水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

伊豆大島の旅
at 2018-10-18 02:21
テナガエビの仲間とヌマエビの..
at 2018-10-14 19:16
ハナダカダンゴムシとアズキガイ
at 2018-10-12 17:45
キタコマルガムシ
at 2018-10-11 21:59
アギトアリ
at 2018-10-10 18:30
ガサガサ&水族館づくり
at 2018-10-09 15:03
トゲバゴマフガムシ
at 2018-10-03 22:53
西伊豆の海(2018年9月)
at 2018-09-30 17:01
アベハゼ
at 2018-09-30 16:47
中部地方の旅(2018年9月)
at 2018-09-29 22:17
カノシマチビゲンゴロウ
at 2018-09-26 18:35
子どもたちとヨシノボリ
at 2018-09-18 18:11

記事ランキング

最新のコメント

> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02
オオコオイ、食べてみよ!..
by 磯邉 at 23:32
> とおりすがりさん ..
by shingo-ayumi at 11:12

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

タグ

ファン

観音崎自然博物館


<   2015年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

5月の侍従川(2015)

 先日、地元横浜市金沢区の侍従川で観察会の打ち合わせがあったので、そのついでに5月の侍従川を撮影してきました。
b0348205_00430924.jpg
b0348205_00432485.jpg
b0348205_00433570.jpg
b0348205_00434333.jpg
〈クサフグ〉
 クサフグは産卵が近いのでしょうか。群れているのをいたるところで見かけました。ちなみに侍従川では産卵は確認していませんが、この時期群れをよく見かけるので、近くに産卵ポイントがあるのではないかと探っているところです。
b0348205_00435380.jpg
〈ボラ〉
 小さいボラもたくさん見られました。
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-05-28 00:48 | 侍従川流域 | Comments(0)

ベトナムのゲンゴロウ

 ベトナムのゲンゴロウについて以前Cybister dehaaniiThermonectus sp.は書かせていただいたので、今回はそれ以外の種についてご紹介したいと思います。
b0348205_00074918.jpg
〈コガタノゲンゴロウ Cybister tripunctatus
 コガタノゲンゴロウは世界各国7亜種に分けられているそうですが、以前アジア、オセアニア、アフリカの標本の交尾器を調べたものの違いはよく分かりませんでした。日本を含むアジア一帯に広く分布するものはC.tripunctatus lateralis とされていますが、東南アジアのものをC.tripunctatus asiaticusとしている場合もあり、正直コガタノゲンゴロウの分類はよく分かりません。コガタノゲンゴロウは他にも謎に包まれ興味をそそられるネタがたくさんあり、僕の海外遠征の大きな目的にもなっています☆
b0348205_00092657.jpg
〈トビイロゲンゴロウ Cybister sugillatus
 トビイロゲンゴロウは日本の南西諸島にも分布しており、東南アジア一帯に広く分布しているようです。ちなみに東南アジアにはトビイロゲンゴロウによく似ている種として、以前ご紹介した少し小型のC.dehaaniiや逆にやや大型のC.siamensisが分布しています。
b0348205_00095264.jpg
〈ウスイロシマゲンゴロウ Hydaticus rhantoides?〉
 これは日本にも分布するウスイロシマゲンゴロウと同一種だと思われます。ただ日本のウスイロシマと比較してやや細長くシャープな気がしますが気のせいでしょうか。こいつは水田や休耕田、湿地など多くの水辺で見られました。
b0348205_00104418.jpg
Hyphydrus sp.〉
 これはケシゲンゴロウの1種ですが、模様からして日本には分布していない種だと思われます。ちなみに小型種は他にもセスジゲンゴロウの仲間が1種、ツブゲンゴロウの仲間が3種、コツブゲンゴロウの仲間が1種、マルケシゲンゴロウの仲間が2種、チビゲンゴロウの仲間3、コガシラミズムシの仲間が2種見られました。日本との共通種としてはウスチャツブゲンゴロウ、アンピンチビゲンゴロウ、アマミチビゲンゴロウ、オオマルケシゲンゴロウなどがいました。
b0348205_00111055.jpg
 ゲンゴロウ類がたくさんみられた休耕田。イネ科やコナギ、ナンゴクデンジソウなどが繁茂していました。上記の種は、いずれもこのような休耕田を中心に見られました。
b0348205_00121868.jpg
 採集の様子
b0348205_00124937.jpg
〈ヒメフチトリゲンゴロウ Cybister rugosus
 日本にも分布しているヒメフチトリゲンゴロウと同一種だと思われます。ちなみにヒメフチにそっくりでC.ventralisと表記されているものもいますが、僕は同一種なのではないかと勝手に思っています。このあたりもよく分かりません。
b0348205_00131176.jpg
 ここでは幼虫もたくさん見られました。ちなみに一緒に写っているヤゴは日本のリュウキュウギンヤンマに近いAnax属のヤゴです。
b0348205_00132393.jpg
〈ヒメフチトリゲンゴロウの幼虫〉
 一瞬フチトリゲンゴロウC.limbatusC.gueriniの幼虫かと思って期待したのですが、頭部の形状からヒメフチトリゲンゴロウだと分かりました。
b0348205_00135214.jpg
 
