水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

子どもたちとヨシノボリ
at 2018-09-18 18:11
観音崎周辺の生き物(2018..
at 2018-09-14 18:06
ケシゲンゴロウ
at 2018-09-13 12:16
最近の観音崎周辺(2018年..
at 2018-09-07 22:38
サイエンスカフェ~三度のメシ..
at 2018-09-04 15:41
横浜南部の里山(2018年8月)
at 2018-09-02 15:51
ハグロトンボとシオカラトンボ..
at 2018-08-31 16:58
科学喫茶 in 観音崎自然博物館
at 2018-08-27 10:16
ケシウミアメンボ
at 2018-08-12 12:13
日光の川
at 2018-08-08 23:23
アブラゼミを食べる
at 2018-08-02 23:39
ニホンマムシ
at 2018-08-01 22:53

記事ランキング

最新のコメント

> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02
オオコオイ、食べてみよ!..
by 磯邉 at 23:32
> とおりすがりさん ..
by shingo-ayumi at 11:12

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

タグ

ファン

観音崎自然博物館


三浦半島のヌマエビ科

 以前からちょくちょく撮っていた三浦半島とその周辺で見られるヌマエビ科をまとめてみました。
b0348205_17111499.jpg

 上の段は、左からヒメヌマエビ属Caridina のヤマトヌマエビ、トゲナシヌマエビ、ミゾレヌマエビ、ヒメヌマエビです。


 下の段左端はカワリヌマエビ属 Neocaridinaのカワリヌマエビ属の1種
※神奈川県のカワリヌマエビ属は、最近シナヌマエビと呼ばれている種とミナミヌマエビの2種が知られていますが、素人の僕には2種の明確な違いが分からないので、ここではカワリヌマエビ属の1種として扱います。

 下の段中央および右端はヌマエビ属 Paratyaのヌマエビおよびヌカエビです。


 三浦半島で見られるヌマエビ科は、だいたい上記の種が主だと思われます。なお、最近は、三浦半島において南西諸島などで見られるオニヌマエビも見つかっているようですが(丸山,2015)、僕はまだ採ったことがありません。

 では、まずはヒメヌマエビ属ですが、三浦半島では主に以下の4種が見られます。
b0348205_00473412.jpg
〈ヤマトヌマエビ Caridina multidentata
 赤や青の斑点が特徴的で、アクアリウムなどでも人気の高い種です。三浦半島では主に源流域で見られます。半島内での分布は限られ、どこでも採れるわけではありません。
b0348205_00474351.jpg
〈トゲナシヌマエビ Caridina typus
 南方系の種で、南西諸島では、川や池、細流などいたる水辺で普通に見られます。三浦半島では、源流域には少なく、中流・下流域で多く見られる印象があります。最近では東京湾側に注ぐ河川でも採れるようになりました。
b0348205_16390679.jpg
〈ミゾレヌマエビ Caridina leucosticta
 ヒメヌマエビ属4種の中では最も額角が長く、体型は細長くシャープなのが特徴です。三浦半島では、比較広く分布していて中流・下流域で見られます。
b0348205_16270971.jpg
〈ヒメヌマエビ Caridina serratirostris
 体色は赤、紫、茶色、緑黒色、黒など様々なパターンがある種です。三浦半島では2011年に初記録されました(丸山,2012)。三浦半島では、いくつかの川で確認していますが、採れたのはいずれも中流域でした。また、水の流れがある所の近くにある植物帯で見られる印象があります。
b0348205_16270255.jpg
 ヒメヌマエビ属4種は、それぞれ体色に特徴があったり、額角の長さや形で容易に見分けることができます。しかし、ミゾレヌマエビは、他属の種と似ていることもあり、下記で紹介したいと思います。
b0348205_17112090.jpg

〈ミゾレヌマエビCaridina leucosticta
 ミゾレヌマエビは、中・下流域の植物が生えている所に多く見られます。和名の由来は、体の側面に白い斑点が、霙(ミゾレ)のように多数現れることから来ているそうです。しかし、このような特徴はヌマエビなどにも見られ、同定のポイントにするには難しいと思います。また、体色の変異が大きく、背筋に沿って太い白線が入る個体や白線から左右に「ハ」の字型の枝分かれが現れる個体、透明な個体など、雌雄や成長段階によって異なるので注意する必要があります。
 同定のポイントは、額角の先端で、途中で折れたような特徴的な形をしています。
b0348205_00182198.jpg

〈カワリヌマエビ属の1種 Neocaridina sp.〉
 カワリヌマエビ属の1種であるミナミヌマエビは、アクアリウムなどの飼育において人気の高い種で、西日本に広く分布しています。しかし、近年はミナミヌマエビの大陸産亜種(シナヌマエビと呼ばれている種)が外来種として多くの地域に移入されており、ミナミヌマエビと混同していることがいわれています。
b0348205_23274390.jpg
〈カワリヌマエビ属の額角〉
 額角の形状には個体差があり、額角が長い個体や短い個体、また、下縁にトゲ(鋸歯)がある個体、ない個体など様々です。三浦半島周辺で見られるものが、ミナミヌマエビなのかシナヌマエビなのか、それとも交雑種なのか僕には分かりません。
b0348205_00435340.jpg

〈左:ヌマエビ
Paratya compressa/右:ヌカエビParatya improvisa
 ヌマエビ属(ヌマエビ・ヌカエビ)は、他のヌマエビ科と違って、「眼上棘」というトゲがあります。つまり眼上棘を確認できれば、ヌマエビかヌカエビであることが絞れます。
b0348205_00434863.jpg

 次にヌマエビとヌカエビの違いですが、三浦半島では、基本的に額角の上縁にあるトゲ(鋸歯)で見るのがいいと思います。ヌマエビは眼よりも後ろまでトゲがあり、ヌカエビは眼の手前までしかありません。またヌマエビの方がトゲがしっかりしている傾向があります。三浦半島では、ヌマエビとヌカエビが混生している地域もあるので注意する必要があります。

 しかし、他地域では眼の後ろにも数個のトゲが並ぶタイプのヌカエビが知られ、トゲの位置では正確な区別ができないとされています。三浦半島でも稀に変な個体が採れて、しっかり同定する場合は、第3胸脚の指節(ツメの部分)にある小棘の数で見分ける必要があります。これについては、また改めて追加したいと思います。
b0348205_00372373.jpg
〈ヌカエビ〉
b0348205_17095769.jpg

〈ヌマエビの体色〉
 体色はメスでは透明で、背中の中央に縦線があります。また、オスでも体色は様々で、青っぽい個体や赤っぽい個体などがいます。
b0348205_15323832.jpg
〈ヌマエビ〉
 ヌマエビでも上の個体のように額角の上縁にあるトゲ(鋸歯)がヘンな付き方をしている個体もいます。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-12-26 16:56 | 淡水生物いろいろ | Comments(0)