水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ヒメケシゲンゴロウ
at 2018-12-14 18:14
里山の取材(2018年12月)
at 2018-12-10 02:00
横浜西部の田んぼ(2018年..
at 2018-11-23 22:36
黒バック写真を撮る
at 2018-11-19 17:36
野生生物としてのハムスター
at 2018-11-14 19:26
観音崎周辺の地域を散歩(20..
at 2018-11-10 00:32
トノサマバッタ
at 2018-11-05 17:26
神奈川県西部の里山(2018..
at 2018-10-31 00:05
ムネアカハラビロカマキリ
at 2018-10-29 21:55
侍従川のクリーンアップ&調査..
at 2018-10-29 00:10
伊豆大島の旅
at 2018-10-18 02:21
テナガエビの仲間とヌマエビの..
at 2018-10-14 19:16

記事ランキング

最新のコメント

> 田中さん コメント..
by shingo-ayumi at 17:39
山口県でも息子(小1)が..
by 田中 at 13:44
> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

タグ

ファン

観音崎自然博物館


<   2016年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

カラフトシマケシゲンゴロウ

b0348205_23510289.jpg
〈カラフトシマケシゲンゴロウ Hygrotus impressopunctatus (SCHALLER,1783), 北海道〉
 国内では北海道のみに分布する体長4mm程のゲンゴロウです。池や沼、比較的水生植物が多い湿地や池、水路、水溜りなどあらゆる水辺から見つけることができました。
b0348205_23505339.jpg
〈カラフトシマケシゲンゴロウ,道北産〉
b0348205_22262873.jpg
〈カラフトシマケシゲンゴロウ,道東産〉
 カラフトシマケシは普通のシマケシと比較して色が濃く、点刻が大きく密で、ツヤがないことが特徴だそうです。今回僕が北海道で採った個体はみんなそのような特徴が見られたので、すべてカラフトシマケシだと思っていたのですが、帰宅後、採集した個体を調べると、かなり多くの地点でカラフトシマケシと普通のシマケシが混生していることが分かりました。
b0348205_23110342.jpg
〈カラフトシマケシとシマケシが混生していた道東の湿地〉
b0348205_22261625.jpg
〈シマケシゲンゴロウ Hygrotus chinensis (SHARP,1882) , 道北産〉
 北海道産のシマケシは、本州産と比べて暗い色の個体が多いように感じます。 
b0348205_23504584.jpg
〈シマケシゲンゴロウ,道東産〉
 上の写真2枚は普通のシマケシゲンゴロウです。正直パッと見ではカラフトシマケシとの区別が付きません!
 ちなみにこれについては、図説 日本のゲンゴロウでも「北海道産のシマケシは、カラフトシマケシと区別が困難なものが見られる」と書かれていました。
b0348205_22264571.jpg
〈左:カラフトシマケシゲンゴロウ/右:シマケシゲンゴロウ〉
 上の標本は同産地のものです。こうして標本を並べてみると、まぁ確かにカラフトシマケシの方が点刻が大きく密でザラザラしているかなぁという印象を受けますが、中にはカラフトシマケシとシマケシの中間くらいの特徴を持った個体もいたりして、やはり見分けるのは困難な気がします。
b0348205_23044031.jpg
〈左:カラフトシマケシゲンゴロウ雄交尾器中央片/右:シマケシゲンゴロウ雄交尾器中央片〉
 しかし、こうやって雄交尾器中央片を比較すると違いがよく分かります。カラフトシマケシの方が細長くシャープな感じです。
b0348205_22265584.jpg
 さらによく見ると、シマケシには雄交尾器中央片の内側に毛が生えています!!

 これを見ると、一見同じように見える2種ですが、やっぱり別種なんだなぁと納得できました。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-09-30 23:06 | ゲンゴロウ | Comments(0)

サロベツナガケシゲンゴロウ

b0348205_00424651.jpg
〈サロベツナガケシゲンゴロウ Hydroporus fuscipennis SCHAUM,1868, 北海道〉
 体長3.5mm程のナガケシゲンゴロウ属の1種です。北海道の水草が茂る小さな池で見つけました。非常に毛深く、写真を撮っていると、ピントが合っているのか合っていないのかよく分からなくなってきます。
b0348205_00424944.jpg
 ナガケシゲンゴロウの仲間は、小さいうえに地味な種が多く、見た目はイマイチかっこよくないのですが、北海道にはいろいろな種が分布していて、そのへんは面白いなぁと思います。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-09-29 00:49 | ゲンゴロウ | Comments(0)

