人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺の自然
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ママではない
at 2020-02-18 18:19
ミクラミヤマクワガタと神山の結界
at 2020-02-17 18:19
雪辱を果たす ~ハマスナホリ..
at 2020-02-11 19:03
チームグリーン
at 2020-02-09 18:48
リュウキュウヒメミズスマシ
at 2020-02-08 20:11
侍従川の源流(2020年2月)
at 2020-02-06 18:05
三浦半島の里山(2020年2月)
at 2020-02-02 22:24
ヤマアカガエルの卵塊(202..
at 2020-02-01 17:52
チャマダラチビゲンゴロウ
at 2020-01-30 19:05
ナガチビゲンゴロウ
at 2020-01-29 19:00
陸生貝を探しに
at 2020-01-28 15:47
オオクワガタが産んでいた!
at 2020-01-25 19:48

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


日本の水生昆虫 (ネイチャーガイド)


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


クワガタクワジ物語


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

カテゴリ:その他( 51 )

ママではない

 先日の祝日、この日は観音崎自然博物館もお客さんで賑わっていた。

 そんな昼下がり、職場のバックヤードで仕事をしていると、突然勢いよく扉が開いて、女の子が入ってきた。

 そして入ってくるなり、「ママー!!」っと言い放ち私と対面した。

 突然のことに一瞬言葉を失ったが、

「ママ…ではないけど…」

 と言うと、彼女は勢いよく扉を閉めて走り去っていった。いったい何だったんだろうか。

 その話を山田学芸員にすると、「見ちゃいけないものを見ちゃったと思ったんじゃない。」と言われた。そんなことはないでしょう!笑

 そういえば少し前に、家で子どもをあやしている時、妻に「口調がオネェっぽくなってるよ」と指摘された。さらに「おぎママみたいなキャラでやっていったら?」とアドバイスまでいただいた。博物館で私をママ呼ばわりした少女はそれを感じとったのだろうか。そりゃぁ確かに見ちゃいけないものだ!おそろしい…
ママではない_b0348205_14194804.jpg
〈博物館の庭に座らせて写真を撮ろうと思ったら、あまりもの強風に煽られ泣きわめくみー坊〉

 今週から2月いっぱいは海外出張だ。みー坊よ!父を忘れないでおくれ!


by shingo-ayumi | 2020-02-18 18:19 | その他 | Comments(0)

陸生貝を探しに

陸生貝を探しに_b0348205_15100434.jpg
 上司である山田和彦学芸員は海の魚が専門なのですが、貝類も好きでいろいろ調べています。そんな山田さんが、最近仕事で陸生貝類を調べ始めました。でも本人曰く、「陸生貝のことはホントに分からないよ!水生昆虫の方が分かるくらいだよ!」とのこと。しかし、先日、キセルモドキという陸貝が、三浦半島では観音崎周辺で記録されていて、そのポイントがどうやら我が家の近くの森なのでは?ということで、先日山田さんと事務のアンナちゃんと3人で探しに行ってきました。
陸生貝を探しに_b0348205_15102914.jpg
 我が家に車を停めて、3人で陸生貝を探しに行きました。

 ちなみにキセルモドキとはキセルガイに似た種なのですが、キセルガイは左巻きなのに対して、右巻きなのだとか!しかし、キセルモドキがどんな環境にいるのかもよく分からず、とりあえず闇雲に探してみることにしました。
陸生貝を探しに_b0348205_15104831.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15105304.jpg
 落ち葉や石、朽ち木の下など探してみると、種類は分かりませんが、キセルガイの仲間がいろいろ見つかりました。
陸生貝を探しに_b0348205_15105832.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15110250.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15110665.jpg
 他にもカタツムリの仲間が見つかりました。
陸生貝を探しに_b0348205_15111210.jpg
 山田さんに駅まで送ってもらうつもりでついてきたのに、とんだ寄り道となってしまったアンナちゃんも楽しそうに(?)陸生貝を集めていました。ちなみに彼女は、この後買い物に行く予定だったそうなのですが、斜面からすべってドロドロになっていました…笑 この後買い物には行ったのでしょうか?笑
陸生貝を探しに_b0348205_15112384.jpg
 陸生貝を探していると、ダンゴムシやワラジムシ、タマヤスデ、ヤスデなど、他にもいろいろな土壌生物が見つかります。
陸生貝を探しに_b0348205_15112999.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15113668.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15114166.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15115327.jpg
 キノコ?
陸生貝を探しに_b0348205_15115733.jpg
 というわけで、結局キセルモドキは見つかりませんでしたが、個人的には知らない世界に触れられて結構楽しかったです☆

