水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

伊豆大島の旅
at 2018-10-18 02:21
テナガエビの仲間とヌマエビの..
at 2018-10-14 19:16
ハナダカダンゴムシとアズキガイ
at 2018-10-12 17:45
キタコマルガムシ
at 2018-10-11 21:59
アギトアリ
at 2018-10-10 18:30
ガサガサ&水族館づくり
at 2018-10-09 15:03
トゲバゴマフガムシ
at 2018-10-03 22:53
西伊豆の海(2018年9月)
at 2018-09-30 17:01
アベハゼ
at 2018-09-30 16:47
中部地方の旅(2018年9月)
at 2018-09-29 22:17
カノシマチビゲンゴロウ
at 2018-09-26 18:35
子どもたちとヨシノボリ
at 2018-09-18 18:11

記事ランキング

最新のコメント

> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02
オオコオイ、食べてみよ!..
by 磯邉 at 23:32
> とおりすがりさん ..
by shingo-ayumi at 11:12

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

ファン

観音崎自然博物館


カテゴリ:自然を食す( 17 )

テナガエビの仲間とヌマエビの仲間を食べる

b0348205_17163446.jpg
 少し前の話になりますが、仲間たちとテナガエビの仲間とヌマエビの仲間を採ってきて食べてみました。
b0348205_17164546.jpg
 中央はミナミテナガエビで、その他はヒラテテナガエビです。
b0348205_17165335.jpg
 こちらはヌマエビの仲間です。一番上だけスジエビです。
b0348205_17170088.jpg
 さて、種類による違いはあるでしょうか?笑
b0348205_17170811.jpg
 テナガエビの仲間の素揚げテナガエビの仲間は、さすがに大きいので食べごたえがありました。味もとても美味しいです!

 一方ヌマエビの仲間は味はとっても美味しいのですが、種類による味の違いはまったく分かりませんでした!笑 お酒のツマミに良さそうな感じでした☆


[PR]
by shingo-ayumi | 2018-10-14 19:16 | 自然を食す | Comments(0)

アブラゼミを食べる

 職場に来ていた実習生たちと、「今度はセミを食べたいね~」と話していたのですが、なかなかゆっくりする時間もなく、この日実習最終日だったKさんの最後の晩餐会(?)として、アブラゼミを食べてみることにしました。
b0348205_23211351.jpg
〈アブラゼミの素揚げ〉
 仕事が終わったあと、Kさんと貝類屋のHくんと一緒に公園にアブラゼミを採りに行き、そのまま我が家の庭で素揚げにしました。
b0348205_23212029.jpg
 最初に翅だけ取って、そのまま油に入れます。
b0348205_23212664.jpg
 完成!

 さて、気になるお味は!?

 腹部は正直あまり美味しくありませんでした。最初に腹部からいったので、「ウゲッ」と思ったのですが、胸部にある翅の筋肉部分や頭部は悪くありませんでした。特に胸部にある翅の筋肉は肉厚で良い感じでした!
b0348205_23285498.jpg
〈ベトナムで食べたセミとカメムシ〉
 ちなみに上の写真は以前ベトナムに行った時に食べたセミとカメムシです。食べた瞬間臭みが広がり超絶マズかったです。しかし、苦しむ僕を見て店員は大爆笑!

「これはこれから調理するんだよ!笑」
「それを早く言えや!!笑」

 でも今回食べたアブラゼミの腹部は、ベトナムで食べたセミを思い出させる味でした。ちなみに、その後、同じ職場のTさんたちも合流したので、生かした状態で残しておいたアブラゼミを勧めると全力で拒否されました…。


[PR]
by shingo-ayumi | 2018-08-02 23:39 | 自然を食す | Comments(0)

水生昆虫を食べる

 職場に学芸員実習で来ている学生さんが、卒業研究で「昆虫食」をやっているというので、「じゃぁ一緒に食べてみよう!」ということになりました。
b0348205_09594190.jpg
 とは言え、タガメやゲンゴロウ等は腐っても貴重種なので、食べる個体は最小限に考慮しました。
b0348205_09595054.jpg
 種ごとの味が分かるように(?)素揚げにしました。揚げる前にキッチンペーパーでよく吹きましたが、それでも結構水分が残るので、油跳ねには注意が必要です。
b0348205_10000760.jpg
 完成!う~む…あまり美味しくなさそう…
b0348205_09595944.jpg
 勉強をしているSくんは予習して来てすでに知識があるからなのか(?)、最初はかなり躊躇していました。一方、もう一人の実習生で、スケトウダラの研究をしているKさんは、「全然抵抗ないですね~」と、迷いなくクロゲンゴロウの鞘翅をむしり一口でパクリ!すげぇなこの子!気合い入ってるなぁ~!と感心します。

 さて、気になるお味ですが、結果は以下の通りでした。


タガメの幼虫
 臭みは無く比較的肉厚でおいしい。成虫のようなハーブの風味はない。

オオコオイムシ
 タガメ(成虫)に似たハーブのような風味がある。美味しい!

