人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

相模川で水生昆虫調査(201..
at 2019-07-18 23:29
サメハダマルケシゲンゴロウ
at 2019-07-15 22:10
タガメの恋愛には距離感が重要
at 2019-07-03 21:43
タガメの観察(2019年6月..
at 2019-06-30 22:30
アオウミガメと夜光虫
at 2019-06-27 22:28
アゲハ4兄弟
at 2019-06-26 20:25
at 2019-06-22 23:51
6月の観音崎(2019年6月)
at 2019-06-20 21:02
ガチャポン「DANGO MU..
at 2019-06-14 22:59
ホタルの関する活動
at 2019-06-09 22:24
タガメのいる里山(2019年..
at 2019-06-07 23:36
タガメの観察(2019年6月..
at 2019-06-06 22:28

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

<   2015年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

カメラ復活

 点検に出していたCanon EOS 7D Mark Ⅱがかえってきました。 

 最近中古で買ったレンズとの相性が良くないことが続いたので点検に出していました。結果は異常なしでした。ついでにセンサーの清掃やピント調整も無料でやってくれました。
b0348205_23193484.jpg
〈戻ってきたCanon EOS 7D Mark Ⅱ〉 
 去年の12月に買って以来、野外で酷使してきたので外装は早くも傷だらけです。

 これからも長く大切に使いたいと思います☆
by shingo-ayumi | 2015-07-31 23:34 | カメラ、機材、道具 | Comments(0)

テラフォマーズにゲンゴロウが出た!

 数年前くらいからテラフォーマーズという漫画が流行っていますね。ヤングジャンプで掲載されている漫画です。
 内容は、火星移住を計画する人類が、事前にゴキブリを火星に放つのですが、そのゴキブリが急激に進化し人の手には負えないほどの生物「テラフォーマー」になってしまいます。そのテラフォーマーに対抗し駆除しようと、様々な昆虫や動物の能力を施された人間たちが戦いを挑むという話です。
b0348205_01091233.jpg
テラフォーマーはこんな感じ?笑

 「テラフォーマーズ」は、以前からいろんな人に勧められていましたが、いまだに読んでいませんでした。しかし、先月ブックオフで1巻が売っているのを見つけたので買ってみることにしました。そして読み進めること現在4巻。ついに出ました!!ゲンゴロウをモチーフにしたのキャラクターの登場です!!笑

 しかもこのゲンゴロウキャラと戦ったミッチェルという登場人物は、「地球のゲンゴロウはゴキブリと違ってけっこうキュートだというのに」と言うのです。作者は分かっておられる!!

 ゲンゴロウのことをよく知らない人は「うわぁ~ゴキブリみた~い」なんて言いますが、同じ「G
」でもまったく違うということをこの漫画は指摘してくれています!

 さらにこのゲンゴロウキャラは前脚の吸盤や呼吸法など、実際のゲンゴロウの能力を忠実に再現されているのが素晴らしいところです!まぁ、個人的には他にも背中から出す液や後脚の刺、幼虫期の凶暴性なんて部分も再現してほしかったなぁ~なんて思いますが、でも虫屋としては虫の能力が戦闘漫画になっているのはとっても面白く思います。

 というわけで今さらテラフォーマーズかよ?と言われそうですが、生きもの好きなりに楽しみながら読み進めていきたいと思っています☆

by shingo-ayumi | 2015-07-31 01:46 | その他 | Comments(2)

コンパクトデジタルカメラの水中ハウジング

 最近歩海奥様が以前使っていた水中ハウジングを借りて練習しようと思っています。
b0348205_01101293.jpg
〈OLYMPUS XZ-2/WATERPROOF PT-054〉
 奥様は一眼(Nikon D610)の水中ハウジングを手に入れてからコンパクト用の水中ハウジングは使わなくなったので借りることにしました。
b0348205_01100726.jpg
〈Canon Power Shot SX280 HS/WP-DC49〉
 ちなみにこいつは僕が以前から使っているキャノンの水中ハウジングです。

