水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ブログジャンル

自然・生物

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
生きものに関する活動
自然を食す
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

伊豆大島の旅
at 2018-10-18 02:21
テナガエビの仲間とヌマエビの..
at 2018-10-14 19:16
ハナダカダンゴムシとアズキガイ
at 2018-10-12 17:45
キタコマルガムシ
at 2018-10-11 21:59
アギトアリ
at 2018-10-10 18:30
ガサガサ&水族館づくり
at 2018-10-09 15:03
トゲバゴマフガムシ
at 2018-10-03 22:53
西伊豆の海(2018年9月)
at 2018-09-30 17:01
アベハゼ
at 2018-09-30 16:47
中部地方の旅(2018年9月)
at 2018-09-29 22:17
カノシマチビゲンゴロウ
at 2018-09-26 18:35
子どもたちとヨシノボリ
at 2018-09-18 18:11

記事ランキング

最新のコメント

> ヒロミュージックオフ..
by shingo-ayumi at 23:16
タガメ君こんにちわ。仙台..
by ヒロミュージックオフィス村岡浩 at 17:52
> 磯邉さん 是非!笑..
by shingo-ayumi at 09:02
オオコオイ、食べてみよ!..
by 磯邉 at 23:32
> とおりすがりさん ..
by shingo-ayumi at 11:12

画像一覧

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

外部リンク

タグ

ファン

観音崎自然博物館


<   2016年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

海獣の子供

 最近、通勤の電車の中で「海獣の子供」という漫画を読み返しています。IKKIコミックに連載された五十嵐大介さんによる全5巻完結の作品です。

 あらすじとしては、人とのコミュニケーションが苦手で、学校ではうまくいかない中学生の少女、琉花(るか)が、ある時不思議な少年たちと出会います。少年たちは、ジュゴンに育てられ、生き物と交感できる力と感受性を持っています。そして、琉花は、彼らと海で起こるある出来事に巻き込まれ、ひと夏の不思議な経験をするという物語です。
b0348205_19395674.jpg
 そんな「海獣の子供」ですが、作品に登場する生き物は、現実に実在する種を用いていて、種類が分かるくらい正確に描かれているのが生き物好きとしては嬉しいところです!また、世界の民俗学や不思議な現象を取り入れて、壮大で美しい世界を表現しているのがこの作品の特徴です。


 また、作品の中では、クライマックスに向けて、不思議な自然現象が次々と起こります。その内容というのが、例えば、深海に棲むはずのメガマウスやリュウグウノツカイが砂浜に打ちあがったり、東南アジアのチョウであるアカエリトリバネアゲハが日本で見つかったり、現実世界でもありそうなリアルな描写となっており、漫画の世界観に引き込まれます。
b0348205_00352866.jpg
 ↑上の写真は、以前地元の侍従川でみた大型のウキゴリです。ボロボロで死んでいるようですが、かすかに生きています。海獣の子供の中でもヘリコプリオンというサメが、体組織が崩壊し、かすかに生きた状態で海中を漂っているところを発見され、「これには何か意味があるのか?」という描写があり、このウキゴリのことを思い出して「こういう状況って現実にもありそうだなぁ~」と思いました。
b0348205_19402744.jpg
 ↑上の写真は、1匹のアカエイの周りにスズキが群がり、アカエイはスズキの群れを引き連れたまま去って行ったという状況を目撃した時に撮影したものです。今でもあの現象は何だったんだろうか?と思うのですが、海獣の子供の中でも生き物や物語のカギとなる少年が、たくさんの生き物を引き連れて泳ぎ、最後は生き物たちに食べられてしまうという描写があるのです。
 まぁ、あの後、アカエイがスズキたちに食べられたとは思えませんが、どこか重なるところがある話でした。
b0348205_03023749.jpg
 他にもこの描写は生き物のこんな生態や現象をもとに表しているのでは??と思わせる部分がたくさんあります。
 また、「人間は言葉を使うことで、決められた型に無理やり押し込めて、言葉にはまらない感受を切り捨てているから世界の姿を見えにくくしている。しかし、生き物は、もっと豊かにお互いを表現し伝え合っているかもしれない」というようなことが書いてあり、う~ん確かに一理あるなぁ~と思いました。
 
 というわけで、生き物好きには是非お勧めしたい漫画です☆


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-11-27 22:15 | その他 | Comments(0)

