水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

野生生物としてのハムスター
at 2018-11-14 19:26
観音崎周辺の地域を散歩(20..
at 2018-11-10 00:32
トノサマバッタ
at 2018-11-05 17:26
神奈川県西部の里山(2018..
at 2018-10-31 00:05
ムネアカハラビロカマキリ
at 2018-10-29 21:55
侍従川のクリーンアップ&調査..
at 2018-10-29 00:10
伊豆大島の旅
at 2018-10-18 02:21
テナガエビの仲間とヌマエビの..
at 2018-10-14 19:16
ハナダカダンゴムシとアズキガイ
at 2018-10-12 17:45
キタコマルガムシ
at 2018-10-11 21:59
アギトアリ
at 2018-10-10 18:30
ガサガサ&水族館づくり
at 2018-10-09 15:03

記事ランキング

最新のコメント

> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02
オオコオイ、食べてみよ!..
by 磯邉 at 23:32
> とおりすがりさん ..
by shingo-ayumi at 11:12

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

タグ

ファン

観音崎自然博物館


クロヨシノボリとシマヨシノボリ(三浦半島産)

b0348205_00023196.jpg
〈クロヨシノボリ,三浦半島〉
 三浦半島のヨシノボリについては、少し前に淡水エビと一緒に書いたのですが、あの時載せなかった写真を整理したので、淡水エビの話とは別けて、改めて書こうと思います。
b0348205_00024256.jpg
〈クロヨシノボリ 上から撮影〉
 神奈川県のレッドデータブック(2006)において、クロヨシノボリは準絶滅危惧種に指定されています。
 三浦半島ではいろいろな川で見かけますが、どの川も決して多くなく、確実にたくさん見られる場所は少ないのではないかと思います。
b0348205_00024907.jpg
〈クロヨシノボリの顔〉
 個人的に、クロヨシはシブくてカッコイイなと思います☆
b0348205_00025474.jpg
〈クロヨシノボリの多産する川,三浦半島〉
 この川はクロヨシノボリが必ず見られる川です。個体数も多いと思います。三浦半島では、距離が短く、源流・上流域からいきなり河口というようなタイプの川に多い気がします。
b0348205_00030542.jpg
 石の隙間に隠れるクロヨシノボリ
b0348205_00031766.jpg
 この川では、クロヨシノボリとシマヨシノボリが同所的に見られます(稀にルリヨシノボリも見られます)。しかし、クロヨシは、シマヨシに比べて警戒心が強いのか、カメラを向けるとすぐに逃げ出してしまいます。そのため撮影には苦労しました。シマヨシはぜんぜん逃げないのに・・・
b0348205_00032442.jpg
 ちなみにこの川においてクロヨシが見られるゾーンは決まっていて、最現流=シマヨシ、源流=シマヨシ+クロヨシ 上流=シマヨシ、といった感じです。
b0348205_00034886.jpg
〈シマヨシノボリ〉
 こちらはシマヨシです↑。
b0348205_00035853.jpg
〈シマヨシノボリ〉
 シマヨシは警戒心が薄いのか、カメラを向けてもほとんど逃げません。むしろカメラを大きな障害物と勘違いするのか、カメラの下に隠れようとすらしてきます。
b0348205_00040515.jpg
〈上:クロヨシノボリ 下:シマヨシノボリ〉
 ちなみに上の写真はクロヨシとシマヨシの比較です。ほっぺたの模様で簡単に見分けられます。
b0348205_00041276.jpg
 こっちを見ているシマヨシ。まったく逃げようとしない。
b0348205_00042082.jpg
〈ボウズハゼ〉
 ついでですが、この日はボウズハゼがたくさん見られました。ここ数年、もの凄く増えた印象があります。僕が子どもの頃は、三浦半島でボウズハゼが採れるとメチャクチャ嬉しかった記憶があります。しかし、最近はどこでも採れるようになったので、ありがたみが薄れてしまいました・・・笑 温暖化の影響で増えたという人もいます。
b0348205_00043212.jpg
〈ボウズハゼの顔〉
 ヘンな顔!!カワイイ!!
b0348205_00043791.jpg
 ちなみに、この時一緒に行ったメンバーの一人、タカハシくんは、ボウズハゼを持ち帰ったのですが、水槽から飛び跳ねて死んでしまったそうです。そうそう!ボウズハゼって飼っているとよく飛び跳ねるんですよね!


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-11-13 01:20 | 淡水生物いろいろ | Comments(0)