。
観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14323012.jpg
 今年はこれまでになく早く梅雨明けをしました。そして梅雨が明けた途端ものすごい暑さです。

 この日は久しぶりに休日休みだったので、ミー坊の注文にお応えして観音崎公園のアスレチックに行ってきました。
観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14323494.jpg
 レッツゴー!
観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14324082.jpg
 観音崎公園のアスレチックが2022年4月から新しくなりました。観音崎公園は良くも悪くも空いていて伸び伸びとした良い公園だと思います。観音崎のためにはみんな来てーとおすすめしたいですが、個人的には空いてた方が良いです!笑
観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14324530.jpg
 暑いからアイス食べたい!
観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14325071.jpg
 ガブ
観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14330311.jpg
観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14331151.jpg
観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14331828.jpg
 あまりにも暑いので、一度家に帰ってから川に行きました。川の話は次の回で。
観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14332564.jpg
〈ミヤマクワガタ〉
 さて、夜は観音崎周辺でクワガタ調査をしています。観音崎周辺の森は博物館ボランティアの子どもたちにも協力してもらってだいぶ開拓しました。
観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14333020.jpg
 神奈川県東部のミヤマクワガタ・スジクワガタ・ヒラタクワガタの記録を集めています。また、発生時期、時期による行動、出現する時間帯、確認場所の状況なども調べています。県東部でミヤマクワガタを見つけた方は是非情報をください。
観音崎の梅雨明け(2022年6月)_b0348205_14334458.jpg
 神奈川県東部においてミヤマクワガタはこの時期が最盛期です。


# by shingo-ayumi | 2022-06-30 18:10 | 観音崎周辺の自然 | Comments(0)

観音崎周辺のヘイケボタル

観音崎周辺のヘイケボタル_b0348205_23300124.jpg
〈ヘイケボタル,横須賀市浦賀周辺〉
 あまり知られていませんが、観音崎周辺地域にもホタルの生息地があります。特にヘイケボタルは、地図には載らない小規模な湿地にも残っていることがあるので、意外と知られていない場合も多いと思います。

 この日は2カ所で調査したのですが、一カ所は確認できなくなっていました。2、3年前に幼虫を採ったことがあったので「へぇ~いるんだ~」と思っていたのですが、今年久しぶりに行ってみると環境変化があり「あぁもうダメかもしれない…」といった感じでした。そこで、前から気になっていた別の湿地に行ってみると、「おぉやはりいた!」ということで、採卵するために1♀だけいただいてきました。この湿地もだいぶ遷移が進んでいて、どのくらい持つか分かりません。近隣のビオトープなどで、なんとか地域の系統が残せないかと思っています。


# by shingo-ayumi | 2022-06-28 12:57 | 観音崎周辺の自然 | Comments(0)

ヒラタクワガタがたくさん採れた日

ヒラタクワガタがたくさん採れた日_b0348205_23290931.jpg
〈ヒラタクワガタ,千葉県〉
 先日、トンボと水生昆虫の調査で千葉に行った帰りに以前から気になっていたクヌギの巨木に立ち寄ってみた。すると一本目の樹に1個体、すぐ近くの樹に1個体の2♂のヒラタクワガタが採れたのだった。
 
 おぉーすげぇ!と喜び神奈川に帰宅したのだが、なんだかその日は「モッテル日」な気がして、地元観音崎周辺の森に行ってみることにした。すると!?
ヒラタクワガタがたくさん採れた日_b0348205_23285423.jpg
〈ヒラタクワガタ♂,横須賀市〉
 いた!本当にいた!
ヒラタクワガタがたくさん採れた日_b0348205_23285811.jpg
〈ヒラタクワガタ♀,横須賀市〉
 しかもペアで!
ヒラタクワガタがたくさん採れた日_b0348205_23291534.jpg
 僕は週の大半は虫とりをしている夢を見ている。その中でクワガタを採る夢も見るのだが、この日千葉で2♂を採り、帰り際に、いつも夢で見ているヒラタクワガタを採集するイメージが頭に浮かび、「今日はモッテる!当たる!」、「帰り寄ればまだ追加が採れる!」と思ってしまったのだった。

 そして森に入ると、本当に夢で見る通りのシチュエーションでヒラタクワガタのペアで樹にくっ付いていたのであった。さすがにこれには興奮した。

 千葉と神奈川の2県ではあるが、この日はヒラタクワガタがたくさん採れた日であった。
ヒラタクワガタがたくさん採れた日_b0348205_23292492.jpg
〈横須賀市A産〉
ヒラタクワガタがたくさん採れた日_b0348205_23305559.jpg

〈横須賀市A産〉
ヒラタクワガタがたくさん採れた日_b0348205_23294334.jpg
〈千葉県産〉
ヒラタクワガタがたくさん採れた日_b0348205_23293996.jpg

〈横須賀市B産〉
ヒラタクワガタがたくさん採れた日_b0348205_23294870.jpg
結局23時頃に帰宅し、ニヤニヤしながら妻にクワガタを見せて夢の話をすると「へぇ~幸せだねぇ~」とだけ言われたのであった。笑


