人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺の自然
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

冬の森たんけん(2019)
at 2019-12-09 21:19
ジュニア生物調査隊で企画展示..
at 2019-12-05 18:31
横浜の学校ビオトープで授業
at 2019-12-03 01:04
三浦半島の東京湾流入河川
at 2019-12-02 00:07
キバラコガタノゲンゴロウ(本..
at 2019-11-27 19:13
ジュウニホシキイロオオハムシ
at 2019-11-25 19:10
ハイイロゲンゴロウ
at 2019-11-23 22:23
ニセモンキマメゲンゴロウ
at 2019-11-20 23:55
ジュニア生物調査隊 ~標本づ..
at 2019-11-19 00:20
アキアカネの産卵
at 2019-11-15 22:10
11月の観音崎とウラナミシジミ
at 2019-11-14 23:24
世界のクワガタムシ大図鑑
at 2019-11-13 22:57

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

カテゴリ:旅( 61 )

北海道の旅(2015)

 函館に行く機会があったので、少しの時間だけ北海道の道南を中心に旅をしてきました。
b0348205_00525674.jpg
 今回は各所の池沼湿地を巡りました。
b0348205_00504387.jpg
 北海道はコウホネ、ジュンサイ、ヒツジグサ、ヒシ、タヌキモ等々、いかにも水生昆虫が好みそうな水生植物が生えた池沼湿地がたくさんあります。北海道道南地域は、なんとなく青森県津軽半島の風景と似ているなぁと思いました。
b0348205_00505488.jpg
 ジュンサイが池を覆っていて美しい池ですね。しかし!!一見こんなに良さそうな池なのに、池に近づくと「キュン」と鳴きながら池に飛び込む生きものが・・・。まさか・・・
 
 ウシガエルが入っていました。ガーン・・・やはりここには大型のゲンゴロウ類はいませんでした。こんな所も津軽に似ています・・・
b0348205_00510211.jpg
〈オオミズスマシ〉
 それでも小・中型種の水生昆虫はそこそこ見られました。北海道のオオミズスマシは本州のものより少し大きい気がしたのですが気のせいでしょうか・・・。
b0348205_00511778.jpg
〈クロズマメゲンゴロウ〉
b0348205_00514904.jpg
〈イバラトミヨ?〉
 トゲウオの仲間がたくさんいました。
b0348205_00511039.jpg
〈上:エゾヒメゲンゴロウ 下:オオヒメゲンゴロウ〉
 少し暗い林道沿いに溜まった水溜りではエゾヒメゲンゴロウとオオヒメゲンゴロウが見られました。エゾヒメとオオヒメが同じ環境にいるというのは本州ではあまり見ない光景だなぁと思いました。
 本州にいると普通のヒメゲンゴロウ以外のヒメゲンゴロウ属にはなかなかお目にかかれないので、ヒメゲンゴロウ属と言えばどうしてもタダヒメゲンゴロウの印象が強くなってしまいますが、北海道に行くと複数種のヒメゲンゴロウ属が生息していて、「ヒメゲンゴロウって北方系種なんだぁ!」と思います。
b0348205_00512316.jpg
 北海道の田園風景。きれいですね☆
b0348205_01093734.jpg
 もう少しで稲刈りでしょうか?
b0348205_01095174.jpg
b0348205_01035770.jpg
〈ノシメトンボ〉
b0348205_00522408.jpg
 北海道と言えばやはり牧場でしょう!!
b0348205_01112655.jpg
 各所で牧場を見かけました。
b0348205_01110935.jpg
 「ンモ~~」と言いながら近寄ってきました(笑)
b0348205_01124585.jpg
 北海道の水辺は一見何処もいい感じで、思わず網を入れたくなる場所ばかりなのですが、そんな中、「ここは良いな!!」という湿地を見つけたので網を入れてみました。すると↓
b0348205_01125583.jpg
 収穫はこんな感じでした。ナミゲンゴロウやマルガタゲンゴロウなどが採れました。
b0348205_01154128.jpg
 9月下旬の北海道は、陽がさしているうちは温かいのですが、夕方になってくると一気に気温が落ちて冷え込みます。秋の深まりを感じて寂しい気持ちになりますね。
b0348205_01154837.jpg
また来年あたりの夏にゆっくり行けたらいいなぁ~と思いました。



by shingo-ayumi | 2015-09-30 01:23 | | Comments(0)

