水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ヒメケシゲンゴロウ
at 2018-12-14 18:14
里山の取材(2018年12月)
at 2018-12-10 02:00
横浜西部の田んぼ(2018年..
at 2018-11-23 22:36
黒バック写真を撮る
at 2018-11-19 17:36
野生生物としてのハムスター
at 2018-11-14 19:26
観音崎周辺の地域を散歩(20..
at 2018-11-10 00:32
トノサマバッタ
at 2018-11-05 17:26
神奈川県西部の里山(2018..
at 2018-10-31 00:05
ムネアカハラビロカマキリ
at 2018-10-29 21:55
侍従川のクリーンアップ&調査..
at 2018-10-29 00:10
伊豆大島の旅
at 2018-10-18 02:21
テナガエビの仲間とヌマエビの..
at 2018-10-14 19:16

記事ランキング

最新のコメント

> 田中さん コメント..
by shingo-ayumi at 17:39
山口県でも息子(小1)が..
by 田中 at 13:44
> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

タグ

ファン

観音崎自然博物館


カテゴリ:虫いろいろ( 19 )

トノサマバッタ

b0348205_17142825.jpg
〈トノサマバッタ Locusta migratoria, 横須賀市〉
 今日は、職場の庭にトノサマバッタがいたので写真を撮りました。
b0348205_17141336.jpg
 観音崎周辺では、少し前まではほとんど見られなかったそうですが、ここ1、2年で急激に増えたそうです。本来日当たりがよく背丈の低い草地を好むバッタなので、ここ1、2年におこなわれた近隣の整備が影響したのかもしれません。
b0348205_17142050.jpg
 職場の庭はそこそこ広い芝生で、庭内ではよく見かけます。上の写真はシバを食べている様子です。ムシャムシャとよく食べています。
b0348205_17140496.jpg
〈ツチイナゴ〉
 こちらはツチイナゴです。本当はトノサマバッタの飛翔を撮りたかったのですが、なかなか警戒心が強くすぐに飛び立ってしまうため、普通の写真を撮るのが精いっぱいで、飛翔写真を撮る余裕がありませんでした。そのためしかたなくツチイナゴを追い掛け回して撮影しました。
b0348205_17143555.jpg
 ここ数日は毎日夕焼けがきれいです(昨日、今日は曇りでしたが…)。虫の時期もそろそろ終わりですね。


[PR]
by shingo-ayumi | 2018-11-05 17:26 | 虫いろいろ | Comments(0)

アギトアリ

b0348205_13083356.jpg
〈アギトアリ Odontomachus monticola, 神奈川県〉
 先日、ダンゴムシの研究者で生き物仲間の先崎さんに、アギトアリの生息地を案内していただきました。ちなみに先崎さんは「土の中の生きものからみた 横浜の自然 ダンゴムシ・大型土壌生物・ササラダニ」の著者で、ダンゴムシ以外にも土壌生物を広く調査されています。
b0348205_13084070.jpg
b0348205_13084970.jpg
 大顎が180度開き、ピンセットを顔の前に近づけると「カツン」と音が鳴る程の勢いでアタックしてきます。アギトの名はダテじゃありません!
b0348205_13091017.jpg
 アギトアリが大顎を動かすスピードは非常に速いことで知られ、顎を開いたところでロックし、閉じるまでのスピードは動物界最速だと言います。
b0348205_13085693.jpg
 案内していただいた先崎さんには、もともと他の用事でお世話になったのですが、「そういえばアギトアリも見ていきます?」と言われ「おぉ!見ます!!」という感じで案内していただきました。
 僕は、アギトアリを見るのが初めてだったので、「こいつ噛んだり刺したりしないんですか?」と先崎さんに尋ねると「噛むし刺すよ!」と言いながら素手で捕まえてくださいました!笑


[PR]
by shingo-ayumi | 2018-10-10 18:30 | 虫いろいろ | Comments(0)

ヒナカマキリ

b0348205_21505906.jpg
〈ヒナカマキリ Amantis nawai, 横須賀市〉
 夏の終わり頃から秋に見られるカマキリですが、12月に入っても見られることがあります。樹林内や樹林地に近い地面で多く見られます。
b0348205_21511080.jpg
  ヒナカマキリは日本で最も小さいカマキリです。
b0348205_21511615.jpg
 見ての通り、翅は微翅型といって小さいものがちょこんと付いているだけなのですが、台湾の個体群には、長翅型の個体が出現することがあるそうです。


[PR]
by shingo-ayumi | 2017-12-05 22:05 | 虫いろいろ | Comments(0)

ナギサスズとウスモンナギサスズ

 先日、台風の影響で海が荒れていました。
b0348205_22024177.jpg
 しかし、個人的にはこの時を待っていました。

 それはなぜかと言うと、海岸域に生息するコオロギの1種、ナギサスズとウスモンナギサスズを狙っていたからです。
b0348205_22025294.jpg
 ナギサスズとウスモンナギサスズは、普段岩の隙間などに隠れているそうでなかなか姿を現しません。しかし、台風の時は避難なのか人目の付くところにたくさん出てくるそうです!
b0348205_22025718.jpg
〈ウスモンナギサスズ〉
 朝、海岸沿いの岩の隙間ややコンクリートブロックを見て歩くと、フナムシに混ざっているところを簡単に見つけられました。
b0348205_22084184.jpg
〈ウスモンナギサスズ〉
b0348205_22045638.jpg
〈ナギサスズ〉
b0348205_22084858.jpg
〈ナギサスズ〉
 台風でない時は、朝昼夜、風が強い日、雨が降っている日等、いろいろな条件下で探してみたのですが、ほとんど見つかりませんでした。しかし、台風の時は、こうしてたくさん出てくるのは不思議です。