# by shingo-ayumi | 2022-06-26 23:55 | 虫いろいろ | Comments(0)

キイロヤマトンボの調査(2022年6月)

キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11182641.jpg
 先日、キイロヤマトンボの調査に行ってきました。

 この場所で最後に採ったのはかれこれ14年前です。過去のポイントを辿り今年の1月にヤゴを探しに行ったのですが、その時は一個も見つかりませんでした。これはいったいどういうことだ!?と思い、今回はリベンジでした。天候は曇りでいまいちでしたが、とりあえず行ってみることにしました。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11200705.jpg
 美しい川
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11201896.jpg
〈アオハダトンボ♂〉
 アオハダトンボがそこらじゅうでヒラヒラと舞っていました。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11205369.jpg

〈アオハダトンボ♂〉
 アオハダトンボがこれほど健全にいるというのはすばらしいことです。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11202298.jpg

〈アオハダトンボ♀〉
 本当はゆっくり撮影したかったのですが、今日は何としてでもキイロヤマを確認しなくてはいけないので慌ただしく車で移動を繰り返しました。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11203355.jpg
 コヤマトンボをタモ網で捕まえまくるジョーくん。

 ヤマトンボ科のトンボがたくさん飛んでいるのですが、採っても採っても採れるのはコヤマトンボばかりでした。2005年~2008年くらいは比較的多くいたのに本当にいなくなってしまったのでしょうか。過去に採った場所や文献記録にある場所は全部ダメで新たな場所を開拓することにしました。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11203840.jpg

〈ホンサナエ〉
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11204477.jpg

〈アオサナエ〉
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11204917.jpg
 アオサナエの成虫を初めて採ったジョーくんとやぐっちゃんはこれでもう満足していました!笑
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11210640.jpg
〈キイロヤマトンボ〉
 午後15時頃、新たに開拓した場所でもコヤマトンボばかりで、みんなすっかりあきらめムードです。コヤマトンボ採りにも飽きて、ジョーくんがスルーした個体を僕が採ると、「え!キイロヤマじゃん!」とようやく最後に1個体確認することができました。よかった残ってた!
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11211698.jpg
〈左:キイロヤマトンボ/右:コヤマトンボ〉
 コヤマトンボを3人で30個体くらい捕獲して確認しましたが、キイロヤマトンボはその中の1個だけだったので相当少ないのかもしれません。キイロヤマトンボの幼虫はきれいな河川中流域のサラサラの砂地を好みますが、河川改修などで砂地が一掃されると大きな影響を受けると聞きます。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11212336.jpg
 さて、夕方は車で移動して、少し離れた里山でちょこっとだけ遊びました。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11213713.jpg
 里山の美しい風景
※採集ポイントとはまったく関係ありません!笑
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11212851.jpg

〈トウキョウサンショウウオ〉
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11213289.jpg

〈クロゲンゴロウの幼虫〉
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11214255.jpg
 そして気づけば19時!日が長くなったのですっかり遅くまで遊んでしまいました。

 帰りは3人で延々「生き物しりとり」をしながら帰りました…笑


# by shingo-ayumi | 2022-06-22 18:15 | トンボ | Comments(3)

Dorcus sp.(カンボジア・ドルクス)

Dorcus sp.(カンボジア・ドルクス)_b0348205_23491355.jpg
Dorcus sp. カンボジア産〉
 世界のクワガタムシ大図鑑のカミジョウオオクワガタ Dorcus kamijoiのページに「カンボジア南部からは、本種によく似た不明種が見つかっている(前田,2010)」という記述があり、当時カンボジアに行っていた頃だったので、近年になってもオオクワガタのような人気昆虫で不明種があるんだぁとずっと気になっていました。
 というわけで、自分で採ったわけではないですが、その不明種を手に入れたのでご紹介します。
Dorcus sp.(カンボジア・ドルクス)_b0348205_23490865.jpg
 確かに見た目はカミジョウオオクワガタにそっくりです。ちなみにネットなどでは「カンボジア・ドルクス」という名で出回っています。
Dorcus sp.(カンボジア・ドルクス)_b0348205_23492864.jpg
 アンタエウスオオクワガタとは異なり、下唇の幅が狭く、微毛が薄いというカミジョウオオクワガタの特徴にそっくりです。クワガタ図鑑にもあるようにカミジョウオオクワガタに極めて近い種なのではないかと思います。
Dorcus sp.(カンボジア・ドルクス)_b0348205_17403386.jpg
Dorcus sp.(カンボジア・ドルクス)_b0348205_23491760.jpg
 ♀も細長く、カミジョウっぽいです。
Dorcus sp.(カンボジア・ドルクス)_b0348205_23492536.jpg
 というわけで、ちょっと飼育してみたいと思います。ここ数年クワガタの飼育もやっているのですが、虫を真面目に飼って、真面目に観察していると、野生では分からない生態や行動が観察できて面白いです。あたりまえといえばあたりまえのことなのですが、これをまた採集に生かしたところです。

# by shingo-ayumi | 2022-06-20 18:00 | 虫いろいろ | Comments(0)