水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ヒメケシゲンゴロウ
at 2018-12-14 18:14
里山の取材(2018年12月)
at 2018-12-10 02:00
横浜西部の田んぼ(2018年..
at 2018-11-23 22:36
黒バック写真を撮る
at 2018-11-19 17:36
野生生物としてのハムスター
at 2018-11-14 19:26
観音崎周辺の地域を散歩(20..
at 2018-11-10 00:32
トノサマバッタ
at 2018-11-05 17:26
神奈川県西部の里山(2018..
at 2018-10-31 00:05
ムネアカハラビロカマキリ
at 2018-10-29 21:55
侍従川のクリーンアップ&調査..
at 2018-10-29 00:10
伊豆大島の旅
at 2018-10-18 02:21
テナガエビの仲間とヌマエビの..
at 2018-10-14 19:16

記事ランキング

最新のコメント

> 田中さん コメント..
by shingo-ayumi at 17:39
山口県でも息子(小1)が..
by 田中 at 13:44
> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

ファン

観音崎自然博物館


ムネアカハラビロカマキリ

b0348205_21243550.jpg
〈ムネアカハラビロカマキリ Hierodula sp.,神奈川県〉
 外来種のムネアカハラビロカマキリを観察してきました。少し前に、神奈川県立生命の星・地球博物館の苅部さん・加賀さんの調査で、輸入された竹箒に付着した卵のうが孵化して広まったことが分かり、yahoo!ニュース等でも話題になりました。
b0348205_21243980.jpg
 ハラビロカマキリに近い種ですが、ハラビロカマキリより大型で、「ムネアカ」の名前の通り胸が赤っぽいのが特徴です。
 実際に野外で見ると、思った以上に大きい印象があり、さらにクリーム色っぽい黄緑色がかなり目立ちます。
b0348205_21245455.jpg
 ムネアカハラビロカマキリが侵入した地域では、普通のハラビロカマキリが駆逐されるそうです。
b0348205_21245851.jpg
 死体
b0348205_21250357.jpg
 苅部・加賀(2017)では、10月上旬から路上を歩く個体や轢死体を確認することが多くなったとされていますが、この日も路上を歩く個体が観察されました。
 
 9月中旬に同じ場所を訪れた時は1個体も確認できなかったのですが、10月下旬になるといたるところで見られました。上記の報告で言われているように、季節や成長の状態で行動に変化があるようです。
b0348205_17144280.jpg
 ちなみに、ムネアカハラビロカマキリは、ハリガネムシが出てきやすいことでも知られているそうです。 
b0348205_21250874.jpg
 数年前に苅部さん、加賀さんにムネアカハラビロカマキリの話を聞いて以来、地元でもチェックしていますが、横浜南部や三浦半島では今のところ普通のハラビロカマキリしか見かけないので、ムネアカハラビロカマキリはまだ侵入していないのではないかと思っています。

苅部治紀・加賀玲子, 2017. 神奈川県西部における外来種ムネアカハラビロカマキリの拡散状況
(おもに2016 年度夏季―秋季の調査から). 神奈川県立博物館研究報告(自然科学), (46): 71-77.


[PR]
by shingo-ayumi | 2018-10-29 21:55 | 外来種 | Comments(0)