人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺の自然
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ジュニア生物調査隊(2019..
at 2019-08-23 13:57
ネイチャーバラエティ喫茶
at 2019-08-19 21:22
海を歩くカワアナゴ
at 2019-08-17 22:09
タケオオツクツク
at 2019-08-15 20:52
横浜南部の里山で観察会&ヤン..
at 2019-08-13 22:56
ゲンゴロウの幼虫がいる池と里..
at 2019-08-09 22:36
オオクワガタを狙う
at 2019-08-08 22:36
カブトムシの交尾器
at 2019-08-06 19:20
合宿の下見 in 中津川
at 2019-08-04 19:53
梅雨明けの観音崎(2019年..
at 2019-08-01 22:44
梅雨明けの観音崎(2019年..
at 2019-07-27 19:43
ジュニア生物調査隊(2019..
at 2019-07-24 19:32

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

「海獣の子供」の世界観

 最近、通勤の電車の中で「海獣の子供」という漫画を読み返しています。IKKIコミックに連載された五十嵐大介さんによる全5巻完結の作品です。

 あらすじとしては、人とのコミュニケーションが苦手で、学校ではうまくいかない中学生の少女、琉花(るか)が、ある時不思議な少年たちと出会います。少年たちは、ジュゴンに育てられ、生き物と交感できる力と感受性を持っています。そして、琉花は、彼らと海で起こるある出来事に巻き込まれ、ひと夏の不思議な経験をするという物語です。
b0348205_19395674.jpg
 そんな「海獣の子供」ですが、作品に登場する生き物は、現実に実在する種を用いていて、種類が分かるくらい正確に描かれているのが生き物好きとしては嬉しいところです!また、世界の民俗学や不思議な現象を取り入れて、壮大で美しい世界を表現しているのがこの作品の特徴です。


 また、作品の中では、クライマックスに向けて、不思議な自然現象が次々と起こります。その内容というのが、例えば、深海に棲むはずのメガマウスやリュウグウノツカイが砂浜に打ちあがったり、東南アジアのチョウであるアカエリトリバネアゲハが日本で見つかったり、現実世界でもぎりぎりありそうなリアルな描写となっており、漫画の世界観に引き込まれます。
b0348205_00352866.jpg
 ↑上の写真は、以前地元の侍従川でみた大型のウキゴリです。ボロボロで死んでいるようですが、かすかに生きています。海獣の子供の中でもヘリコプリオンというサメが、体組織が崩壊し、かすかに生きた状態で海中を漂っているところを発見され、「これには何か意味があるのか?」という描写があり、このウキゴリのことを思い出して「こういう状況って現実にもありそうだなぁ~」と思いました。
b0348205_19402744.jpg
 ↑上の写真は、1匹のアカエイの周りにスズキが群がり、アカエイはスズキの群れを引き連れたまま去って行ったという状況を目撃した時に撮影したものです。今でもあの現象は何だったんだろうか?と思うのですが、海獣の子供の中でも生き物や物語のカギとなる少年が、たくさんの生き物を引き連れて泳ぎ、最後は生き物たちに食べられてしまうという描写があるのです。
 まぁ、あの後、アカエイがスズキたちに食べられたとは思えませんが、どこか重なるところがある話でした。
b0348205_11081655.jpg
〈かつてジュゴンの多産地だった沖縄県の新城島〉
 島には奉納されたジュゴンの頭骨が祭られているそうです。
b0348205_11081176.jpg
〈西表島の藻場〉
 ジュゴンがいそうな西表島の藻場。現在は絶滅しましたが、こんな場所に生息していたのかもしれません。 


 他にもこの描写は生き物のこんな生態や現象をもとに表しているのでは??と思わせる部分がたくさんあります。
 また、「人間は言葉を使うことで、決められた型に無理やり押し込めて、言葉にはまらない感受を切り捨てているから世界の姿を見えにくくしている。しかし、生き物は、もっと豊かにお互いを表現し伝え合っているかもしれない」というようなことが書いてあり、う~ん確かに一理あるなぁ~と思いました。
 
 というわけで、生き物好きには是非お勧めしたい漫画です☆


 さて、ずっと前に書いたブログ記事が、最近ランキングに上がってきて、何があったのかと思ったら、2019年6月から劇場化されるのですね!楽しみです!それに便乗して少し記事に追加をしました☆
b0348205_11251269.jpg
〈神奈川県横須賀市,観音崎たたら浜〉
 この記事を最初に書いた時はまだ横浜に住んでいたのですが、横須賀市にある観音崎自然博物館に勤めだしてからは、博物館の近くに引っ越しました。そして、この観音崎自然博物館に入って最初に思ったことは「ここはリアル海獣の子供ワールドだ!」ということでした。
 ちなみに漫画の舞台となっている「えのくら水族館」のモデルは江ノ島水族館です。同じ神奈川県ですが観音崎自然博物館ではありません。
b0348205_11250731.jpg
 主人公の琉花が海沿いを自転車で走るシーンがありますが、同じような風景の中、海沿いの道を自転車で走りながら通勤する毎日は最高に爽やかです。
b0348205_11461409.jpg
b0348205_11462142.jpg
 普段穏やかな観音崎ですが、台風が来るとあたりは一変します。特に大潮の満潮と大きな台風が重なると、海は浜を覆いつくし、漂着物や魚が道路までうち上がります。台風で魚が道路にうち上がるシーンは海獣の子供にもありますね。上の写真は台風が通り過ぎて数時間後の写真ですが、直撃の時は外に出られないくらい激しい状況になります。
b0348205_11264664.jpg
〈うち上がったカツオノエボシ〉
 しかし、台風が過ぎると、浜は一瞬だけ美しい風景になることがあります。カツオノエボシやカツオノカンムリ、色とりどりの海藻等が打ちあがり美しい風景が広がります。しかし、それは本当に一瞬で、半日もしないうちに再び波に流され海に戻っていくのです。

 他にも観音崎は、時々スナメリやアカウミガメが漂着したり、博物館の幽霊の話があったり、夜光虫やウミホタルが見られたり、海獣の子供の世界観がそのまま現実になったような場所だな~と日々感じながら生活しています。


by shingo-ayumi | 2016-11-27 22:15 | その他 | Comments(0)