人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺の自然
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ジュニア生物調査隊で企画展示..
at 2019-12-05 18:31
横浜の学校ビオトープで授業
at 2019-12-03 01:04
三浦半島の東京湾流入河川
at 2019-12-02 00:07
キバラコガタノゲンゴロウ(本..
at 2019-11-27 19:13
ジュウニホシキイロオオハムシ
at 2019-11-25 19:10
ハイイロゲンゴロウ
at 2019-11-23 22:23
ニセモンキマメゲンゴロウ
at 2019-11-20 23:55
ジュニア生物調査隊 ~標本づ..
at 2019-11-19 00:20
アキアカネの産卵
at 2019-11-15 22:10
11月の観音崎とウラナミシジミ
at 2019-11-14 23:24
世界のクワガタムシ大図鑑
at 2019-11-13 22:57
レジェンドカフェ 2019
at 2019-11-12 00:57

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

カテゴリ:ゲンゴロウ( 94 )

キバラコガタノゲンゴロウ(本州産)

b0348205_12041070.jpg
〈腹面が黄化したコガタノゲンゴロウ,山口県産〉
 ここ何回かは、虫好き少年・少女たちの活躍を紹介をしてきましたが、子どもたちの快進撃は続きます! 

 以前このブログでも腹面が黄化したコガタノゲンゴロウ(通称:キバラコガタノゲンゴロウ←僕らが勝手に呼んでいるだけですが)について書きましたが、そのキバラコガタノが本州でも採れたと、山口県在住の田中ダイスケくんからご連絡をいただきました。そして、送っていただいたのが上の写真の個体です。これまで東南アジアや南西諸島でしか記録がなかったのですが、コガタノゲンゴロウの増加に伴い、ついに本州でも見つかりました。
b0348205_12041758.jpg
〈採集をするダイスケくん:お父様撮影〉
 ダイスケくんは水生昆虫やトンボを日々追いかけているそうです!偶然におこる珍しい発見というのは時々あるものです。でも、初めて行った先で見つける偶然と、身近なところに通って発見する偶然では意味が違うと思う今日この頃です。
 ダイスケくんとはまだお会いしたことがないのですが、きっと気が合う虫好き少年なのだと想像します。少し離れた山口県に、将来の虫仲間がいると思うと嬉しく思います。
b0348205_12042358.jpg
〈カンボジア産キバラコガタノゲンゴロウ〉
 ちなみにダイスケくんが送ってくれた個体と合わせてカンボジアで見つけた個体についても月刊むしに投稿させていただきました。
b0348205_12043850.jpg
〈カンボジアの生息地〉
 カンボジアでは3個体を見つけることができました。現地では上の写真のように、だだっ広いハス田や湿地で見られました。キバラコガタノの調査はまだまだ継続中です。今年度ももう一度東南アジアに行けたら良いなぁと思っています。


by shingo-ayumi | 2019-11-27 19:13 | ゲンゴロウ | Comments(4)

ハイイロゲンゴロウ

b0348205_09384696.jpg
〈ハイイロゲンゴロウ Eretes griseus, 神奈川県〉
 思えば、このブログでハイイロゲンゴロウについて書いたことがありませんでした。もっとも普通種で「いつでも写真撮れるからいいや~」と思っていたのか、気合い入れて撮った写真が一枚もないことに気が付きました。
b0348205_09385365.jpg
 ハイイロゲンゴロウは、世界で4種に分類されています。

E. griseus(日本でも見られるハイイロゲンゴロウ)
E. sticticus(アフリカ、ヨーロッパ、アジア、アメリカ)
E. australis(オセアニアに分布)
E. explicitus(北アメリカに分布) 

 それぞれの種の詳細な分布はよく分かりませんが、本属は世界中に広く分布し、E. griseus(日本にもいるハイイロゲンゴロウ)に限っては、国内全域はもちろん、東南アジアでも普通に見かけます。また、ベトナムの1000mを超える高山域でも見たことがあります。また、プールや水溜りでも発生するので、ザコ扱いされがちな種なのですが、世界のゲンゴロウ類の中では極めて特殊な種です。

