人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域の自然
観音崎周辺の自然
称名寺の自然
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ハコネサンショウウオの観察(..
at 2020-04-05 20:49
三浦半島の里山(2020年4月)
at 2020-04-04 19:12
侍従川の桜(2020年4月)
at 2020-04-03 17:30
ジュニア生物調査隊3期生と特..
at 2020-03-31 19:58
観音崎自然博物館のまわり(2..
at 2020-03-27 19:52
1年ぶりの称名寺(2020年..
at 2020-03-26 20:15
三浦半島の里山(2020年3..
at 2020-03-25 23:01
侍従川のクリーンアップ&調査..
at 2020-03-23 20:37
アンピンチビゲンゴロウ
at 2020-03-19 18:50
三浦半島の里山(2020年3月)
at 2020-03-17 20:12
ウーパー系赤ちゃん
at 2020-03-14 20:17
引地川流域めぐり(2020年..
at 2020-03-12 21:16

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


日本の水生昆虫 (ネイチャーガイド)


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


クワガタクワジ物語


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

カテゴリ:川( 21 )

引地川流域めぐり(2020年3月)

 先日、昔からお世話になっているIさんと、神奈川県大和市のいずみの森しらかしの家とその周辺で活動している皆さんに引地川流域を案内していただきました。
引地川流域めぐり(2020年3月)_b0348205_17163313.jpg
〈ホソミイトトンボ〉
 この日は暖かく、集合場所のすぐ近くでホソミイトトンボが飛び回っていました。
引地川流域めぐり(2020年3月)_b0348205_17163970.jpg
 ホソミイトトンボも近年では、すっかり県内各地で見られるようになりました。

 さて、最初は源流域を案内していただきました。2か所の源流域に行ったのですが、教科書通りと言っていいほど見事に、環境の違いでオニヤンマとヤマサナエが棲み分けをしていました。
引地川流域めぐり(2020年3月)_b0348205_17165769.jpg
 このような↑緩やかな細流では10:1くらいの割合でオニヤンマが優先し・・・
引地川流域めぐり(2020年3月)_b0348205_17164446.jpg
 このように↑少し川幅があって砂泥が溜まったような流れでは10:1くらいの割合でヤマサナエが優先していました。すぐ近くなのにここまで顕著に環境と種組成の差が出るというのは気持ちが良いものです。
引地川流域めぐり(2020年3月)_b0348205_17170444.jpg
〈オニヤンマの幼虫〉
引地川流域めぐり(2020年3月)_b0348205_17164940.jpg
〈ヤマサナエの幼虫〉
 この2か所は、いずれもヤゴの個体数が多く、30分くらいで100匹くらいのヤゴが採れました。これほど多ければ個体数の比較も分かりやすく、環境による選好性を見るにはすばらしい場所だなと思いました。
引地川流域めぐり(2020年3月)_b0348205_17171143.jpg
〈サワガニ〉
引地川流域めぐり(2020年3月)_b0348205_09254455.jpg
 オタマジャクシもいっぱい
引地川流域めぐり(2020年3月)_b0348205_17171690.jpg
 午後は中流にいきました。
引地川流域めぐり(2020年3月)_b0348205_17172560.jpg
〈オオヨシノボリ〉
 三浦半島では滅多に見られないので、大きい個体が採れるとちょっとうれしいヨシノボリです☆
引地川流域めぐり(2020年3月)_b0348205_17183492.jpg
 中流で採れたヤゴ

 というわけで、お世話になった皆様ありがとうございました。次回は5月?ですかね☆


by shingo-ayumi | 2020-03-12 21:16 | | Comments(0)

境川流域めぐり(2019年12月)

境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21222292.jpg
 先日、境川流域で活動をしているTさんとIさんに声をかけていただき、境川流域巡りをしてきました。

 境川は県中部を流れ、江ノ島付近を河口に持つ、神奈川では比較的大きな河川です。境川の本流は、三面コンクリの場所が多いのが特徴的です。
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21225920.jpg
川の中
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21224354.jpg
 それでも、網を入れればいろいろな生き物が見つかります。
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21224901.jpg
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21231721.jpg
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21232615.jpg
 採れた生き物を確認しました。
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21240157.jpg
 ナマズ
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21235020.jpg
 後から調べてもらったところ、トウヨシノボリではないかとのことでした。神奈川の川は、カワヨシノボリやオウミヨシノボリなど、ヘンな種が採れることがあるので、同定には自信がありません。
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21242326.jpg
 こちらは支流です。
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21253921.jpg
 何が採れたかな?
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21255747.jpg
 オナガサナエ、ミヤマサナエ、ダビドサナエ、ヤマサナエ、ハグロトンボが見られました。私が中学生くらいまでは、オナガサナエやミヤマサナエは相模川まで行かないと採れませんでしたが、ここ10数年でずいぶん広まってきたなと思います。
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21255006.jpg
〈ドンコ〉
 近年、ドンコが増えているそうです。誰が放流したのか、止水域にも侵入して、一部の池ではヨシノボリが激減したそうです。困ったものです。
境川流域めぐり(2019年12月)_b0348205_21261074.jpg
 最後にナガエミクリの群落を案内していただき、この日は解散しました。


