水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

伊豆大島の旅
at 2018-10-18 02:21
テナガエビの仲間とヌマエビの..
at 2018-10-14 19:16
ハナダカダンゴムシとアズキガイ
at 2018-10-12 17:45
キタコマルガムシ
at 2018-10-11 21:59
アギトアリ
at 2018-10-10 18:30
ガサガサ&水族館づくり
at 2018-10-09 15:03
トゲバゴマフガムシ
at 2018-10-03 22:53
西伊豆の海(2018年9月)
at 2018-09-30 17:01
アベハゼ
at 2018-09-30 16:47
中部地方の旅(2018年9月)
at 2018-09-29 22:17
カノシマチビゲンゴロウ
at 2018-09-26 18:35
子どもたちとヨシノボリ
at 2018-09-18 18:11

記事ランキング

最新のコメント

> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02
オオコオイ、食べてみよ!..
by 磯邉 at 23:32
> とおりすがりさん ..
by shingo-ayumi at 11:12

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

タグ

ファン

観音崎自然博物館


<   2014年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

世界一のデニーズ

歩海です。私たちは葉山の海が大好きなので、よくその近くで食事をとります。その中でも、綺麗な海を眺めながら食事ができるお気に入りのレストランがあります。
b0348205_21590304.jpg

海沿いに白とオレンジを基調としたオシャレな建物が…そうです。デニーズです!
b0348205_21575807.jpg

テラス席からは、この景色が望めます。
b0348205_21582741.jpg

今日は、瀬戸内レモンソースのハンバーグをいただきました♪
b0348205_21574249.jpg

地元の人は普通に知っているかもしれませんが、初めて見る人は、「なんて素敵なデニーズなんだ!」というリアクションをしてくれます。
休日にここのテラス席で海を眺めながらまったりする…最高に幸せなときです。

みなさまも是非お立ち寄りください☆
ところで、デニーズって世界にあるのでしょうか…??
[PR]
by shingo-ayumi | 2014-11-30 22:15 | その他 | Comments(2)

三浦半島の川

 先日、地元ふるさと侍従川に親しむ会の子どもたちと一緒に三浦半島の川に行ってきました。
b0348205_22050986.jpg
 水は冷たく川の中はもうすっかり冬景色です。
b0348205_22053094.jpg
〈ツチガエル〉
 ツチガエルはまだ活動する様子が見られました。
b0348205_22060281.jpg
〈サワガニ〉
b0348205_22062487.jpg
〈コオニヤンマの幼虫〉
b0348205_22064191.jpg
 子どもたちは寒さにも負けず胴長をはいて川の中で魚とりです!
b0348205_22070046.jpg
水切り
b0348205_22072180.jpg
b0348205_22074559.jpg
朽木を割ってみると!?↓
b0348205_22080508.jpg
〈コクワガタの幼虫〉


〈Canon Power Shot SX280 HS/WP-DC49〉








[PR]
by shingo-ayumi | 2014-11-24 22:14 | | Comments(0)

マツモ vs カボンバ

 横浜市内の池で外来種駆除をしてきました。本日の外来種は水生植物です。
b0348205_01300634.jpg
 この場所は、都心に近いところにあるためか今まで様々な外来水生植物を入れられてきました。そして今回駆除したのはカボンバという枕水性の水生植物です。カボンバはもともとあったマツモという在来の水生植物を駆逐して池の中での勢力を広げています。
b0348205_01301821.jpg
〈マツモ〉
 現在カボンバに圧されて池の沖の方に追いやられています。ただ、水深のある沖の方ではマツモの方が優勢でした。
b0348205_01302713.jpg
〈カボンバ 別名フサジュンサイ,ハゴロモモ〉
 ペットショップでも普通に売られていますが北米原産の外来種です。マツモと違って根を張ることができるため、特に浅い場所ではマツモを駆逐して勢力を拡大させています。
 こんな感じでマツモvsカボンバの勢力争いが繰り広げられているのです。マツモに加担した僕らの攻撃は果たして効果あるでしょうか?
b0348205_01310692.jpg
〈アサザ〉
 アサザは日本在来の水生植物ですが、ここではもともとなかったものなので国内外来種ということになります。
b0348205_01304970.jpg
ボートを用意していただいて池の奥まで行きました。ちょっと楽しかったです♪笑


[PR]
by shingo-ayumi | 2014-11-22 01:47 | 外来種 | Comments(0)

