人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域の自然
観音崎周辺の自然
称名寺の自然
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ハコネサンショウウオの観察(..
at 2020-04-05 20:49
三浦半島の里山(2020年4月)
at 2020-04-04 19:12
侍従川の桜(2020年4月)
at 2020-04-03 17:30
ジュニア生物調査隊3期生と特..
at 2020-03-31 19:58
観音崎自然博物館のまわり(2..
at 2020-03-27 19:52
1年ぶりの称名寺(2020年..
at 2020-03-26 20:15
三浦半島の里山(2020年3..
at 2020-03-25 23:01
侍従川のクリーンアップ&調査..
at 2020-03-23 20:37
アンピンチビゲンゴロウ
at 2020-03-19 18:50
三浦半島の里山(2020年3月)
at 2020-03-17 20:12
ウーパー系赤ちゃん
at 2020-03-14 20:17
引地川流域めぐり(2020年..
at 2020-03-12 21:16

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


日本の水生昆虫 (ネイチャーガイド)


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


クワガタクワジ物語


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

<   2016年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

葉山の海(2016年7月)

葉山の海(2016年7月)_b0348205_22171134.jpg
 先週から2週連続で、葉山の海に潜ってきました。
 
 そして今日は、このブログでも時々登場している歩海さんのお友達のアヤちゃんとその友達のHくんも参戦してくれました。
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22182011.jpg
 今日は梅雨明けらしい良い天気でした。
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22191592.jpg
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22205022.jpg
 深いところは少し濁っていましたが、浅い所は透明度も良く生きものもたくさん見られました。
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22214533.jpg
〈マダコ〉
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22223045.jpg
 この日はタコをよく見かけました。
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22234357.jpg
〈チャガラ〉
 中層を泳ぐハゼの仲間です。どこでもいる普通種ですが、綺麗で品の良い(?)ハゼです。歩海奥さんはチャガラが大好きだそうです。
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22242470.jpg
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22251769.jpg
〈ゴンズイ〉
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22260639.jpg
 ゴンズイは稚魚のうちは群れをなして塊になります。そのためゴンズイの群れは「ゴンズイ玉」と呼ばれています。
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22270807.jpg
 ゴンズイ玉の中に入って撮影しました。
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22283309.jpg
 ゴンズイは胸鰭と背鰭にトゲを持った魚ですが、稚魚のうちは模様も鮮やかでとってもカワイイ魚です。
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22323638.jpg
 冷えたので一度上がって休憩タイム
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22304806.jpg
 Hくんはこの日、初シュノーケリングだったそうです。
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22352580.jpg
〈イワアナコケギンポ〉
 穴の中から顔を出したイワアナコケギンポ。カモフラージュなのか頭には海藻のような角があります。
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22371181.jpg
 こちらは口をあけて威嚇(?)しているイワアナコケギンポ
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22391890.jpg
〈クモヒトデをついばむナベカ〉
 水中の岩をひっくり返すとクモヒトデが出てきました。すると近くにいたナベカが寄って来てクモヒトデをついばみ始めました。結局ついばんだだけで食べはしませんでしたが、観察していて面白い光景でした。
葉山の海(2016年7月)_b0348205_22394733.jpg
 葉山の海は、回遊魚も少しずつ増え始めて、ようやく夏の海らしくなってきました。


by shingo-ayumi | 2016-07-31 22:47 | | Comments(0)

オキナワイトアメンボ

オキナワイトアメンボ_b0348205_23064727.jpg
〈オキナワイトアメンボ Hydrometra okinawana, 三浦半島〉
 和名には「オキナワ」と付くのに、実は本州に広く分布していた!というイトアメンボの仲間です。
オキナワイトアメンボ_b0348205_23103561.jpg
 こういう名前の付いている虫は、やっぱり南方系で、海沿いとか開けた水辺に多いのかと思いきや、そうでもなく、三浦半島では内陸の閉鎖的な環境でも見られます。実際、オキナワイトアメンボがどんな環境を好むのかよく分かりません。
オキナワイトアメンボ_b0348205_23113340.jpg
〈オキナワイトアメンボの幼虫〉
 水辺に落ちた昆虫を摂食していたのでしょうか?生息地で観察をしていると、成虫は比較的水際の石や落ち葉などに上がっていることが多い気がしますが、幼虫はあまり水辺から離れずにいる気がします。
 なんかナナフシみたいでカワイイですね!笑
オキナワイトアメンボ_b0348205_23114582.jpg
〈上:オキナワイトアメンボ 下:ヒメイトアメンボ〉
 オキナワイトアメンボとヒメイトアメンボの比較です。2種の見分け方はオスの腹部にあるトゲの位置が分かりやすいと思っています。
 同じ水辺で2種が混生している場所は見たことがありませんが、すぐ近くの場所で2種が生息しているのは見たことがあります。この2種は棲み分けているのかいないのか?正直よく分かりません。ちゃんと調べたら面白いかなぁ~とは思っているのですが、まぁ今後の課題です。


by shingo-ayumi | 2016-07-28 23:39 | 水生半翅 | Comments(0)

