人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺の自然
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

冬の森たんけん(2019)
at 2019-12-09 21:19
ジュニア生物調査隊で企画展示..
at 2019-12-05 18:31
横浜の学校ビオトープで授業
at 2019-12-03 01:04
三浦半島の東京湾流入河川
at 2019-12-02 00:07
キバラコガタノゲンゴロウ(本..
at 2019-11-27 19:13
ジュウニホシキイロオオハムシ
at 2019-11-25 19:10
ハイイロゲンゴロウ
at 2019-11-23 22:23
ニセモンキマメゲンゴロウ
at 2019-11-20 23:55
ジュニア生物調査隊 ~標本づ..
at 2019-11-19 00:20
アキアカネの産卵
at 2019-11-15 22:10
11月の観音崎とウラナミシジミ
at 2019-11-14 23:24
世界のクワガタムシ大図鑑
at 2019-11-13 22:57

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

<   2015年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

いきもの自然撮影講座

 先日、地元の市民団体、ふるさと侍従川に親しむ会(通称:侍従会)で、「いきもの自然撮影講座」を企画しました。
b0348205_22293683.jpg
 とは言っても、僕も撮影は専門じゃないので、あくまでこんなふうに撮ったら面白いとか、こんなふうにして生きものに近づくと良いとか、そんなゆるい感じです。
b0348205_22295289.jpg
 前半は室内で簡単にお話をしたあと、みんなで持ち寄った生きものを撮影しました。
b0348205_22300429.jpg
 ウチで飼っているホウセキカナヘビのシェンロンくんも被写体として参戦しました!
b0348205_21511262.jpg
b0348205_22301823.jpg
 さすがシェンロン人気者☆笑
b0348205_21515779.jpg
 メンバーの今井さんが持ってきてくれたハムスターに反応するシェンロンを撮影する子どもたち!ハムスター食べちゃダメだよ!笑
b0348205_22303579.jpg
 午後はそれぞれが、撮った写真をプレゼンし、みんなで投票をおこない優秀賞を決めました。
b0348205_21535738.jpg
 昼過ぎには完全に雨が上がったので、せっかくだから野外に出て撮影をすることにしました。
b0348205_21521835.jpg
 秋の侍従川を散歩しながらみんなで撮影をしました。
b0348205_21523861.jpg
ショウリョウバッタ
b0348205_21525612.jpg
 紅葉サングラス!
b0348205_21542819.jpg
 11月にもなるとさすがに生きものの姿は多くありません。それでもオオカマキリやアキアカネは僅かに見られました。
b0348205_21540937.jpg
アキアカネ
b0348205_21545121.jpg
 おっ!みんなが撮っているのは何だ??
b0348205_21550608.jpg
 アカボシゴマダラの幼虫です。
b0348205_22291840.jpg
 草原の中で遊んでいるとアメリカセンダングサのくっつき虫にやられました!

 と、…本当はこの子、僕がアメリカセンダングサの中に投げ込みました…笑
b0348205_21534119.jpg
 というわけで今回も楽しい会が出来ました。

 今度はもっと生きものが多い時期にやりたいですね☆


by shingo-ayumi | 2015-11-17 22:52 | 侍従川流域 | Comments(2)

ミゾナシミズムシ

b0348205_00235654.jpg
〈ミゾナシミズムシ Cymatia apparens
 先日横浜市内の池で管理作業をすることがあったので、その時に採ってきました。

 体長は5mm程です。神奈川県内では結構珍しいミズムシの仲間です。国内では本州から九州にかけて分布しています。
b0348205_00241441.jpg
〈ミゾナシミズムシ♂〉
 ミゾナシミズムシは他のミズムシの仲間と比べて細長いのが特徴です。
b0348205_00242123.jpg
〈ミゾナシミズムシ♀〉
 雌は雄程細長くなく、一見コミズムシの仲間と見分けがつかないことがあります。また、大きさも雄より一回り程大きいことが多いと思います。
 
 ただミゾナシミズムシは、前脚が非常に細長いのが特徴で、他のミズムシ類にあるオール状の前脚がないため、腹側を見れば野外でも見分けることが可能です。
b0348205_00242789.jpg
〈ミゾナシミズムシ雄交尾鈎〉
 雄交尾鈎を見なくても同定は可能ですが、取り出して撮影してみたので載せたいと思います。


by shingo-ayumi | 2015-11-14 00:40 | 水生半翅 | Comments(0)

