水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

野生生物としてのハムスター
at 2018-11-14 19:26
観音崎周辺の地域を散歩(20..
at 2018-11-10 00:32
トノサマバッタ
at 2018-11-05 17:26
神奈川県西部の里山(2018..
at 2018-10-31 00:05
ムネアカハラビロカマキリ
at 2018-10-29 21:55
侍従川のクリーンアップ&調査..
at 2018-10-29 00:10
伊豆大島の旅
at 2018-10-18 02:21
テナガエビの仲間とヌマエビの..
at 2018-10-14 19:16
ハナダカダンゴムシとアズキガイ
at 2018-10-12 17:45
キタコマルガムシ
at 2018-10-11 21:59
アギトアリ
at 2018-10-10 18:30
ガサガサ&水族館づくり
at 2018-10-09 15:03

記事ランキング

最新のコメント

> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02
オオコオイ、食べてみよ!..
by 磯邉 at 23:32
> とおりすがりさん ..
by shingo-ayumi at 11:12

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

タグ

ファン

観音崎自然博物館


北関東の里山(2018年5月、6月)

b0348205_20290994.jpg
 今年の5月後半から6月は、生き物仲間のウチダくん、クシイくんの案内で北関東に通っていました。ちなみに上の写真の田んぼは、見た目はきれいですがザリガニだらけでした…。
b0348205_20292565.jpg
〈カトリヤンマとシマゲンゴロウ〉
 地元神奈川では減少が著しい2種ですが、神奈川に比べればずいぶん残っている印象がありました。
b0348205_20293546.jpg
〈タガメの卵塊〉
 このあたりはタガメが広く分布しているのですが、驚いたのは、田んぼに設置された防獣ネットに産卵している光景が多く見られたことです。最近、多くの場所で防獣シートが張られるようになりましたが、タガメがシートに産卵するのは最近ならではの光景ではないでしょうか。
b0348205_20361370.jpg
〈休耕田に集まっていたタガメ〉
 休耕田に集まっていました。個体数をカウントして逃がしました。
b0348205_20294961.jpg
〈キイロサナエの幼虫〉
 田んぼの横の水路には、キイロサナエの羽化殻がたくさん見られました。水路を掬うとたくさんのヤゴが採れました。写真の個体は来年羽化するものだと思われます。
b0348205_20295512.jpg
〈オゼイトトンボ〉
 次は、湿地に移動しました。
b0348205_20300058.jpg
〈モートンイトトンボ〉
 もの凄い数のモートンイトトンボがいました。湿地のトンボです。
b0348205_20300753.jpg
〈ネクイハムイシの1種〉
b0348205_20301295.jpg
〈ウシガエル〉
 しかし、気になったのは、かなり広範囲でウシガエルやアメリカザリガニ等の外来種が入っていることでした。特に池はほとんどの場所に入っていて、タガメやゲンゴロウはよく生き残っているなぁと思いました。とはいえ、やはりウシガエルやザリガニがいる池でタガメやゲンゴロウは見られませんでした。
b0348205_20303332.jpg
 さて、今度はまた違う地域で、時期も6月下旬です。
b0348205_20303830.jpg
 この田んぼは見た目は良いのですが、近くに茶畑があるせいなのか(茶畑ではたくさんの農薬を撒きます)昆虫がほとんどいませんでした。
b0348205_20311174.jpg
〈オオイトトンボ〉
 クシイくんに案内していただき、池にやってきました。ウシガエルやザリガニが入っていない池です。
b0348205_20311543.jpg
〈モノサシトンボ〉
b0348205_20312340.jpg
〈ゲンゴロウの幼虫〉
 ゲンゴロウ(ナミゲンゴロウ)の幼虫です。
b0348205_20313576.jpg
 この日は、1齢から終齢までの幼虫が見られました。関東のナミゲンは、タガメよりも分布が限られるので貴重な生息地です。
b0348205_20313907.jpg
 前の投稿でも書きましたが、一見透明度の高い池でもカメラを沈めると意外にも浮遊物が多くうまく撮れないことがあります。止水域での水中撮影の難しさを感じています。
b0348205_20315871.jpg
〈コサナエ〉
 神奈川ではかなり貴重なコサナエですが、このあたりでは池があればだいたいの場所で見られました。外来種がいてもあまり影響はなさそうです。
b0348205_20320310.jpg
 採った生きものを撮影する山田さん
b0348205_20321388.jpg
〈タカネトンボの幼虫〉
b0348205_20322575.jpg
 農道にできたタイヤの跡に水が溜まっています。

 そこを覗くと↓
b0348205_20322963.jpg
 アカハライモリがいました。山田さんが「えぇー!ここは沖縄かぁ!」と叫んでいました。沖縄や奄美では、このような林道の水溜りにシリケンイモリがいます。
b0348205_20324762.jpg
〈オオオバボタル〉
b0348205_20325272.jpg
〈ニホンカワトンボ〉
 というわけで、今年はずいぶん通いました。まだまだいろいろ回って調査した場所はたくさんありますが、これから少しずつやっていきたいと思います。案内してくれたウチダくん、クシイくんに感謝です。


[PR]
by shingo-ayumi | 2018-06-30 21:12 | 田んぼ・里山 | Comments(0)