ミズカマキリ
 あまり味がない。臭みもない。

クロゲンゴロウ
 臭みが強く美味しくない。鞘翅はかなり堅い。脚も堅く歯に挟まった。

ガムシ
 ゲンゴロウとは違う臭みがある。臭みはゲンゴロウより弱い。翅の筋肉部分は肉厚で悪くない。

コガムシ
 食べる部分が少なく味は分かりにくいが、ガムシと変わらない。

ヒメゲンゴロウ
 小さいこともあり味が分かりにくい。若干臭みがある。

ショウジョウトンボの幼虫
 エビに似た味で比較的おいしい。


 かなり主観的な感想ですが参考までに!ちなみにSくんはタガメ(成虫)の標本も食べましたが、それは超絶マズイとのことでした。やはり生きている個体を用いることや死後すぐに冷凍保存をしたものではないといけないようです。
 また、Sくん曰くタガメは香辛料として知られているほか、ドレッシングとして用いられることもあるそうです。

 いろいろ勉強になりました。次回はセミを食べようということになり、この日は解散しました。


[PR]
by shingo-ayumi | 2018-07-23 12:54 | 自然を食す | Comments(2)

淡水エビを食べる

b0348205_23054046.jpg
 先日川に行った際に、川エビを採って来て素揚げにして食べました。仲間たちからは好評でした。
b0348205_23060918.jpg
 採ってきたエビは、上の写真の通り、左からヌカエビ、ヤマトヌマエビ、ヌマエビの3種です。味比べをしようと思いましたが、実際違いはよく分かりませんでした…笑


[PR]
by shingo-ayumi | 2018-07-10 23:12 | 自然を食す | Comments(0)

エゾシカとヒグマの肉を食べる

 夏に北海道でお世話になった猟師のカネチャンが、エゾシカとヒグマの肉をK研究室に送ってくれたというので、遊びに行ってきました。
b0348205_13563597.jpg
〈エゾシカの肉〉
b0348205_13564334.jpg
〈エゾシカの肉、調理後〉
b0348205_13565404.jpg
〈ヒグマの肉〉
 ヒグマの肉を食べる機会はなかなかないので貴重な体験でした。
b0348205_13570801.jpg
〈ヒグマの肉、調理後〉
 ちなみに、佐野家には、代々「クマを食べてはいけない」という言い伝えがあるそうです!(笑)しかし、なぜクマを食べてはいけないのかその理由は誰も知りません!(笑)佐野家のご先祖がクマに助けられたのでしょうか??(笑)

 ウチのジィちゃん曰く、ジィちゃんの曽祖父が、その昔熊野に参拝に行き、その時に熊野から持ち帰った物(それが何なのかよく分からん)を本家の裏山に祠を建てて祀ったことからじゃないか?と言っていました。ちなみに佐野家の本家は岩手県釜石市にあり、その「熊野の祠」と呼ばれる祠は今でも残っているようです。

 というわけで、今回佐野家の言い伝えを破りついにクマ肉を食してしまった僕はご先祖に祟られないか少し心配です・・・(笑)


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-12-17 14:25 | 自然を食す | Comments(0)

アカカマス・マルアジ・マアジを食べる

 今日は、生きもの仲間であり、水族館の飼育員でもあるタカハシくんが魚を持ってきてくれました。
b0348205_23554005.jpg
 歩海奥様はタカハシくんに魚の捌き方を指導してもらいました。タカハシくんは、魚料理に相当手慣れていて、小学校2年生の頃からやっていたそうです!!すげぇ!

 今回、タカハシくんが持ってきてくれたのはアカカマス・マルアジ・マアジの3種です。
b0348205_23560756.jpg
〈アカカマス〉
 体長30cm程のいいサイズのアカカマスでした。アカカマスは刺身と塩焼きにすることにしました。
b0348205_23561705.jpg
〈マルアジ〉
 地域によってはアオアジという名前でも親しまれているそうです。こちらも刺身と塩焼きにしました。
b0348205_23563078.jpg
 ちなみにマルアジはマアジと違い、上の写真のように小離鰭という小さな独立した鰭があることから見分けられるそうです。
b0348205_23562318.jpg
〈マアジ〉
 そしてこちらがマアジです。マアジは一匹しかいなかったので、なめろうにして食べました。
b0348205_23565600.jpg
 歩海ちゃんも実践!!
b0348205_23564154.jpg
 アカカマスの刺身です。上品でとっても美味しい刺身でした☆
b0348205_23565012.jpg
 こちらはマルアジの刺身です。赤身で脂がのった刺身でした☆
b0348205_00130879.jpg
 個人的にはアカカマスが一番好みでした。

 というわけで、なんとも贅沢な夕飯時を過ごさせていただきまいした!

