人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺の自然
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ジュニア生物調査隊 ~標本づ..
at 2019-11-19 00:20
アキアカネの産卵
at 2019-11-15 22:10
11月の観音崎とウラナミシジミ
at 2019-11-14 23:24
世界のクワガタムシ大図鑑
at 2019-11-13 22:57
レジェンドカフェ 2019
at 2019-11-12 00:57
ヒメサナエとオジロサナエの幼虫
at 2019-11-09 23:55
冬が近づく
at 2019-11-05 16:54
餌生物としてのヤゴ
at 2019-11-04 19:07
ダブルヤマダ企画
at 2019-10-29 18:06
ナチュラリスト養成講座 ~マ..
at 2019-10-27 00:10
ハセガワセスジダルマガムシ
at 2019-10-23 17:57
モンキマメゲンゴロウ(三浦半..
at 2019-10-19 21:47

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

<   2018年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

鎌倉の里山を探しにいく(2018年1月)

b0348205_21453122.jpg
 先日、地形図を見ながら水辺を探して鎌倉を歩いてきました。
b0348205_21405607.jpg
 鎌倉市内を流れる滑川(なめりがわ)です。滑川はいくつもの支流からなり、流域には多くの入りくんだ谷戸が形成されています。この日は滑川流域の谷戸を散策してきました。
b0348205_21421634.jpg
 民家の中を流れる川でもすべてコンクリートにせず生き物にとってはありがたい改修がされています。
b0348205_21421147.jpg
 一部でウメが咲き始めていました。
b0348205_21423877.jpg
 谷の奥では立派な氷柱がたくさん見られました。県東部ではなかなか見られない光景です。
b0348205_21424498.jpg
 また、林の中に入ると先日降った雪がたくさん残っていました。
b0348205_21425086.jpg
b0348205_21431399.jpg
 地図に載っていた池を見つけました。う~んイメージと違かった…
b0348205_21431924.jpg
 また、違う場所ではヤマアカガエルの卵塊を見つけました。
b0348205_21441480.jpg
 この黒い塊はいったい??
b0348205_21442049.jpg
 ヨコヅナサシガメの幼虫が集団越冬していました。
b0348205_21451617.jpg
b0348205_21452163.jpg
 最後に鶴岡八幡宮に寄りました。
b0348205_21452607.jpg
オナガガモ


by shingo-ayumi | 2018-01-27 22:03 | 田んぼ・里山 | Comments(0)

近所のネコの生態

 僕らしくない投稿なのですが…笑 今日はネコのお話です!笑

 2016年の春頃から、近所で子猫を見かけるようになりました。子猫は少し大きくなると、我が家の前にある井戸でよく日向ぼっこをするようになりました。子猫は、おそらく我が家周辺を縄張りにしている「黄色ネコ」の子どもだと思われます。
b0348205_20565631.jpg
〈2016年11月〉
 子猫はそのうち懐くようになり、僕らは勝手に「みぃすけ」と呼ぶようになりました。みぃすけはキマグレに遊びにきます。遊びに来る日や時間帯は決まっておらず本当にキマグレです。
b0348205_20570940.jpg
b0348205_20570209.jpg
 途中から首輪が付けられたので、近所の誰かに飼われているのかもしれませんが、夜中でも屋外で見かけることがあるので外飼い(放置?)なのだと思われます。
b0348205_20572531.jpg
 そんなみぃすけも2年でずいぶん大人っぽくなりました。
b0348205_20573190.jpg
 ダイナンギンポにちょっかいを出すみぃすけ

 どこの国か忘れましたが、以前テレビで近所のネコ50匹に発信器を付けて、各個体の行動範囲や時間を調査するというのをやっていました。この調査でネコたちは、行動範囲や時間帯を微妙にずらすことで棲み分けをおこなっていることが分かったそうです。

 みぃすけが普段、どこで何をしているのかはっきりしたことは分かりませんが、これまでの目撃地点から、おそらく我が家から近所の墓地までの50m程の範囲が縄張りなのだと思われます。
b0348205_22215012.jpg
 また、我が家の周辺には複数個体のネコが見られます。近所のネコたちも微妙な行動範囲や時間帯で棲み分けをしているような気がします。ちなみに、みぃすけは、我が家に来てもいつもキョロキョロとあたりを警戒しています。これはおそらく我が家の玄関周辺は、本来みぃすけの縄張りではないのではないかと思っています。

 我が家の玄関周辺は、上の図のように「茶色ネコ」、「黄色ネコ(おそらくみぃすけの母親)」、「白黒ネコ(ここ1年くらいよく見かける)」、「毛長ネコ(稀に見かける)」がよく見られます。「黄色ネコ」はおそらくみぃすけの母親です。みぃすけが子どもの頃はよく一緒にいるのを見かけましたが、現在は完全に別行動です。また、「白黒ネコ」とみぃすけが取っ組み合いのケンカをしているのを見たことがあります。みぃすけは体が小さいので、負けていました…笑
b0348205_20573692.jpg
 というわけで、僕の勝手な結論としては、みぃすけはもともと我が家の玄関あたりを中心に縄張りを持っていたが、途中から入ってきた「白黒ネコ」との縄張り争いに負け、さらに他のネコたちにはち会わないように、我が家に遊びに来ているのではないかと思っています。だから来る日や時間帯にバラつきがあるのかもしれません。


by shingo-ayumi | 2018-01-23 22:29 | その他 | Comments(0)

雪積もる

 昨日は、数年ぶりに雪が積もりました。
b0348205_20430992.jpg
b0348205_20431745.jpg
 称名寺も美しい景色でした。


by shingo-ayumi | 2018-01-23 20:44 | 称名寺 | