水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

伊豆大島の旅
at 2018-10-18 02:21
テナガエビの仲間とヌマエビの..
at 2018-10-14 19:16
ハナダカダンゴムシとアズキガイ
at 2018-10-12 17:45
キタコマルガムシ
at 2018-10-11 21:59
アギトアリ
at 2018-10-10 18:30
ガサガサ&水族館づくり
at 2018-10-09 15:03
トゲバゴマフガムシ
at 2018-10-03 22:53
西伊豆の海(2018年9月)
at 2018-09-30 17:01
アベハゼ
at 2018-09-30 16:47
中部地方の旅(2018年9月)
at 2018-09-29 22:17
カノシマチビゲンゴロウ
at 2018-09-26 18:35
子どもたちとヨシノボリ
at 2018-09-18 18:11

記事ランキング

最新のコメント

> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02
オオコオイ、食べてみよ!..
by 磯邉 at 23:32
> とおりすがりさん ..
by shingo-ayumi at 11:12

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

ファン

観音崎自然博物館


<   2016年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

6月の称名寺(2016年6月)

b0348205_22464961.jpg
 6月の称名寺を散歩してきました。
b0348205_22470661.jpg
b0348205_22471760.jpg
〈コシアキトンボ〉
 しばらく見ないうちに夏の風景になっており、コシアキトンボもすっかり成熟して縄張りをはっていました。
b0348205_22472506.jpg
 水面の上に浮いているように撮ったミシシッピアカミミガメ
b0348205_22475253.jpg
〈シオヤアブ〉
 大型のアブの仲間です。他の昆虫を襲って食べるくらい獰猛なアブです。カッコイイ!
b0348205_22475987.jpg
b0348205_22482637.jpg
 僕が虫を撮っているあいだ、歩海さんはネコちゃんたちを撮っていました。
b0348205_22483593.jpg
 この茶色いネコは子どもたちに「チャタさま」と呼ばれているそうですが、本名は不明です。
b0348205_22484270.jpg
 こちらはオッドアイの品の良さそうなネコちゃん
b0348205_22485040.jpg
 僕は普段あまりネコは撮らないので、この日は歩海奥さんを真似して撮ってみました。
b0348205_22490172.jpg
 にゃ~~

 そういえば、金沢区には「金沢猫伝説」と呼ばれる話があるんですよね。「金沢猫」とは、鎌倉時代に唐の商業船に乗ってきた猫が逃げ出し、金沢に棲みついたという猫のことです。一説では大きな三毛猫だったとか、代を重ねながら現在に至るまでその子孫が残っているとか、その子孫が侍従川流域や称名寺にいるとか、様々な逸話があり、子どもの頃の僕には興味をそそそられる話でした。そして小学生の時は金沢猫を探して地元を探索したこともありました。
 ちなみに唐の船が来ていたのは、現在の侍従川で、さらに金沢猫の猫塚は東朝比奈の千光寺にあります。
 自分の生まれ育った町にそんな伝説があるというのは子どもの頃の僕に夢を与えました。
b0348205_22490890.jpg
 こんな感じで撮っています(笑)
b0348205_22492253.jpg
 アジサイがとてもきれいでした。
b0348205_22492972.jpg

[PR]
by shingo-ayumi | 2016-06-29 22:59 | 称名寺 | Comments(0)

歩海 VS G

 6月に入り我が家でが「G」が続出している。このブログで書くからには、「G」とは、ゲンゴロウを言う隠語であると思われるかもしれないが、一般的に「G」とはゴキブリをさす隠語であるらしい。

 僕は虫好きだが、正直ゴキブリはあまり好きではない。ちなみにクモやゲジの類も苦手だ。とはいえ、家の中に出て大騒ぎするほど嫌いでもない。南西諸島や東南アジアに行けば結構普通に出るし、1回で倒せなかったら「まぁいいか~」となってしまう。

 しかし、歩海奥様は違う!冷蔵庫に死体を入れたり、部屋に死体を転がしておいても文句を言わないできの良い妻もゴキブリだけは徹底して許さない。

 しかもゴキブリの捕獲センスはハンパなく、今までも確実かつ的確に仕留めてきた経歴を誇る。しかし、6月に入り、ちょいちょいリビングに出没するという(僕は見ていない)ゴキブリには連敗を喫していた。

 そんな今夜の夕飯時、天井近い壁を巨大なゴキブリが走り抜けて行くのを目撃した!