ミヤコヒキガエル

b0348205_23044420.jpg
〈ミヤコヒキガエル Bufo gargarizans miyakonis
 ミヤコヒキガエルは宮古諸島(宮古島・伊良部島)の固有種です。沖縄本島北部や南大東島、北大東島にいるのは移入された国内外来種です。
 ちなみに以前南大東島、北大東島に行った時はオオヒキガエルとミヤコヒキガエルが一緒にいて変な光景でした。
b0348205_23051411.jpg
 ミヤコヒキガエルの繁殖は秋から春にかけておこなわれるようで、今回行った時は交尾をしている個体を見ることができました。 
 
 しかしそれにしても、宮古島の夜を散歩するとミヤコヒキガエルは本当にたくさんいます。汚いドブのような水溜りにもいます。こんな光景をみていると、本当は外来種なんじゃないかぁ~?と思ってしまいます。オオヒキガエルの出方に似ていますし、外来種って外来種特有の増え方をしますよね。しかし、宮古島から化石が発見されていて、ミヤコヒキガエルはやはり在来種とされているんですね。
 でも、本土のアズマヒキガエルやニホンヒキガエルとはまた違う魅力がある種です。体色が薄く目がクリクリしているように見えて可愛いですよね☆


by shingo-ayumi | 2015-11-10 23:23 | 両生類・爬虫類 | Comments(0)

トカラコミズムシ

b0348205_23113897.jpg
〈トカラコミズムシ Sigara distorta
 南西諸島に分布するコミズムシの1種です。宮古諸島の伊良部島で撮影しました。

 南西諸島では比較的普通種で、それほど環境を選んでいない種だと思います。伊良部島でも4面護岸の水辺で見られました。
b0348205_23084681.jpg
 他のコミズムシの仲間と比べると色が薄く黄色い印象があります。写真で撮るときれいですね。
b0348205_23121085.jpg
〈トカラコミズムシ♂交尾鈎〉
 交尾鈎のかたちは独特で、他のSigara属にはないかたちをしています。


by shingo-ayumi | 2015-11-09 23:25 | 水生半翅 | Comments(0)

宮古諸島の海(2015)

b0348205_23030748.jpg
 宮古諸島の旅中は、だいたい毎日シュノーケリングをしていました。
b0348205_23054772.jpg
 〈下地島にて〉
b0348205_23052033.jpg
 浅い所ではそこらじゅうにハマクマノミがいました。
b0348205_23035231.jpg
〈歩海vsハマクマノミ〉
 クマノミの仲間って近づくと威嚇しにこちらに来るんですよね。こんなに大きな相手じゃ絶対に勝てないのに面白いですね☆
b0348205_23053854.jpg
 ぎゃーなんじゃこりゃ!ゴカイの仲間でしょうか。
b0348205_23033626.jpg
 少し沖に行くと水深は15mくらいありました。
b0348205_23044983.jpg
 僕も歩海奥さんに鍛えられて、今では15mくらいなら余裕をもって潜れるようになりました。
b0348205_23045773.jpg
b0348205_23034132.jpg
b0348205_23124360.jpg
〈宮古島にて〉
 とまった場所の目の前がとっても良いシュノーケリングポイントでした。
b0348205_23124907.jpg
b0348205_23180402.jpg
 サンゴが美しいですね☆
b0348205_23154162.jpg
b0348205_23142768.jpg
 〈ヤガラの仲間〉
b0348205_23160273.jpg
b0348205_23152312.jpg
 この場所もある程度まで遠浅が続いているのですが、さらに沖に行くと15mくらいの深さがありました。
b0348205_23163259.jpg
 〈ハナミノカサゴ〉
 まだ小さいくて可愛いですね☆
b0348205_23164098.jpg
 ポッポッポッ~バブルリング!!
b0348205_23183554.jpg
 〈池間島にて〉
b0348205_23190359.jpg
〈カクレクマノミ〉
b0348205_23191714.jpg
 普通のクマノミやハマクマノミと比べるとそれほど攻撃的じゃない気がします。
b0348205_23202555.jpg
 養殖か何かの跡でしょうか?
b0348205_23201604.jpg
 ここは途中までずっと砂底が続いていましたが、沖に出るとサンゴがありました。
b0348205_23230051.jpg
b0348205_23222697.jpg
b0348205_23232950.jpg
〈来間島にて〉
b0348205_23231131.jpg
 宮古諸島は島全体が隆起した珊瑚礁からなっているそうです。シュノーケリングスポットとしては最高でした☆


by shingo-ayumi | 2015-11-08 23:37 | | Comments(0)