オナガミズスマシ(三浦半島の個体群)

オナガミズスマシ(三浦半島の個体群)_b0348205_23142876.jpg
〈オナガミズスマシ Orectochilus regimbarti regimbarti SHARP,1884,三浦半島〉
 少し前の話ですが、三浦半島でオナガミズスマシを撮影してきました。
オナガミズスマシ(三浦半島の個体群)_b0348205_23152770.jpg
 神奈川県のオナガミズスマシの分布は、丹沢山系から流れる川と三浦半島の一部に限定されると思われます。丹沢山系の個体群は結構広く残っていますが、三浦半島の個体群は極めて限定的です。
オナガミズスマシ(三浦半島の個体群)_b0348205_23163252.jpg
〈オナガミズスマシの幼虫〉
 オナガミズスマシの幼虫は、2月から3月頃に見られます。
オナガミズスマシ(三浦半島の個体群)_b0348205_23155648.jpg
〈岩の裏で休むオナガミズスマシ〉
 普段クルクル回りながら泳いでいるオナガミズスマシですが、泳ぎ疲れると水から上がり石の裏にしがみついて休みます。オオミズスマシなんかは、水から上がらず、そのまま水面に浮いている草などにとまって休みますが、オナガミズスマシは流水に棲んでいるので、流されないように石の裏にしがみつくのかもしれませんね。


by shingo-ayumi | 2016-07-26 23:36 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

小田原の田んぼ(2016年7月)

小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23441762.jpg
 前回の続きです。

 真鶴の帰りに小田原市内を適当に走って田んぼを見てきました。
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23452215.jpg
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23460513.jpg
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23464922.jpg
 記念撮影
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23495744.jpg
〈オモダカの花〉
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23474637.jpg
 いろいろ回って、最後は僕が学生時代によく来た田んぼにやってきました。
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23483328.jpg
 コオイムシを見つけた!!
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23492200.jpg
〈コオイムシ〉
 神奈川県内では絶滅危惧IB類に指定されているコオイムシです。まぁ実際、県西部の田んぼには結構いるんですけどね。
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23504501.jpg
〈マルタニシ〉
 田んぼを代表するタニシですね☆
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23525023.jpg
〈トウキョウダルマガエル〉
 まだ小さい子ガエルです。
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23513201.jpg
〈ウマビル〉
 緑色が特徴的なヒルです。
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23533356.jpg
〈ニホンアマガエル〉
 これまたカワイイ子ガエルです。いい所にのっかっていますね☆
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23535226.jpg
 歩海奥さんはアマガエルの吸盤の感触にヤミツキになっていました(笑)
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23541598.jpg
〈ナツアカネ〉
 イネで羽化をしたナツアカネ
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23544924.jpg
 なかなかキツイ体勢で撮影しました(笑)
小田原の田んぼ(2016年7月)_b0348205_23585248.jpg
〈ハラビロトンボ〉
 この場所は4年ぶりくらいに訪れましたが、4年前と少しも変わらず安心しました。

 やはり田んぼは癒されますね☆


by shingo-ayumi | 2016-07-26 00:11 | 田んぼ・里山 | Comments(0)

真鶴半島の海(2016年7月)

真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22194002.jpg
 先日、神奈川県の最西端にある半島、真鶴半島の海に行ってきました。
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22195628.jpg
 さぁエントリーだぁ☆
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22201441.jpg
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22210120.jpg
 少し濁りはありましたが、それでもさすが真鶴!!生きものの多さに驚かされました。
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22211649.jpg
 ネンブツダイの群れ
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22222123.jpg
 ネンブツダイの群れの中にいるもののぜんぜん紛れられていない程目立っているのはオハグロベラです。
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22234508.jpg
 歩海奥さんがオハグロベラを撮っていると、なにやら周りに魚が集まってきました。集まってきたのはキタマクラというフグの仲間です。よく見ると歩海ちゃんのシュノーケルから出る気泡をつっついています。「俺たちも撮ってくれ~」といった感じでしょうか?笑
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22240501.jpg
 このキタマクラという魚、好奇心旺盛なのかよく分かりませんが、結構人に寄って来ます。
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22241756.jpg
 そして、このように底に落ちている石や海藻を差し出すと、すぐに寄って来てついばみ始めます。
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22244623.jpg
 大きなカサゴもいました。美味しそう!!笑
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22250452.jpg
 歩海奥さんが海の底にグングン潜っていきました。何がいるのでしょうか??
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22253409.jpg
 ウツボです。