舳倉島の旅

 舳倉島は能登半島の北に約50km程行ったところにある周囲約5kmの小さな島です。

 なんでもこの島、海女さんの聖地のような島で、今もなおも現役海女さんたちが活躍しているそうです。少し前に海女について書かれた本を読んだ歩海奥様が影響を受けたようで「行きたい!!」と言ったので行ってみることにしました。
b0348205_23325734.jpg

 舳倉島に到着!!

 船は朝に1回本土から出て、島に着くとそのまま留まり、その日の昼過ぎには再び本土に戻っていきます。しかしこれが悲劇の始まりだとは、この時は知るよしもありませんでした…
b0348205_01515260.jpg

b0348205_23330206.jpg

 港の様子
b0348205_01243942.jpg

b0348205_01330569.jpg

b0348205_23342631.jpg

 早速行ってみることにしたのは島の北にある竜神池です。

 竜神池では、難破船の錨の毒に当たって死んだ竜の母子の竜骨が池の中から掬いだされ奉られたとか!そんな伝説があるそうです。
b0348205_01251959.jpg

 調査開始!!
b0348205_23332434.jpg

〈ムスジイトトンボ〉
 竜神池では数種類のトンボと水生昆虫が見られました。
b0348205_23335919.jpg

〈ギンヤンマ〉
 池の中にはヤゴもたくさんいましたが、竜骨は見つかりませんでした(笑)
b0348205_23341810.jpg

〈クロチビミズムシ〉
 中央にいるのが成虫で、周りにいるのが幼虫です。このクロチビミズムシはミジンコが大量発生した時のような感じでたくさんいました。
b0348205_01151301.jpg

 
 竜神池をバックに記念撮影。それにしてもすごい地形ですね。すぐ下は崖になっていてすぐに海です。まさに絶海の孤島といった感じです。
b0348205_23334639.jpg

 島には各所に鳥居と社がありました。
b0348205_01260417.jpg


b0348205_23333966.jpg

 これは神を祀る石積み「ケルン」というそうです。石を積むことで竜神様を供養する役割があったり、江戸時代におきた海難事故の後、低い島を高く見せるための役割があったり、様々な理由から造られたそうです。そしてなんと島内には約70か所も点在しているそうです。

 ちなみに島にある石はすべて神聖なもので、持ち出した者にはバチが当たるそうです!
b0348205_01592430.jpg

 海は、北側は波が高く荒れていましたが、よく見ると透明度が高くとてもきれいでした。

b0348205_01272283.jpg

 わーい☆
b0348205_23344218.jpg

 〈チャイロチビゲンゴロウ〉
 海岸の潮だまりにはチャイロチビゲンゴロウがいました。

 これは余談ですが、舳倉島にはやたら大きな蚊とブユのように小さい蚊が何処にいても常に襲撃してきました。僕は蚊やアブなど刺すタイプの昆虫の毒は効かない体質なのですが、妻は手足をボコボコにされていました。
 
 後から聞いた話では、舳倉島の蚊は特に強力で、ボウフラは塩分濃度の極めて高い潮溜まりでも発生するのだとか。嘘か本当か分かりませんが、とりあえず舳倉島の蚊はもの凄いようです!

b0348205_01283374.jpg


b0348205_01285765.jpg

b0348205_01291343.jpg

 
 ファイトー!!イッパーツ!!
b0348205_23345566.jpg

 東側の海は穏やかでした。次回は是非潜ってみたいものです。
b0348205_23504157.jpg

 島内は比較的民家や漁船が多く、漁業が盛んな様子でした。人口は150人くらいだそうです。ただ商店などは一切なく、港に一台自動販売機があるだけでしたそして、15時半頃、
歩海「船の時間は16時だからそろそろ港に戻ろうか?」