真吾「あぁゴキブリ!アイツがそう?」

 妻は僕の反応に回答する間もなく、オリジナルのG討伐兵器「サランラップガムテープ」を素早くこしらえると、眼つきを変えて臨戦態勢に入った。
b0348205_22362771.jpg
〈歩海オリジナル(?)G討伐兵器「サランラップガムテープ」〉

 しかし、さすがは今まで歩海奥様との戦いを優位に進めてきたゴキブリである。天井から歩海奥様目がけて飛翔した。

歩海「うわぁー飛んだ!!」

 ゴキブリはその後2、3回飛翔した後に冷蔵庫の裏に逃げ込んだ。しかし歩海奥様も負けていない。僕は呆然と食事を続けながら、見ていたテレビと歩海 VS Gの戦いの両方を見守っていた。

 しかし歩海 VS Gの戦いは熾烈を極め、見ていて思わず笑ってしまう程面白くなってきたので僕も加勢することにした。

 夫の加勢により冷蔵庫を両側から挟まれたゴキブリはさすがにスタミナが切れてきたようで動きが鈍ってきた。そして冷蔵庫の隙間から表に出てきたところにオリジナル兵器「サランラップガムテープ」が炸裂した!

しかし・・・

 サランラップガムテープは紙一重のところで外れた。おまけにガムテープ部分が冷蔵庫の方にくっついてしまいサランラップから外れてしまったのだ。

 この攻撃の不発とタイムロスが致命的となりゴキブリは無事戸棚と壁の隙間に逃げて行ったのだった。

歩海「悔しい・・・絶対とれたのに!!」

 またしても歩海奥様の敗退であった。

 それから2時間程経っただろうか、床に小さな虫が這っているのに気付いた歩海奥様は、虫を平手打ちで叩き潰した。

歩海「これなに虫?殺してもいいやつ?」

真吾「ゴキブリの1齢幼虫じゃん!繁殖許したな・・・」

歩海「げげぇサイアク!!」


 こうして、歩海VSゴキブリの勝敗は決定的になったのであった。しかし、今回の負け戦を機についに歩海将軍はG掃討作戦を決定し、一説では犯則ともいえる秘密兵器の導入を発表したのであった!

歩海「ゴキブリほいほいを買いに行こう!!」
b0348205_22213756.jpg
↑〈ゴキブリの卵のう(笑)〉
[PR]
by shingo-ayumi | 2016-06-27 23:10 | 我が家のいきもの | Comments(0)

我が家の生きものに癒されて

 今日は1日中家に籠ってデスクワークをしていました。そして先ほど家で飼っている生きものたちの世話をしながら息抜きをしました。やはり生きものをいじると癒されます!
b0348205_23151182.jpg
 今日もせっせと子守に勤しんでいるお父さんタガメ
b0348205_23152201.jpg
 歩海奥さんは去年からハーブや野菜の栽培にハマっているのですが、そこに付いたイモムシやバッタは僕がもらって飼っている生きもののエサにします。今日はシソに付いていたイモムシをもらってヒメタイコウチにあげました。
b0348205_23154575.jpg
 上陸したヒダサンショウウオの赤ちゃんです。なかなかの偏食家で、幼生時代はミズムシやヤゴなども食べたのですが、上陸してからはミミズしか食べなくなりました。しかし、最近はクリルも与えると食べるようになりました。
 恩師のK先生が、トウキョウサンショウウオを幼生から飼って、飼育ケースのフタを開けると寄ってくるくらいまで手なづけていたので、僕も根気強く育てています。
b0348205_23153864.jpg
 これは地元産のヘイケボタルの卵です。生息地が干上がってしまったので、万が一に備えて採卵しました。
b0348205_23155195.jpg
 少し前に近くのビオトープから写真を撮ろうと思って採ってきたマルタンヤンマのヤゴです。庭の水草の入ったバケツに入れておいたら終齢幼虫になっていました。
b0348205_23181714.jpg
 最近ウチの周りをウロウロ徘徊しているヒキガエルくんです。この写真は少し前に家の中に入れて撮った写真なのですが、その後もよく家の周りをヒョコヒョコ歩いていたり、植木鉢の隙間で寝ているのを見かけます。今日は歩海奥さんが野菜に水をあげると驚いて出てきました。
b0348205_23155832.jpg
 我が家のアイドル、イシガメのかめしぃとウンキュウのカメロウです。カメロウはウチに来たばかりの時はエサも食べずなかなか慣れなかったのですが、今ではすっかり慣れて、同居人のかめしぃともうまくやっているようです。
b0348205_23330983.jpg
 そして願いを叶えてくれる緑の龍・・・ではなくトカゲのシェンロンくんも相変わらず健在です。最近は夏バテなのか、だいたいいつも寝ていますが、エサをもらう時だけはスッと起きてガッツキます。