 ヒメフチトリゲンゴロウは比較的大きく透明度の高い池で見つけました。2014年にベトナムで調査した時は休耕田で1個体だけ見つけられましたが、1個体のみで幼虫なども見られなかったので、きっと本拠地ではないだろうと思っていましたが、やはりヒメフチはベトナムでも日本と同様に池を好む種類なんだなぁと感じました。この池は網を入れる前から、「これは絶対にいる!」と確信しました。
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-05-27 08:40 | ゲンゴロウ | Comments(1)

ベトナムの水生昆虫

 ベトナムのゲンゴロウ以外の水生昆虫編です。
b0348205_00282347.jpg
〈インドシナオオタイコウチ〉
b0348205_00301661.jpg
 持つと死んだふりをするのは日本のタイコウチと同じですね。
b0348205_00333207.jpg
 インドシナオオタイコウチは湿地から水田、休耕田、水たまりなどあらゆる水辺から見つけることができました。
b0348205_00353532.jpg
b0348205_00373970.jpg
 トンガリ頭のオオミズスマシ
b0348205_00412339.jpg
 ベトナム南部の川。以前ベトナムの北部やマレーシアでも見つけました。タイにもいるそうでいただいたことがあります。比較的平地にあるきれいな川に棲んでいます。
b0348205_00450123.jpg
 オナガミズスマシの1種
b0348205_00462619.jpg
 こちらもオナガミズスマシの1種ですが、大きさが違いおそらく別種だと思います。
b0348205_00552811.jpg
 比較的標高の高い源流域で見られました。オナガミズスマシの仲間は他にも何種類かみられ、ベトナムでは複数種が分布していると思われます。
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-05-26 00:59 | 水生昆虫いろいろ | Comments(2)

ヤゴ食

 そういえば、ベトナムで面白い食べ物を見つけたのでご紹介します。ベトナム編はネタが多くて、先日まとめ編を書いたばかりなのに書きたいことが次から次へと思い浮かんで後出しになってしまいます。。
b0348205_23145163.jpg
 
さてこの写真はいったいなんでしょうか!?
b0348205_23163996.jpg
 答えはヤゴです。町の食堂で見つけました。よく見ると、サナエトンボの仲間とコヤマトンボの仲間ですね。こいつらを調理して食べるそうです。今回は食べませんでしたが、僕も以前日本でミルンヤンマとカワトンボのヤゴを天ぷらにして食べたことがあります。天ぷらだったので、味はよく分からずパリパリとした感じでした。

[PR]
by shingo-ayumi | 2015-05-24 23:21 | 自然を食す | Comments(0)

