水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ヒメケシゲンゴロウ
at 2018-12-14 18:14
里山の取材(2018年12月)
at 2018-12-10 02:00
横浜西部の田んぼ(2018年..
at 2018-11-23 22:36
黒バック写真を撮る
at 2018-11-19 17:36
野生生物としてのハムスター
at 2018-11-14 19:26
観音崎周辺の地域を散歩(20..
at 2018-11-10 00:32
トノサマバッタ
at 2018-11-05 17:26
神奈川県西部の里山(2018..
at 2018-10-31 00:05
ムネアカハラビロカマキリ
at 2018-10-29 21:55
侍従川のクリーンアップ&調査..
at 2018-10-29 00:10
伊豆大島の旅
at 2018-10-18 02:21
テナガエビの仲間とヌマエビの..
at 2018-10-14 19:16

記事ランキング

最新のコメント

> 田中さん コメント..
by shingo-ayumi at 17:39
山口県でも息子(小1)が..
by 田中 at 13:44
> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

タグ

ファン

観音崎自然博物館


<   2015年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

4月の侍従川(2015)

 土曜日は、地元ふるさと侍従川に親しむ会の活動で野草パーティがおこなわれました。野草パーティの報告は次回に回して、生きものたちの姿がたくさん見られたのでご紹介します。
b0348205_22391308.jpg
b0348205_22412423.jpg
b0348205_22452085.jpg
〈ミシシッピアカミミガメ〉
 子どもたちがカメを捕獲していました。
b0348205_22120084.jpg
〈ヒメマイマイカブリ〉
 野草を摘んでいるとマイマイカブリが見つかりました。侍従川流域の一部の谷戸では多く見られます。
b0348205_22475324.jpg
 彼が撮影しているのは?↓
b0348205_22383335.jpg
〈ヨコズナサシガメ〉
b0348205_22382360.jpg
〈アサヒナカワトンボ〉
 今年初のトンボでした☆
b0348205_22433051.jpg
〈ムラサキシジミ〉
b0348205_22434120.jpg
〈シリアゲムシの1種〉
b0348205_01403882.jpg
〈ビロードツリアブ〉
b0348205_22435016.jpg
〈センチコガネ〉
b0348205_22462841.jpg
〈バッタの1種の脱皮殻〉 
b0348205_01410805.jpg
4月26日は侍従川でハゼの産卵地点調査をおこなう予定です☆
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-04-21 22:49 | 侍従川流域 | Comments(0)

ニリンソウ

 先日、早起きをしたので近所の称名寺に写真を撮りに行ってきました。そこで偶然出会った野草摘みのおばさんがニリンソウがあることをおしえてくれました。
b0348205_00401177.jpg
〈ニリンソウ Anemone flaccida
 ニリンソウはキンポウゲ科の多年草で、春の里山を代表する花のひとつです。根茎は地烏(ジウ)といって漢方薬になるそうです。また、若葉は山菜として食べることができるそうです。ただ、葉は毒草のトリカブトに似ているため注意が必要です!
b0348205_00402087.jpg
 ニリンソウの名前の由来は、1本の茎から2輪の花が出ていることだそうです。しかし中には1輪や3輪のものもあります。
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-04-18 00:49 | 称名寺 | Comments(0)

ギシギシとヨモギのハーブティ

 近頃猛烈にハーブにハマっている歩海奥様。先日買ってきたハーブは、案の定あっというまに摘み取られて小さな株になってしまいました。このままのペースで摘み取られるとハーブの生存に関わるので、日曜日は「野生のハーブを探しに行って、そいつをハーブティにして飲もうよ!」と提案し、里山へ野生のハーブを摘みに行ってきました。
b0348205_20185703.jpg
〈ギシギシ〉
 まず最初に紹介するのはタデ科のギシギシという植物です。少し湿り気があり、日当たりのよいところにはどこにでも生えているいわゆる雑草です。ちなみにギシギシはベニシジミやコガタルリハムシなど多くの昆虫の食草でもあるので、摘んだ時に幼虫がくっついていないか注意しましょう!(笑)
b0348205_20190313.jpg
〈ヨモギ〉
 そしてもうひとつはキク科の植物ヨモギです。これもまたどこにでも生えている植物ですね。ヨモギは古来から人が食べる植物として有名です。
 ちなみに現地ではたくさんの昆虫の姿もあったので、おまけに載せます☆↓
b0348205_20194395.jpg
〈クマバチ〉
b0348205_20193766.jpg
〈キアシナガバチ〉
b0348205_20170323.jpg
〈ギシギシティ〉
 さて、家に帰って早速ギシギシとヨモギをハーブティにしてみました。写真はギシギシティです。僕は花粉症で鼻が詰まっていてよく分かりませんでしたが、歩海奥様は青臭いと言ってあまり好まない様子でした。
b0348205_20184204.jpg
〈ヨモギティ〉
 次はヨモギティです。ヨモギは、最初そのままお湯にいれると青臭さが強かったのですが、葉を一度電子レンジで温めてからお湯に入れると、まろやかでヨモギらしい良い風味になりました。
b0348205_20162915.jpg
 というわけで、今回は野生のハーブティを試してみたのですが、歩海奥様は「う~ん、でもやっぱりウチで育ててる園芸ハーブには適わないよね!」とのこと。
 我が家に植えられているハーブたちの悲鳴が聞こえたような気がしました・・・
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-04-13 20:47 | 自然を食す | Comments(0)