 というわけで今日は我が家の生きものを一部紹介させていただきました。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-06-25 23:39 | 我が家のいきもの | Comments(0)

お父さんタガメの子育て生活

b0348205_23553576.jpg
〈タガメの卵塊〉
 6月といえば(?)タガメの繁殖期ですよね!!夜な夜な卵の世話をするタガメの観察は何度見ても楽しいものです。
b0348205_23554226.jpg
〈卵に水をやるタガメのオス〉
 タガメは、オスが卵の保護をおこなうことで有名です。メスは卵を産むとその場を離れて次の繁殖の準備に移りますが、オスは卵が孵るまでの数週間エサも食べず世話をします。なんて健気なお父さんなのでしょう!!
b0348205_23555654.jpg
 卵を守っているお父さんをカラかってつっつくと上の写真のように怒りました!しかし、タガメにもいろいろ性格があって、怒る個体もいれば逃げ出す個体もいます。このオスはつつくと怒るので男気ある優秀なオスですね!笑

 タガメの性格の多様性は本当に様々で、繁殖の段階でもオスメスの相性が悪くて繁殖に至らなかったり、交尾までいっても産卵まで至らなかったり、様々なパターンがあってドラマです!

 ちなみに今回のオスは、実は一度メスにフラれているんです。交尾までは持ち込んだものの産卵まで至らずフラれました。しかし一週間別居させてもう一度ペアリングするとうまく産卵してくれました。メスはオスのことを見直してくれたのか?それとも1週間経って相手を忘れて新鮮な気持ちでオッケーしたのか??いろいろ想像を膨らまさせてくれる昆虫です(笑)


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-06-24 00:13 | タガメ | Comments(2)

岩手県中部の旅(2016年6月)

b0348205_21511146.jpg
 今年も岩手県中部で調査をする機会をいただいて、5月からちょくちょく岩手に行っています。
b0348205_21512744.jpg
 今年は、広葉樹林帯にある沢や湿地がメインの生物調査で、初日から標高800mを越える森の中に入りました。
b0348205_21525311.jpg
〈エゾハルゼミ〉
 エゾハルゼミが鳴く森の中で調査開始です!!
b0348205_21514563.jpg
〈キタオウシュウサンショウウオ〉
b0348205_21515348.jpg
 眼が飛び出していて可愛い顔ですね!☆

 キタオウシュウサンショウウオは個人的に狙っていたので、狙い通り見つけられて嬉しかったです。
b0348205_21524542.jpg
 サンショウウオを手に喜ぶ調査隊員のゴトウくん
b0348205_21521143.jpg
〈トワダカワゲラの幼虫〉
 ゴツゴツして、ロボットみたいでカッコイイですね!
b0348205_21522174.jpg
〈ムカシトンボの幼虫〉
b0348205_21522802.jpg
 脱皮をして間もない若齢幼虫。まさに赤ちゃんって感じで可愛いですね☆
b0348205_22004442.jpg
〈ムカシトンボの成虫〉
 地元神奈川ではもう時期が終わっていますが、岩手ではまだまだ飛翔する姿が見られました。
b0348205_22003459.jpg
〈クロサナエ〉
 神奈川でクロサナエのメスを採るのはなかなか難易度が高いのですが、岩手では結構いるのでしょうか?
b0348205_21591438.jpg
〈センブリの一種?〉
b0348205_21523737.jpg
 採れた生物を確認する仲間たち。
b0348205_21531065.jpg
 何の羽根でしょうか?カッコイイので持ち帰りましたが、レンタカーの中に忘れてきてしまいました・・・
b0348205_21540977.jpg
 この日の調査は17時頃に終わりました。
b0348205_21542357.jpg
 宿に向かう途中の林道で、路上から大きな鳥が飛び立ちました。

 「フクロウだ!!」

 しかし、フクロウが飛び立ったところには何やら白い羽根が散乱しています。それが上の写真です。何の鳥だか分かりませんが、フクロウはこの鳥を食べていたようでした。フクロウに狩られたのか、死んでいるところを食べられたのか分かりませんが記録として撮影しました。
b0348205_21543736.jpg
 宿に着きみんながお風呂に入っている間、僕は一人で虫とりをしていました。
b0348205_21563379.jpg
 わーいミヤマクワガタ!!みんな飲みながらミヤマクワガタの面倒をみてくれました(笑)

