人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺の自然
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

冬の森たんけん(2019)
at 2019-12-09 21:19
ジュニア生物調査隊で企画展示..
at 2019-12-05 18:31
横浜の学校ビオトープで授業
at 2019-12-03 01:04
三浦半島の東京湾流入河川
at 2019-12-02 00:07
キバラコガタノゲンゴロウ(本..
at 2019-11-27 19:13
ジュウニホシキイロオオハムシ
at 2019-11-25 19:10
ハイイロゲンゴロウ
at 2019-11-23 22:23
ニセモンキマメゲンゴロウ
at 2019-11-20 23:55
ジュニア生物調査隊 ~標本づ..
at 2019-11-19 00:20
アキアカネの産卵
at 2019-11-15 22:10
11月の観音崎とウラナミシジミ
at 2019-11-14 23:24
世界のクワガタムシ大図鑑
at 2019-11-13 22:57

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

カテゴリ:水生昆虫いろいろ( 36 )

ミヤマミズスマシ

b0348205_22141822.jpg
〈ミヤマミズスマシ Gyrinus sachalinensis, 岩手県〉
 岩手の調査で見つけたミヤマミズスマシです。標高700mくらいのところにある湿地に群れていました。
b0348205_22185804.jpg
 ミヤマミズスマシは東北や中部の比較的標高の高い地域に生息する傾向があるそうです。ただ北海道では平地にも生息してます。
b0348205_22083793.jpg
〈長野県の生息地の様子〉
 ミズスマシ属は日本に数種類分布していますが、ミヤマミズスマシ、ミズスマシ、コミズスマシの違いを野外で見分けるのはなかなか難しいと思います。ミヤマミズスマシは他の2種と比較して腹面が赤っぽい傾向がありますが、決定的な見分け方ではありません。しかも、場所によっては他種と混生している場合もあるのでなおさら厄介です。
b0348205_22294481.jpg
〈左:秋田県産ミヤマミズスマシ 右:♂交尾器〉
 そのため、同定には♂の交尾器を取り出すのが手っ取り早いと思っています。


by shingo-ayumi | 2015-09-05 22:39 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

ベトナムの水生昆虫

 ベトナムのゲンゴロウ以外の水生昆虫編です。
b0348205_00282347.jpg
〈インドシナオオタイコウチ〉
b0348205_00301661.jpg
 持つと死んだふりをするのは日本のタイコウチと同じですね。
b0348205_00333207.jpg
 インドシナオオタイコウチは湿地から水田、休耕田、水たまりなどあらゆる水辺から見つけることができました。
b0348205_00353532.jpg
b0348205_00373970.jpg
 トンガリ頭のオオミズスマシ
b0348205_00412339.jpg
 ベトナム南部の川。以前ベトナムの北部やマレーシアでも見つけました。タイにもいるそうでいただいたことがあります。比較的平地にあるきれいな川に棲んでいます。
b0348205_00450123.jpg
 オナガミズスマシの1種
b0348205_00462619.jpg
 こちらもオナガミズスマシの1種ですが、大きさが違いおそらく別種だと思います。
b0348205_00552811.jpg
 比較的標高の高い源流域で見られました。オナガミズスマシの仲間は他にも何種類かみられ、ベトナムでは複数種が分布していると思われます。
by shingo-ayumi | 2015-05-26 00:59 | 水生昆虫いろいろ | Comments(2)

オナガミズスマシの幼虫

 本日三浦半島の川でオナガミズスマシの幼虫を見つけました。

 オナガミズスマシは、横浜・三浦では極めて珍しい種類です。丹沢山系から流れている川の源流、上流部ではちょくちょく見かけるのですが、県東部では当地でしか見たことがありません。しかも今回見つかったのが幼虫というのが嬉しい発見でした。これまで県内でオナガミズスマシの幼虫に関する記録は聞いたことがありません。
b0348205_23202496.jpg
 今回幼虫を見つけたのは源流域で、川の流れている部分にある石に引っかかった落ち葉を網で掬うと入りました。
b0348205_23211901.jpg
 今回見つけたのは4個体でしたが、すべて終齢幼虫でした。Orectochilus 属の幼虫はあまり見たことがありませんでしたが、驚いたのはこの時期に幼虫が採れるんだ!ということです。
b0348205_23214306.jpg
〈オナガミズスマシ成虫 Orectochilus regimbarti
 この写真は同産地で2008年に採集したものです。今まで成虫は何度か見たことがありましたが、幼虫を見つけたのは初めてでした。オナガミズスマシの幼虫は幼虫越冬で、冬から春先にかけて出現するのであれば、面白い発見だなぁと思いました。

佐野真吾(2015)オナガミズスマシ幼虫の記録.かまくらちょう(88):44.


by shingo-ayumi | 2015-04-04 23:28 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