ということで港に戻ったのですが、船どころか人っこ一人いませんでした。まさか・・・

歩海「ごめん…出航15時だった・・・」
真吾「まじで!?…明日の15時まで船来ないんだよね?・・・」
歩海「うん・・・」


・・・チーン・・・
b0348205_23505102.jpg

 船の時間を間違えて乗り遅れた時はさすがに途方にくれました。

 結局心優しい民宿つきさんが、突撃にも関わらず2食付で宿泊させてくださいました。感謝です!!
b0348205_01345092.jpg

 あの時は社の中か廃船に忍び込んで野宿することを本気で考えました・・・(笑)

 宿に入り、シャワーを浴びさせてもらった後は、せっかくなので夕日を見にいきました。
b0348205_01350204.jpg

b0348205_01345669.jpg

 こうして翌日は昼過ぎまで島を堪能し(そうするしかなかったのですが)、15時の船で無事帰ることができました。
b0348205_23500030.jpg
 


by shingo-ayumi | 2015-09-26 00:29 | | Comments(2)

岩手県中部の旅(2015年9月)

 9月早々、岩手県中部に出かけてきました。前回6月に行かせていただいた調査の続きです。

 岩手はすっかり秋モードで、特に夜は気温が15℃以下という寒さでした。今回は哺乳類担当のKくんのお手伝いがメインでした。
b0348205_01501509.jpg
  高原で出会ったアキアカネ
b0348205_01494570.jpg
 今回は哺乳類担当のKくんをリーダーにニホンジカの食害調査をおこないました。上の写真は、シカの食害を受けたクマザサを調べているところです。
b0348205_01495105.jpg
 これがシカの食痕だと思っていたのですが、後から調べたところ昆虫の食痕だそうです。
b0348205_01495864.jpg
 夜は車に乗ってライトセンサス法で個体数の調査をしました。
b0348205_01493460.jpg
 今回の調査地は1000mを超える標高の高い地域だったので、「時期的にもあのクワガタがいるんじゃないか!?」と期待していました。
b0348205_01503828.jpg
 「あのクワガタ」とはこいつのことです。ヤナギの枝にくっついているのが分かるでしょうか?
b0348205_01505686.jpg
 ヒメオオクワガタです。
b0348205_01504761.jpg
 この写真は手前に見えているのがメスで奥がオスです。標高800mを超えたあたりから良さそうなヤナギをチェックすると見つけられました。
b0348205_01510406.jpg
 なかなかの大きさです!カッコイイ☆
b0348205_01511241.jpg
 ミヤマクワガタもいました。ミヤマクワガタはさすがに発生後期なのでメスのみでした。
b0348205_01514438.jpg
 調査中、車を走らせているとヘビを踏みそうになって停車しました。車道に出てきていたのはシマヘビでした。
b0348205_01515278.jpg
 シマヘビの反撃を受けるKくん(笑)

b0348205_02062130.jpg
〈タカネトンボ幼虫〉
 僕も僕で水生昆虫の調査をしなければならないので、少ない時間でしたが採集をおこないました。


 いつも自分の得意分野の調査しかしないので、たまには他分野の調査を経験するのも楽しいですね。
 今回はシカの他にもクマと2回も会いました。しかも1回は小熊でとっても可愛かったです。でもきっと近くには親熊がいたんでしょうね。そう思うと気を付けないといけませんね。


by shingo-ayumi | 2015-09-04 02:16 | | Comments(0)