侍従川の川掃除&定例調査(2016年9月)

b0348205_22035973.jpg
 今日は地元、ふるさと侍従川に親しむ会の川掃除&生物調査に行ってきました。
b0348205_22024871.jpg
 今日は久しぶりの晴れでしたね☆
b0348205_22043893.jpg
 大人はゴミ拾い・子どもは生き物採集といった感じが侍従川の会の川掃除です。
b0348205_22033552.jpg
 クサガメだぁー!
b0348205_22034099.jpg
 9月も終盤になり、マハゼがずいぶん上の方まで上がって来ていました。
b0348205_22035106.jpg
 コイも捕まえました!
b0348205_22045992.jpg
 魚を捕まえろぉーー!!
b0348205_22042392.jpg
 チチブもずいぶん上流の方まで上がっていました。冬から春先は、比較的中流・下流域にいるチチブですが、夏から秋にかけては上流域まで進出します。特に今年は、より上流域に進出しているようでした。
b0348205_22042985.jpg
 チチブの顔
b0348205_22050564.jpg
〈クロベンケイガニ〉
b0348205_22053744.jpg
〈ナガサキアゲハ〉
 ナガサキアゲハもまた9月になると多くなる蝶です。
b0348205_22051296.jpg
 最近、侍従川でよく採れるようになったヒナハゼ
b0348205_22044399.jpg
 いっぱい採れたかな?☆
b0348205_22051895.jpg
 この日は、学生部の次世代のエース「イッタくん」のデビュー戦ということで、彼が一人でみんなの前に立ち、生き物の解説をおこないました。
b0348205_22052885.jpg
〈ウロハゼ〉
 ウロハゼの「ウロ」ってなに?と子どもたちが話していました。すると代表の山田さんが、「ウロハゼのウロは洞(うろ)のウロだよ!」と子どもたちに教えていました!でも実際、確かに洞櫨(うろはぜ)と書く場合もあるそうですが、嘘櫨(うろはぜ)と書く場合もあるそうです。ウロの字が違うだけでずいぶん意味が変わってくるように思いますが、魚の和名は面白いですね。
b0348205_22052329.jpg
 というわけで、イッタくんはデビュー戦を乗り越え、また一つレベルを上げた?のでした!!
b0348205_22054639.jpg
 午後は、侍従川の一番面白くない場所!と言われている三面コンクリートの上流域で調査をおこないました。
b0348205_22055939.jpg
〈シマヨシノボリ〉
 侍従川の上流域は、三面コンクリートで生きものが少なく、確かに面白くないのですが、近年はそれでも生きものが増えてきています。
b0348205_22055671.jpg
〈ウキゴリ〉
 今ではウキゴリ・スミウキゴリがひと掬いで10匹くらい入る程、魚が増えました。しかし、逆に言えば、河川改修がおこなわれてから約20年が経ちようやくという感じで、一度三面コンクリートにしてしまった川が回復するには、かなりの時間がかかるということなのかもしれません。
b0348205_22060461.jpg
 さすがムードメーカーのイッタくん!調査中も自主的に修行を始めました!!

 
 というわけで、今日は久しぶりに侍従川の活動をしてきました。9月はずぅーーっと雨ばっかりで気が狂いそうになっていたので、久しぶりに晴れて良い1日を過ごすことができました。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-09-25 22:41 | 侍従川流域 | Comments(2)

アカカマス・マルアジ・マアジを食べる

 今日は、生きもの仲間であり、水族館の飼育員でもあるタカハシくんが魚を持ってきてくれました。
b0348205_23554005.jpg
 歩海奥様はタカハシくんに魚の捌き方を指導してもらいました。タカハシくんは、魚料理に相当手慣れていて、小学校2年生の頃からやっていたそうです!!すげぇ!

 今回、タカハシくんが持ってきてくれたのはアカカマス・マルアジ・マアジの3種です。
b0348205_23560756.jpg
〈アカカマス〉
 体長30cm程のいいサイズのアカカマスでした。アカカマスは刺身と塩焼きにすることにしました。
b0348205_23561705.jpg
〈マルアジ〉
 地域によってはアオアジという名前でも親しまれているそうです。こちらも刺身と塩焼きにしました。
b0348205_23563078.jpg
 ちなみにマルアジはマアジと違い、上の写真のように小離鰭という小さな独立した鰭があることから見分けられるそうです。
b0348205_23562318.jpg
〈マアジ〉
 そしてこちらがマアジです。マアジは一匹しかいなかったので、なめろうにして食べました。
b0348205_23565600.jpg
 歩海ちゃんも実践!!
b0348205_23564154.jpg
 アカカマスの刺身です。上品でとっても美味しい刺身でした☆
b0348205_23565012.jpg
 こちらはマルアジの刺身です。赤身で脂がのった刺身でした☆
b0348205_00130879.jpg
 個人的にはアカカマスが一番好みでした。

 というわけで、なんとも贅沢な夕飯時を過ごさせていただきまいした!

