水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

子どもたちとヨシノボリ
at 2018-09-18 18:11
観音崎周辺の生き物(2018..
at 2018-09-14 18:06
ケシゲンゴロウ
at 2018-09-13 12:16
最近の観音崎周辺(2018年..
at 2018-09-07 22:38
サイエンスカフェ~三度のメシ..
at 2018-09-04 15:41
横浜南部の里山(2018年8月)
at 2018-09-02 15:51
ハグロトンボとシオカラトンボ..
at 2018-08-31 16:58
科学喫茶 in 観音崎自然博物館
at 2018-08-27 10:16
ケシウミアメンボ
at 2018-08-12 12:13
日光の川
at 2018-08-08 23:23
アブラゼミを食べる
at 2018-08-02 23:39
ニホンマムシ
at 2018-08-01 22:53

記事ランキング

最新のコメント

> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02
オオコオイ、食べてみよ!..
by 磯邉 at 23:32
> とおりすがりさん ..
by shingo-ayumi at 11:12

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

タグ

ファン

観音崎自然博物館


歩海 VS G

 6月に入り我が家でが「G」が続出している。このブログで書くからには、「G」とは、ゲンゴロウを言う隠語であると思われるかもしれないが、一般的に「G」とはゴキブリをさす隠語であるらしい。

 僕は虫好きだが、正直ゴキブリはあまり好きではない。ちなみにクモやゲジの類も苦手だ。とはいえ、家の中に出て大騒ぎするほど嫌いでもない。南西諸島や東南アジアに行けば結構普通に出るし、1回で倒せなかったら「まぁいいか~」となってしまう。

 しかし、歩海奥様は違う!冷蔵庫に死体を入れたり、部屋に死体を転がしておいても文句を言わないできの良い妻もゴキブリだけは徹底して許さない。

 しかもゴキブリの捕獲センスはハンパなく、今までも確実かつ的確に仕留めてきた経歴を誇る。しかし、6月に入り、ちょいちょいリビングに出没するという(僕は見ていない)ゴキブリには連敗を喫していた。

 そんな今夜の夕飯時、天井近い壁を巨大なゴキブリが走り抜けて行くのを目撃した!

真吾「あぁゴキブリ!アイツがそう?」

 妻は僕の反応に回答する間もなく、オリジナルのG討伐兵器「サランラップガムテープ」を素早くこしらえると、眼つきを変えて臨戦態勢に入った。
b0348205_22362771.jpg
〈歩海オリジナル(?)G討伐兵器「サランラップガムテープ」〉

 しかし、さすがは今まで歩海奥様との戦いを優位に進めてきたゴキブリである。天井から歩海奥様目がけて飛翔した。

歩海「うわぁー飛んだ!!」

 ゴキブリはその後2、3回飛翔した後に冷蔵庫の裏に逃げ込んだ。しかし歩海奥様も負けていない。僕は呆然と食事を続けながら、見ていたテレビと歩海 VS Gの戦いの両方を見守っていた。

 しかし歩海 VS Gの戦いは熾烈を極め、見ていて思わず笑ってしまう程面白くなってきたので僕も加勢することにした。

 夫の加勢により冷蔵庫を両側から挟まれたゴキブリはさすがにスタミナが切れてきたようで動きが鈍ってきた。そして冷蔵庫の隙間から表に出てきたところにオリジナル兵器「サランラップガムテープ」が炸裂した!

しかし・・・

 サランラップガムテープは紙一重のところで外れた。おまけにガムテープ部分が冷蔵庫の方にくっついてしまいサランラップから外れてしまったのだ。

 この攻撃の不発とタイムロスが致命的となりゴキブリは無事戸棚と壁の隙間に逃げて行ったのだった。

歩海「悔しい・・・絶対とれたのに!!」

 またしても歩海奥様の敗退であった。

 それから2時間程経っただろうか、床に小さな虫が這っているのに気付いた歩海奥様は、虫を平手打ちで叩き潰した。

歩海「これなに虫?殺してもいいやつ?」

真吾「ゴキブリの1齢幼虫じゃん!繁殖許したな・・・」

歩海「げげぇサイアク!!」


 こうして、歩海VSゴキブリの勝敗は決定的になったのであった。しかし、今回の負け戦を機についに歩海将軍はG掃討作戦を決定し、一説では犯則ともいえる秘密兵器の導入を発表したのであった!

歩海「ゴキブリほいほいを買いに行こう!!」
b0348205_22213756.jpg
↑〈ゴキブリの卵のう(笑)〉
[PR]
by shingo-ayumi | 2016-06-27 23:10 | 我が家のいきもの | Comments(0)