 水面から直接飛び立てるほどの飛翔力を持ち、形態も独特です。また。そんな身近な種なのにも関わらず、意外にも生態等、謎の多い種でもあります。つまり研究するにはネタの多い種なのです。
b0348205_09390325.jpg
〈ハイイロゲンゴロウを採集した横浜市の海〉 
 今年の7月、仕事で横浜で観察会をやったのですが、それに参加してくれた観音崎自然博物館 ジュニア生物調査隊員のダイちゃんこと吉原大地くんと、観察会後に海の生きものの採集をしていました。すると遠くの方で採集していたダイちゃんが「ハイイロゲンゴロウが採れた!」と言いました。

 えー!海の中で!?

 その後私も同じように1個体採集しました。近くに川もないし、流されてきたわけでもなさそうだし、ハイイロは海に落ちてもへっちゃらなのではないか!?と思われました。
 実際、潮だまりやタイドプールでも多く記録されているので、潮水に強いことは知られていましたが、完全な海水中で、なおかつ複数個体が採集された例はないと思うので月刊むしで報告させていただきました。
b0348205_09391113.jpg
〈1月に採集したハイイロゲンゴロウの死体〉
 ハイイロゲンゴロウは夏場は多く見かけますが、冬場はほとんどみたことがありません。もしかしたら、ウスバキトンボのように南の方からやってきて、夏場に繁殖し、冬には死滅するのではないかと、勝手に思っているのですが、海に落ちても生きていられるのであれば、海を渡っての長距離移動も可能なのかもしれません。うむ!まさに海を歩くゲンゴロウなのかもしれません!


by shingo-ayumi | 2019-11-23 22:23 | ゲンゴロウ | Comments(0)

ニセモンキマメゲンゴロウ

b0348205_23444187.jpg
〈ニセモンキマメゲンゴロウ Platambus convexu Okada, 2011〉
 2011年に新種記載された比較的新しい種です。
b0348205_23444579.jpg
 モンキマメゲンゴロウに似ていますが、よく見ると模様が異なり、慣れれば野外でも簡単に見分けられます。
b0348205_14314033.jpg
 腹面は赤っぽいです。
b0348205_14314438.jpg
 ♂の交尾器は先端付近が沿っているのが特徴です。 

 本種が新種記載される前の年、恩師の北野先生と一緒に行った青森県で、変わった模様のモンキマメゲンゴロウを見つけて、「先生!なんかこのモンキマメ模様がかっこいいですよ!」「へぇこんな模様は初めてみた!スーパーモンキだな!」とか言ってふざけたのですが、その翌年にニセモンキと記載されて驚いた記憶があります。
b0348205_23445502.jpg
〈生息地の様子〉
b0348205_23450310.jpg
 生息地ではモンキマメゲンゴロウと同所的に見られることが多いですが、稀にピンポイントで固まっていることもあります。まだまだ調べ甲斐のありそうなゲンゴロウです。
by shingo-ayumi | 2019-11-20 23:55 | ゲンゴロウ | Comments(0)

モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)

b0348205_22395157.jpg
〈モンキマメゲンゴロウ Platambus pictipennis (Sharp,1873), 横浜市〉
 先日、実家の近くの森を歩いてきました。まだ柔らかく翅がペコペコしたモンキマメゲンゴロウの新成虫がたくさんいました。
b0348205_22400489.jpg
b0348205_22401340.jpg
 ここは鎌倉市の沢をずっと奥まで登って行ったところです。
b0348205_22402091.jpg
b0348205_22402833.jpg
 三浦半島のモンキマメゲンゴロウは、沢の落ち葉が溜まっているようなところで見られます。
b0348205_22403866.jpg