 帰宅すると、留守番をしていた妻が、「そういえばウチの風呂の中によくキセルガイいるよね?」と!そういえば確かに!我が家の風呂の中で結構大きめのキセルガイがよく闊歩しているのを思い出しました。すぐに風呂場を見てみましたが、その時はいませんでした。また暖かくなったら出てきますかね。


by shingo-ayumi | 2020-01-28 15:47 | その他 | Comments(0)

2020年最初のフィールドワーク

2020年最初のフィールドワーク_b0348205_13533007.jpg
 2019年最後の日、三浦半島で家族で写真を撮ろうかとフィールドに出かけました。しかし、どこに行っても吹っ飛ばされそうな強風で断念しました。写真は三浦市の諸磯です。
2020年最初のフィールドワーク_b0348205_13533466.jpg
 ひゃー飛ばされるーー
2020年最初のフィールドワーク_b0348205_13533828.jpg
 お気に入りの台場クヌギがある森の中なら大丈夫だろうと思いきやここも強風でダメでした…
2020年最初のフィールドワーク_b0348205_13534820.jpg
 年が明けて2020年1月1日、この日は妻の実家に行って挨拶をした後、妻子を実家に残し、私は一人妻の実家の裏山に行ってきました。上の写真は、ハイキングコースから外れた道を通らなければいけない池です。ゲンゴロウやヤゴを採って、次は毎年観察しているウラゴマダラシジミの卵を見に行きました。
2020年最初のフィールドワーク_b0348205_13535352.jpg
〈ハラビロカマキリの卵鞘〉
 ウラゴマダラシジミが産卵するイボタがある場所もまた、非常に分かりにくいところにあります。谷から登る時は分かるのですが、尾根から入ろうとすると入り口が分からなくなってしまうので、しかたなく、最近は一度尾根から谷に下りて、また登るという面倒くさいルートで行っています。(谷の下流側は私有地なので入れません)そして、登り途中の尾根から少し下りたところに谷とは別に原っぱのような場所があり、そこにイボタが生えているのです。
 この場所がそもそも何でこんな不思議な地形をしているのかよく分かりません。昔、何かが建っていた跡地なのでしょうか??

 しかし、苦労してたどり着いたにも関わらず、目的のイボタがバキバキに折れていました。2019年の台風にやられたのでしょうか。三浦半島では少なくなっているウラゴマダラシジミの貴重な産地だったのに…どこかで生き残っていれば良いのですが…。
2020年最初のフィールドワーク_b0348205_13540586.jpg
 さて、話は変わり、観音崎周辺では、ヤマアカガエルが産卵しました。
2020年最初のフィールドワーク_b0348205_13540978.jpg
〈ヤマアカガエル〉
 去年は2月4日に産んだので、今年はずいぶん早かったです。年末に何度も雨が降ったので、それが影響したのかもしれません。
2020年最初のフィールドワーク_b0348205_13541444.jpg
〈ヤブヤンマ〉
 というわけで、2020年もよろしくお願いいたします。


by shingo-ayumi | 2020-01-03 20:53 | その他 | Comments(2)

世界のクワガタムシ大図鑑

 少し前に、今年はクワガタに熱を入れた1年だったという話を書きましたが、浮気もさすがにそろそろ飽きる頃だろうと思いきや、さらに加速している今日この頃です。そしてその勢いで、今更ながら月刊むしの昆虫大図鑑シリーズの「世界のクワガタムシ大図鑑」を入手してしまいました!
世界のクワガタムシ大図鑑_b0348205_22193041.jpg
 少し前に外来種のクワガタが採集されたので、それについて報文を書こうと思ったのですが、外国産のクワガタが載っている本はたくさん売られているものの、形態や産地、生態などの詳細が載っているものがなかなかなく、それを口実にこの図鑑をほしいと思ってしまいました。この図鑑は、藤田宏さん著の2010年に発行されたもので、1994年に出た「世界のクワガタムシ大図鑑(水谷哲郎・永井信二著)」のグレードアップバージョンです。そして1414種が載っているという日本最大のスーパー大図鑑なのです。

 注文して、家に届くまで、なんだかとってもワクワクしました!本を買うことでこんなワクワクするのは久しぶりです。

 さて、数日で図鑑は届き、さっそくパラパラとページをめくると、なんとまぁ!世界にはこんなにもたくさんのクワガタがいるのだと驚かされました。子どもの頃見に行った博物館のクワガタ・カブトムシ展や大手のペットショップなんかでも見たことのないような種がたくさん掲載されています。これはすげぇ!そして、図鑑を眺めているうちに「以前海外で見つけた地味なクワガタの種類も、この図鑑なら分かるかも?」と思いました。海外ではさすがに水生昆虫の採集に集中していて、クワガタはほとんどスルーなのですが、いくつかは採っていたり、撮影していたり、記憶にあったりしていて、その中でもDorcus titanus fafnerNeolucanus sinicus opacusは同定することができました。こういう地味な種はペットショップには出てこないだろうし、素人にはなかなか同定が難しいですよね。
世界のクワガタムシ大図鑑_b0348205_09224681.jpg
Neolucanus sinicus opacus