我が家のトンボたち

4月になり、家で飼っているヤゴたちに変化があらわれました。
b0348205_21594436.jpg
b0348205_21595354.jpg
地元、侍従川産の貴重なダビドサナエが羽化しました。
b0348205_22000130.jpg
ヒロオビオニヤンマのヤゴが脱皮をして終齢幼虫になりました。
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-04-11 22:36 | 我が家のいきもの | Comments(0)

歩海ハーブ園

 先週、突然、歩海奥様が「ハーブを買いに行こう!」と言い出しました。なんでもハーブを育てて料理に使ったり、ハーブティにしたいのだとか。 
 というわけで地元のグリーンファームへ行ってきました。買ってきたのは、レモンバーム、スペアミント、オレガノ、ディルという種類です。
b0348205_23113473.jpg
 庭にプランターを置きハーブを植えました。
b0348205_23115775.jpg
 そして早速ハーブティにしようとレモンバーム、スペアミント、オレガノを摘み取りました。
b0348205_23122510.jpg
 出来あがったハーブティ。オシャレな感じですね。
b0348205_23123939.jpg
 僕もたまには品のいい感じでオシャレにいただきました。

 しかし、ハーブティにハマった奥様は、まだ植えたばかりで育っていないハーブを頻繁に摘み取っては飲んでしまいます。このままではハーブが育つ前に茎だけになってしまうのではないかと心配です…。しかし本人に聞くと、「挿し木したから大丈夫だよ!ハーブは強いからどんどん伸びるんだよ!早く増えないかなぁ~☆」と呑気なものでした。雨が多く気温の安定しないこの時期、ハーブたちは生き残ることができるでしょうか。

※なお、来週4月18日は、僕が活動しているふるさと侍従川に親しむ会で「野草パーティ」というイベントが行われます。午前中は森に行って野草を摘み、午後から採集してきた野草でギョウザやパスタ、団子、天ぷらなどを作って食べるイベントです。興味がある方は是非!ちなみに僕らもギシギシの葉でハーブティができるという情報を得たので、このイベントでギシギシハーブティをやってみようかなと考えています。
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-04-10 23:28 | 自然を食す | Comments(2)

ホソセスジゲンゴロウ

b0348205_23055693.jpg
〈ホソセスジゲンゴロウ Copelatus weymarni,鹿児島県〉
 少し前に鹿児島の水田でとったホソセスジゲンゴロウです。日本全国に分布していて最も普通に見られるセスジゲンゴロウ属ですが、湿地や休耕田などではむしろ見つけずらく、本来、不安定で小さな水溜まりのような場所を好むようです。そのため、そのような場所を狙って探さないと見つからないこともあります。僕の地元では、雨の後にだけできる湿地や古い遺跡(昔の墓の跡)の窪みにたまった水溜りなどから見られます。
b0348205_23061568.jpg
 写真にはありませんが、ホソセスジの中には、普通のセスジゲンゴロウなどに見られる黄色い模様がある個体もいます。以前青森で採った時は、たくさん採れた中の半数くらいは黄色いもようが入っていました。ちなみに八丈島など伊豆諸島の個体はみんな黄色い模様が入っていると聞いたことがあります。そうなると、伊豆諸島のさらに南、小笠原諸島に生息する固有種、オガサワラセスジゲンゴロウとの関係も気になります。 
 日本のセスジゲンゴロウ属はほぼ見てきましたが、近畿地方に生息するコセスジゲンゴロウだけはまだ見つけられていないので(2回程探しに行ったが失敗した…)、また機会があったら探しに行きたいと思っています。