 水中で撮影してみました。
b0348205_22404428.jpg
 前々から思っていたのですが、神奈川県東部におけるモンキマメゲンゴロウの分布は限られ、三浦半島は貴重な産地だと思われます。また、半島内でも、分布は三浦丘陵沿いの沢に限られ、実際どのくらいの範囲に生息しているのか調べた人はいません。前から調べよう調べよう!と思っているのですが、モンキマメだけのために沢回りするのもなぁ~と面倒くささもあり、まだ真面目に調査していません。
b0348205_22404931.jpg
 川底に空いた穴に集まっていたモンキマメゲンゴロウ
b0348205_22405525.jpg
きれいですね☆
b0348205_22410149.jpg
b0348205_21394200.jpg
 また、モンキマメゲンゴロウは個体変異が大きく、さまざまな色彩パターンがあります。それもこのゲンゴロウの魅力の一つです!
b0348205_21292742.jpg
 さて、話は変わり、地元の森の中は先の台風の影響で大荒れでした。
b0348205_21293608.jpg
 ここまでひどく木が倒れたのは初めてではないでしょうか。台風15号による被害です。
b0348205_21294293.jpg
 木が倒れて、森の中にできたギャップの中をミルンヤンマが飛んでいました。ここまでひどいと、片付くまで時間がかかりそうです。
b0348205_21505881.jpg
 ちなみに上の写真は、この日最後に行った横浜市の侍従川流域の生息地…だった場所です。この水路がうまい具合にせき止められて、モンキマメゲンゴロウの多産地になっていたのですが、先の台風による土砂崩れの整備のため、水路はきれいに掃除され、土嚢置き場にされてしまっていました。当然モンキマメゲンゴロウは暗渠を伝って侍従川本流の中流域まで流されてしまったでしょう。なんてこったとショックでした。
 
 侍従川流域は横浜市内では非常に貴重な生息地です。ですが、それもちゃんと知られないまま一つ生息地が失われてしまいました。やはり、ちゃんと調査して県東部のモンキマメがどれほど貴重なのかということを証明していかないといかんなぁ~としみじみ思いました。


by shingo-ayumi | 2019-10-19 21:47 | ゲンゴロウ | Comments(4)

サメハダマルケシゲンゴロウ

b0348205_21475130.jpg

〈サメハダマルケシゲンゴロウ Hydrovatus stridulus BISTRÖM,1997, 茨城県〉
 サメハダマルケシゲンゴロウは近年になって日本から初記録されたゲンゴロウです(稲畑憲昭,2016)。

稲畑憲昭(2016)サメハダマルケシゲンゴロウの日本からの初記録.さやばねニューシリーズ,(21): 46-47.
b0348205_21475510.jpg
 ちなみに上の写真の個体は、生き物仲間のウチダくんから貰った個体です。茨城県の産地では、2017年に1個体が採れて、その後ウチダくんに案内してもらい、私も何度か現地に赴きましたが採れず、その後も執念で通い続けたウチダくんが2018年に採って送ってくれたというものです!
b0348205_21480622.jpg
〈群馬県の産地,2011年〉
 ちなみに、まだサメハダマルケシゲンゴロウだということが分かる前の2011年に、私は普通のマルケシゲンゴロウだと思って群馬県でたくさん採集していました。上の写真は後輩たちと採集に行った時のものです。懐かしい!
b0348205_21480152.jpg
 たくさん採れていますね~!この時は普通のマルケシだと思っていたサメハダマルケシの他にもワタラセツブゲンゴロウやホソマルチビゲンゴロウがたくさん採れました。しかし、残念ながらこの池は数年後に富栄養化してしまい、水生昆虫は何もいなくなってしまいました。残念なことです。


by shingo-ayumi | 2019-07-15 22:10 | ゲンゴロウ | Comments(0)