三浦半島の旅(2015年8月) ~横須賀・三浦~

b0348205_01482343.jpg
 「旅」のカテゴリーに入れましたが、三浦半島は地元なので「旅」でもないですね。とりあえず「海」なのか「川」なのかカテゴリー分けが難しかったので「旅」のカテゴリーに入れてしまいました。 
 三浦半島には普段からしょっちゅう行くのでわざわざ投稿しないのですが、今回は楽しい写真をたくさん撮ったので投稿したいと思います。少し前の話になりますが見てください☆
b0348205_01483641.jpg
 葉っぱの裏にクワガタの影が!!
b0348205_01484956.jpg
 ノコギリクワガタです。カッコイイ☆
b0348205_01485745.jpg
 ハンミョウ
b0348205_01490640.jpg
 サワガニ
b0348205_01492249.jpg
 クモ。ジョロウグモ?クモは苦手なので分かりません。
b0348205_01493487.jpg
 横須賀市の川にて。何か採っているような写真ですが、何かを採っている演技をさせられている写真です・・・笑
b0348205_01573888.jpg
 海にやってきました。
b0348205_01575192.jpg
 くぁ~
b0348205_01580228.jpg
 この日はシロヘリハンミョウの写真を撮ろうと海岸にやってきたのですが、ハンミョウの姿はまったく見えず・・・。
 しかたがないので面白写真撮影会をすることにしました!こ

 ここからは佐野のオハコ(?)アクロバットをお楽しみください!!↓
b0348205_02003592.jpg
とうっ!!
b0348205_02005879.jpg
でやー!!
b0348205_02004285.jpg
エビぞりジャンプ!!
b0348205_02005220.jpg
マジョタクっ!!


・・・さすがに筋肉痛になりました・・・
b0348205_02042533.jpg
歩海自画撮!!笑
b0348205_02043459.jpg
 この日は夕日を眺めてから帰宅しました。
by shingo-ayumi | 2015-08-29 02:09 | | Comments(0)

三重・和歌山の旅(2015) ~まとめ~

 三重・和歌山の旅のまとめ編を投稿したいと思います。
b0348205_02072285.jpg
 志摩半島の港
b0348205_02074501.jpg
 志摩半島の海岸は地形が入り組んでいて独特な風景が美しい場所でした。
b0348205_02081560.jpg
 福きたる☆
b0348205_00061442.jpg
b0348205_02091961.jpg
 この日は三重県尾鷲市の民宿に泊まりました。夕飯に出してくださったのはグレの刺身です。グレとはメジナのことです。関東ではあまり食べるイメージはないですが、このあたりではメジャーのようです。とっても美味しかったです☆
b0348205_02093908.jpg
 三重県紀北町の川
 
 ひとつ前の投稿でご紹介しましたが、川がとにかくきれいでした!!
b0348205_02095251.jpg
b0348205_00062734.jpg
 アユ
b0348205_00062027.jpg
 深い所は結構な水深がありました。
b0348205_02101049.jpg
 和歌山県に入り、車を走らせていると「何だありゃ!?」と車を止めました。ボコボコ穴だらけの岩です。ここは「虫食岩」といってこのあたりでは有名なスポットだそうです。
b0348205_02104248.jpg
 紀伊大島の港にて
b0348205_02173776.jpg
b0348205_02174964.jpg
 和歌山県串本町を走っているとまたしても「何だありゃ!?」と思い車を止めました。
b0348205_02180305.jpg
 海の中に大きな岩が並んでいます。これは橋杭岩と言って、マグマと波の浸食によってできたものだそうです。ここは観光スポットのようでたくさんの人が見に来ていました。
b0348205_02181456.jpg
b0348205_02190546.jpg
 和歌山県の里山にて。
 民家の横にきれいな水路が流れています。
b0348205_02191756.jpg
 水中カメラを沈めてみると案の定きれいな水路でした。こんなきれいな水が流れている水路が家の前にあるなんて羨ましいですね。
b0348205_02242982.jpg
b0348205_23030104.jpg
カナヘビ
b0348205_23030829.jpg
 田んぼだぁー!!
b0348205_02253249.jpg
 空だぁー!!
b0348205_23025446.jpg
海だぁー!!
b0348205_02250251.jpg
 星だぁー!!
b0348205_02251226.jpg
 しかもこの日はペルセウス座流星群が見える日だったため流れ星がたくさん見えました。写真に流れ星が写っているのがお分かりでしょうか。
b0348205_02265922.jpg
 三重県大紀町の川 
 今回の旅は、とにかく川でのシュノーケリングを満喫しました。
b0348205_23031520.jpg
 コヤマトンボ
b0348205_18545821.jpg
b0348205_02283355.jpg
 帰りは寄り道をして虫とりをしました。
b0348205_02292318.jpg
 モノサシトンボ♀
b0348205_02291037.jpg
 キイトトンボ♀
b0348205_02293456.jpg
 杭にとまっているのはオオシオカラトンボです。
b0348205_02294326.jpg
 眼回るかなぁ~
b0348205_02294901.jpg
 指にとまるかなぁ~