[PR]
by shingo-ayumi | 2017-09-19 22:21 | 虫いろいろ | Comments(0)

クツワムシ

b0348205_22423803.jpg
〈クツワムシ〉
 先日、三浦半島某所に久しぶりにクツワムシの観察に行ってきました。クツワムシを目当てで観察に行くのは本当に久しぶりでした。
 まずは、昔から知っている産地に行ったのですが、5、6匹鳴いていました。しかし、藪の奥の方で鳴いていて場所が特定できません。周りからずいぶん探したのですが見つけられず、しかたなくイラクサやカナムグラにやられることを覚悟で藪に入り、一匹捕獲することに成功しました。
b0348205_22462508.jpg
 手足は傷だらけになるわ、花粉症にはなるわで最悪でしたが、久しぶりのクツワムシに大満足でした。
b0348205_22463134.jpg
 その後、5年くらい前から確認している産地に移動しました。ここは、昼間は確認していましたが、夜の観察は初めてでした。しかし、いざいくとかなりの数のクツワムシが鳴いていました。「こんなにたくさんいたんだ!」と驚きました。


[PR]
by shingo-ayumi | 2017-09-15 22:53 | 虫いろいろ | Comments(0)

ヨツスジトラカミキリ

b0348205_17295474.jpg
〈ヨツスジトラカミキリ〉
 8月に入ってから、最近やらたとヨツスジトラカミキリを見かけます。本種は、比較的身近に見られるトラカミキリの1種で、黄色と黒のトラ模様はハチに擬態しているとされています。
b0348205_17300022.jpg
 これはいったい?

 アシナガバチの巣にハチがいると思いきやヨツスジトラカミキリでした。偶然ですが、擬態しすぎです!笑
b0348205_17300581.jpg
 何をやっているのでしょうか??笑


[PR]
by shingo-ayumi | 2017-08-16 17:35 | 虫いろいろ | Comments(0)

夏らしい今日この頃

 最近、ゆっくりとフィールドに出られていないのですが、職場や自宅の周りで夏らしい虫たちに出会うので写真を撮っています。
b0348205_23294587.jpg
〈カブトムシ〉
b0348205_23295545.jpg
〈ハラビロカマキリ幼虫〉
b0348205_23300169.jpg
〈ヤブキリ〉
b0348205_23300764.jpg
〈イラガ〉
[PR]
by shingo-ayumi | 2017-07-16 23:32 | 虫いろいろ | Comments(0)

ミドリセイボウ

b0348205_22020194.jpg
〈ミドリセイボウ,横須賀市〉
 先日、職場にセイボウを届けてくださった方がいました。調べてみるとミドリセイボウという種で、ルリジガバチ類の幼虫に寄生するハチのようです。珍しい種ではないようですが、こうして写真で撮ると美しいですね☆
[PR]
by shingo-ayumi | 2017-07-10 22:05 | 虫いろいろ | Comments(0)

在来か?移入か?ヘイケボタル

 先日、地元の横浜市某所で新たなヘイケボタルの生息地を発見しました。生息環境としては悪くない場所です。しかし、不特定多数の人がたくさん来る場所の近くであるため、放流個体なのでは??と疑われました。
b0348205_20523661.jpg
〈ヘイケボタル,横浜市〉
 さっそく横浜市に連絡をとって聞いてみたのですが、この場所での情報はないとのことでした。確かに地形からすると昔は田んぼで、かつては生息していたのだと思いますが、放流が散々おこなわれてきた横浜市のことですから、在来のものかどうか怪しいところがあります。
 在来か移入か確かめようがないところはあるのですが、もし在来であればこの地域では大変貴重なヘイケボタルなので、もう少し情報を探ってみようと思っています。


[PR]
by shingo-ayumi | 2017-06-21 21:07 | 虫いろいろ | Comments(0)

1月にノコギリクワガタ

b0348205_22231296.jpg
〈ノコギリクワガタ,横浜市産,1月14日ゆうさん採集〉
 先日、活動仲間のゆうさんが立ち枯れのエノキの中からノコギリクワガタを見つけたと言って見せてくれました。

 当初、「1月にノコ?しかも立ち枯れの中?ウソだろ?」と思ったのですが、見せてもらうと正真正銘のノコギリクワガタでした(一般的にノコギリクワガタは、冬を越さずに死んでしまいます。また、幼虫は木の根本の土中や地中にある朽木などを好み、地表にある朽木や立ち枯れには入りません)。

 しかもよく見ると体はツヤツヤしていてより赤みが強く(ノコはもともと赤みが強いですが)どうやら新成虫っぽいのです!!他種のクワガタではよく聞きますが、ヘンな時期に羽化してしまい、朽木から出ずにそのまま成虫で越冬していた個体なのかもしれません。
b0348205_22232470.jpg
〈ノコギリクワガタの幼虫?〉
 同時に幼虫も採れたそうです。
b0348205_22233051.jpg
 ノコギリクワガタの幼虫の大アゴは、先の方で湾曲するのが特徴だそうです。う~んどうでしょうノコでしょうか?

 羽化して何が出てくるか楽しみですね☆


[PR]
by shingo-ayumi | 2017-01-17 23:36 | 虫いろいろ | Comments(2)