水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

子どもたちとヨシノボリ
at 2018-09-18 18:11
観音崎周辺の生き物(2018..
at 2018-09-14 18:06
ケシゲンゴロウ
at 2018-09-13 12:16
最近の観音崎周辺(2018年..
at 2018-09-07 22:38
サイエンスカフェ~三度のメシ..
at 2018-09-04 15:41
横浜南部の里山(2018年8月)
at 2018-09-02 15:51
ハグロトンボとシオカラトンボ..
at 2018-08-31 16:58
科学喫茶 in 観音崎自然博物館
at 2018-08-27 10:16
ケシウミアメンボ
at 2018-08-12 12:13
日光の川
at 2018-08-08 23:23
アブラゼミを食べる
at 2018-08-02 23:39
ニホンマムシ
at 2018-08-01 22:53

記事ランキング

最新のコメント

> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02
オオコオイ、食べてみよ!..
by 磯邉 at 23:32
> とおりすがりさん ..
by shingo-ayumi at 11:12

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

タグ

ファン

観音崎自然博物館


ハマスナホリガニ

 昨日は大潮だったので、地元の活動仲間たちとダンゴウオを狙いに夜の磯に行ってきました。

 しかし、行ってみると海は大荒れ・・・

 「じゃぁみんな!スナホリガニ採りに行かない?♪」

 「うん・・・」 

 スナホリガニについては、少し前の投稿でご紹介しましたが、あれ以来僕はスナホリガニの魅力にとりつかれて、むしろダンゴウオよりスナホリガニの方がテンションが上がる状態になっていました。
 しかし、みんなの反応はイマイチでした・・・

 今回一緒に行ったメンバーの何人かは、僕よりぜんぜん海の生き物に詳しい人たちでしたが、スナホリガニの名前は知っているけど、見たことないしあまり興味もないし、所詮甲殻類でしょ?と言った感じでした。

 「本当に見たらカッコイイって思うから!ゲンゴロウみたいだから!」

とダマしダマし砂浜に移動しました。

 しかし、最初に行った浜ではまったく見られませんでした。そして次はそこから歩いて100m程の前回採った浜で探しました。

 僕が網で砂を引っ張ること2分(皆はあまり興味なさそうで、各々他の生き物を探していました)。
 採った砂をドチャっと浜にぶちまけると1cmくらいのハマホリガニが1匹出てきました。

「いたいたいた!!」

 さらに探すと2cmくらいの大きな個体も採れました。

「いたいたいた!!これこれ!!カッコイイでしょ?」

 気が付くと全員が、深夜2時の砂浜で狂ったように網を振るい、ぶちまけた砂に手を突っ込んでスナホリガニを探していました。先ほどまで全くノリ気じゃなかったタカハシくんに至っては、職場で展示したいから持って帰ります!と言い出す始末。このメンバーならきっとスナホリガニの魅力を共有できると思っていました!笑

 さて、2,30分で大小様々なスナホリガニが20匹くらい採れました。後から同定してみるとハマスナホリガニだということが分かりました。
b0348205_19530426.jpg
〈ハマスナホリガニ Hippa truncatifrons
 ちなみにこのハマスナホリガニですが、砂浜ならどこにでもいるというわけではなく、先にも書いたように100m程しか離れていない砂浜ではまったく採れませんでした。おそらく底質が関係しているんじゃないかなと思いました。
b0348205_19531376.jpg
 ハマスナホリガニは波打ち際に生息していて、波の動きに合わせて砂に潜ったり出てきたりを返しながら生活しているそうです。
b0348205_19532048.jpg
 砂に潜る様子
b0348205_19532670.jpg
 顔だけ出している。砂が深いと全身が見えなくなるくらい潜ります。

 ちなみに、国内のスナホリガニの仲間は3種いて、相模湾では全種類が確認されているようです。そして中にはゲンゴロウくらいの大きさの種もいるとか!これは是非見つけたいですね!!まさに海を歩くゲンゴロウにふさわしい(?)生き物です!!笑


[PR]
by shingo-ayumi | 2017-01-28 20:30 | | Comments(2)
Commented by 磯邉 at 2017-02-01 01:03 x
ゲンゴロウサイズ採りに行こうよ♪
Commented by shingo-ayumi at 2017-02-01 01:23
> 磯邉さん
ミナミスナホリガニってやつだそうです!!ナミゲンサイズ絶対ほしいですよね!!笑