秋の称名寺(2016年11月下旬)

b0348205_15395971.jpg
 今日も近所の称名寺を30分くらい散歩してきました。近くにこういう所があるというのはありがたいものです。
b0348205_15400937.jpg
 イチョウの紅葉は、前回来た時はもう少しといった感じでしたが、今日はもうちょっと遅いかな・・・という感じで、ずいぶん葉が落ちていました。
b0348205_15401997.jpg
b0348205_15402580.jpg
b0348205_15403712.jpg
b0348205_15404651.jpg
 ヤマトシジミ
b0348205_15490019.jpg
 ヘロヘロで死にそうなアキアカネが地面にとまっていました。ここ1週間くらいですっかり冬らしくなりましたね。
b0348205_15405874.jpg
ウチの前のカキの木に登るネコ。カキを食べに来た鳥を狙っているようでした。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-11-26 15:46 | 称名寺 | Comments(0)

称名寺の「三つ鱗」

b0348205_21075843.jpg
 近所の称名寺に30分くらいぶらっと散歩をしてきました。
b0348205_16122668.jpg
 イチョウの紅葉がいい感じでした☆
b0348205_16123386.jpg
b0348205_16124028.jpg
 イチョウ
b0348205_16130377.jpg
 ヤマトシジミ
b0348205_16130900.jpg
 ミナミヒメヒラタアブ?
b0348205_16125135.jpg
 いよいよ虫を見つけるのも大変な時期になってきましたね。悲しいですね・・・
b0348205_16131540.jpg
〈称名寺の入り口にて〉
 称名寺には、上の写真のような三角形を三つくっつけたようなマークがそこらじゅうにあります。これは北条家が用いていた「三つ鱗」という家紋です。

 800年くらい前、北条家の初代執権、北条時政が子孫繁栄のために江ノ島弁財天で祈願をおこなったそうです。するとその日の夜、美しい女性が現れ、北条家の子孫繁栄をお告げしたそうです。その後、女性は大蛇に姿を変えて海に消えて行ったのでした。しかし、女性が去った後、時政は、大蛇の鱗が三枚落ちていることに気が付きました。そして、その三枚の鱗で家紋を作ったそうです。
 なるほど!じゃぁ僕もゲンゴロウの翅を3枚合わせて、「三つ源五郎鞘翅」とか言ってウチの家紋にしようかなぁ・・・なんて一人で妄想しました!笑
b0348205_16184296.jpg
 というわけで、北条家ゆかりの称名寺にはいたるところに三つ鱗の家紋があるのです。

 しかし、「三つ鱗」を探しているうちに一つ気になることがありました。歴史には鎌倉時代に登場する北条家と、戦国時代に登場する北条家があります。鎌倉時代の北条家の家紋は、正三角形の三つ鱗、戦国時代の北条家の家紋は二等辺三角形の三つ鱗(正確には三つ盛鱗というらしい)というふうに区別しているそうです。ところが、称名寺は鎌倉時代の北条家ゆかりの寺であるにも関わらず、二等辺三角形の三つ盛鱗を使用しているんです。ちなみに屋根の瓦の家紋だけは正三角形の三つ鱗でした。素人の僕にはよく分かりませんが、なんでなんだろう??と疑問に思いながら帰宅しました。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-11-20 16:49 | 称名寺 | Comments(0)

クロヨシノボリとシマヨシノボリ(三浦半島産)