 大きな口をあけて威嚇しているのでしょうか。噛まれないように注意しました。
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22255257.jpg
 こちらのウツボは夫婦なのか、仲良く同じ穴に入っていました。
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22261082.jpg
 さて、海から上がって、駐車場に向かっていると、何やら足元でブンブン音が鳴っていたので見てみると・・・
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22264317.jpg
 ミツバチくらいの大きさのハチが大量にいて、地面に穴を掘り、忙しなく飛び回っていました。
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22265419.jpg
 ハチのことはぜんぜん知らないので種類は分からないのですが、カワイイので撮影してみました。
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22262941.jpg
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22270360.jpg
 というわけで、この日は真鶴の海を満喫しました。

 僕はこの日はウェットスーツ無しで潜ったのですが、裸で潜るにはまだちょっと寒いかなぁといった感じでした。でも海の中にはチョウチョウウオやキンチャクダイなどの南の魚も見られて、そろそろシーズン到来かな☆といった印象でした。

 ちなみに・・・
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22520316.jpg
 帰りに、酒匂川に入って魚を撮影しながら、体を洗おうと思い、とりあえずマスクをつけて顔だけ川に入れてみたのですが・・・
真鶴半島の海(2016年7月)_b0348205_22523046.jpg
 メチャクチャ冷たく寒かったです・・・笑 川に入るのはやめました!


by shingo-ayumi | 2016-07-24 22:49 | | Comments(0)

三浦半島の夕暮れの里山~マルタンヤンマ~(2016年7月)

 前回の続きです。あの後、僕らは保全活動をしている谷戸にクワガタ調査にでかけました。
三浦半島の夕暮れの里山~マルタンヤンマ~(2016年7月)_b0348205_23210295.jpg
 調査隊の仲間たち
三浦半島の夕暮れの里山~マルタンヤンマ~(2016年7月)_b0348205_23212663.jpg
〈オニヤンマ〉
 しかし、谷戸に入ると、谷戸を突き抜けて飛んでいく昆虫の影が!!

「マルタンヤンマだ!!」

 というわけで、クワガタ調査は黄昏飛翔をするヤンマとり大会になってしまいました。
三浦半島の夕暮れの里山~マルタンヤンマ~(2016年7月)_b0348205_23215660.jpg
「とったぞー!!」

 そして、見事マルタンヤンマ捕獲に成功したカネゴンとだいちゃん☆
三浦半島の夕暮れの里山~マルタンヤンマ~(2016年7月)_b0348205_23224234.jpg
〈マルタンヤンマ♂〉
 いつもクールなだいちゃんがマルタンヤンマを採った感激で手がふるえていました!

 この感覚は僕にもよく分かります。一匹の虫との出会いで体がふるえる感覚を今まで味わってきたからこそ、今もなお虫を続けているのだと思います。

 マルタンヤンマが与えてくれたふるえる程の感激は本当に大切な感覚ですよね。そんな感覚をみんなで分かち合い楽しんだ良い一日でした☆


by shingo-ayumi | 2016-07-23 23:33 | 田んぼ・里山 | Comments(0)