宮古諸島の旅(2015)~陸域編~

 少し前の話になってしまいますが、宮古諸島を旅してきました。
b0348205_21592733.jpg
 宮古に着いたぞぉー☆
b0348205_22001185.jpg
 もちろんどこへ行っても水生昆虫の調査は欠かせません!!※以下の虫はこの場所で撮ったものではありません。
b0348205_22003546.jpg
〈ホソミシオカラトンボ〉
b0348205_22001705.jpg
〈コマルケシゲンゴロウ〉
b0348205_22004606.jpg
〈コガタノゲンゴロウ〉
b0348205_22013883.jpg
 夜はミヤコヒキガエルの撮影に出かけました。ミヤコヒキガエルは宮古諸島の固有種とされていますが、いっぱいいるんですよね!
b0348205_22075232.jpg
 宮古島の日の入り
b0348205_22100089.jpg
〈下地島にて〉
 最近宮古島から伊良部島・下地島を渡る橋ができたんです。そのため、船に乗らずに車で渡れるようになりました。
b0348205_22094807.jpg
 歩海奥様の野望…ではなく希望で、結婚式の時に買ったドレスを着て写真を撮りたいということで、セルフタイマーを使っての撮影を行いました。
b0348205_00391154.jpg
b0348205_22154504.jpg
b0348205_00343408.jpg
b0348205_22113740.jpg
 さすが、良い場所の良い景色で撮影すると良い画になりますね!

 宮古諸島の島々はいたるところにプライベートビーチのような人の来ないきれいなビーチがあります。
b0348205_22173764.jpg
 「なぁ~にやってんだよ!」というような顔でこちらを睨むハラビロカマキリ
b0348205_22184918.jpg
〈来間島にて〉
 フュージョン!!
b0348205_22193349.jpg
b0348205_22202111.jpg
 来間島の砂浜でジャーンプ!!しかし、次の瞬間、スゴイ写真が撮れました↓
b0348205_22212907.jpg
 宙に浮くてるてる坊主!こわっ!
b0348205_22220673.jpg
 来間島の夕日はとってもきれいでした。
b0348205_22224153.jpg
〈池間島にて〉
 続いて池間島にて、この日は朝から海に潜り、海からあがるとオカガニに出会いました。
b0348205_22225155.jpg
早速撮影開始です!
b0348205_22231990.jpg
 オカガニでけぇ!!
b0348205_22255338.jpg
 砂浜で誰かが遊んだ跡でしょうか。オカガニの甲羅が石の上に積まれていました。
b0348205_22252518.jpg
〈宮古島にて〉
b0348205_22270262.jpg
〈アシブトメミズムシ〉
 宮古島の砂浜ではアシブトメミズムシを見つけました。おせんべいに手足が生えたみたいでカワイイですね☆
b0348205_22275839.jpg
 名前は分かりませんが、砂浜にいたバッタです。
b0348205_22290243.jpg
 そして、宮古島と言えば!!(?)宮古の安全を守ってくれている「宮古まもるくん」です!!宮古島に19人いるそうです。
b0348205_22303010.jpg
 しかも19人全員表情が異なり、名前が付いているそうです!
b0348205_22312210.jpg
〈伊良部島にて〉
 しかし!!なんと、宮古島だけでなく、伊良部島でも一人発見してしまいました。こいつはカクレキャラなのか!?
b0348205_22312923.jpg
 コラコラ奥さん、喧嘩を売らないでください!笑
b0348205_22313817.jpg
 伊良部まもるくんと記念撮影
b0348205_22340318.jpg
 最終日は宮古島を反時計回りで半周して、ゆったりと過ごしました。
b0348205_22341332.jpg
b0348205_22342229.jpg
〈シロオビアゲハ〉
b0348205_22342848.jpg
〈ベニモンアゲハ〉
b0348205_22343620.jpg
〈スジグロカバマダラを捕らえたハラビロカマキリ〉
b0348205_22345489.jpg
 何見てんだよ!!
b0348205_22370868.jpg
 歩海奥さんは「沖縄って時間の流れがゆったりしている。とか言うけど、沖縄来るといつもあっという間に時間が過ぎていくんだよねぇ~ぜんぜんゆったりしない(笑)」と言っていました。まったく同感です!
 
 僕は宮古諸島を訪れるのは10年ぶりでした。宮古諸島は宮古島から橋を渡って、池間島・伊良部島・下地島・来間島に行けるがいいですね☆ 
 今回の旅で改めて宮古諸島の魅力を再確認しました☆


by shingo-ayumi | 2015-11-07 22:49 | | Comments(2)

初めてつくった標本

 結婚して1年半が経ち、我が家の標本も溜まってきました。最近は時間がなくて乾燥標本をつくる余裕がないのですが、必要のある虫は乾燥標本にして紙箱にシリカゲルと防虫剤を入れて保管していました。 