オオイチモンジシマゲンゴロウ(カンボジア産)

b0348205_14492951.jpg
〈オオイチモンジシマゲンゴロウ Hydaticus sp., カンボジア〉
 カンボジアで見つけたオオイチモンジシマゲンゴロウです。
b0348205_14493570.jpg
 「キンブチゲンゴロウ」という商品名で売られているのは本種だと思われます。ちなみに雄交尾器の形状は、リュウキュウオオイチモンジシマゲンゴロウに酷似しています。オオイチモンジシマゲンゴロウの仲間は東南アジアからインド、スリランカの方まで広く分布していて、まだまだ分類がよく分かっていません。
b0348205_14494360.jpg
 鞘翅の模様は様々なパタンーンがありました。
b0348205_14495004.jpg
 生息環境もリュウキュウオオイチモンジシマゲンゴロウとそっくりで、源流域や林内の小さな水溜りの落ち葉の中から得られました。ただ、見られたのは低山地で、山地に行くとSandracottus属のゲンゴロウが優先するようで、うまく棲み分けしている印象でした。


by shingo-ayumi | 2019-04-30 22:49 | ゲンゴロウ | Comments(0)

Cybister guerini

b0348205_22493524.jpg
Cybister guerini, カンボジア〉
 「Cybister guerini」と書きましたが、これが本当に正しい学名なのかははっきりしていません。Hendrich・Brancucci (2013)でも「Cybister guerini」と「Cybister limbatus(←日本にも分布するフチトリゲンゴロウ)」が混同されていることを指摘しており、この論文では「Cybister limbatus」に統一して扱っています。しかし、日本にいるフチトリゲンゴロウCybister limbatusとは別の種がいることは確かで、今回このブログで紹介するのはその別種の方です。というわけで、このブログではその別種を「Cybister guerini」として扱うことにしました。
b0348205_22494763.jpg
 C.gueriniは、日本にいるフチトリゲンゴロウC.limbatusとよく似ています。
b0348205_22500454.jpg
 腹面はワインレッドのものや黒いものがいて、体長は、今回私が見つけた個体に関しては33mm~37mmでした。日本のフチトリゲンゴロウC.limbatusとは一見区別がつきにくいのですが、C.gueriniの方が丸っこく若干小型で(中にはフチトリと変わらない大きい個体もいますが)、数を見ていると、だんだん外見でも区別がつくようになってきました。もっとも雄交尾器を見れば確実です。
b0348205_22500094.jpg
 ちなみに時々日本で「フチドリゲンゴロウ」や「ニセフチトリゲンゴロウ」と呼ばれている海外産の種のほとんどは本種だと思われます。
b0348205_22501253.jpg
〈生息地の様子〉
b0348205_22502059.jpg
b0348205_22502623.jpg
 今回採集したのは、水草が繁茂したいかにもゲンゴロウがいそうな水辺から、水草が何もない池、落ち葉が堆積するような暗い池、休耕田、水田脇の水路、川まで、本当に様々な環境で採集されました。フチトリゲンゴロウに比べて選好性が低いのでしょうか?ただ、低山地では他種に比べて最も多い優先種だったのに対して、平地では少なく、ヒメフチトリゲンゴロウやコガタノゲンゴロウが優先していたので、本質的には丘陵地や里山的な環境が好きな種なのかもしれません。
b0348205_22503316.jpg
 フチトリゲンゴロウには2種類いる!というのが分かったのは、学生時代、指導教員で師匠であるK先生と一緒に東南アジア産のゲンゴロウの標本を見ている時でした。その後、博物館の標本庫で「C.guerini」という名を知り、ひたすら交尾器を抜いて撮影しました。それから約10年。今まで東南アジアの国を旅してきて今回ようやく生きたC.gueriniを野外で観察することができました。私にとって、これらアジアのゲンゴロウ属のことを調べていくことが生涯の課題です。
b0348205_22504011.jpg
C.gueriniの素揚げ〉
 最後に、市場でもらったC.gueriniの素揚げです。

 タイワンタガメの素揚げを買ったらサービスでゲンゴロウも付けてくれました!笑


by shingo-ayumi | 2019-04-21 23:05 | ゲンゴロウ | Comments(0)

