人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺の自然
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ジュニア生物調査隊(2019..
at 2019-08-23 13:57
ネイチャーバラエティ喫茶
at 2019-08-19 21:22
海を歩くカワアナゴ
at 2019-08-17 22:09
タケオオツクツク
at 2019-08-15 20:52
横浜南部の里山で観察会&ヤン..
at 2019-08-13 22:56
ゲンゴロウの幼虫がいる池と里..
at 2019-08-09 22:36
オオクワガタを狙う
at 2019-08-08 22:36
カブトムシの交尾器
at 2019-08-06 19:20
合宿の下見 in 中津川
at 2019-08-04 19:53
梅雨明けの観音崎(2019年..
at 2019-08-01 22:44
梅雨明けの観音崎(2019年..
at 2019-07-27 19:43
ジュニア生物調査隊(2019..
at 2019-07-24 19:32

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

<   2016年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

三浦半島のヌマエビ科

 以前からちょくちょく撮っていた三浦半島とその周辺で見られるヌマエビ科をまとめてみました。
b0348205_17111499.jpg

 上の段は、左からヒメヌマエビ属Caridina のヤマトヌマエビ、トゲナシヌマエビ、ミゾレヌマエビ、ヒメヌマエビです。


 下の段左端はカワリヌマエビ属 Neocaridinaのカワリヌマエビ属の1種
※神奈川県のカワリヌマエビ属は、最近シナヌマエビと呼ばれている種とミナミヌマエビの2種が知られていますが、素人の僕には2種の明確な違いが分からないので、ここではカワリヌマエビ属の1種として扱います。

 下の段中央および右端はヌマエビ属 Paratyaのヌマエビおよびヌカエビです。


 三浦半島で見られるヌマエビ科は、だいたい上記の種が主だと思われます。なお、最近は、三浦半島において南西諸島などで見られるオニヌマエビも見つかっているようですが(丸山,2015)、僕はまだ採ったことがありません。

 では、まずはヒメヌマエビ属ですが、三浦半島では主に以下の4種が見られます。
b0348205_00473412.jpg
〈ヤマトヌマエビ Caridina multidentata
 赤や青の斑点が特徴的で、アクアリウムなどでも人気の高い種です。三浦半島では主に源流域で見られます。半島内での分布は限られ、どこでも採れるわけではありません。
b0348205_00474351.jpg
〈トゲナシヌマエビ Caridina typus
 南方系の種で、南西諸島では、川や池、細流などいたる水辺で普通に見られます。三浦半島では、源流域には少なく、中流・下流域で多く見られる印象があります。最近では東京湾側に注ぐ河川でも採れるようになりました。
b0348205_16390679.jpg
〈ミゾレヌマエビ Caridina leucosticta
 ヒメヌマエビ属4種の中では最も額角が長く、体型は細長くシャープなのが特徴です。三浦半島では、比較広く分布していて中流・下流域で見られます。
b0348205_16270971.jpg
〈ヒメヌマエビ Caridina serratirostris
 体色は赤、紫、茶色、緑黒色、黒など様々なパターンがある種です。三浦半島では2011年に初記録されました(丸山,2012)。三浦半島では、いくつかの川で確認していますが、採れたのはいずれも中流域でした。また、水の流れがある所の近くにある植物帯で見られる印象があります。
b0348205_16270255.jpg
 ヒメヌマエビ属4種は、それぞれ体色に特徴があったり、額角の長さや形で容易に見分けることができます。しかし、ミゾレヌマエビは、他属の種と似ていることもあり、下記で紹介したいと思います。
b0348205_17112090.jpg

〈ミゾレヌマエビCaridina leucosticta
 ミゾレヌマエビは、中・下流域の植物が生えている所に多く見られます。和名の由来は、体の側面に白い斑点が、霙(ミゾレ)のように多数現れることから来ているそうです。しかし、このような特徴はヌマエビなどにも見られ、同定のポイントにするには難しいと思います。また、体色の変異が大きく、背筋に沿って太い白線が入る個体や白線から左右に「ハ」の字型の枝分かれが現れる個体、透明な個体など、雌雄や成長段階によって異なるので注意する必要があります。
 同定のポイントは、額角の先端で、途中で折れたような特徴的な形をしています。
b0348205_00182198.jpg