ヘイケボタルの幼虫

 日曜日、ウチで飼っているヤゴの餌として、ミズムシ(甲殻類)を採りに行ってきました。ミズムシですから、落ち葉の沈んだ水路を適当に掬って持ち帰ってきたわけですが、帰ってよく見てみるとヘイケボタルの幼虫が混ざっているではありませんか。落ち葉の中に混ざっていたのでしょう。
b0348205_00272806.jpg
〈ヘイケボタルの幼虫〉
 ホタルと言えば古来から人々に親しまれてきた昆虫ですが、幼虫はこんなふうに「The 幼虫!」といった感じで、成虫とは似ても似つかぬ姿です。そして、幼虫時代は水の中に住んでいる立派な水生昆虫なのです。
b0348205_00274325.jpg
 この小さなキバのようなアゴでモノアラガイやサカマキガイなどに食らいつくのです。ホタルは一般的にきれいでカワイイイメージかもしれませんが、幼虫は姿かたち、性格までなかなか恐ろしい昆虫なのです!
by shingo-ayumi | 2015-03-10 00:38 | 水生昆虫いろいろ | Comments(2)

カミヤコガシラミズムシ

 今日はカミヤコガシラミズムシという虫を紹介します。コガシラミズムシというのはゲンゴロウに近い仲間の小さな水生昆虫です。体長は約3mm程で小さいのですが、こうして写真を撮ると結構きれいな虫です。先日千葉県に行ったときに採ってきました。
b0348205_00140691.jpg
〈カミヤコガシラミズムシ Halipulus kamiyai, 千葉県〉
 コガシラミズムシの仲間はまだ分類がはっきりしていない種が多く、このカミヤコガシラも近種のクビボソコガシラとよく混同されます。でもこの2種は別種で、クビボソコガシラが用水路や河川敷などの湧水のある環境を好むのに対して、カミヤコガシラは水生植物が繁茂した休耕田や浅い池などの良好な湿地を好む印象があります。カミヤコガシラは結構珍しい種で、僕も今まで全国を回って2か所くらいでしか見つけたことがありません。
b0348205_00143557.jpg
 今回採ってきた所では多産しています。当地では8月から9月頃に爆発的に増えて、ひと網で100匹くらい採れることがあります。おそらくそれくらいの時期に新成虫になるのではないかと思われます。ちなみに神奈川県でも葉山町で記録がありますが現在は見られません。
b0348205_23224275.jpg
 金色の翅がカッコイイですよね☆こんな米粒より小さい虫ですが、網の中から探しだし、「いたいた♪」とニヤニヤしながら採集している時間は本当に癒されますね☆笑


by shingo-ayumi | 2015-02-14 00:31 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

オオミズスマシ

 正月からパソコンが壊れてブログも止まっていました。メールやマイクロソフトはまだ復活していないのですが、とりあえずブログは更新したいと思います。 
 奄美で採ってきたオオミズスマシを室内撮影しました。
b0348205_23214052.jpg
〈オオミズスマシ Dineutus orientalis, 奄美大島〉
b0348205_23222135.jpg
 こちらはストロボをバウンスさせて撮影した同一個体です。バウンスさせて撮ると印象が変わりますね。でも実際はこんな感じではなく一枚目の写真の方が本物に近いイメージだと思います。
b0348205_23263142.jpg
〈オオミズスマシの幼虫,久米島で撮影〉
 ちなみに、ミズスマシ類の幼虫はヘビトンボの幼虫のようなかたちをしています。
b0348205_23290338.jpg
〈ゲンゴロウ属の幼虫に捕食されるオオミズスマシの幼虫〉
 ミズスマシ類の幼虫の生態はよく分かっていませんが、オオミズスマシの幼虫は池の中で見つかります。この写真はゲンゴロウ属の幼虫に捕食された瞬間を偶然とらえたものです。
b0348205_23320134.jpg
〈神奈川県産のオオミズスマシ〉
 この写真は2011年に撮影した貴重な神奈川県産オオミズスマシです。神奈川県のレッドデータブック(2006)では絶滅危惧ⅠA類に指定されています。県内ではおそらく確実な産地は1、2ヵ所程なのではないかと思います。日本全国に分布し、本来普通種とされていたオオミズスマシですが、現在は各地で姿を消しつつあるのです。
b0348205_23354168.jpg
〈マレーシアのオオミズスマシ〉
 ちなみにちなみに!以前マレーシアに行った時にトンガリ頭のオオミズスマシを採集しました。日本産のものより大きくてカッコイイですね。
b0348205_23365621.jpg
〈タイ産トンガリ頭オオミズスマシの標本〉
 これは虫屋の大先輩Nさんからいただいて標本にしたタイ産の個体です。トンガリ頭のオオミズスマシは東南アジアに広く分布しているようです。
b0348205_23384481.jpg
〈マレーシア ペラ州の生息地〉
 トンガリ頭のオオミズスマシは日本産オオミズスマシが止水性なのに対して流水で採集されました。マレーシアでは数ヵ所で見つけましたが、採集地はいずれも原生林の中を流れるきれいな川でした。
by shingo-ayumi | 2015-01-09 23:46 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)