 タカハシくんありがとう☆


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-09-25 00:21 | 自然を食す | Comments(0)

ヨツボシクロヒメゲンゴロウ

 9月になって、関東では晴れの日が1日もないのではないか!?と思うくらい雨が続いています。そのため、フィールドに出る気も起らずブログのネタも少なくなっています・・・
b0348205_01410882.jpg
〈ヨツボシクロヒメゲンゴロウ Ilybius nakanei NILSSON,1994, 北海道〉
 というわけで、撮り貯めた写真の中から北海道で採ったヨツボシクロヒメゲンゴロウについて投稿します。
 ヨツボシクロヒメゲンゴロウは、国内では北海道にのみに分布するゲンゴロウの1種です。名前に「ヒメゲンゴロウ」と付きますが、ヒメゲンゴロウ属ではなく、クロヒメゲンゴロウ属に属します。
b0348205_01411450.jpg
 北海道では各地の池や湿地、水路、水田などいたる水辺から採集することができました。国内に分布するクロヒメゲンゴロウ属は、キベリクロヒメゲンゴロウ以外はすべて北海道に分布する種なので、関東に住む僕としてはあまり身近な種ではなく、これまであまり興味を持っていなかったのですが、いろいろ調べてみるとロシアや中国などには様々な種が分布しているようでした。そう思うと面白そうだなぁと少し興味がわきました。
 
 ちなみに今年の北海道の旅では、ヨツボシクロヒメ、クロヒメ、キベリクロヒメの3種しか見つけることができなかったので、次は他の種も探してみたいなと思いました。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-09-24 01:53 | ゲンゴロウ | Comments(0)

水田から移動をする?タガメ

b0348205_22411741.jpg
〈イネに登っていたタガメ〉
 先日、水の無くなった田んぼでタガメの姿を見かけました。タガメはイネにしがみついていました。
b0348205_22420007.jpg
 このタガメは田んぼで孵った個体でしょうか?

 タガメは田んぼに水がなくなると田んぼから移動をし、冬までの間は近くの水路や川、池などで暮らし、冬になると上陸をします。この時期だと上陸には早いので、他の水辺に移動するところだったのかもしれません。しかし、この日はあいにくの雨で、気温も低かったので、とりあえずイネによじ登っとくか・・・という感じだったのかもしれません。
b0348205_22421160.jpg
 ちなみにこのタガメは前脚が欠損していました。一瞬年老いた個体かと思いましたが、触るとプニプニと柔らかかったので、新成虫でしょう。
 敵にやられたのか、幼虫期の脱皮不全で腕を無くしてしまったのか分かりませんが、たまにこういう個体を見かけることがあります。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-09-21 22:54 | タガメ | Comments(0)

ヒメシマチビゲンゴロウ

b0348205_17225056.jpg
〈ヒメシマチビゲンゴロウ Nebrioporus nipponicus (TAKIZAWA,1933), 栃木県〉
 体長4.5mm程の流水性のゲンゴロウです。名前に「ヒメ」と付いていますが、他のシマチビゲンゴロウ属と比べてそれ程小さいわけではなく、むしろ普通のシマチビゲンゴロウよりは大きいのではないか?という印象があります。
b0348205_17230140.jpg
 このヒメシマチビゲンゴロウは、シマチビゲンゴロウ属の中では、比較的分布も広く、最も見る機会が多い種なのではないかなと思っています。
b0348205_17222920.jpg
 ヒメシマチビゲンゴロウは、地元神奈川県にも記録のある種なのですが、実は、僕は恥ずかしながら神奈川県産を見たことがありません。相模川などを何度か探しに行ったのですが、記録のある産地でも見つけることができませんでした。
 ヒメシマチビは、基本的に水がきれいな川の砂利や石の下、植物の根際なんかにいるイメージなのですが、相模川は泥が多く、昔とずいぶん環境が変わっているのかなぁと思いました。でもやはり神奈川産は見てみたいので、また改めて探しに行ってみようと思っています。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-09-20 17:36 | ゲンゴロウ | Comments(0)

高桑正敏さん お別れの会

 昨日、9月19日、先月亡くなられた昆虫界の大御所、高桑正敏さんお別れの会に出席してきました。
b0348205_16554599.jpg
〈イラスト:ふるさと侍従川に親しむ会会報 ダボハゼ通信より〉
 高桑さんには同郷の後輩ということもあり、子どもの頃から可愛がっていただきました。僕らが結婚した時にもお手紙をいただき、お祝いの飲み会も企画していただきました。そんな恩ある高桑さんが亡くなられたことは大変残念でなりません。