 ちなみにこの写真はスマホで撮ったのですが、一眼ではなかなか撮れない構図が撮影できてスマホも捨てたもんじゃないなぁと思いました。
b0348205_21594793.jpg
 翌朝、宿の外に鳥が横たわっているのを見つけました。おそらく窓に激突したのでしょう。なんて状態の良い美しい死体なんでしょう!!
b0348205_21570427.jpg
 さて、二日目の最初は湿地での調査をおこないました。

 上の写真はタカネトンボの羽化殻です。そしてすぐ近くには羽化して間もないタカネトンボがぶら下がっていました。
b0348205_21571295.jpg
〈タカネトンボ〉
 しかし脱皮不全をおこしたようで翅が縮れてしまっています。エゾトンボの仲間は飼育下でも湿度などに敏感で結構羽化不全をおこす印象があります。野外でも失敗する時は失敗するんですね。
b0348205_21573805.jpg
〈シオヤトンボ♀〉
 湿地で産卵するシオヤトンボ。
b0348205_21581383.jpg
〈ミヤマミズスマシ〉
 水面にはたくさんのミヤマミズスマシがクルクルと回りながら泳いでいました。
b0348205_21574726.jpg
〈モリアオガエルの卵塊〉
 湿地にせり出した木の樹上にはモリアオガエルの卵塊が見られました。
b0348205_21575786.jpg
 泡の中の卵

 成体の鳴き声も聞こえましたが、どこで鳴いているのか見つけられませんでした。
b0348205_21584950.jpg
 陸上での昆虫採集もおこないました。

 上の写真は軽快に網を降り豪快に空振りする調査隊員のサトマユちゃん(笑)
b0348205_21590008.jpg
〈ウスバシロチョウ〉
 5月に来た時はヒメギフチョウが見られましたが、今回はこのウスバシロチョウの姿が目立ちました。
b0348205_23181089.jpg
〈ミヤマクワガタ〉
b0348205_23181623.jpg
b0348205_23182518.jpg
〈コブヤハズカミキリ〉
 ミズナラやブナがある森なので、コブヤハズカミキリの姿もありました。
b0348205_23183292.jpg
b0348205_21592167.jpg
 何度見てもかっこいいカミキリムシです。
b0348205_00280007.jpg
〈アズマヒキガエル〉
 比較的小さいヒキガエルはヒョコヒョコと歩いていました。5月に来た時は産卵を見ることができましたが、ここではこのくらいの大きさで成熟しているようです。
b0348205_22000210.jpg
 モグラの死体。またしてもなんて状態の良い美しい死体なのでしょう!!
b0348205_22002068.jpg
 というわけで、最後はどしゃぶりの雨になってしまいましたが、負けじとトトロゴッコをしてから今回の調査は終了しました。

 次回は7月か8月に行く予定です。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-06-22 22:43 | | Comments(0)

キタオウシュウサンショウウオ

b0348205_00502930.jpg
〈キタオウシュウサンショウウオ Onychodactylus nipponoborealis, 岩手県〉
 水生生物の調査で岩手県に行ってきました。そしてこの時期ならきっとキタオウシュウサンショウウオがいるだろうなぁと思い狙ってみました。
b0348205_00504374.jpg
 キタオウシュウサンショウウオはハコネサンショウウオの東北地方北部個体群として2012年に分けられました。見た目はハコネサンショウウオによく似ています。
b0348205_00505623.jpg
 ミッキーマウスの耳が目玉になったような顔をしていますね☆笑
b0348205_00510854.jpg
b0348205_00541078.jpg
 今回見つけたのは標高800mから1000mくらいの場所で、広葉樹林帯の中を流れる沢でした。
b0348205_00512297.jpg
 ちなみに見つけたのは上の写真の沢の支流でした。成体は、沢岸にあるコケが生えるような石の下に潜んでいました。
b0348205_00560768.jpg
 こちらは幼生です。

 この沢では、川の淀みや近くの湿地にトウホクサンショウウオも生息しているのですが、やはり棲み分けはしているようで、2種が同所的に見られる場所はありませんでした。
b0348205_00513409.jpg
 岩手は地元神奈川よりも1か月くらい季節が遅れているようで、ムカシトンボやダビドサナエもまだ元気よく飛んでいました。

 岩手の旅については次の投稿でご紹介したいと思います。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-06-22 01:14 | 両生類・爬虫類 | Comments(0)