 しかし、やはり所詮紙箱…。気が付くと大事な標本にカビが!!ゲゲッ

 というわけで今日は実家にドイツ箱(ちゃんとした標本箱)を取に行ってきました。すると偶然にも実家では大掃除がおこなわれていました。そして、僕が小学1年生の時につくった標本が↓。
b0348205_23094599.jpg
 じゃじゃ~ん!!ヒドイものです…(笑)

 なんでも物置の奥で袋に被せた状態であり、捨てていいものか聞こうと思って出しておいてくれたそうです。

 ラベルも虫もカビだらけ虫食いだらけでボロボロでした。でもかすかに見えるラベルの文字を見ると、小学校1年生の子どもの文字で「じょうがしま クマゼミ 4.7.26」などと書かれています。

 いったいこれは誰が書いて誰がつくったんだー!!(笑)全然記憶にありません(笑)しかし、右上のシロスジカミキリの標本とラベルを見て、小学校1年生当時の記憶が鮮明に思い出されました。ラベルには「サニークレスト シロスジカミキリ 4.7.8」と書かれてあります。 

 平成4年(1994年)の7月8日、当時、僕は友達と近所にあるサニークレストというマンションにクワガタを探しに行きました。まだ小さく森に入ることに慣れていない僕らは、マンションの明かりに飛来し、取り残されたクワガタを拾いにマンション回りをしていたのです。しかし、マンションの3階にあがる階段の壁で僕らはとんでもない大収穫を得たのでした!それは初めて見るシロスジカミキリでした。クワガタより数倍大きなシロスジカミキリを初めて見た時の感激は忘れられない思い出となりました。その時のシロスジカミキリがこの標本なのです。
b0348205_23095872.jpg
 そんな懐かしい思い出を胸に、空のドイツ箱を持ち帰り、今はせっせと家にたまった標本のカビとりをしながらこのブログを書いています。

 標本って見ていると、その虫を採った時の苦労や喜びなど、思い出を呼び起こさせてくれるんですよね。そして、そんな思い出の標本を眺めながら、一人ニヤニヤするのです(笑)今日も実家で標本棚の前に座り込んで、「このゲンゴロウは苦労したよなぁ~」なんて独り言をブツブツ呟きながら10分くらいニヤニヤしてきました(笑)

 世の中には標本はかわいそうだ!とか、ただのコレクターだ!とか言って批判する人もいます。なかには偉い教授みたいな人ですらそんなことを言う人はいます。でも標本は自然史資料や科学的資料としての価値以外にも、虫が好きな人を育てる大切なものだと思っています。

 とまぁ、懐かしい子どもの頃につくった標本を見て感慨深くなり、長々とブログを書かせていただきました(笑)


by shingo-ayumi | 2015-11-06 23:46 | その他 | Comments(0)

アシブトメミズムシ

b0348205_22524041.jpg
〈アシブトメミズムシ Nerthra macrothorax
 宮古諸島のいくつかの島で見つけたアシブトメミズムシです。おせんべいに手が生えたようで可愛いですね☆
b0348205_22524803.jpg
 裏側はこんな感じです。裏側をみると水生半翅類っぽい感じがしますね。
b0348205_22520634.jpg
 アシブトメミズムシはこのような海岸の砂浜に棲んでいます。波打ち際と海岸林の間くらいにある石や漂着物の下で見つかります。砂の中に潜っていることもあります。

 アシブトメミズムシは国内では南西諸島で記録されていますが、最近小笠原諸島でも見つかったそうですね。実は結構広く分布しているのかもしれません。
b0348205_00293985.jpg
 体長は1cm程です。淡水の湿地や水田にいる普通のメミズムシに比べると「デカ!!」という印象を持ちます。
b0348205_00255572.jpg
 この個体は漂着した珊瑚の下で見つけました。
b0348205_22512799.jpg
 野外ではハマダンゴムシやヨコエビなんかを捕食しているようです。海岸の石や漂着物をひっくり返すと様々な生物がいるんですよね。
b0348205_00294865.jpg
 前脚が発達していてタガメみたいでカッコイイですね!!

 一般的にはそれほど知名度の高い昆虫ではありませんが、水生昆虫マニアの中では結構人気の高い虫です☆

佐野真吾(2016)宮古島と池間島におけるアシブトメミズムシの記録.Rostria.59:31-33.



by shingo-ayumi | 2015-11-04 23:04 | 水生半翅 | Comments(0)

宮古諸島の旅(2015)

b0348205_22395503.jpg
 宮古諸島の宮古島、伊良部島、下地島、池間島、来間島に行ってきました。
b0348205_22403714.jpg
b0348205_22405853.jpg
 宮古といえばミヤコヒキガエル!!

 詳しくは、また改めて投稿したいと思います☆


by shingo-ayumi | 2015-11-03 22:43 | | Comments(0)