 今回は和歌山県の最南端まで車で行きました。とにかく遠い所でした。でも自由気ままに川で泳いだり、海に潜ったり、虫を採ったり、テントを張って寝たり、旅らしい旅ができたと思います。
by shingo-ayumi | 2015-08-20 02:41 | | Comments(0)

和歌山の旅(2015)

 和歌山県は海も川もきれいだと聞きます。というわけで今回の旅は三重をさらに南下し和歌山まで行ってきました。
b0348205_23030556.jpg
 和歌山の海にレッツゴー!!
b0348205_23021915.jpg
 本州とは思えない程たくさんのサンゴがありました。泳いでいる魚はネンブツダイです。
b0348205_23045949.jpg
〈キタマクラ〉
b0348205_23043490.jpg
〈クマノミ〉
 イソギンチャクの中にいるのはクマノミです。ここではクマノミの姿を多く見かけました。
b0348205_23033063.jpg
〈ウミスズメ〉
 頭に生えている二本のトゲがカワイイらしいですね☆
b0348205_23034149.jpg
〈ウツボ〉
 ウツボの横にはイセエビもいたそうですが、岩の奥に入って行ってしまったそうです。
b0348205_23040836.jpg
 トラフナマコがキュビエ器官を出す瞬間です。強く触ったりいじめるとだします。でもこれが何とも美しい!!笑
b0348205_23042689.jpg
 和歌山の海はすばらしかったです。
b0348205_23044649.jpg
 海から上がり、さて、歩海奥様の手の中にいるのは何でしょうか!?
b0348205_23045239.jpg
〈ミナミハコフグの稚魚〉
 ミナミハコフグの赤ちゃんはきれいな色をしていますよね!!海の中で素手で捕まえました。すぐにもとの海に帰しました⭐︎
b0348205_23153541.jpg
 せっかくなので田んぼも見てきました。
b0348205_23170856.jpg
 よっしゃ!水生昆虫を探すぞぉー!!
b0348205_23191097.jpg
〈キイトトンボ〉
b0348205_23194946.jpg
〈コウベツブゲンゴロウ〉
b0348205_23182779.jpg
〈クロゲンゴロウの幼虫〉
b0348205_23214128.jpg
 地図を見ながら良さそうな場所を探し各地の田んぼを回っていると、山奥で東南アジアの山岳地帯の棚田みたいな風景を見つけました。残念ながら水田はやっていませんでしたが独特の風景に感激しました。
b0348205_23274810.jpg
b0348205_23220494.jpg
b0348205_23264611.jpg
 場所を変えて、山の谷間に広がる水田地帯にやってきました。和歌山県ではすでに収穫を終えている田んぼもありました。温かい地域なので田植えの時期も早いのでしょう。
b0348205_23265972.jpg
 もう少しで稲刈りでしょうか。この時期にイネは美しいですね。
b0348205_00273159.jpg
b0348205_23280569.jpg
 というわけで、和歌山の旅では海と田んぼを満喫しました。
by shingo-ayumi | 2015-08-17 23:25 | | Comments(0)