三浦半島の川で観察会&魚とり

三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23460485.jpg
 先日、7月18日月曜日、世間は海の日だというのに、僕らは川で観察会をやってきました。
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23474986.jpg
 観察会は三浦半島の川で行いました。この日の観察会は、いつもの地元、ふるさと侍従川に親しむ会のメンバーだけではなく、一般の方や三浦半島の市民団体の方も参加・共催で、大人数での観察会となりました。
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23504679.jpg
 いろいろ採った内田くん
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23511996.jpg
〈ヤマトヌマエビ〉
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23483798.jpg
 このブログではよく登場する侍従会メンバーであるイッタくん。この日は早々にコヤマトンボを捕まえてくれました。
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23494110.jpg
〈コヤマトンボ〉
 緑の複眼が美しいですね☆
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23530938.jpg
 ハンミョウも捕まえた!!
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23543362.jpg
 侍従会メンバーのユキノちゃんが持っているのは、メジロかサンコウチョウの巣だそうです!サンコウチョウだったら嬉しいですね☆
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23552987.jpg
 コクサギに産卵にきたカラスアゲハ。ピントが甘いのがもったいない・・・
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23572279.jpg
〈オキナワイトアメンボ〉
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23562967.jpg
〈コシボソヤンマの幼虫〉
 もうすぐ羽化しそうですね!
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23583202.jpg
 わ~い飛び込めぇー!!
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_23592001.jpg
 先月ヒバカリに噛まれてえらい目にあった(?)イッタくんですが、今ではお手の物です!!(笑)
 そんなイッタくんですが、この日は生きもの採集に冴えていたのか、いろいろ良い生きものを採ってくれました。おまけにいつものムードメーカーっぷりを発揮し、大人たちからは絶賛の1日でした!
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_00001190.jpg
 ヒバカリはみんなの人気者です☆
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_00011846.jpg
 観察会で生きものについて解説をする山田さん
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_00024703.jpg
〈ゴクラクハゼ〉
 この日は観察会終了後、若い活動仲間たちで少し離れた所に魚とりをしに行きました。
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_00040207.jpg
〈スズキの子ども〉
 ずいぶん上の方まで上がってきたようです。
三浦半島の川で観察会&魚とり_b0348205_00171164.jpg
〈トゲナシヌマエビ〉
 というわけで、16時くらいまで川で魚とりをし、今度はこの日のメインである里山の調査に向かいました。

 つづく


by shingo-ayumi | 2016-07-22 00:22 | | Comments(4)

トダセスジゲンゴロウ

トダセスジゲンゴロウ_b0348205_00000675.jpg
〈トダセスジゲンゴロウ Copelatus nakamurai, 茨城県〉
 先日、トダセスジゲンゴロウを採りに行ってきました。
トダセスジゲンゴロウ_b0348205_22312319.jpg
 体長4mm程の小さなゲンゴロウですが、日本のゲンゴロウの中でもベスト10に入るのでは(?)と思ってしまうくらい美しいゲンゴロウです。ちなみに昔はタテオビセスジゲンゴロウと呼ばれていたそうです。
トダセスジゲンゴロウ_b0348205_22320564.jpg
〈トダセスジゲンゴロウを見つけた水溜り〉
 冬から何度か探しに行っていたのですが、渇水期はどこに行ってしまうのか、ほとんど見つけられませんでした。しかし、梅雨時や台風の後、普段は水がないようなところに水が溜まると何処からともなく姿を現します。ちなみに渇水期にカラカラになった水辺に溜まった落ち葉を掻き分けたり、土を掘ったりすると、普通のセスジゲンゴロウは出てくるのですが、トダセスジだけは見つけられませんでした。本当にどこに行っているのか謎です。
トダセスジゲンゴロウ_b0348205_22462701.jpg
 この日はトダセスジゲンゴロウらしき幼虫を一匹見つけました。
トダセスジゲンゴロウ_b0348205_22361008.jpg
 成体写真を撮って「う~むなんてカッコイイゲンゴロウなんだろう~」と一人ニヤニヤしました(笑)


by shingo-ayumi | 2016-07-20 22:55 | ゲンゴロウ | Comments(0)

タガメの観察 in 関東(2016年7月)

タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20040441.jpg
 このブログではおなじみの活動仲間である山田さん、サカマッキー、カネゴンの4人でタガメの観察に行ってきました。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20050205.jpg
 この池は、2006年に偶然見つけて以来観察を続けている池です。タガメとゲンゴロウが同じ池にいるすばらしい池です!
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20053845.jpg
〈モノサシトンボ〉
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20061305.jpg
〈タガメの2齢幼虫と3齢幼虫〉
 池を覗くと早速タガメの幼虫が見つかりました。上が3齢幼虫で下が2齢幼虫です。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20534272.jpg
 こちらは終齢(5齢)幼虫です。やはり終齢までなるとデカイ!
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20541746.jpg
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20545733.jpg
 終齢幼虫とサカマッキー☆
 しかしこの直後、彼女はタガメに思いっきり引っかかれて爽やかな笑顔は悲痛な形相に歪むのでした…
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20555365.jpg
 タガメは獰猛で強い昆虫ですが、それでも幼虫期は敵がいます。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20564989.jpg
 これはゲンゴロウ(ナミゲンゴロウ)の幼虫に捕食されたタガメの3齢幼虫です。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20573325.jpg
 ゲンゴロウ(ナミゲンゴロウ)の幼虫は終齢幼虫になると8cmくらいとかなり大きくなり時にタガメを捕食する時もあるのです。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20072936.jpg
 カンガレイの茎にブドウのような塊が!?
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20083537.jpg
 ありました!タガメの塊です!!
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20102040.jpg
 タガメはこのように水上に塊状にしてを産み付けます。このは粒が膨らんでいるので孵化が近そうです。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20104869.jpg
 こちらの塊は、が割れています。もうすでに孵化した後のようです。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20124066.jpg
 塊の下の水中に親タガメがいます。この親が塊の保護者です。タガメは、オスが孵化までの数週間世話をしながら保護をします。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20513246.jpg
 山田さんが撮影している先にも塊が付いていますね。この時期池に入る時は塊の付いた植物や流木を倒さないように細心の注意を払うのですが、それでも誤って塊の付いた植物倒してしまいました。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20482529.jpg
 塊の下の親タガメ
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20491330.jpg
 