b0348205_00023196.jpg
〈クロヨシノボリ,三浦半島〉
 三浦半島のヨシノボリについては、少し前に淡水エビと一緒に書いたのですが、あの時載せなかった写真を整理したので、淡水エビの話とは別けて、改めて書こうと思います。
b0348205_00024256.jpg
〈クロヨシノボリ 上から撮影〉
 神奈川県のレッドデータブック(2006)において、クロヨシノボリは準絶滅危惧種に指定されています。
 三浦半島ではいろいろな川で見かけますが、どの川も決して多くなく、確実にたくさん見られる場所は少ないのではないかと思います。
b0348205_00024907.jpg
〈クロヨシノボリの顔〉
 個人的に、クロヨシはシブくてカッコイイなと思います☆
b0348205_00025474.jpg
〈クロヨシノボリの多産する川,三浦半島〉
 この川はクロヨシノボリが必ず見られる川です。個体数も多いと思います。三浦半島では、距離が短く、源流・上流域からいきなり河口というようなタイプの川に多い気がします。
b0348205_00030542.jpg
 石の隙間に隠れるクロヨシノボリ
b0348205_00031766.jpg
 この川では、クロヨシノボリとシマヨシノボリが同所的に見られます(稀にルリヨシノボリも見られます)。しかし、クロヨシは、シマヨシに比べて警戒心が強いのか、カメラを向けるとすぐに逃げ出してしまいます。そのため撮影には苦労しました。シマヨシはぜんぜん逃げないのに・・・
b0348205_00032442.jpg
 ちなみにこの川においてクロヨシが見られるゾーンは決まっていて、最現流=シマヨシ、源流=シマヨシ+クロヨシ 上流=シマヨシ、といった感じです。
b0348205_00034886.jpg
〈シマヨシノボリ〉
 こちらはシマヨシです↑。
b0348205_00035853.jpg
〈シマヨシノボリ〉
 シマヨシは警戒心が薄いのか、カメラを向けてもほとんど逃げません。むしろカメラを大きな障害物と勘違いするのか、カメラの下に隠れようとすらしてきます。
b0348205_00040515.jpg
〈上:クロヨシノボリ 下:シマヨシノボリ〉
 ちなみに上の写真はクロヨシとシマヨシの比較です。ほっぺたの模様で簡単に見分けられます。
b0348205_00041276.jpg
 こっちを見ているシマヨシ。まったく逃げようとしない。
b0348205_00042082.jpg
〈ボウズハゼ〉
 ついでですが、この日はボウズハゼがたくさん見られました。ここ数年、もの凄く増えた印象があります。僕が子どもの頃は、三浦半島でボウズハゼが採れるとメチャクチャ嬉しかった記憶があります。しかし、最近はどこでも採れるようになったので、ありがたみが薄れてしまいました・・・笑 温暖化の影響で増えたという人もいます。
b0348205_00043212.jpg
〈ボウズハゼの顔〉
 ヘンな顔!!カワイイ!!
b0348205_00043791.jpg
 ちなみに、この時一緒に行ったメンバーの一人、タカハシくんは、ボウズハゼを持ち帰ったのですが、水槽から飛び跳ねて死んでしまったそうです。そうそう!ボウズハゼって飼っているとよく飛び跳ねるんですよね!


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-11-13 01:20 | 淡水生物いろいろ | Comments(0)

エゾセスジガムシ

b0348205_00115098.jpg
〈エゾセスジガムシ Helophorus matsumurai NAKANE,1963, 北海道〉
 国内では、北海道と本州北部に分布するセスジガムシの1種です。同じく北海道に分布するキタセスジガムシより一回り小さく、体長は3mm程です。
b0348205_00122383.jpg
 キタセスジガムシは、アシが生えた湿地で採れましたが、エゾセスジガムシはイネ科植物が生えた湿地で採集できました。
b0348205_00124965.jpg
 エゾセスジガムシは上の写真のように一度水面に浮いてしまうと、自力ではなかなか潜れません。そのため、野外でも湿地の中をかき回すと、浮いて来て水面でジタバタともがいているので、意外と目につき簡単に見つけられます。水生昆虫のクセに少しマヌケな感じがカワイイですね☆


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-11-10 00:30 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

葉山の海(2016年11月)

b0348205_22353470.jpg
 最近、歩海奥さんと海仲間のアヤちゃんは、二人でよく潜りに行っているそうです。この日は、アヤちゃんのお友達のミホさんも参戦するとのことだったので、僕も便乗することにしました。
b0348205_22360944.jpg
 10月後半くらいから気温もガクッと下がったので、さすがに海の中も冷たくなっていました。しかし、透明度は良く生きものも多く見られました。
b0348205_22361816.jpg
 メジナの群れ
b0348205_22395684.jpg
 クサフグの群れ
b0348205_22384959.jpg
 この日はクロダイを多く見かけました。
b0348205_22415489.jpg
 写真をとるアヤちゃん
b0348205_22403335.jpg
 歩海ちゃんは、海の生き物を撮るために、60mmマクロを新しく購入しました。100mmマクロだと長くて水中ハウジングには入らないそうなのですが、60mmマクロだと入るそうです。
b0348205_22400116.jpg
カワハギ
b0348205_22401078.jpg
ナベカ
b0348205_22402496.jpg
スジエビモドキ
b0348205_22401582.jpg
メバル
b0348205_22382477.jpg
b0348205_22412702.jpg
 この日は、魚の数が多く、回遊魚もたくさん見られました。
b0348205_22420445.jpg
 カゴカキダイとツノダシ
b0348205_22421805.jpg
 撮影する歩海ちゃん
b0348205_22422730.jpg
 メバル
b0348205_22423629.jpg
 アヤちゃん爽やかですね☆
b0348205_22423110.jpg
 夏が終わってから、デスクワークに追われていて、次の遠征の予定も入れられず希望もなく、どうもチカラの入らない日々だったのですが、久々に海に入って体を動かし、ようやく気持ちの切り替わりができてきた気がします。やはり自然と触れ合って体を動かすことは、僕の精神状態には大事なことなのだと再確認しました。