〈カワリヌマエビ属の1種 Neocaridina sp.〉
 カワリヌマエビ属の1種であるミナミヌマエビは、アクアリウムなどの飼育において人気の高い種で、西日本に広く分布しています。しかし、近年はミナミヌマエビの大陸産亜種(シナヌマエビと呼ばれている種)が外来種として多くの地域に移入されており、ミナミヌマエビと混同していることがいわれています。
b0348205_23274390.jpg
〈カワリヌマエビ属の額角〉
 額角の形状には個体差があり、額角が長い個体や短い個体、また、下縁にトゲ(鋸歯)がある個体、ない個体など様々です。三浦半島周辺で見られるものが、ミナミヌマエビなのかシナヌマエビなのか、それとも交雑種なのか僕には分かりません。
b0348205_00435340.jpg

〈左:ヌマエビ
Paratya compressa/右:ヌカエビParatya improvisa
 ヌマエビ属(ヌマエビ・ヌカエビ)は、他のヌマエビ科と違って、「眼上棘」というトゲがあります。つまり眼上棘を確認できれば、ヌマエビかヌカエビであることが絞れます。
b0348205_00434863.jpg

 次にヌマエビとヌカエビの違いですが、三浦半島では、基本的に額角の上縁にあるトゲ(鋸歯)で見るのがいいと思います。ヌマエビは眼よりも後ろまでトゲがあり、ヌカエビは眼の手前までしかありません。またヌマエビの方がトゲがしっかりしている傾向があります。三浦半島では、ヌマエビとヌカエビが混生している地域もあるので注意する必要があります。

 しかし、他地域では眼の後ろにも数個のトゲが並ぶタイプのヌカエビが知られ、トゲの位置では正確な区別ができないとされています。三浦半島でも稀に変な個体が採れて、しっかり同定する場合は、第3胸脚の指節(ツメの部分)にある小棘の数で見分ける必要があります。これについては、また改めて追加したいと思います。
b0348205_00372373.jpg
〈ヌカエビ〉
b0348205_17095769.jpg

〈ヌマエビの体色〉
 体色はメスでは透明で、背中の中央に縦線があります。また、オスでも体色は様々で、青っぽい個体や赤っぽい個体などがいます。
b0348205_15323832.jpg
〈ヌマエビ〉
 ヌマエビでも上の個体のように額角の上縁にあるトゲ(鋸歯)がヘンな付き方をしている個体もいます。


by shingo-ayumi | 2016-12-26 16:56 | 淡水生物いろいろ | Comments(0)

クリスマス会(2016)

 自然関係の活動や仕事をしている仲間たちが我が家に集まりクリスマス会を開催しました。みんなで記念撮影をしようとカメラと三脚を用意しておいたのに結局酔い潰れて忘れてしまい、サカマッキーから写真をいただきました!
b0348205_22501282.jpg
 この日は狭い我が家に13人が集結しました。
b0348205_22503844.jpg
 我が家の住人、ホウセキカナヘビのシェンロンくんもパーティに参加です!右はケーキをつくるシバタくん
b0348205_22501806.jpg
 ユウさんは来るなりシャンパンを爆発させたり、カナブンの幼虫について熱く語り合ったり、途中いきなり生物標準和名しりとりが始まったり、なかなかカオスな会でした!笑
b0348205_22503063.jpg
 ちなみに僕は宣言通り浴びる程飲み2時くらいにはダウン!他数名は我が家にお泊りし、床に雑魚寝状態で朝を迎えました。

 今週は忘年会続きの1週間でしたが、その締めくくりに相応しい大宴会でした。

 みなさんお疲れ様でした!そして良いお年を!


by shingo-ayumi | 2016-12-25 23:08 | その他 | Comments(2)