by shingo-ayumi | 2019-12-23 21:43 | | Comments(0)

三浦半島の東京湾流入河川

 今年の秋は河川敷での調査が多く、極度の花粉症の僕はついに先日限界を超えて蓄膿症になってしまいました。河川敷って花粉やらホコリやらが酷いんですよね。

 というわけで、せっかくの休みをベッドの中で過ごし、1日をムダにしてしまったため、一昨日はそれを取り戻すために鼻をズルズル啜りながらフィールドに出てきました。鼻が詰まっているというのはなんとも調子が良くなく、体が重いというか頭が重いというか、ボーっとして感覚が鈍ります。

 さて、この日は三浦半島の東京湾流入河川を回ってきました。
三浦半島の東京湾流入河川_b0348205_23252861.jpg
〈横須賀市の沢〉
 横須賀市のとある源流域にやってきましたが、秋の台風被害がそのままになっていました。
三浦半島の東京湾流入河川_b0348205_23253050.jpg
 また、外来のイノシシの勢力も拡大しつつあり、水辺の近くはヌタ場と化していました。
三浦半島の東京湾流入河川_b0348205_23254094.jpg
〈オニヤンマ〉
三浦半島の東京湾流入河川_b0348205_23254627.jpg
〈ヤマトクロスジヘビトンボ〉
三浦半島の東京湾流入河川_b0348205_23255462.jpg
 モンキマメゲンゴロウとヌマエビがいる場所を見つけました。三浦半島の源流域は、ヌマエビがいる所とヌカエビがいる所、両種ともいる所があります。ちゃんと分布を調べたら結構面白いのではないかと思っています。
三浦半島の東京湾流入河川_b0348205_23254941.jpg

〈ヤマトヌマエビ〉
 三浦半島の東京湾流入河川では生息地が限られています。東京湾側では結構珍しいと思います。

 この日は4か所の源流域で採集をしてきたのですが、3か所目で、自分としては情けないくらい豪快に滑ってコケました!笑
 岩に足を乗せたところ、ツルっと足を滑らし、タモ網がどっかに吹っ飛んで行くのが分かりました。でもその滑りコケる瞬間が一瞬スローモーションになり、「やべ!このままじゃ岩に頭を打つ!」と感じ、受け身の前にとっさに手が出て、手前の岩に手を付き、付いた手の甲に頭を打ちました。しかし、手を先に出したために、体の受け身が間に合わず、太ももと右腕を打ち、手の甲でガードした頭の反動が首に来て、寝違えたようになってしまいました。我ながら運動神経はなかなかだと思っていたのですが、人に見られたら恥ずかしいくらい豪快にすべり「あ~もうこれは鼻が詰まっているせいだ…」と自分に言い訳をしたのでした。



by shingo-ayumi | 2019-12-02 00:07 | | Comments(4)