母校でビオトープと生き物の授業

 母校の小学校に呼ばれてビオトープと生き物についてお話をしてきました。母校には2年前から頻繁に関わらせていただいて何度も授業に参加しています。
b0348205_21300203.jpg
〈川の昆虫と池の昆虫〉
 小学校の裏には谷戸があり、そこにある沢から水を引いてビオトープをつくりました。そのため、流水性のヤゴと止水性のヤゴが見られ環境の勉強には適したフィールドなのです。ちなみに写真はオニヤンマ、アサヒナカワトンボ、クロスジギンヤンマ、マメゲンゴロウです。
b0348205_21301383.jpg
 教室に行くと一人の子が話しかけてきました。「佐野さんは中学生の頃陸上部でしたか?」「そうだけどどうして?」「N先生って知ってますか?」「うん顧問の先生だったよ!」「僕、息子です!」「えぇー!!これはこれは!」。部活中虫とりをしながら走っていた僕を暖かく指導してくださった先生の息子さんとこんなところでお会いすることになるとは!さらに、今回関わる子たちの中には他にも実家の近所の子や同級生のお子さんなど僕にとって縁のある子たちがたくさんいてなんだか面白くなりそうです。
b0348205_21302121.jpg
〈サトクダマキモドキの死体〉
 もう冬が近くて生き物も少なくなりますが、これから3月まで何度か授業に呼んでいただけるとのことなので楽しくやっていきたいと思っています。

〈Canon Power Shot SX280 HS〉


[PR]
by shingo-ayumi | 2014-11-20 21:52 | 生きものに関する活動 | Comments(0)

我が家にビオトープ

 先週の土曜日、我が家の小さな花壇にビオトープを作りました。ビオトープといっても市販で売られているプラ船を花壇に埋め込み田んぼの土と水生植物を入れて水をはっただけのものです。こんなんでもトンボやカエルなんかは来てくれることがあります。
b0348205_23084651.jpg
 我が家から徒歩2分の近所にマルタンヤンマやヤブヤンマが飛ぶ場所があるので、来年の夏には産卵に来てくれればいいなという思いで作りました。
b0348205_11184526.jpg
数日経つと濁りは落ち着いて見栄えももよくなります。新しくメダカを入れました。



[PR]
by shingo-ayumi | 2014-11-19 23:13 | 我が家のいきもの | Comments(3)

フェモラータオオモモブトハムシ

 前の投稿に関連して本日は、日本で繁殖した外来種フェモラータオオモモブトハムシです。これは数年前三重県に行ったときに撮影したものです。ペットとして日本に入ってきたものが野外で繁殖してしまった外来生物です。
b0348205_18314077.jpg
〈フェモラータオオモモブトハムシ〉
b0348205_21140123.jpg
 こんな感じでくっついています。
b0348205_21141143.jpg
 手の平に乗せると思ったよりデカイ!確かにきれいでかっこいい虫ですが、日本でみると違和感を感じます。やっぱりこういう虫は現地の自然の中で見てみたいものですね!最近は外国産の昆虫がペットショップで普通に売られている時代ですが、本当にこれでいいのかと疑問ばかり感じます。子どもの頃図鑑でしか見られなかった昆虫を大人になったら絶対に採りに行きたい!と思っていましたが、そんな夢も現在はスーパーなどで数千円で売られているのを見ると「なんだかなぁ~」と思います。

〈Canon EOS 60D/EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS〉


[PR]
by shingo-ayumi | 2014-11-17 21:24 | 外来種 | Comments(0)

お祝いの虫?

 昨日は前の職場の仲間たちと久しぶりに会ってきました。そしてみんなから結婚祝いとしてコレをいただきました↓
b0348205_18312394.jpg
 オオモモブトハムシのオンパレード!!さすが生き物関係の職場だっただけあってみんなのチョイスには感激しました!やっぱりヤギさばいたり、草撮りまくったり、そんなことを普通にやってたような人たちは違うな~笑 よくこんな物を見つけたもんだと驚きます!
b0348205_18313208.jpg
 ちなみにお家に持ち帰って奥様に見せると、「なんかこのままゾロゾロゾロ向かって来そうだね!」とコメントをいただきました!確かに!!ちょっとコワイけど玄関の下駄箱の上に飾ることにしました☆
[PR]
by shingo-ayumi | 2014-11-16 18:46 | その他 | Comments(4)

カクレミノ術

 今日は母校の小学校でやっている活動の中でオニヤンマのヤゴを見つけました。オニヤンマは撮影していると体と脚をうまく使って砂の中に潜っていきました。頭と腹の先だけ出して隠れる様はまさにカクレミノ術です!
b0348205_15463463.jpg
〈オニヤンマの幼虫〉
b0348205_15464603.jpg
 潜り始めました!
b0348205_15465530.jpg
 数十秒程であっというまに潜ってしまいました。
b0348205_15470595.jpg
さぁ!いったい何処に隠れているでしょう??
b0348205_15471676.jpg
 オニヤンマはこうして頭を出して待ち伏せし、目の前にやってきた獲物を捕らえるのです。でも慣れるとこの黒く見える台形をした頭を目印に網で掬わなくても見つけられるようになります!