三重の旅(2015)

 以前から歩海奥様と夏休みは三重県・和歌山県に行こうと計画していました。というわけで本日はまず三重県にやってきました。今日はネットが使えたので早速投稿します。
b0348205_23034798.jpg
 ここは以前調査で来た時に偶然見つけた川です。底は砂と泥なのですが透明度は高く、以前来た時から水中撮影をしたいなぁと思っていました。
b0348205_23025258.jpg
 比較的標高の低いところなのですが、水温は低く水中はまるでアクアリウムのような風景です。
b0348205_23032058.jpg
〈ヒルムシロ〉
 川の中に生えているヒルムシロ。美しいですね☆
b0348205_23103368.jpg
 川は湿地にもなっていて様々なトンボが見られました。
b0348205_23065622.jpg
〈キイトトンボ〉
b0348205_23074244.jpg
〈モートンイトトンボ〉
b0348205_23080149.jpg
〈グンバイトンボ〉
 オスは和名の通り脚が軍配状になっているのですが、そのオスが見られなかったのが残念でした。産卵の反水面写真を撮りたかったんですけどね・・・
b0348205_23072204.jpg
〈ミヤマアカネ〉
b0348205_23122047.jpg
 ホンドテンのロードキルを見つけました。貴重な在来哺乳類がロードキルにあっているのを見ると心が痛みます。車通りが少ないためついついスピードを出してしまいますが、動物たちのためにも安全運転を心掛けたいものです。
b0348205_23160159.jpg
 今日はここからさらに数時間かけて南下し、尾鷲市にある民宿柴山さんに宿泊しました。夕飯は民宿のご主人が釣ったシイラの天ぷらやマグロの煮付けに刺身などなど、とっても美味しかったです。
by shingo-ayumi | 2015-08-11 23:23 | | Comments(3)

愛知の旅 ~三河地方~

 海岸林調査後、地図を見ながら「なんとなくこの辺良さそうかな~」という感じで場所を決めて、一人三河地方の里山を旅してきました。
b0348205_11424894.jpg
b0348205_11440107.jpg
 イネもだいぶ育っていました。
b0348205_11433604.jpg
 田んぼの中にはアカハライモリが☆
b0348205_11421384.jpg
〈シオカラトンボの共食い〉
 食べているのも食べられているのもシオカラトンボです。しかし、食べられている方は未成熟個体ですね。

 この日は、地図上にある池をしらみつぶしに歩いてまわりました。このあたりの池は残念ながらすべてバス、ウシガエル、ザリガニという外来種だらけの池でしたが、それでも1か所ヒルムシロが生えている池を見つけました。
b0348205_11413633.jpg
〈タベサナエのヤゴ〉
 Trigomphus属の一角を担う止水性のサナエトンボです。
b0348205_11432372.jpg
〈モノサシトンボ〉
 モノサシトンボは美しく可愛いトンボです☆
b0348205_11414452.jpg
〈モノサシトンボ〉
b0348205_11415299.jpg
〈クロスジギンヤンマ〉
 8月に入ってまだクロスジギンヤンマが飛んでいたので、これはもしかしてギンヤンマとクロスジギンヤンマの雑種であるスジボソギンヤンマではないか!?と期待したのですが、採ってみると普通にクロスジギンヤンマでした・・・
b0348205_11420250.jpg
〈ハラビロカマキリの幼虫〉
 こっちを見ているのが可愛いですね。
b0348205_11425516.jpg
〈オオアメンボ〉
b0348205_11552366.jpg
 少し離れたところで、ものすごい高さのある橋を見つけました。
b0348205_11554864.jpg
〈ゴマダラカミキリ〉
 そして、橋の上にはゴマダラカミキリが!まさかここから飛ぶのか!?