合宿の下見 in 中津川

合宿の下見 in 中津川_b0348205_11532053.jpg
 8月の終わりに観音崎自然博物館ジュニア生物調査隊は、神奈川県愛川町で合宿をおこないます。
 そこで、この日はジュニア隊スタッフのみんなと現地の下見に行ってきました。
合宿の下見 in 中津川_b0348205_16402931.jpg
 メタセコイアの爽やかな並木道。
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11533363.jpg
 宿泊地の下見
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11534272.jpg
 なんかいろいろくっつけて・・・
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11540129.jpg
 川では、シュノーケリングと安全講習をおこないました。
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11541186.jpg
 講習は、ジュニア隊スタッフのオオクボさんがプロなので、いろいろご指導いただきました。
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11541888.jpg
 活動する場所も慎重に選んできました。
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11542591.jpg
 今回のジュニア隊合宿のテーマは「川で採集」です!シュノーケリングも安全講習も「川遊び」のためではなく、生き物を採るための技術力アップとしてやっていきたいと思っています。というわけなので、「シュノーケリングで生き物を採る!」というのが合宿の最終目標です。
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11545710.jpg
 とは言え、川での遊びも大事なので、飛び込みもやりたいと思っています(大した飛び込みではありませんが)。
 いくつかの目標を用意して、今回の合宿で目標のどれかを達成してもらいたいと思っています。
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11553166.jpg
シュノーケリング
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11553896.jpg
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11560832.jpg
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11555412.jpg
 これまでたたら浜でジャックナイフを練習してきたアンナちゃんは、今回、ジャックナイフを習得した様子を披露してくれました☆
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11562647.jpg
 肝心の生き物は、アユやカワムツ、カジカ、トウヨシノボリ、ヌマチチブ、ハグロトンボ、オナガサナエ、コオナガミズスマシ等が見られました。本番は8月下旬なので、少し見られる種が変わっているかもしれませんね。
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11561712.jpg
 寒そうな女性陣。炎天下でしたが、水の中はかなり冷たかったです。
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11563306.jpg
〈タイトル:シンゲキの巨人 カジくん撮影〉
 体が冷えたら石やコンクリに体をくっつけて温まります。
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11564165.jpg
合宿の下見 in 中津川_b0348205_11565292.jpg
 ブログに載せた写真はみんな笑顔で楽しそうですが、実際は、雨の場合はこの林道にしよう!川流れ講習はここがいいけど、シュノーケリングはここにしよう!帰り道はこっちの道にしよう!夜はこっちで観察しよう!といった感じで、炎天下の中散々歩き回り、川にも入り、重い荷物を背負って坂道を登り、最後駐車場に戻ってきた時は、全員の顔が暑さと疲労で歪んでいました…笑
 みなさんハードな下見にお付き合いいただいてありがとうございます!笑 本番もよろしくお願いします☆もちろん子どもたちも去年以上にハードになると思うので頑張りましょう!!☆


by shingo-ayumi | 2019-08-04 19:53 | | Comments(0)

相模川で水生昆虫調査(2019年7月)

 最近仕事が忙しく、さらにずーっと雨で、せっかくの休みも毎回雨、雨、アメ…。
相模川で水生昆虫調査(2019年7月)_b0348205_23122360.jpg
〈コオニヤンマ〉
 この日も雨が降っていましたが、もう我慢ならず雨天決行で、大学時代の恩師K先生と、水生半翅のことで日ごろお世話になっているH先生と3人で、相模川に水生昆虫調査に行ってきました。
相模川で水生昆虫調査(2019年7月)_b0348205_23123848.jpg
  雨が続いていることもあり川は増水していました。
相模川で水生昆虫調査(2019年7月)_b0348205_23125867.jpg
〈クビボソコガシラミズムシ〉
相模川で水生昆虫調査(2019年7月)_b0348205_23125461.jpg
〈ギンイチモンジセセリ〉
相模川で水生昆虫調査(2019年7月)_b0348205_23130339.jpg
 この日は、ある水生半翅類を探しにきました。そして無事採集することができました。
相模川で水生昆虫調査(2019年7月)_b0348205_23130892.jpg
相模川で水生昆虫調査(2019年7月)_b0348205_23131649.jpg
〈キベリマメゲンゴロウ〉
相模川で水生昆虫調査(2019年7月)_b0348205_23132113.jpg
〈ツマキレオナガミズスマシ〉
 なんだかんだ虫とりに行くとどんよりした気分も晴れるもんです!また、先生方と久しぶりにいろいろお話できて楽しかったです☆


by shingo-ayumi | 2019-07-18 23:29 | | Comments(0)

日光の川

日光の川_b0348205_23171799.jpg
 少し前の話になりますが、栃木県日光市の川に行ってきました。
日光の川_b0348205_23172316.jpg
 網の柄の先にアキアカネがとまりました。
日光の川_b0348205_23173032.jpg
 本流から少しそれたところに淀みがありました。透明度が高く水温の低い水辺でした。
日光の川_b0348205_23173689.jpg
 ヤマアカガエルがいました。
日光の川_b0348205_23174367.jpg
 チャイロシマチビゲンゴロウがたくさんいました。
日光の川_b0348205_23174846.jpg
 個体によって様々なパターンがあります。個人的には黒味が強い個体がシブくてカッコイイと思っています。
by shingo-ayumi | 2018-08-08 23:23 | | Comments(0)

夏合宿の下見で三浦半島の川へ

夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18043693.jpg
 8月に職場で、子ども向けの合宿をおこなうのですが、この日は合宿に向けてスタッフの皆さんと現地の下見に行ってきました。
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18044686.jpg
 子ども向けの合宿とは言え、講座なのですでに何度も顔を合わせている子たちです。なので、観察会や体験学習とは違い、ガシガシとハードな合宿にするつもりです!