〈Canon EOS 60D/TAMRON SP AF90mm F2.8 Di マクロ〉


[PR]
by shingo-ayumi | 2014-11-15 15:55 | トンボ | Comments(0)

秋の侍従川

b0348205_21450562.jpg
 9月の侍従川(泥牛橋-東橋付近)
b0348205_21451746.jpg
〈クサガメ〉
 水中から撮影しました。カメが採れると子どもたちのテンションは上がります。
b0348205_21452968.jpg
 子どもたちが捕えたウキゴリ。ふるさと侍従川に親しむ会の定例調査にて
b0348205_21453608.jpg
 ふるさと侍従川に親しむ会の行事『ハゼ釣り大会』では、子どもたちが自分で釣ったハゼを自らさばいて調理します。写真のハゼはウキゴリです。
b0348205_21455054.jpg
〈アカエイとスズキの群れ〉
 侍従川はスズキが多い川で、60,70cmくらいあるスズキが中流でも普通に見られます。写真は以前アカエイを囲むように泳ぐスズキの群れを撮影したものです。最初、スズキが輪になっているのを発見して、よく見てみると輪の真ん中にアカエイがいることに気づきました。その後、アカエイは泳ぎだしそれを囲んだままスズキたちも泳ぎ始めました。そしてさらに数匹のスズキが先導するように先を泳ぎ、アカエイと他のスズキたちも上流方面へ泳いで行ってしまいました。アカエイとスズキの見たこともない不思議な行動を写した一枚です。
b0348205_21455875.jpg
少年とクサガメ
b0348205_21460683.jpg
〈アキアカネ〉 
 9月に侍従川中流で撮影しました。
b0348205_21461671.jpg
 10月の侍従川(泥牛橋から)
b0348205_21462700.jpg
〈キタテハ〉
 晩秋まで見られる蝶です。
b0348205_21463945.jpg
〈オオアオイトトンボ〉
 僕が撮影していると少年とその担任の先生がやってきて「何撮ってるんですか?」と尋ねられました。オオアオイトトンボの生息地は、侍従川流域では1か所のみです。11月後半まで見られる大きなイトトンボです。
b0348205_21464833.jpg
〈産卵するヤブヤンマ〉
 9月の夕方、ヤブヤンマが産卵にやってきました。ヤブヤンマは水辺から少し離れた地面や朽木に産卵していました。産卵中は相当集中しているようで、接近してフラッシュで撮影しても指でつついても逃げませんでした。
b0348205_21465727.jpg
〈クツワムシ〉
 金沢区内では大変珍しいクツワムシ。侍従川流域では限られた場所でのみ生息しています。成虫は8月の終わり頃から10月頃見られます。
b0348205_21470717.jpg
 「あ~ああ~」。流域の森で見つけたツルを使ってターザン!ふるさと侍従川に親しむ会の行事『冬の森たんけん』にて。
b0348205_21471517.jpg
〈ミルンヤンマの幼虫〉
 その年に生まれた幼虫でしょうか?まだ小さなミルンヤンマの幼虫です。11月、侍従川本流の源流で撮影しました。

※これらの写真は2012年から2014年に撮影したものです。


〈Canon EOS 60D/EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS/EF50mm F1.8 II/SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM/TAMRON SP AF90mm F2.8 Di マクロ〉
〈Canon Power Shot SX280 HS/WP-DC49〉



[PR]
by shingo-ayumi | 2014-11-12 21:47 | 侍従川流域 | Comments(0)

我が家の水槽

 今日は家の水槽に新しく買ってきたろ過機とライトをとり付けました。水槽の中身は、地元三浦半島から採ってきた淡水魚とエビが入っています。
b0348205_20141159.jpg
b0348205_20143769.jpg
〈アブラハヤ〉
b0348205_20150469.jpg
〈ウナギ〉
b0348205_20153115.jpg
〈ヒラテテナガエビ〉
[PR]
by shingo-ayumi | 2014-11-09 20:18 | 我が家のいきもの | Comments(0)