人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺の自然
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

冬の森たんけん(2019)
at 2019-12-09 21:19
ジュニア生物調査隊で企画展示..
at 2019-12-05 18:31
横浜の学校ビオトープで授業
at 2019-12-03 01:04
三浦半島の東京湾流入河川
at 2019-12-02 00:07
キバラコガタノゲンゴロウ(本..
at 2019-11-27 19:13
ジュウニホシキイロオオハムシ
at 2019-11-25 19:10
ハイイロゲンゴロウ
at 2019-11-23 22:23
ニセモンキマメゲンゴロウ
at 2019-11-20 23:55
ジュニア生物調査隊 ~標本づ..
at 2019-11-19 00:20
アキアカネの産卵
at 2019-11-15 22:10
11月の観音崎とウラナミシジミ
at 2019-11-14 23:24
世界のクワガタムシ大図鑑
at 2019-11-13 22:57

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

仙台の旅(2016)

b0348205_22503079.jpg
 現在ご指導いただいているY先生に、生態学会で仙台に行くことを話すと「仙台の海岸林を見て来たら?」と言われました。
 Y先生は海岸林の専門家なのです。Y先生に言われた通り仙台の海岸林を調べてみると、そこには海岸湿地もあるようで、これは水生昆虫的にも面白そうだなと思い行ってみることにしました。
b0348205_22505727.jpg
 しかし、いざ行ってみると、そこには淡水の湿地はすでになく、いまだ生々しい津波の痕が残っていました。
b0348205_22501019.jpg
 こちらは海岸林と湿地跡の横にあった干潟です。

 あれから5年、一人干潟を歩きながら当時のことを思い出しました。

 震災の直後、多くの人が震災地や原発について考えたのではないでしょうか。そして、僕が関わる自然系の保全活動や市民活動の場でもいろいろな人のいろいろな思いが入り混じり、震災をテーマにした話や現地に赴こうとする人がたくさんいました。
b0348205_22504723.jpg
 でも当時僕は、震災をテーマにしたり、現地に行こうとしたりはしませんでした。それは何か震災をネタにしているようで嫌だったのと、現地に行くことで自分を満たそうとする人や興味本位で現地に行って冷やかしに思われるのは失礼だと思ったからです。
 僕は震災の2ヶ月後に宮城県の内陸部に行く機会がありましたが、その時は余震が続く中で池に入って水生昆虫を掬うだけで、海岸部には立ち寄りませんでした。でも震災から2年後に、気仙沼で水生昆虫の調査の依頼をいただき、現地に行った時、現地の方に「当時はネタでも冷やかしでもその時は猫の手でも借りたかった!」と聞かされ、少し考えが変わりました。

 あの時は、日本中の方たちが自分に何かできることはないかと考えていました。
b0348205_22514453.jpg
 とまぁ現地の干潟と湿地跡を少しブルーな気分で歩いたのですが、上の写真の若いクロマツを見つけて、少し前向きに、当時の自分は少しひねくれていたのかなぁと反省し、今の自分なら自分に何かできることがあるか考えられるかなぁと思いながら現地を後にしました。


by shingo-ayumi | 2016-03-29 23:06 | | Comments(0)