 というわけで、この日以来運動は大事だ!!と思ったので、毎晩筋トレかマラソンをすることにしました!(笑) その効果なのか、気持ちを切り替えてデスクワークができています☆


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-11-08 23:15 | | Comments(0)

秋の称名寺(2016年11月初旬)

b0348205_21082482.jpg
 近所に称名寺があるというのはありがたいことです。先日、軽く散歩をしてきました。 
b0348205_21291947.jpg
 なんかすっかり冬っぽい景色ですね。
b0348205_21291301.jpg
b0348205_21084747.jpg
 冬鳥のオナガガモがやってきていました。
b0348205_21084083.jpg
 日向ぼっこをするミシシッピアカミミガメ
b0348205_21085145.jpg
 イチョウの葉っぱはまだ緑色をしていて、紅葉には少し早い感じがしましたが、銀杏は所々に落ちていました。
b0348205_21091888.jpg
 葉っぱの上で日向ぼっこをするウラナミシジミ
b0348205_21092600.jpg
 アキアカネ
b0348205_21093447.jpg
 アキアカネの顔
b0348205_21292638.jpg
 キボシカミキリが葉っぱの上にいたので、写真を撮ろうと思ったら、僕の存在に気付いたようでダッシュで走り出しました。そして飛んで逃げようとした瞬間に撮れたのが、このブレブレの写真です!笑 


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-11-07 21:17 | 称名寺 | Comments(0)

キタテハ vs ネコ

 昨日、今日と秋晴れでポカポカした気持ちの良い2日間でした。

 朝、ウチの庭にはたくさんのタテハチョウ科が集まり、日向ぼっこをしたり、前の家のカキを給餌したりしていました。
b0348205_18582176.jpg
〈キタテハ〉
 キタテハは、成虫で越冬するチョウであるため、寒い時期でも暖かい日には活動する姿が見られます。
b0348205_18583272.jpg
 チョウたちは、ウチの壁が好きなのか、やたらと集まってきて、日向ぼっこをしています。
b0348205_18584143.jpg
 ウチの壁は、この時期でも朝から日が当たるので、日向ぼっこにはちょうどいいのかもしれません。
b0348205_18584863.jpg
〈アカタテハ〉
 ゴミバケツにとまるアカタテハ。この日は、キタテハ、アカタテハ、ヒメアカタテハが来ていました。
b0348205_18590373.jpg
 僕がチョウの写真を撮っていると、近所の野良ネコがやってきました。
b0348205_18591015.jpg
 野良ネコは、何やら獲物を狙うような姿勢でコソコソと歩き出しました。
b0348205_18591608.jpg
 ん?止まった!何かいるのか!?
b0348205_18592313.jpg
 ネコが狙っていたのは、なんとキタテハでした!(写真の右下)

 ネコは落ちたカキを給餌するキタテハに狙いを定めていたのです!

 そして、1分程対峙したあと、ネコはついにキタテハに飛び掛かりました!!
b0348205_18593112.jpg
 しかし、結果はご覧の通り↑(笑)

 1回目のネコパンチは命中し、一瞬捕らえたように思いましたが、キタテハは腕の中から抜け出しました。焦ったネコはパンチを繰り出すものの結局逃げられてしまいました。この攻防こそ写真に収められればよかったのですが、残念ながらうまく撮れませんでした…

 うまく逃げ切ったキタテハはウチの壁にとまりました。「あ~良かった!死ぬかと思った!ふぃ~」と言った感じでしょう。しかし、よく見ると翅が少し破れていますね。前の写真では破れていないので、ネコの攻撃によって追った傷でしょう。冬眠前の日向ぼっこ中に恐ろしい敵に襲われたものです。

b0348205_17465509.jpg
 ちなみに、上の写真は、キタテハと戦ったネコの子共の「みぃすけ(歩海命名)」。今年生まれた子猫で、近所の誰かに首輪を付けられたようです!笑 ウチの前にあるカキの木の下で毎日日向ぼっこをしています。こいつもいつもキタテハを狙っています!笑 

