人気ブログランキング | 話題のタグを見る


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域の自然
観音崎周辺の自然
称名寺の自然
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

観音崎の梅雨明け(2022年..
at 2022-06-30 18:10
観音崎周辺のヘイケボタル
at 2022-06-28 12:57
ヒラタクワガタがたくさん採れた日
at 2022-06-26 23:55
キイロヤマトンボの調査(20..
at 2022-06-22 18:15
Dorcus sp.(カンボ..
at 2022-06-20 18:00
房総半島の里山(2022年6..
at 2022-06-18 12:31
夏の訪れを感じた日
at 2022-06-17 12:04
少年時代から世話になった秘密..
at 2022-06-12 17:51
アオヤンマの採集になった
at 2022-06-11 18:00
ルリヨシノボリが採れた!?
at 2022-06-09 16:01
シマケシゲンゴロウ
at 2022-06-08 00:51
房総半島の里山(2022年6..
at 2022-06-04 18:10
観音崎にアカウミガメが漂着し..
at 2022-05-31 18:40
ウスイロシマゲンゴロウは観音..
at 2022-05-30 23:39
トウキョウサンショウウオとサ..
at 2022-05-26 18:00
サラサヤンマの新産地
at 2022-05-23 18:00
三宅島の旅(2022年5月)
at 2022-05-21 18:13
ケブカケシカタビロアメンボ
at 2022-05-20 18:00
房総半島の里山の文化と民俗を辿る
at 2022-05-10 18:21
クロスジギンヤンマの♂型♀
at 2022-05-07 20:09

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


日本の水生昆虫 (ネイチャーガイド)


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


クワガタクワジ物語


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


OLYMPUS ミラーレス一眼カメラ OM-D E-M1 MarkIII ボディー ブラック


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


Canon 超広角ズームレンズ EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM フルサイズ対応

記事ランキング

キイロヤマトンボの調査(2022年6月)

キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11182641.jpg
 先日、キイロヤマトンボの調査に行ってきました。

 この場所で最後に採ったのはかれこれ14年前です。過去のポイントを辿り今年の1月にヤゴを探しに行ったのですが、その時は一個も見つかりませんでした。これはいったいどういうことだ!?と思い、今回はリベンジでした。天候は曇りでいまいちでしたが、とりあえず行ってみることにしました。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11200705.jpg
 美しい川
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11201896.jpg
〈アオハダトンボ♂〉
 アオハダトンボがそこらじゅうでヒラヒラと舞っていました。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11205369.jpg

〈アオハダトンボ♂〉
 アオハダトンボがこれほど健全にいるというのはすばらしいことです。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11202298.jpg

〈アオハダトンボ♀〉
 本当はゆっくり撮影したかったのですが、今日は何としてでもキイロヤマを確認しなくてはいけないので慌ただしく車で移動を繰り返しました。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11203355.jpg
 コヤマトンボをタモ網で捕まえまくるジョーくん。

 ヤマトンボ科のトンボがたくさん飛んでいるのですが、採っても採っても採れるのはコヤマトンボばかりでした。2005年~2008年くらいは比較的多くいたのに本当にいなくなってしまったのでしょうか。過去に採った場所や文献記録にある場所は全部ダメで新たな場所を開拓することにしました。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11203840.jpg

〈ホンサナエ〉
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11204477.jpg

〈アオサナエ〉
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11204917.jpg
 アオサナエの成虫を初めて採ったジョーくんとやぐっちゃんはこれでもう満足していました!笑
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11210640.jpg
〈キイロヤマトンボ〉
 午後15時頃、新たに開拓した場所でもコヤマトンボばかりで、みんなすっかりあきらめムードです。コヤマトンボ採りにも飽きて、ジョーくんがスルーした個体を僕が採ると、「え!キイロヤマじゃん!」とようやく最後に1個体確認することができました。よかった残ってた!
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11211698.jpg
〈左:キイロヤマトンボ/右:コヤマトンボ〉
 コヤマトンボを3人で30個体くらい捕獲して確認しましたが、キイロヤマトンボはその中の1個だけだったので相当少ないのかもしれません。キイロヤマトンボの幼虫はきれいな河川中流域のサラサラの砂地を好みますが、河川改修などで砂地が一掃されると大きな影響を受けると聞きます。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11212336.jpg
 さて、夕方は車で移動して、少し離れた里山でちょこっとだけ遊びました。
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11213713.jpg
 里山の美しい風景
※採集ポイントとはまったく関係ありません!笑
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11212851.jpg

〈トウキョウサンショウウオ〉
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11213289.jpg

〈クロゲンゴロウの幼虫〉
キイロヤマトンボの調査(2022年6月)_b0348205_11214255.jpg
 そして気づけば19時!日が長くなったのですっかり遅くまで遊んでしまいました。

 帰りは3人で延々「生き物しりとり」をしながら帰りました…笑


by shingo-ayumi | 2022-06-22 18:15 | トンボ | Comments(3)
Commented by 田中 at 2022-06-23 17:17 x
1/30とは!キイロヤマとても少なかったのですね。
アオハダトンボやホンサナエなどとても良い環境に思えますが以前の多産していた時と何か変化がありましたでしょうか。
Commented by shingo-ayumi at 2022-06-24 08:49
> 田中さん
見た目はそれほど変わらなかったのですが、ところどころフトン籠など河川改修された痕があったので、その時に一度砂地にダメージがあって、現在は見た目は回復したけど、キイロヤマは回復していないというような感じなのかなと思いました(><)
Commented by 田中 at 2022-06-24 16:41 x
有難うございます。参考にさせて頂きます。しかし見た目が変わらないのであればいるいないの判断はかなり難しいですね。