 コンパクトデジカメの水中ハウジングはオリンパスが有名ですね。最近はTGシリーズが大人気です。いろいろな機種を使って試したことがないので分かりませんが、実際どうなんでしょうね??僕は昔からキャノンを使ってきたので、浮気はしないで水中もキャノンにする!!と意地を張ってキャノンにしました。でも出来上がった写真を見てみると、やっぱり奥様が使っているオリンパスの方が良いような…そんな気がして、最近ようやくプライドを捨ててオリンパスを借りてみることにしました。

 というわけで次はオリンパスで水中撮影に挑戦してみたいと思っています。

by shingo-ayumi | 2015-07-28 01:24 | カメラ、機材、道具 | Comments(0)

侍従川クリーンアップ (2015年7月)

 本日は地元、ふるさと侍従川に親しむ会の活動で川のクリーンアップ&生きもの観察がありました。
b0348205_00511810.jpg
 いつも使っているCanon EOS 7D MarkⅡが最近調子が悪く、先日点検に出したので、今日は先代で壊れかけのCanon EOS 60Dで撮影しました。
b0348205_22590894.jpg
今日もたくさんの人が来てくれました。
b0348205_23000845.jpg
〈マハゼ〉
b0348205_00522634.jpg
b0348205_23004465.jpg
 侍従川もすっかり夏の風景です。
b0348205_00513087.jpg
〈ハグロトンボ〉
b0348205_00524863.jpg
 うわ!!カメだ!!
b0348205_22595339.jpg
 外来種のミシシッピアカミミガメでした。写真は侍従川の会の山田陽治代表です。山田さん爽やかですね☆
b0348205_23002240.jpg
〈シオカラトンボ〉
b0348205_23003238.jpg
b0348205_23135728.jpg
 今日はいつも使っているCanonの水中カメラではなく奥様のOLYMPUSを借りて水中撮影をしようと思ったのですが、やはりまだ慣れなくてまともな写真は撮れませんでした。

〈OLYMPUS XZ-2/WATERPROOF PT-054〉
b0348205_00520515.jpg
〈ビリンゴ〉
  これも水中で撮影したのですが、どうもイマイチでした。ちょっと練習が必要ですね!

〈OLYMPUS XZ-2/WATERPROOF PT-054〉

 今日は活動終了後、みんなで侍従川流域の名店「道頓堀」に行ってお疲れ様会でした。みなさんお疲れ様でした☆またやりましょう!!
by shingo-ayumi | 2015-07-26 23:06 | 侍従川流域 | Comments(0)

金沢区の海

 地元金沢区には横浜唯一の干潟があります。そこに先日、歩海奥様と大学時代の相棒まっつんと3人で潜ってきました。
b0348205_23231064.jpg
 〈アマモ〉
 しかし、開始早々水際で滑って激しくすっころびました!

 カメラとカラダは無事でしたがマスクが割れてしまい、近くの売店で水中メガネを購入して海に入りました。
b0348205_23233002.jpg
 アマモの中には生きものがたくさんいるはず!…だったのですが、この日は濁っていて全然見えませんでした…。またリベンジしたいと思います。
by shingo-ayumi | 2015-07-26 22:57 | | Comments(0)