 というわけですばらしいアイテムを手に入れて、いっそう浮気に熱が入りそうな今日この頃です。


by shingo-ayumi | 2019-11-13 22:57 | その他 | Comments(0)

海を歩くカワアナゴ

 先日、生き物仲間で飲み仲間のタカハシくんから、実家(千葉県富津市)でデカいカワアナゴが釣れたと連絡をもらいました。写真を見ると確かにデカイ!いいなぁ展示したからちょうだ~い☆

 それから2日後、突然、仕事中に呼ばれて出ていくとタカハシくんが大きな発砲スチロールを持って立っていました。まさか海の上を歩いてきたのか!?海を歩くカワアナゴか!?と思いましたが、フェリーに乗ってきたそうです!ちなみに観音崎(神奈川県横須賀市)と千葉県富津市は、海を挟んで僅か7 kmです。
海を歩くカワアナゴ_b0348205_18100716.jpg
〈カワアナゴ,26.4 cm〉
 「今実家にいるんすよ。それでカワアナゴ釣れたから観音崎に送るって言ったら、おれも観音崎行ってみたい!って言って」、というタカハシくんの隣にはお父様の姿が!これが噂のタカハシ父か!

海を歩くカワアナゴ_b0348205_18350948.jpg
海を歩くカワアナゴ_b0348205_18351539.jpg
 「この暑いのによ!送ったら死んじまうと思って、ウチの井戸水で冷やしておいたんだよ!」と、お父様はテンション高めの漁師口調でカワアナゴのパッキングを指さしました。どうもありがとうございます!

 その後二人を館内に案内して、私とタカハシくんが話をしている一瞬の隙にお父様は行方不明になってしまいました。「お父さん携帯家に置いてきたんですよ…笑 押しが強くてすいませんねー笑」と笑いながら、タカハシくんはお父さんを探しに行ってしまいました。海を挟んだ富津市からやってきたカワアナゴは現在、博物館のホールで展示されています☆


by shingo-ayumi | 2019-08-17 22:09 | その他 | Comments(0)

ガチャポン「DANGO MUSHI」

ガチャポン「DANGO MUSHI」_b0348205_15003002.jpg
 上の写真は本物ではありません!フィギアです!笑 

 職場のジュニア生物調査隊の子がガチャポンで手に入れたというダンゴムシのフィギアを持っていて「おぉ~すげ!これが話題の!いいなぁ!」と驚きました。少し前にダンゴムシのガチャポンが話題になったのは知っていましたが、実際に見たのは初めてでした。
ガチャポン「DANGO MUSHI」_b0348205_15002192.jpg
 その数日後、街中で偶然ダンゴムシのガチャポンを見つけてしまったのです!

 ガチャポンには「丸まるダンゴムシを完全再現!ダンゴムシの構造を徹底研究し、丸まる体を再現した衝撃のスケールモデル!」という、なんとも購買意欲を煽り立てるような見出しが!

 しかし、気になるお値段は500円!!ガチャポンとしては高いですよね。フィギアなんて買ったことはないのですが、これには思わず財布を取り出してしまいました。ところが財布を見ると、1、2、3、4…400円しかない!?隣にいた妻に「100円ちょうだい!」というと、あの寛容さで定評のある歩海奥様が「えぇ~500円のガチャポン高すぎ!こんなもんいらないでしょ!」と痛烈に批判されました。しかし、100円をもらいガチャを回し、私が嬉しそうにしていると、「こんなもん欲しがるなんて!金銭感覚は合うと思っていたのに…」と追い打ち酷評!いいじゃん前から欲しかったんだからさ!笑 
ガチャポン「DANGO MUSHI」_b0348205_15004275.jpg
 この500円ガチャ「DANGO MUSHI」はBANDAIから出ている商品で、少し前に生き物好きの中で話題になりました。うむ!確かによくできている!そしてデカイ!
ガチャポン「DANGO MUSHI」_b0348205_15005647.jpg
 というわけで、念願のダンゴムシを手に入れたのでした☆笑 誰かツッコンでくれるかな~?と期待しながら、今は職場の机の上においてあります。


by shingo-ayumi | 2019-06-14 22:59 | その他 | Comments(0)