称名寺(5月)~子どもの頃~

 称名寺のショウブがすごいという噂を聞いて行ってみました。確かにショウブはすごかったのですが、咲いていたのはすべて外来種のキショウブだったのが少し残念でした。まぁ外来種とは言えきれいですけどね。
b0348205_23002350.jpg
 称名寺の池はミシシッピアカミミガメ、ワニガメ、スッポン、ブルーギル、コイ、ウシガエル、アメリカザリガニ等々完全に外来種の池となっていますが、そんな中でもオオヤマトンボやウチワヤンマなど在来種も生き残っているので、金沢区内では貴重な水辺です。
b0348205_23012407.jpg
 さて、話は変わるのですが、先日実家で1991年に称名寺で撮影した子どもの頃の写真が発見されました。
b0348205_23005193.jpg
 というわけでビフォーアフターといった感じで撮影してもらいました!笑
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-05-24 23:06 | 称名寺 | Comments(0)

リュウキュウギンヤンマの羽化

 少し前の話ですが、先週うちでリュウキュウギンヤンマが羽化しました。羽化の瞬間というのはどんな生きものでも美しいものです。
b0348205_01385055.jpg
b0348205_01395961.jpg
b0348205_01401508.jpg

[PR]
by shingo-ayumi | 2015-05-23 01:40 | 我が家のいきもの | Comments(0)

ベトナムの旅 (2015) ~まとめ~

 今回は僕が現地でレンズを紛失したことに加え、撮影と採集の両立はできないということもあり、僕は採集メインで撮影は歩海奥様に任せっきりでした。というわけで、歩海奥様の写真メインでベトナム旅行(2005)のまとめとして旅の風景をご紹介したいと思います。
b0348205_00295450.jpg
 最初はベトナム南部から調査をしました。
b0348205_00253097.jpg
b0348205_00331446.jpg
 道路が川になっていました。そんな道を通って出発です。
b0348205_00342407.jpg
 ライギョの仲間は池や湿地など様々な止水域で見られました。
b0348205_00352425.jpg
 3日後には飛行機で北部に移動しました。
b0348205_00365108.jpg
 1500mを超える高山地帯の棚田
b0348205_00371340.jpg
 さぁ出発!!
b0348205_00374972.jpg
b0348205_00380300.jpg
b0348205_00381900.jpg
 大きな板根をもつ木に登りました!
b0348205_00383570.jpg
 ギャー落ちるー!!ちなみにこの直後、岩の隙間から巨大なムカデが落ちてきました!
b0348205_00385491.jpg
b0348205_00391651.jpg
b0348205_00253769.jpg
b0348205_00393362.jpg

b0348205_00395576.jpg
b0348205_00401581.jpg
 撮影しようとグイグイ来る怪しい人に驚き動けない牛たち
b0348205_00413311.jpg
 吊り橋の上の出会い
b0348205_00420955.jpg

b0348205_00251725.jpg
b0348205_00254644.jpg
b0348205_00440673.jpg
 日本のナガサキアゲハと比べて白い部分が多いですね。
b0348205_00434619.jpg
 暴走ヤギの子どもたち
b0348205_00443685.jpg
 僕は去年も行った雄大な風景の川に行きました。この川は透明度も高く僕らはシュノーケルをつけて泳ぎました。
b0348205_00471541.jpg
 川に潜るとボウズハゼのような魚がいましたタニノボリ科のVanmanwnia属の種で、中国南部、ラオス、ベトナムに複数の種に分かれて分布しているそうです。
b0348205_00481917.jpg
 奥様は町で買ったアオザイを来て撮影をしました。やはり撮る人が上手いと違いますね!笑
b0348205_00492714.jpg
 朝、4時に起きて、早朝に飛ぶミルンヤンマに近い仲間のトンボを探しに行きました。原生林の目覚めは美しいですね。
b0348205_00510166.jpg
b0348205_00512284.jpg
 旅の最後は棚田にやってきました。ベトナム北部には広大な棚田がいくつもあります。
b0348205_00522564.jpg
b0348205_00534389.jpg
b0348205_00541051.jpg
b0348205_00574930.jpg
b0348205_00255317.jpg
b0348205_00582068.jpg
b0348205_00585333.jpg
 村の人たちに虫を見せるとみんな興味津々(?)
b0348205_01205294.jpg
 最終日は棚田の近くの小さな町を散歩しました。
b0348205_01214285.jpg
 水牛をひく少年と出会いました。
b0348205_01220935.jpg
 少年に頼んで水牛と写真を撮らせてもらいました。
b0348205_01241285.jpg
 今回も楽しい旅になりました☆