 というわけで、この日は自宅前でおこなわれたチョウ vs ネコの攻防を見てから出かけました。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-11-04 19:38 | 虫いろいろ | Comments(0)

エゾカノシマチビゲンゴロウ ~ウチダくんからのお土産~

 先日、日淡屋で採集仲間のウチダくんが、「北海道でゲンゴロウを採って来ました!何か見てください!」と言って、訪ねてきました。

 おぉ!なんだろう?ワクワク

 
 ウチダくんが採ってきたのはコイツでした↓
b0348205_22034727.jpg
〈エゾカノシマチビゲンゴロウ,道東産,ウチダくん採集〉

 エゾカノシマチビを採ってくるあたり、さすがウチダくんです!!笑 なんでもサケが遡上しているすぐ脇に泳いでいたとか。

 本種は、国内では北海道にのみ分布するシマチビゲンゴロウ属の1種です。
b0348205_22035462.jpg
 黒味が強く、縦条紋が半分消えている個体も混ざっていました。僕は、縦条紋が消える個体は初めてみました。

「おぉいいな!黒いのちょうだい!!」と言ってもらいました!笑

 ウチダくんは最近、神奈川県で記録したゲンゴロウの記録について報文を書いているそうです!彼も日淡屋からゲンゴロウ屋に転身かな?☆笑


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-11-03 22:23 | ゲンゴロウ | Comments(0)

淡水エビの勉強

 以前、侍従川の会の川掃除後、集まった仲間たちと、淡水エビの勉強をしよう!ということになり、三浦半島にある川に行ってきました。
b0348205_22201417.jpg
〈ヤマトヌマエビ〉
 この川は非常に短い川なのですが、多種の淡水エビが見られます。また、ヒメヌマエビ属が4種類(ヒメヌマエビ・ヤマトヌマエビ・トゲナシヌマエビ・ミゾレヌマエビ)見られるのでエビの勉強には良い川なのです。
b0348205_22202109.jpg
〈トゲナシヌマエビ〉
 他のヒメヌマエビ属と比べて額角が極端に短いのが特徴です。
b0348205_00171219.jpg
〈ヒメヌマエビ〉
 ヒメヌマエビだけ写真が適当ですみません。
b0348205_22554527.jpg
 ヒメヌマエビ属3種の額角を比較してみました。
b0348205_18033397.jpg
〈ミゾレヌマエビ〉
 比較的海に近い距離にある中流域・下流域に見られる種類です。他のヒメヌマエビ属と比べるとシャープな体型をしています。大きくなると黒い個体が多いですが、若いうちは透明な個体も多いので、色での同定は失敗することがあります。
b0348205_20585702.jpg
〈ミゾレヌマエビの顔〉
 他のヒメヌマエビ属と違って、額角が長いのも特徴です。そして、額角の先が途中で折れたような特徴的な形をしています。眼が良い人は、野外でも見分けられます!
b0348205_18030075.jpg
〈ヌマエビ〉
 ヌマエビとヌカエビは、眼の後ろに眼上刺というトゲがあるのが特徴です(下の写真の矢印)。肉眼でも目を凝らせば見ることができます。この眼上刺があれば、ヌマエビまたはヌカエビだということが分かります。
 
b0348205_18030795.jpg
〈ヌマエビの顔〉
 さらに、ヌマエビとヌカエビの違いは、ヌマエビは、額角に生えているギザギザしたノコギリのようなトゲが、眼の後ろまであります。一方ヌカエビは、眼の後ろまでトゲがなく、トゲも小さいので、そこで見分けることができます。
b0348205_00203272.jpg
〈スジエビ〉
 スジエビもたくさんいました。
b0348205_18200242.jpg
 スジエビの顔
b0348205_22203246.jpg
〈スジエビ〉
 スジエビは上の写真のように「逆ハの字」の模様が特徴的です。
b0348205_20590433.jpg
〈ヒラテテナガエビ〉
 これはヒラテテナガエビの若い個体です。赤丸のところに線が入っているのと、矢印のところに縦線が入るのが特徴です。神奈川県では、相模湾にそそぐ川では普通に見られますが、東京湾にそそぐ川では稀です。
b0348205_22195995.jpg
 この日は、ヒメヌマエビ、ヤマトヌマエビ、トゲナシヌマエビ、ミゾレヌマエビ、ヌマエビ、スジエビ、ヒラテテナガエビの7種類の淡水エビを観察することができました。


[PR]
by shingo-ayumi | 2016-11-02 22:52 | 淡水生物いろいろ | Comments(0)