 親タガメは個体によって性格が違い、突っついたりすると怒る個体と怒らない個体、また逃げる個体などがいます。この個体は温厚なのか、怒りもしないし逃げもしませんでした。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20494448.jpg
 でもよく見ると頭にダニが付いていて、さらに前脚が欠損しています。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20502998.jpg
 この個体が何で負傷したのか分かりませんが、何となく年老いた個体なのかなぁ〜と思いました。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20520772.jpg
 ボロボロになりながらも生まれてくる子どもたちを必死で保護するお父さんタガメに敬意を表し、塊が付いた折れた水草を立て直してあげました。ちなみにあとから写真を見て気付いたのですが、タガメの上にゲンゴロウの幼虫(おそらくクロゲンゴロウ)が乗っていますね(笑)エールを送りにきたのでしょうか?(笑)

 もうちょいで孵化するからガンバレよ〜
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_20112909.jpg
 ちなみにこの日は、池の中で殻も含めて23個の塊を確認しました。この池はこれからもずっとタガメたちに生息地であってほしいものです。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_21021877.jpg
 さて、タガメの観察の後は、少し離れた所にタナゴを探しに行きました。写真は田んぼの横でひょうきんにキメるサカマッキー!
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_21000773.jpg
〈キタノアカヒレタビラ?アカヒレタビラ?〉
 フルカワさんにご指摘をいただきましたが、分布的に微妙なのでキタノアカヒレタビラかアカヒレタビラカは、僕には分かりませんでした。
 アカヒレタビラとキタノアカヒレタビラはタナゴの中では比較的産地が残っている種ですが、それでも決して普通種ではありません。今でもタナゴが見られる里山はすばらしいですね☆
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_21011833.jpg
 採れた魚を撮影する山田さんとカネゴン。アカヒレタビラは写真を撮ってから逃がしてあげました。
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_21030055.jpg
 ちなみにこの日はみんなブユに刺されボコボコになりました…。特に山田さんはブユのせいで翌日熱を出したそうです…
タガメの観察 in 関東(2016年7月)_b0348205_22312874.jpg
〈サカマッキーがくれたお土産〉
 最近フィールドに出る日が少なかったので、久しぶりリフレッシュできました☆



by shingo-ayumi | 2016-07-19 21:42 | タガメ | Comments(4)

タガメの2齢幼虫と3齢幼虫

タガメの2齢幼虫と3齢幼虫_b0348205_00410528.jpg
〈タガメの3齢幼虫〉
 タガメの幼虫は1齢~5齢の5段階の齢期を経て成虫になります。そのため各齢期ごとに写真を撮ろぉ~と思っていたのですが、2日くらい見ないうちにいつの間にかほとんどの個体が3齢になっていました!

 でも3齢幼虫は5齢ある幼虫期の中で、最もエメラルドグリーンが鮮やかに美しい時期です。アイドルで言うところの16、7のお肌ピチピチの時代です!(ウソです!そんな勝手なことを言ったら大ヒンシュクですね…) 

 というわけで、先ほど、「ゲゲッ」と思い急いで2齢幼虫が残っていないか水槽の中を探すと2匹だけ残っていました。
タガメの2齢幼虫と3齢幼虫_b0348205_00411711.jpg
〈タガメの2齢幼虫〉
 でもこの個体ももうすぐに脱皮しそうな様子です。タガメの幼虫は脱皮が近くなるとまず体色が濃くなり、その次に体が丸く細くなってきます。この個体はまさに脱皮の半日前といった様子です。
タガメの2齢幼虫と3齢幼虫_b0348205_00414923.jpg
〈オタマジャクシを捕食する2齢幼虫〉
 ↑この個体は少し後れをとっている感じですが、いずれにしても今週末には脱皮しそうです。

 いっぱい食べて大きくな~れ☆


by shingo-ayumi | 2016-07-15 00:59 | タガメ | Comments(0)