侍従川の調査(2016年6月)

b0348205_01083229.jpg
 この日は朝から強い陽射しが照り付ける真夏日でした。大潮で午前中が干潮だったので、ふるさと侍従川に親しむ会学生部の活動で、侍従川下流域の生物調査をしてきました。
b0348205_01084713.jpg
〈群れで泳ぐクサフグ〉
 クサフグは産卵が近いのでしょうか。群れて泳いでいる姿が見られました。
b0348205_01085834.jpg
 調査開始!
b0348205_01090658.jpg
 クサフグを捕まえた!!
b0348205_11574583.jpg
〈フタバカクガニ〉
 カクベンケイガニと似ていますが、フタバカクガニは甲羅の縁に鋸歯が2つあります。またハサミの黄色みが強いのも特徴です。侍従川では何年も前に山田さんが一度確認して以来、久しぶりの記録となりました。
b0348205_11584980.jpg
〈クロベンケイガニ〉
 クロベンケイガニは基本的にはフタバカクガニやカクベンケイガニよりも中流で見られますが、侍従川では一部生息域がかぶるようです。
b0348205_11590658.jpg
〈アシハラガニ〉
 昔はたくさんいたのですが、ここ10年くらいでかなり少なくなっていて心配しています。
b0348205_15540630.jpg
〈タカノケフサイソガニ〉
 最近ケフサイソガニとは別種として分けられたそうです。ハサミにある毛の房がケフサイソガニよりも大きいことで見分けられます。ちなみにケフサイソガニにはある腹部の小さい斑点がタカノケフサイソガニには出ないことでも見分けられるそうですが、ケフサイソガニにも斑点が出ない個体がいるそうなので注意が必要です。
b0348205_11585797.jpg
〈チチュウカイミドリガニ〉
 いわずと知れた外来種です。学生部のメンバーは「チチュウカイミドリガニはワタリガニ科のカニの中では一番カッコワルイよなぁ~」と話していました。
b0348205_01110989.jpg
〈ヒナハゼ〉
 侍従川では最近見つかりました。結構いる場所はピンポイントであることがこの日の調査で分かりました。
b0348205_15541206.jpg
〈ニクハゼ〉
 たくさんいたので最初はウキゴリの稚魚かと思っていましたが、よく見るとやたら細長くない?ということでニクハゼだと分かりました。写真のように上から撮って顔を見ると、ウキゴリ属らしい顔をしているなと思います。ちなみにニクハゼの和名の由来は肉のような赤みからだそうです。
b0348205_01112137.jpg
 続いて中流域に移動しました。
b0348205_01115686.jpg
〈ウキゴリ〉
b0348205_01120755.jpg
〈ハグロトンボ〉
b0348205_01121595.jpg
 ハグロトンボはまさに羽化シーズンで、水中では終齢幼虫が、陸では成虫がたくさん見られました。
b0348205_01123410.jpg
〈アオダイショウ〉
 アオダイショウにも出会いました。この個体は侍従川に棲むアオダイショウの中では2番目に大きな個体です。一番大きな個体は“ヌシ”と呼ばれているのですが、こいつは2番目なので、”次期ヌシ“や”次郎”と呼ばれています!(侍従会学生部の子たちが勝手にそう呼んでいます!笑)

 この日は、夜は侍従川のホタル調査がある予定でしたが、ホタル調査が始まるまで4時間くらい時間があったので、代表の山田陽治さんのオススメポイント(?)を探して三浦半島に行ってきました。
b0348205_01125413.jpg
 イマイさんのお父さんがヒバカリを見つけました☆しかし・・・
b0348205_01130252.jpg
 そんなヒバカリにガッツリ噛まれる学生部隊員のイッタくん!!
b0348205_01130899.jpg
 その様子をみんな面白がって撮影していました!笑

 ヒバカリの和名の由来は、「噛まれるとその日ばかり(ヒバカリ)の命!ということから来ているんだよ!」とみんなに脅されだんだん不安になっていくイッタくん。

 さらに「速くポイズンリムーバーを使って毒を抜かないと一刻を争うよ!」「ポイズンリムーバーは注射するより痛いよ!」と、ふざけて追い込む悪意に満ちた仲間たちにのまれ、しまいには「噛まれた指の感覚がなくなってきた・・・」と精神が崩壊したイッタくんでした・・・笑
b0348205_01131567.jpg
 結局嘘だと分かった途端に彼の指の感覚は戻ったそうです!
b0348205_01134327.jpg
〈ヘイケボタル〉
 さて、夜はみんなでホタル調査をおこないました。
b0348205_01133426.jpg
 この日は、流域の支流もいくつか調査しました。しかし、今年はすでに発生後期で、だいぶ少なくなってきているようでした。
 ※ちなみにこのヘイケボタルの写真は先週撮ったものです。
b0348205_01141150.jpg
〈ホトケドジョウ〉
 ついでにホトケドジョウも観察しました。夜は見やすくて観察しやすいですね。
b0348205_01141861.jpg
 稚魚もたくさん見られ、今年もうまく繁殖しているようで安心しました。