 タカハシくんありがとう☆


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-09-25 00:21 | 自然を食す | Comments(0)

カワハギ・ウミタナゴ・アカササノハベラ・アサヒアナハゼを食べる

 前の投稿の続きです。三浦半島で釣ってきた魚を持ち帰り夕飯にしました。
b0348205_20193531.jpg
 まずはカワハギです。
b0348205_20194621.jpg
 カワハギは胆醤油と刺身にしました。捌き方と盛り付け方のセンスはヒドイものですが、それはつっこまないでください…(笑)
b0348205_20200490.jpg
〈左:ウミタナゴ 中:アカササノハベラ 右:アサヒアナハゼ〉
b0348205_20203733.jpg
 この日の夕食のメインは鳥の空揚げにする予定だったので、ウミタナゴ、アカササノハベラ、アサヒアナハゼも唐揚げにしまいました。
 ちなみに手前からアサヒアナハゼ、ウミタナゴ、アカササノハベラです。奥は歩海特性鳥の唐揚げです。
b0348205_20204811.jpg
 感想としては、カワハギの刺身はとてもおいしかったです☆
 
 一方唐揚げは、ウミタナゴは美味しかったですが、アカササノハベラとアサヒアナハゼはちょっといまいちでした。ベラは煮付けの方が合うという話も聞いたことがあるので、次回また挑戦してみたいと思います。


[PR]
by shingo-ayumi | 2015-12-27 20:34 | 自然を食す | Comments(0)

朝比奈のみかん

 今日は、地元の小学校にビオトープのかいぼりをしに行ってきたのですが、その時に小学生たちが、「みかんが100円で売ってたよ~」と話していました。 

 そして、作業が終わり帰宅していると、岐路の道端でみかんを売っているオジサンが!!看板には100円と書いてありました。「これだ!!」 
 冬は家にみかんが常に食べられる状態でないと落ち着かない程みかん好きの僕は、思わず車を停めてしまいました。
b0348205_16523321.jpg
〈金沢区朝比奈産のみかん〉
 みかんを売っているオジサンとは少し話をしました。なんでも地元、朝比奈で収穫されたみかんだそうです。

オジサン「おぅ!試食してってよ!小さいけど甘いよぉ!」

「いただきます☆おっ!ホントだ甘い!!」

オジサン「美味しそうなの選んで行っていいよ~☆」

「今日奥さんの実家に行くから、お土産にもうひと袋ください☆」

オジサン「ほぉそうかいそうかい!はいよ~」
b0348205_16524157.jpg
 シールには横浜ブランドの「はま菜ちゃん」と書いてありました。

 こういう地元産の果物や野菜は大事にしたいですね!!


[PR]
by shingo-ayumi | 2015-11-21 17:06 | 自然を食す | Comments(0)

アジメドジョウを食べる

 三重・和歌山の旅から帰ってきました。旅の話は改めてまた書くとして、旅先でアジメドジョウを採って帰ってきました。
b0348205_20110774.jpg
〈アジメドジョウ Niwaella delicata
 アジメドジョウは日本の固有種で、近畿地方・中部地方に分布しています。藻類食のため泥臭さがなく、味女泥鰌という和名の通りドジョウ類の中ではずば抜けた美味を誇るとされています。それなら是非食べてみたい!ということで持って帰って食べてみることにしました。
b0348205_20105467.jpg
 採った時のアジメドジョウ。三重では水温が低く透明度の高いきれいな川で見られました。
b0348205_23100718.jpg
 唐揚げにして食べました。
b0348205_23094987.jpg
 確かに泥臭さがまったくなくあっさりとした味でした。ただ一匹一匹が小さいのでお酒のつまみという感じでした。
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-08-16 23:22 | 自然を食す | Comments(0)

アサリのパスタ

 地元で採ってきたアサリは歩海奥様がパスタにしてくれました。
b0348205_22460186.jpg
b0348205_22461086.jpg
 こういうふうにするとオシャレですね。少しアサリは小ぶりでしたが、美味しかったです☆
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-06-05 22:47 | 自然を食す | Comments(0)