 躊躇しているようだったので、ポイッと後押ししてあげました(笑)ゴマダラカミキリは橋の上から森の方へ飛び去って行きました。
by shingo-ayumi | 2015-08-09 12:02 | | Comments(0)

愛知の旅 ~渥美半島~

 先日、愛知県の渥美半島に海岸林の調査をしに行ってきました。
b0348205_11171547.jpg
 今回調査したのはクロマツ林で、以前、区間に分けて植林されたというクロマツ林の成長状態を調査しました。
b0348205_11172281.jpg
 調査の様子
b0348205_11172814.jpg
 クロマツの直径、林冠、樹高を計測しました。
b0348205_11192853.jpg
〈シロスジコガネ〉
 クロマツ林といえばやはりシロスジコガネですよね。神奈川県ではなかなか見られませんが、ここでは多く生息しているのでしょうか。
b0348205_11174692.jpg
 調査地の近くには素晴らしい空と海が広がっていました。
b0348205_11175309.jpg
 ある漫画の有名なシーンを真似て撮影しました(笑)
b0348205_01044138.jpg
みんなでジャーンプ☆
b0348205_11193633.jpg
 翌日は仲間たちと海水浴場に行きました。普段素潜りはよくやりますが、海水浴場には行かないので久しぶりに砂浜のビーチ遊びを楽しみました。たまにはこういうのもいいですね☆
b0348205_11191897.jpg
 我ながらなかなか良いフォームです(笑)
b0348205_11194517.jpg
 仲間たち全員でお互いを海に投げ飛ばし合いました(笑)

 今回の海岸林調査は、今まで植物の調査はあまり経験がなかったのでとても良い勉強になりました。
by shingo-ayumi | 2015-08-09 11:33 | | Comments(0)

岩手県中部の旅(2015年6月)

 少し前の話になりますが、6月中旬、岩手県での調査に声をかけていただき行ってきました。
b0348205_00273955.jpg
b0348205_00274939.jpg
b0348205_00275908.jpg
〈ムカシトンボ〉
 神奈川では4月頃に出現するムカシトンボですが、岩手ではだいぶ遅れて発生するようです。 あまり止水域の多い地域でないことは地図を見た時点で分かっていたのですが、それでも僕は水生生物を担当で調査させていただくことになりました。
b0348205_00281349.jpg
〈チャイロシマチビゲンゴロウ〉
b0348205_00283083.jpg
〈ミヤマミズスマシ〉
b0348205_00284833.jpg
 この写真が何か分かるでしょうか?これは僕のお腹なのですが、中央が腫れています。この腫れをつくった犯人はこいつです↓
b0348205_00291279.jpg
〈シェルツェマダニ〉
 2日目は仲間たちとは別行動をし一人で調査をしていました。池を探して藪こぎをしていたので、その時に体にくっついたのでしょう。宿に帰って服を脱ぐとこいつがくっついていて驚き撮影しました。幸い腫れは半日程度で治りました。
b0348205_00300612.jpg
 宿泊した場所でミヤマクワガタを見つけました。
b0348205_00295944.jpg
〈ミヤマクワガタ〉
 カッコイイ☆
b0348205_00303526.jpg
 最終日はブナ林で哺乳類とキノコ調査班のお手伝いをしました。霧のかかった森の中は幻想的な風景でした。
b0348205_00391435.jpg
 立派なブナですね。
b0348205_00411453.jpg
〈スジクワガタ〉
b0348205_00495350.jpg
b0348205_00512555.jpg
b0348205_00540063.jpg
 美しいブナ林での調査を終えたあと、帰り道に僕がちょっと行ってみたいと思っていた湿地に寄ってもらいました。
b0348205_00584341.jpg
〈バイカモ〉
b0348205_14222284.jpg
 哺乳類調査担当のKくんと木に登って記念撮影☆
b0348205_14220624.jpg
 今回の調査は下見も兼てだったので、次回からは本格的に水生昆虫を狙えればいいなと思います。
by shingo-ayumi | 2015-07-05 01:07 | | Comments(0)