[PR]
by shingo-ayumi | 2015-05-21 00:56 | | Comments(0)

ベトナムのトンボ

 ベトナムでは水生昆虫だけでなくトンボの採集もしました。南部から北部まで見たので、地域によっての固有性や多様性がみられました。というわけで、今回の旅で見られたほんの一部の種類と調査風景をアップしたいと思います。
b0348205_23451623.jpg
b0348205_23452433.jpg
b0348205_23513636.jpg
b0348205_23514579.jpg
b0348205_23520029.jpg
b0348205_23521354.jpg
b0348205_23523045.jpg
b0348205_23524058.jpg
b0348205_02040067.jpg
b0348205_00091487.jpg
b0348205_23525647.jpg
b0348205_23530407.jpg
b0348205_23531631.jpg
b0348205_23532525.jpg
b0348205_02034084.jpg
b0348205_23533550.jpg
b0348205_00092053.jpg
b0348205_23534391.jpg
b0348205_23542685.jpg
b0348205_23544079.jpg
b0348205_23550771.jpg
b0348205_02034924.jpg
b0348205_23551624.jpg

[PR]
by shingo-ayumi | 2015-05-19 23:59 | トンボ | Comments(0)

ベトナムのコオイムシ

b0348205_20060613.jpg
 ベトナムで採集したコオイムシです。最初は東南アジアに広く分布するとされるタイワンコオイムシかと思っていたのですが、よく見ると違う種類のようです。日本に分布するコオイムシ・オオコオイムシに近い種類のようにも見えます。とはいえ、まだちゃんと調べたわけではないので何とも言えませんが。
b0348205_20062681.jpg
b0348205_20063446.jpg
 ベトナムで見つけたコオイムシは水生植物が生えている湿地から池、水田など多くの場所で見られました。
b0348205_20061625.jpg
 ちなみにこの写真に写っているコオイムシは以前、台湾の水田で見つけたタイワンコオイムシです。タイワンコオイムシは日本のコオイムシやオオコオイムシと比べて薄っぺらくフニャフニャしていて足が長いのが特徴です。台湾では都会の外灯にもよく飛来していました。

[PR]
by shingo-ayumi | 2015-05-16 20:21 | 水生半翅 | Comments(0)

ベトナムのナベブタムシとコバンムシ

 ベトナムでは様々な種類のナベブタムシとコバンムシが見られました。
b0348205_00595702.jpg
 巨大なナベブタムシ
b0348205_19485055.jpg
 手にのせるとその大きさが分かります。
b0348205_01002079.jpg
 裏側
b0348205_01031379.jpg
 この大きなナベブタムシは比較的標高の低い丘陵地を流れる緩やかな川で見られました。
b0348205_09431130.jpg
 川で見つけたコバンムシ。大きさは日本のコバンムシと同じくらいです。ちなみにコバンムシの仲間は違う種類のやつを池でも2種類見つけました。池で見つけた種類はいずれも体長1cm以下で日本のコバンムシと比べて小さくゴツイ印象でした。
b0348205_09432846.jpg
  このナベブタムシはまた違う種類で、標高1000m近い山の中を流れる源流域の砂の中から見つけられました。
[PR]
by shingo-ayumi | 2015-05-16 01:04 | 水生半翅 | Comments(0)