[PR]
by shingo-ayumi | 2015-04-06 23:27 | ゲンゴロウ | Comments(0)

新入生歓迎遠足

 地元の市民団体、ふるさと侍従川に親しむ会の新中学生を歓迎する「新入生歓迎遠足」に行ってきました。新入生歓迎遠足の参加者は毎年10人前後なのですが、今年は25名も参加していただき大所帯での遠足となりました。
b0348205_23042116.jpg
今回行ったのは、葉山町・逗子市をまたがる森戸川の源流域です。新入生歓迎遠足は毎年、地元の侍従川から少し離れた場所の自然を観に行くことになっています。
b0348205_22563090.jpg
 みんなで川をさかのぼりながら生きものを探したり、川遊びをしました。
b0348205_22571051.jpg
 大学時代、一緒に旅をしたり、虫とりに行ったり、アツく語り合ったり、青春を共にしたハマダさんとサカマッキーも久しぶりに参加してくれました。
b0348205_22572378.jpg
 ツチガエルがたくさんいました。
b0348205_22574555.jpg
 ふるさと侍従川に親しむ会を通じてたくさんの子どもたちと出会って共に活動をしてきましたが、みんなそれぞれ小学生になったり、中学生になったり、高校生になったり、大学生になったり、成長していく姿を見ていられるのは面白いことです。また、そんな子どもたちが成長していくほど、だんだんと同じ目線と志で話せる仲間へとなっていくことを心から嬉しく思います。

 この日、新入生歓迎遠足の主役であった新中学1年生の子たちもこれからどんな風に成長していくのか楽しみです☆
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-04-05 23:24 | 生きものに関する活動 | Comments(0)

オナガミズスマシの幼虫

 本日三浦半島の川でオナガミズスマシの幼虫を見つけました。

 オナガミズスマシは、横浜・三浦では極めて珍しい種類です。丹沢山系から流れている川の源流、上流部ではちょくちょく見かけるのですが、県東部では当地でしか見たことがありません。しかも今回見つかったのが幼虫というのが嬉しい発見でした。これまで県内でオナガミズスマシの幼虫に関する記録は聞いたことがありません。
b0348205_23202496.jpg
 今回幼虫を見つけたのは源流域で、川の流れている部分にある石に引っかかった落ち葉を網で掬うと入りました。
b0348205_23211901.jpg
 今回見つけたのは4個体でしたが、すべて終齢幼虫でした。Orectochilus 属の幼虫はあまり見たことがありませんでしたが、驚いたのはこの時期に幼虫が採れるんだ!ということです。
b0348205_23214306.jpg
〈オナガミズスマシ成虫 Orectochilus regimbarti
 この写真は同産地で2008年に採集したものです。今まで成虫は何度か見たことがありましたが、幼虫を見つけたのは初めてでした。オナガミズスマシの幼虫は幼虫越冬で、冬から春先にかけて出現するのであれば、面白い発見だなぁと思いました。

佐野真吾(2015)オナガミズスマシ幼虫の記録.かまくらちょう(88):44.


[PR]
by shingo-ayumi | 2015-04-04 23:28 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

称名寺の夜桜

 昨日の夜、夫婦で称名寺に夜桜を観に行ってきました。
b0348205_23473132.jpg
 提灯でライトアップされた桜はすばらしい光景でした。
b0348205_23480406.jpg
b0348205_23482869.jpg
b0348205_23490395.jpg
 桜の隙間から顔を覗かせる満月もまた美しさを引き立たせます。
b0348205_23493449.jpg
b0348205_23500027.jpg
 ライトアップはまだ何日かやっているようなので是非おすすめです☆
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-04-03 23:53 | 称名寺 | Comments(0)

称名寺の桜

 4月1日ですね。横浜は本日雨でしたが昨日は良い天気でどこでも桜がきれいでした。僕も早起きをして、近所の称名寺を少し散歩してきました。
b0348205_22220571.jpg
 朝早かったので人も少なくいい感じでした。
b0348205_22214266.jpg
b0348205_22223096.jpg
b0348205_22225187.jpg
b0348205_22233248.jpg
 桜にとまるカワセミ!いい画です☆
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-04-01 22:27 | 称名寺 | Comments(0)