黒バック写真を撮る

 今年は黒バックの写真を撮る練習をしました。個人的には白バックより難しくいろいろ試行錯誤しました。小さなホコリも結構目立ってしまいます。
黒バック写真を撮る_b0348205_17282478.jpg
黒バック写真を撮る_b0348205_17285097.jpg
黒バック写真を撮る_b0348205_17283757.jpg
 白っぽくて輪郭がはっきりしている生き物は比較的撮りやすい気がします。
黒バック写真を撮る_b0348205_17285994.jpg
黒バック写真を撮る_b0348205_17283139.jpg
 透明な生き物も映えやすくて撮りやすいです。
黒バック写真を撮る_b0348205_17291327.jpg
黒バック写真を撮る_b0348205_17292214.jpg
黒バック写真を撮る_b0348205_17293380.jpg
 一方輪郭がはっきりしない生き物や暗い色をした生き物は難しかったです。でも上手な人たちの写真を見るとまだまだです。皆さんはどうやって撮影しているんだろうなぁと気になるところです。
by shingo-ayumi | 2018-11-19 17:36 | その他 | Comments(0)

ハナダカダンゴムシとアズキガイ

ハナダカダンゴムシとアズキガイ_b0348205_17151207.jpg
〈ハナダカダンゴムシ Armadillidium nasatum, 神奈川県〉
 前々回の投稿の続き?です。前回ご紹介させていただいたダンゴムシ屋さんの先崎さんには、アギトアリに続きハナダカダンゴムシの生息地も案内していただきました。ハナダカダンゴムシはヨーロッパ産の外来種です。
ハナダカダンゴムシとアズキガイ_b0348205_17152749.jpg
 丸まったかたちは、オカダンゴムシに比べていびつで、きれいな丸になりません。
ハナダカダンゴムシとアズキガイ_b0348205_17160654.jpg
〈左:ハナダカダンゴムシ/右:オカダンゴムシ〉
ハナダカダンゴムシとアズキガイ_b0348205_17153577.jpg
〈生息地の様子〉
ハナダカダンゴムシとアズキガイ_b0348205_17154382.jpg
 ハナダカダンゴムシは、比較的明るい環境を好むそうで林縁から路上に溜まった落ち葉の下で見られました。先崎さんは市内に生息するダンゴムシを調べるために、相当歩き回ったそうで、ダンゴムシに関する熱い話をしてくれました。

ハナダカダンゴムシとアズキガイ_b0348205_17161527.jpg
〈アズキガイ Pupinella rufa
 そしてもう一つはコイツです。
ハナダカダンゴムシとアズキガイ_b0348205_17162391.jpg
 本来、本州中部以西に分布する種ですが、国内外来種として神奈川県でも確認されています。タニシのようにフタがあります。ハナダカダンゴムシと同所的に見られました。
ハナダカダンゴムシとアズキガイ_b0348205_17163119.jpg
 西日本では、県によって絶滅危惧種になっている地域もあるようです。神奈川県ではどれくらいの範囲で広がっているか分かりませんが、地元でも見つけたので案外広い範囲でいるのかもしれません。というわけで、外来種を巡る旅をしてきました。


by shingo-ayumi | 2018-10-12 17:45 | その他 | Comments(0)

7月に入って

 7月に入って仕事が繁忙期に入りました。アカテガニの胞仔にライトトラップにウミコオロギ捕獲の指令に、夜までいろいろ動き回っています。
7月に入って_b0348205_17162337.jpg
〈ハマガニ〉
 上の写真はアカテガニの観察会中に見つけたハマガニです。

 自然関係の活動をしている方はお忙しいと思いますが、大勢でわーっと飲みながら、そろそろ近況報告会をしたい~と、勝手に思っています。


by shingo-ayumi | 2018-07-16 17:23 | その他 | Comments(0)

モーコック

モーコック_b0348205_23453656.jpg
〈モーコック〉
 職場にモーコックというベトナムの民族楽器が置いてあります。一般的に(?)ギロという打楽器の一種で、ベトナムではカエルのかたちをしており、背中を棒でこすると音がなります。

 そんなモーコックですが、音を鳴らすと、驚くほどアオガエル科の鳴き声に似ています。
モーコック_b0348205_23450441.jpg
 写真はモリアオガエルです。
モーコック_b0348205_23451157.jpg
モーコック_b0348205_23451698.jpg
 モーコックの音はモリアオガエルより高い音だけど、シュレーゲルアオガエルよりは低い音といった感じです。ヤエヤマアオガエルやオキナワアオガエルに近いでしょうか。
モーコック_b0348205_23454170.jpg
〈アオガエル科の一種,ベトナム〉
 ちなみに、実際ベトナムでもアオガエル科のカエルを見かけました。モーコックを作った人たちは、身近にいるアオガエル科をイメージしたのかもしれませんね。


by shingo-ayumi | 2018-04-27 00:04 | その他 | Comments(0)