我が家のビオトープに突然現れたトウキョウダルマガエル

 1週間程前、ウチのビオトープに突然トウキョウダルマガエルが現れました。それ以来、ビオトープに棲みついています。
b0348205_21082757.jpg
〈突然現れたトウキョウダマガエル〉
b0348205_21085850.jpg
 トウキョウダルマガエルは神奈川県において絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。
b0348205_21091908.jpg
 さて、それにしてもなぜウチのビオトープに現れたのでしょうか??もちろん僕は放流なんてしていません。
 トウキョウダルマガエルは横浜にも生息地はありますが、金沢区内では田んぼや良い池もなく見たことがありません。ちなみに1980年代初頭には生息していたそうですが、現在はおそらく絶滅していると思われます。
 ということは、まさか誰かがウチのビオトープに逃がしたのか!?まさかそんなことはないですよね~…笑 
 とりあえず1匹では繁殖もできないので現在は放置しています。
b0348205_21095941.jpg
 ちなみに去年の晩秋に造った小さなビオトープはいい感じになりました。ガガブタ以外は植物も土もすべて神奈川県産です☆ 
 横浜産のセリ、サジオモダカ、ヘラオモダカ、ホザキノフサモ、ヒメウキヤガラ、ハリイ、神奈川県西部産のデンジソウ、タヌキモ(これはちょっとあやしいですが…)、県外産のガガブタが入っています。
by shingo-ayumi | 2015-07-25 21:25 | 我が家のいきもの | Comments(0)

オオヒメゲンゴロウ

b0348205_23025578.jpg
〈オオヒメゲンゴロウ Rhantus erraticus 山形県で撮影

 オオヒメゲンゴロウは東北地方で探すと結構見つかるのですが、関東、特に南関東だとなかなか出会うことの少ないゲンゴロウです。

 子どもの頃は、ヒメゲンゴロウなのに和名に「オオ」が付くというのはどんなもんなのか!と、ひそかに憧れのゲンゴロウの一つでした。

 でも僕の地元神奈川県でも古い記録があるんですよね。しかも横浜市で!!文献には1958年横浜市港北区と書いてあります。東北の産地を数多く見ていると、横浜にいたなんて信じられず、きっと誤同定だろうと疑っていましたが、以前千葉県で産地を見つけた時、東北の生息環境との違いに驚きました。なんと言いますか、東北では丘陵地や山地の緑地に囲まれた湿地や落ち葉が積もった池などで見られるのですが、千葉では平地の別に大したことのない水田や休耕田で見られたからです。「へぇ~オオヒメってこんな所にもいるだぁ~」という感じでした。

 そもそも南関東では結構珍しいのではないかと思われます。僕は南関東では千葉でしか見たことがありませんが、あんなに大したことのない環境でもいるところを見ると、もしかしたら横浜市港北区の記録は本物なのかもしれない!と夢を膨らませてしまいます。

 現在横浜市内の水生昆虫を調査していますが、「オオヒメがもしかしたら出たりして?」と夢を持ちながらやっています。
by shingo-ayumi | 2015-07-23 23:38 | ゲンゴロウ | Comments(0)

チャイロチビゲンゴロウ

 このブログのタイトル「海を歩くゲンゴロウ」にピッタリなゲンゴロウがいます!
b0348205_00235231.jpg
 〈チャイロチビゲンゴロウ Liodessus megacephalus
 
 3mm程の小さなゲンゴロウです。
b0348205_00245130.jpg
 チャイロチビゲンゴロウは上の写真のような海岸付近にある潮溜まりに見られるゲンゴロウなのです。

 チャイロチビゲンゴロウの存在を初めて知った時は「こんな所にもゲンゴロウがいるのか!!」と驚いたものです。
b0348205_00240536.jpg
 頭隠して尻隠さず・・・。このような砂地の潮溜まりでよく見かけます。
b0348205_00241294.jpg
 潮溜まりを覗くとたくさんいました。

 南西諸島では1年中見られますが、本州では冬に見たことがありません。7月頃から11月初旬くらいに見られる気がします。ウスバキトンボのように南方から飛翔してきて冬は死んでしまう種なのでしょうか…。