ビオトープの修復作業 in 横浜

 横浜にあるビオトープの修復作業に行ってきました。
b0348205_22362513.jpg
 作業中に見つけたアカテガニ
b0348205_22363614.jpg
 このビオトープはコンクリートの下にゴムシートが敷いてあるタイプのものなのですが、10年前に敷いたゴムシートの劣化が激しいということで、一度中の生き物や土、水草を出して、新しいゴムシートに張り替える作業をしました。
 流れとしては、生き物の救出→中の土と植物を出す→ゴムシートを張る→土と水草を戻す→水を入れる→後日生き物を戻すといった感じです。
b0348205_22364581.jpg
〈コマルケシゲンゴロウ〉
 ここのビオトープには、横浜市産の貴重なコマルケシゲンゴロウが見られます。その他は、正直あまり面白い生き物が期待できる地域ではないのですが、コマルケシだけはダメになってほしくなかったので関わらせていただきました。
b0348205_22365135.jpg
〈ハラグロコミズムシ〉
b0348205_22365500.jpg
〈マルタンヤンマ幼虫〉
 横浜では、植物の多いビオトープであればたいてい出現するトンボです。
b0348205_22371412.jpg
〈アカテガニ〉
 一緒に行ったウチダくんが見つけました☆
b0348205_22372414.jpg
 休憩~
b0348205_22373294.jpg
 とりあえずこんな感じで完成です。

 久しぶりの肉体労働で全身筋肉痛になりました!でも最近はずっとデスクワークだったのでリフレッシュできました。


by shingo-ayumi | 2016-12-23 22:55 | 生きものに関する活動 | Comments(0)

ヤマアカガエルそろそろ産卵?

b0348205_01304278.jpg
〈ヤマアカガエル, 神奈川県逗子市〉
 先日、偶然石の下にヤマアカガエルがいるのを発見して撮影しました。ヤマアカガエルは、僕の地元付近では1月~3月頃に産卵します。しかし、稀に少し早めの12月から産卵を始める個体もみられます。
b0348205_01304721.jpg
 石をどけると固まっていました!笑 去年は産卵のタイミングを外してしまったので、今年は外さないように行ってちゃんと撮影できればいいなと思っています。


by shingo-ayumi | 2016-12-20 01:36 | 両生類・爬虫類 | Comments(0)

エゾシカとヒグマの肉を食べる

 夏に北海道でお世話になった猟師のカネチャンが、エゾシカとヒグマの肉をK研究室に送ってくれたというので、遊びに行ってきました。
b0348205_13563597.jpg
〈エゾシカの肉〉
b0348205_13564334.jpg
〈エゾシカの肉、調理後〉
b0348205_13565404.jpg
〈ヒグマの肉〉
 ヒグマの肉を食べる機会はなかなかないので貴重な体験でした。
b0348205_13570801.jpg
〈ヒグマの肉、調理後〉
 ちなみに、佐野家には、代々「クマを食べてはいけない」という言い伝えがあるそうです!(笑)しかし、なぜクマを食べてはいけないのかその理由は誰も知りません!(笑)佐野家のご先祖がクマに助けられたのでしょうか??(笑)

 ウチのジィちゃん曰く、ジィちゃんの曽祖父が、その昔熊野に参拝に行き、その時に熊野から持ち帰った物(それが何なのかよく分からん)を本家の裏山に祠を建てて祀ったことからじゃないか?と言っていました。ちなみに佐野家の本家は岩手県釜石市にあり、その「熊野の祠」と呼ばれる祠は今でも残っているようです。

 というわけで、今回佐野家の言い伝えを破りついにクマ肉を食してしまった僕はご先祖に祟られないか少し心配です・・・(笑)


by shingo-ayumi | 2016-12-17 14:25 | 自然を食す | Comments(0)