 講座の目的は、受講生が将来、仕事でもライフワークでも何かしら自然や生き物に関わる活動をするような人材を育てるというものなのですが、それはまだまだずっと先の話で、まずその前段階である、生き物や自然と関わるうえで大切な「強くたくましい子になってほしい!」というのが当面の目標です。

 絶対に出会いたい生き物を見つける時や生き物の生態や行動の瞬間に立ち会うには、時に強く野蛮な行動やメンタルが結果をもたらすことがあります。そういう行動をすることが偉いのでも勧めるのでもなく、生き物と向き合うという目的のためのたくましさを持ってもらいたいなと思っています。
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18045666.jpg
〈出発!!〉
 というわけで、この日は歩きでどこまで川をさかのぼることができるか?生き物は何が出ているか?というのを見るための下見でした。
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18051846.jpg
〈オオアメンボ〉
 日本最大のアメンボ、オオアメンボです。オオアメンボは簡単に採れますしインパクトもあるので、是非子どもたちにも見てもらいたい生き物です。
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18055964.jpg
〈オキナワイトアメンボ〉
 マイナーな生き物にもスポットを当てたいですね。
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18061222.jpg
 何かいるのかな?
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18062179.jpg
〈コオニヤンマの羽化殻〉
 春から初夏に出るアサヒナカワトンボやヤマサナエの姿をチラホラ見かけましたが、もうお終いといった感じで、これからの時期は夏のトンボが出現します。
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18063280.jpg
〈コシボソヤンマ幼虫〉
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18144149.jpg
〈コヤマトンボ幼虫〉
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18151147.jpg
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18153539.jpg
 一休み
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18155478.jpg
 休憩ポイントや昼食ポイントもチェックしました。
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18160114.jpg
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18160861.jpg
〈オナガミズスマシ〉
 貴重な生き物がなぜ貴重なのか?この地域では貴重なんだ!というようなことも伝えたいと思っています。
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18162363.jpg
〈オイカワ〉
 スタッフのお兄さんお姉さんたちは楽しく採集していました☆
 
 スタッフで参加している時はなかなかゆっくりできないので、この日はフィールドを楽しんでもらえた?のではないかと思います。
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18161603.jpg
 今回集まってくれたスタッフの皆さんは、各自普段からフィールドに行っているメンバーだったので、いろいろ生き物を見つけてくれました☆
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18170274.jpg
 帰りは少しだけ寄り道をして、棚田を見て帰りました。
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18163867.jpg
〈葉山町の棚田〉
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18165496.jpg
夏合宿の下見で三浦半島の川へ_b0348205_18171032.jpg
 皆さんお疲れさまでした。またよろしくお願いします☆


by shingo-ayumi | 2018-07-09 18:51 | | Comments(0)

西丹沢の川(2018年2月)

西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00234509.jpg
 先日、生き物仲間の山田陽治さんと二人で、両生類の写真をとるために丹沢に行ってきました。
西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00233893.jpg
ニホンジカの糞
 
 天気も良く、山を登り始めた時は爽快だったのですが、標高が上がるにつれて景色が変わり始めましたまさかここまで雪が積もっているとは…この時期としては例年より雪が多い気がします。雪道を歩く装備ではなかったので、目的地に向かうにも通常の倍くらい時間がかかりました。
西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00235549.jpg
 雪に埋まる山田さん。
西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00235077.jpg
 沢もこの通り、雪に埋もれて水辺がどこにあるのか分からない状態でした。そのため、目的だったヒダサンショウウオとナガレタゴガエルは断念して、次のポイントに向かうことにしました。
 次の沢も雪に埋もれて水辺が見えない状態でしたが、一部、僅かに水辺が露出しているのを見つけて生き物を探してみることにしました。
 
西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00240212.jpg
 サワガニがいました。
西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00242004.jpg
 ハコネサンショウウオの幼生も見られました。ハコネサンショウウオの幼生は寒いせいか、石や砂利の奥深くに潜っていました。
 
西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00243846.jpg
 沢の小さな滝壺には氷柱がびっしり!
 