Sandracottus maculatus

b0348205_10150787.jpg
Sandracottus maculatus, カンボジア〉
 日本にはいないSandracottus属のゲンゴロウです。大きさはメススジゲンゴロウくらいあって、中型種としては大きい方だと思います。日本では「ラデンゲンゴロウ」の商品名で時々販売されているそうです。
b0348205_10151352.jpg
 Sandracottus属の種は、模様がはっきりしていてきれいですね。また、個体によって様々な模様のパターンがあります。
b0348205_10154004.jpg
〈生息地の様子〉
 本種を見つけたのは、山地の上流域にできた小さな水溜りです。
b0348205_10153307.jpg
  落ち葉が堆積したような場所を好むようです。
b0348205_10152382.jpg
 一つの水溜りに4,5個体程見られました。ちなみに同じカンボジアでも低地で上の写真のような場所を探すと、オオイチモンジシマゲンゴロウが採れました。標高によって棲み分けしているのでしょうか?
b0348205_10155034.jpg

Sandracottus mixtus, カンボジア〉 
 ちなみにS.maculatusに比べると数は少なかったですが、同属のS.mixtusも同所的に見られました。S.mixtusはベトナムでも採ったことがありますが、その時採れたのは山地にある落ち葉等はない明るい水溜りでした。今回採れた個体は、ベトナムの個体とは模様少し違うし、生息環境も違うので、もしかしたら別種?なのかもしれません。


by shingo-ayumi | 2019-04-20 21:12 | ゲンゴロウ | Comments(0)

Cybister siamensis

b0348205_14292194.jpg
Cybister siamensis, カンボジア〉
 日本のクロゲンゴロウやトビイロゲンゴロウより一回り大きな黒系のゲンゴロウ属です(コガタノゲンゴロウくらい)。
b0348205_14292650.jpg
 黒系のゲンゴロウ属は、東南アジアにおいての以下の3種が記録されています。

C.siamensis(東南アジアに分布)
C.sugillatus(日本の南西諸島にも分布する和名トビイロゲンゴロウ)
C.dehhanii (東南アジアに分布)

 C.dehhaniiは明らかに小さいので一目で見分けられるのですが、C.siamensisとC.sugillatus(トビイロゲンゴロウ)の体格差はそれほどありません。しかし、前胸背の淵のオレンジ色の出方で見分けが付きます。
b0348205_14293235.jpg
 黒系のゲンゴロウ属の中では最も大きく厚みがあります。
b0348205_14293719.jpg
〈生息地の様子〉
 今回の旅では、1ヵ所でしか見つけられませんでした。トビイロゲンゴロウやコガタガムシと同所的に見られましたが個体数は少なかったです。

 Hendrich・Brancucci (2013)によれば、東南アジアに広く分布するものの採集記録は極めて少なく、低地の熱帯雨林に生息しているとされていますが、今回私が確認したのは低地の氾濫原でした。水生植物が繁茂し、他の氾濫原に比べるといくらか水質が良い場所でした。


by shingo-ayumi | 2019-04-19 22:10 | ゲンゴロウ | Comments(2)

マダラゲンゴロウ

b0348205_13542941.jpg
〈マダラゲンゴロウ Rhantaticus congestus, カンボジア〉
 日本では、大東諸島でのみ記録されているゲンゴロウです。10年以上前にマダラゲンゴロウを探しに南大東島・北大東島に行きましたが、その時にはすでにいなくなった後だったようで、採集することができませんでした。
b0348205_13544893.jpg
〈生息地の様子〉
 カンボジアでは植物が生えていない明るい水田や水路で見られました。ちなみに上の写真の奥に映っている鳥はコウノトリの仲間だそうです。
b0348205_13544357.jpg
 上の写真の場所ではハイイロゲンゴロウと同所的に見られました。個体数は多くはありませんでしたが、各地で見られました。
b0348205_14481674.jpg
 鮮やかでカッコイイです!
b0348205_13543701.jpg
 上の写真は、夜間の水路で採集した時のものです。夜はとても見つけやすかったです。

 今回の旅では、昼間採集して、キープしておいた虫を夜撮影していたのですが、このマダラゲンゴロウは飛翔性が高いようで、撮影するために照らすライトに向かってブンブン飛んできて大変でした(2, 3匹逃げられました…笑)。


by shingo-ayumi | 2019-04-19 21:30 | ゲンゴロウ | Comments(0)