阿部光典さんが遺してくれたもの

 少し前に、神奈川昆虫談話会のメーリングリストで阿部光典さんが亡くなったという訃報が流れ大変驚きました。
 阿部光典さんは、僕が尊敬するゲンゴロウ研究家の一人で、神奈川県立 生命に星・地球博物館に数万点のゲンゴロウコレクションを寄贈された方です。
b0348205_23045228.jpg
〈神奈川昆虫談話会の花蝶風月165号〉
 僕が、神奈川県博に勤務していた頃、阿部光典さんのゲンゴロウコレクションのデータベース化を担当させていただきました。そしてその時の話を自然科学のとびら72号に書かせていただきました。すると、それを見てくださった阿部光典さんが、僕宛てにお手紙をくださったのでした。
b0348205_23050121.jpg
〈自然科学のとびら72号〉
 あの阿部光典さんからお手紙をいただけるなんて!と思い、急いでお礼とコレクションを見て僕が気付いたことを書いて返信させていただきました。すると、すぐに返信のお手紙を送ってくださいました。
 お手紙には、40年前からゲンゴロウにはまったこと、その時から捕虫網をタモ網に持ち替え、ずっと一人でゲンゴロウ採集を続けたこと、北は礼文島、南は西表島まで日本全国を回って採集をしたこと、そして集めた標本を整理しようと思っていた矢先に脳梗塞で倒れ、採集も研究も出来なくなってしまったことなどが書かれていました。
 ところが自宅療養の生活をされる中で、僕の書いた「自然科学のとびら72号」を読み、自分の寄贈したコレクションを扱っている人がいる!と、お手紙をくださったそうです。そして僕が返信したお手紙を読んで、再びゲンゴロウ屋魂に火が付き、採集に行くのは無理でも研究ならできるのではないか?と考えられたそうです。しかし、ペンを持つ手も自由に動かすことができずやはりダメかとあきらめざる得なかったことが書かれていました。いただいたお手紙の乱れた文字がそれを物語っていました。
b0348205_23050905.jpg
〈阿部光典さんからいただいたお手紙〉
 しかし、お手紙の最後には、自分が集めた標本が、若い世代につながったことの喜びと感謝、励ましが書かれていました。僕もゲンゴロウ界の重鎮からこのようなお手紙をいただけたことに感激し、心から感謝しました。 

 お手紙をいただいてから4年、結局僕は阿部光典さんに直接お会いすることはありませんでした。自分の中ではもう少し成果を出してからそれを持ってお訪ねしたいと思っていたのですが残念です。しかし、大先輩が遺してくださった標本、また知識や経験、想いは本当に大切なもので、それを継いでいかなくてはならないのだとよく理解しました。これからも精進していきたいと思います。



by shingo-ayumi | 2016-12-15 00:13 | その他 | Comments(0)

ナンヨウツバメウオ(神奈川県産)

b0348205_22041464.jpg
〈ナンヨウツバメウオ Platax orbicularis, 三浦市〉
 ナンヨウツバメウオは、マンジュウダイ科ツバメウオ属の魚で、基本的には南西諸島や八丈など、南の海で見られる種です。幼魚のうちは上の写真のように枯葉に擬態したようなかたちをしています。
b0348205_23230498.jpg
 最近、歩海奥さんは、このブログでもよく登場するアヤちゃんと二人で潜りに出かけています(僕は置いてきぼりです…笑)。そして、アヤちゃんと潜りに行った時に三浦市でナンヨウツバメウオを見たと言っていたので、この日は僕も一緒に行ってみることにしました。すると、磯の波打ち際に横になって漂っているナンヨウツバメウオの幼魚をすぐに発見することができました。本当にいた!!

 ちなみに、今年は三浦半島での目撃例が例年より多いようで、チラホラ情報を耳にします。神奈川県で出会うと嬉しい海水魚です。


by shingo-ayumi | 2016-12-12 22:19 | | Comments(0)

冬の森たんけん(2016)