西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00244555.jpg
 水の中にカメラを沈めて撮影したのですが、水温は僅か3.4℃!手に感覚が無くなるくらい冷たかったです。
 
西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00242976.jpg
 丸い氷柱
 
西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00245788.jpg
 この日は雪が多すぎて生き物が見つからなかったので断念して下山することにしました。

 
西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00245294.jpg
 ということで、もう少し暖かくなって雪が解けたころにリベンジしようということで、この日は岐路に着きました。
 
西丹沢の川(2018年2月)_b0348205_00250318.jpg
 なんだか久しぶりにフィールドに出て、しかも丹沢という地元とは一味違う山に登って、冬の間に荒みきった心が少し洗われた気がしました!笑


by shingo-ayumi | 2018-02-26 22:38 | | Comments(3)

相模湾側にそそぐ三浦半島のマイナーな川(2018年1月)

 三浦半島の相模湾側にそそぐ川の中で、田越川、森戸川、下山川、前田川等は有名です。しかし、あまり知られていない小さな川も数多くあります。それらの川はコンクリートで護岸されている場合が多く、今まで真面目に生きものを探したことがなかったのですが、来年は調査してみようかなと思い下見に行ってきました。
相模湾側にそそぐ三浦半島のマイナーな川(2018年1月)_b0348205_22142169.jpg
〈横須賀市の川その1〉
 面白そうではなさそうですが、河口部は何かしら入ってきそうな印象でした。
相模湾側にそそぐ三浦半島のマイナーな川(2018年1月)_b0348205_22253973.jpg
〈横須賀市の川その2〉
 さすがにここは厳しそうですね。ちなみに源流には、僅かに護岸されていない場所がありました。
相模湾側にそそぐ三浦半島のマイナーな川(2018年1月)_b0348205_22245072.jpg
〈横須賀市の川その3〉
 面白そうではありませんが、その2に比べれば何かしら生き物がいそうです。
相模湾側にそそぐ三浦半島のマイナーな川(2018年1月)_b0348205_22503958.jpg
〈関根川周辺〉
相模湾側にそそぐ三浦半島のマイナーな川(2018年1月)_b0348205_22143414.jpg
〈久留和漁港周辺〉
 久留和川の河口から海に出ました。
相模湾側にそそぐ三浦半島のマイナーな川(2018年1月)_b0348205_22144296.jpg
相模湾側にそそぐ三浦半島のマイナーな川(2018年1月)_b0348205_22142764.jpg
〈相模湾〉 
 下見の結果、水生昆虫的にはどこも厳しそうな川でしたが、黒潮の影響でやってくる生きものを探して河口部をあさってみるのは面白そうだなぁと思いました。夏になったら再び足を運んでみようと思っています。


by shingo-ayumi | 2018-01-05 22:46 | | Comments(0)

三浦半島の川(2017年12月)

三浦半島の川(2017年12月)_b0348205_22024718.jpg
 先日、ルリヨシノボリを採るために三浦半島の川に行ってきました。ちなみに上の写真はクロヨシノボリです。
三浦半島の川(2017年12月)_b0348205_22031649.jpg
 下流から入りガサガサしているとシマヨシノボリがたくさん採れました。この川では、下流にシマヨシ、上流にクロヨシ・ルリヨシと比較的分かりやすく棲み分けがおこなわれています。
三浦半島の川(2017年12月)_b0348205_22030946.jpg
〈シマヨシノボリ〉
三浦半島の川(2017年12月)_b0348205_22032890.jpg
〈ヤマアカガエル〉
 川の中でヤマアカガエルが泳いでいるのを見つけました。まだ小さい個体です。さすがに寒いようで、動きが鈍っていました。
三浦半島の川(2017年12月)_b0348205_22033820.jpg
 川を歩きながら上流にやってきました。
三浦半島の川(2017年12月)_b0348205_22043296.jpg
〈クロヨシノボリ〉
 この日は散々探したもののルリヨシノボリを見つけられませんでした。今まで外したことがない確実な場所だったのに…
 しかし、その変わりクロヨシノボリがたくさん見られました。
三浦半島の川(2017年12月)_b0348205_22050433.jpg
 この川の上流では、以前まではルリヨシノボリが優先種で、クロヨシノボリは少なかったのですが、いつの間にか置き換わってしまったのでしょうか…しかたがないので、クロヨシノボリを撮影して遊びました。
三浦半島の川(2017年12月)_b0348205_22045453.jpg
〈クロヨシノボリ♂〉
三浦半島の川(2017年12月)_b0348205_22043981.jpg
〈クロヨシノボリ♀〉
三浦半島の川(2017年12月)_b0348205_22044705.jpg
〈クロヨシノボリ幼魚〉
 この日は、その後近くの小さな川や水路を回りました。しかし、これといった面白い発見はなく、しかたなくトボトボ帰宅しました。


by shingo-ayumi | 2017-12-18 22:26 | | Comments(0)