 というわけで皆さん朝からお疲れ様でした。ゲスト参戦してくれたUくんとIくんもありがとうございました☆


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-06-19 02:19 | 侍従川流域 | Comments(4)

マダラミズカメムシ

b0348205_10445447.jpg
〈マダラミズカメムシ無翅型 Mesovelia japonica
 先週、調査でマダラミズカメムシのいるポイントに行ってきました。
b0348205_10451045.jpg
〈マダラミズカメムシ有翅型〉
 これまで調査地内のいくつかの水辺でマダラミズカメムシを採集してきましたが、比較的暗い落ち葉があるような池で見られる印象があります。落ち葉がある池というとキベリヒラタガムシやヤスマツアメンボがいるような環境をイメージしますが、それとは少し違いもう少し水深のある安定した水辺を好んでいるような気がします。
b0348205_10453908.jpg
 羽化して間もない有翅型の個体。きれいですが、なんかちょっとユスリカっぽいですね…笑
b0348205_10453153.jpg
 有翅型の終齢幼虫
b0348205_10454823.jpg
 有翅型の個体はそれほど多くないと思うのですが、ここに写っている幼虫はみんな将来翅になる芽翅があります。「おぉー有翅型の幼虫は初めて見た!しかもこんなにいっぱい!」と喜んで撮影しました。
b0348205_10455794.jpg
「おっ?なんだコラ!このガキが!」みたいな感じでしょうか?笑 無翅型の成虫が将来有翅型になる幼虫をひがんで有翅型の幼虫にカラんでいる!?そんな想像をしながら撮りました(笑)



[PR]
by shingo-ayumi | 2016-06-16 11:07 | 水生半翅 | Comments(0)

ホウネンエビ

b0348205_18261520.jpg
〈ホウネンエビ, 横浜市〉
 この時期、横浜市内の一部の田んぼではホウネンエビが見られます。和名の由来は豊年(ほうねん)の意味で、ホウネンエビがよく発生する年は豊年になるとの言い伝えから来ているそうです。
b0348205_18262133.jpg
 ホウネンエビの卵は土中で休眠し、水が入り水温が上昇すると一斉に孵化するそうです。そのため、そのような環境変化が起こる田んぼで発生しやすいというわけです。しかし、このような環境変化さえ起きれば田んぼに限らず発生することはあり、水溜りや河川敷の不安定な水辺などで見られることもあります。
b0348205_18262757.jpg
b0348205_18263269.jpg
 ホウネンエビは江戸時代頃から観賞用として飼育されたこともあったそうです。現在もたまに飼育セットやガチャポンなどで卵が売られていることがあります。しかし、寿命は1か月程度と短く、大人になり、卵を産むと死んでしまいます。なんとも儚い生きものです。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-06-13 18:40 | 淡水生物いろいろ | Comments(0)

ヘリグロミズカメムシ

b0348205_00552022.jpg
〈ヘリグロミズカメムシ Mesovelia thermailis, 横浜市〉
 地元横浜市で見られるミズカメムシの仲間のほとんどは、ムモンミズカメムシとこのヘリグロミズカメムシです。ちなみに上の写真の個体はメスです。
b0348205_00553350.jpg
〈ヘリグロミズカメムムシ♂〉
 ぱっと見ただけではヘリグロとムモンを見分けるのは難しいと思われます。
b0348205_00554545.jpg
 しかし、上の写真のようにひっくり返すと違いが見られます。

 オスはヘリグロもムモンも腹部第8腹板に2つの黒い突起があります(逆に言えば、黒い突起が2つあれば、ムモンかヘリグロであると見当が付きます)。しかし、メスは、ヘリグロはムモンと違って、腹部の第9腹板に針状の突起があるのが特徴です。ちなみにメスだけで見分ける場合は、普通のミズカメムシにもヘリグロに似た突起があるので注意が必要です(普通のミズカメムシの突起はヘリグロほど鋭くありません)。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-06-11 01:05 | 水生半翅 | Comments(0)