b0348205_23560989.jpg
 地元、ふるさと侍従川に親しむ会の毎年恒例の活動「冬の森たんけん」がおこなわれました。冬の森たんけんは、侍従川流域の森を生き物や植物などを観察しながら散策する活動です。今年は20人くらいが集まりました。
b0348205_23564183.jpg
 森の中はすっかり冬景色になっていました。
b0348205_23565480.jpg
 毎年恒例のアリジゴクの住人探しです!
b0348205_23570565.jpg
 見つけた!!
b0348205_23572302.jpg
 アリジゴクの住人ことウスバカゲロウの幼虫です。
b0348205_23571309.jpg
 ここにはたくさんのアリジゴクがあり、幼虫も簡単に見つけられます。
b0348205_23573428.jpg
 次は沢に行って水生生物の観察です。
b0348205_23583154.jpg
b0348205_23574207.jpg
 何が採れたのかな??
b0348205_23575651.jpg
 スミウキゴリが採れました。
b0348205_23580136.jpg
 4種類の淡水エビも見られました。その他、コシボソヤンマやダビドサナエの幼虫、モンキマメゲンゴロウなども見られました。
※すみません上の写真のヌカエビは間違いでヌマエビでした。
b0348205_23590647.jpg
 子どもたちが僕に向けて緑の物体を飛ばしてきました!!
b0348205_23591853.jpg
 みんなが飛ばして遊んでいたのはアオキの実です。
b0348205_23594252.jpg
 アオキの実は、上の写真のようにおしりの部分を指で強く締め付けると皮がむけて勢いよく飛び出すのです。
b0348205_00000172.jpg
 会長の山田さんが竹笛を作ってあげていました☆
b0348205_23584257.jpg
 生き物や植物で遊んだあとは山の頂上に向かいました。
b0348205_23584703.jpg
 途中紅葉がとてもきれいでした。
b0348205_23585376.jpg
 頂上に向かう途中の所でお弁当タイムにしました。
b0348205_00003893.jpg
 クリの木になにやら怪しげな虫の大群がべったりとくっついています。
b0348205_00004513.jpg
 これはクリオオアブラムシという大型のアブラムシの1種です。この時期になるとコロニーをつくって木の幹で越冬します。
b0348205_00005381.jpg
 後ろからポンと押したくなりますね!笑
b0348205_00010707.jpg
 昼食後は頂上で弓矢を作って遊びました。
b0348205_00012422.jpg
b0348205_00013146.jpg
 放てー!!
b0348205_00014276.jpg
 みんなが弓矢で遊んでいる頃、一部のメンバーは横で怪しい動きをしていました!!↓
b0348205_00015082.jpg
 ジャーン完成!!まさかの巨大な鳥の巣づくり!!
b0348205_00015813.jpg
 巨大な鳥の巣は子どもたちに大人気でした。
b0348205_00020622.jpg
〈ウスタビガの繭〉
というわけで、今年も楽しく侍従川流域の森をたんけんしました。


by shingo-ayumi | 2016-12-12 00:29 | 侍従川流域 | Comments(0)

ジムグリ

b0348205_23144231.jpg
〈ジムグリ〉
 今年の5月頃に採ったジムグリが最近ようやくエサを食べるようになりました。ジムグリは、日本固有のヘビで、よく地中や石の下などに潜ることから「地潜(ジムグリ)」の和名が付いています。
b0348205_23144827.jpg
 ジムグリはエサ付きが悪く、飼育が難しいとされています。というのは、野生ではモグラやネズミの子どもを食べることから、モグラやネズミの繁殖期以外は絶食状態になるそうです。絶食するってすごいですよね!!
 おまけに性格は神経質なため、飼育下では結局エサを食べないまま死んでしまったなんて話をよく聞きます。
b0348205_23145487.jpg
 我が家でも5月に採集して以来、まったくエサを食べてくれず心配していました。しかし、11月に入りようやくピンクマウスを食べてくれるようになりました。最近は1週間に1回くらいのペースでピンクマウスを食べています。


by shingo-ayumi | 2016-12-08 23:38 | 我が家のいきもの | Comments(0)

エゾコガムシ

b0348205_23212976.jpg
〈エゾコガムシ Hydrochara libera (SHARP,1884) , 北海道〉
 以前撮った写真から、エゾコガムシを投稿します。
b0348205_23213607.jpg
 名前に「エゾ」と付いていますが、本州にも分布しています。しかし、分布は局地的で、良く似ているコガムシに比べるとレアなイメージがあります。
b0348205_23215299.jpg
〈採集したエゾコガムシ〉
 大きさも形態もコガムシに似ていますが、コガムシは脚が褐色なのに対して、エゾコガムシは黒いので簡単に見分けられます。
b0348205_23214595.jpg
〈京都府の生息地〉
 この写真は、ずいぶん前に、地元侍従川の会で一緒に活動している山田さんと二人で関西を旅した時に見つけた生息地です。エゾコガムシは、田んぼをやめて何年か経ったような休耕田の水溜りにたくさんいました。谷戸にある水生植物が豊富な湿地や池に多く見られる気がします。


by shingo-ayumi | 2016-12-06 23:40 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)