ふるさと侍従川に親しむ会 HP:http://jijyukai.web.fc2.com/main.html
b0348205_16555165.jpg
 9月19日におこなわれた、お別れの会にはホテルの大広間が埋め尽くされる程、たくさんの方が出席されていました。それ程たくさんの人に影響を与えた人だったのだと思います。
b0348205_16560124.jpg
 最新号の月刊むし548号には、「わが兄 高桑正敏さん」という藤田宏さんが書かれた文が載っています。
b0348205_16562171.jpg
 僕はまだまだ高桑さんの遺志を継げるほど器の大きな人間ではないですが、今の僕にできること、そしてもっと成長したらできること、また、僕だからこそできることを考えていきたいと思いました。そして、高桑さんがやってきたことややろうとしていたことを少しでも継ぐことができるようにこれからも頑張っていこうと思っています。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-09-20 17:15 | その他 | Comments(0)

エゾカノシマチビゲンゴロウ

b0348205_02074781.jpg
〈エゾカノシマチビゲンゴロウ Oreodytes alpinus (PAYKULL,1798) , 北海道〉
 国内では北海道にのみ分布する流水性のゲンゴロウです。体長は4mm程です。
b0348205_02075983.jpg
 道東の川でシマチビゲンゴロウ、マルガタシマチビゲンゴロウ、ゴマダラチビゲンゴロウと一緒に見られました。頭にV字状の褐色紋があるのが特徴的です!
b0348205_02080406.jpg
 本州に分布するカノシマチビゲンゴロウは、上翅が黒化傾向にあるのに対して、エゾカノシマチビはあまり黒化しないようです。
 ちなみに国外では、ヨーロッパやロシアなどに近種が分布しているそうですが、大きさや上翅の色彩が少し異なるそうです。ヨーロッパやロシアのも見てみたいですね☆
b0348205_02080946.jpg
 シマチビゲンゴロウの仲間は、他の小型種のゲンゴロウよりも「ピタッ」と止まってくれますし、背中も比較的平らなので、撮影しやすい気がします。しかも色もきれいなので、うまく撮れた時の喜びがあります☆


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-09-20 02:25 | ゲンゴロウ | Comments(0)

ミズグモ

b0348205_23552966.jpg
〈ミズグモ Argyroneta aquatica, 北海道〉
 僕は、実はクモが苦手なのですが、このミズグモだけは珍しいし、撮影しておきたいと思ってブログに投稿させていただきました。

 ミズグモは、世界で唯一水中生活をするクモだそうです。子どもの頃、教育テレビでミズグモを紹介した番組があり、「クモはやっぱりキモチワルイなぁ~でも見てみたいなぁ~」と印象に残った記憶があります。
b0348205_23554195.jpg
〈ミズグモの生息地〉
 ミズグモは貧栄養できれいな池や湿地などに棲んでいます。分布は、一応国内では北海道から九州まであるようですが、実際は、北海道をはじめ、青森や京都、鹿児島などかなり局地的なようです。僕もこれまで相当たくさんの池や沼を掬ってきましたが、実際ミズグモを見たのは片手の指で数える程です。
b0348205_23553583.jpg
 冒頭でも言いましたが、僕はクモが苦手です!確かにカッコイイとは思うのですが、よく見たり、クモのことを想像したりすると、ブルッと鳥肌が立ちます・・・だからもちろん素手で触ることはできません!

 しかし、今回北海道でミズグモを見つけたことをキッカケに、クモと仲良くなろうと思って、持ち帰って飼育してみることにしました。水辺の生物好きな僕がミズグモだけはちょっと・・・というのはなんか格好悪いですしね・・・
b0348205_00104931.jpg
 ミズグモを飼ったらきっと面白いだろうなと思っていましたが、やはりその通りでした。ミズグモは、上の写真のように丸いドーム状の部屋のような巣をつくり、普段は部屋の中に入っています。また、部屋の中には常に空気が蓄えられています。しかし、エサのミズムシ(甲殻類)を入れると、カサカサと出てきて捕らえて食べます。しかし、狩りはそれほどうまくなく、小さいゲンゴロウやエビなどは上手く捕まえられないようです。

 ある時は、この部屋の中で脱皮をしました。しかし、脱皮殻はそのまま巣の中に放置し、新しい部屋を別の場所につくり始めました。行動を見ていると面白い生き物だなぁとも思いますし、可愛いなぁとも思います。

 しかしそれでもやはり!まだ素手では触ることができず・・・自分で採った写真を見て鳥肌が立ったのでした。クモと仲良くなるためにはまだ時間がかかりそうです。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-09-17 00:29 | 淡水生物いろいろ | Comments(0)