 ちなみにチャイロチビゲンゴロウは飛翔する際、陸上に上がらなくても水面から直接飛ぶことができます。その様子からも飛翔性に優れた種であることがうかがえます。

 ちなみに、横浜市内では海沿いにある企業のビオトープで見つけたことがあります。海が近ければ潮溜まりに限らずやってくるようです。

佐野 真吾・青木 靖(2011),横浜市磯子区でチャイロチビゲンゴロウを採集.かまくらちょう(78):33
b0348205_00242057.jpg
〈チャイロチビゲンゴロウの幼虫〉
 幼虫も成虫と同じ場所で見られました。
b0348205_00250100.jpg
 潮溜まりでチャイロチビゲンゴロウの撮影をしていると、通りかかったカップルが「何撮ってんだろう?」というような顔で横切って行ったそうです。確かにこんな小さな虫、よく見ないと見えませんし、きっと水たまりを撮影している変な人だと思われたのかもしれませんね…(笑)


by shingo-ayumi | 2015-07-23 00:44 | ゲンゴロウ | Comments(0)

アカテガニの産卵(放仔)

 今日はかなざわフォーラム終了後、フォーラムを見に来てくれた侍従川の会メンバーとアカテガニの産卵(放仔)を観察しに行ってきました。
b0348205_23144170.jpg
〈アカテガニ〉
 アカテガニは、普段は森に棲んでいるカニですが、夏の大潮の夜に海にやってきて産卵(放仔)します。
 産卵という書き方をしましたが、実際にはすでに卵の中にはゾエア幼生が出来ていて、海水にばらまかれる時はゾエア幼生としてばらまかれるため、「放卵」と区別して「放仔(ほうし)」と言いう言い方をします。
b0348205_23193781.jpg
〈アカテガニの立派なオス〉
 まだ明るい時間からアカテガニたちは海に向かって歩き出します。そして、海に近い茂みや草むらで日が沈むのを待ちます。
b0348205_23244631.jpg
 そして、日が沈むと波打ち際に集まってきます。
b0348205_23254241.jpg
〈アカテガニの放仔〉
 メスは波打ち際に来ると、体を海水の半分くらい浸けて体を震わせます。すると同時に卵の殻が破れてゾエア幼生が海の中にばらまかれるのです。

 一緒に行った侍従川の会の仲間たちも思わず「産んだ産んだ!!」と興奮気味でした!笑
b0348205_23220385.jpg
 この時、アカテガニは非常に警戒心が強く、見ている人がガサガサ動いたりライトを当てたりしてしまうとなかなか波打ち際まで来ません。また、波打ち際まで来ても「や~めた!!」と言わんばかりに陸に戻って行ってしまうこともあるので注意が必要です。見ている人間も息をひそめるように観察しなければなりません。ずっと同じ体勢でいると足が痺れてくるのでそれも注意です!笑
b0348205_23280069.jpg
 放仔の瞬間の写真は今まで何度も挑戦しているのですが、いまいち満足したものが撮れていません…。今年もイマイチでした…。ちなみに上の写真は2012年に撮影したものです。
b0348205_23291610.jpg
〈アシハラガニの放仔〉
 あれ?アカテガニじゃないのもいるぞ?と思ったらアシハラガニでした。この日はアシハラガニも産卵に来ていました。 


 アカテガニの産卵(放仔)は何度見ても神秘的で心をうたれます。今日はそんな感動を地元で仲間たちと共有することができました☆
by shingo-ayumi | 2015-07-18 23:49 | 侍従川流域 | Comments(0)

かなざわフォーラム

横浜市金沢区とその周辺にある海・川・森などの自然をテーマにしたフォーラムが明日18日に行われます。
b0348205_13432122.jpg
僕も金沢区から声をかけていただいたのでパネリストとして参加します。

少しでも地元に貢献できることがあるのならば僕にとっても嬉しくありがたいことだと思っています。
b0348205_14061011.jpg
ちなみに僕が子どもの頃から活動しているふるさと侍従川に親しむ会も本部長賞を受賞して表彰されます。

こうやって地元の自然が注目を浴びて、多くの方々に興味を持っていただけるキッカケとなるようなフォーラムになればいいなと思います。

「かなざわフォーラム」
7月18日(日) 13時〜16時 金沢公会堂にて

by shingo-ayumi | 2015-07-17 18:50 | 生きものに関する活動 | Comments(0)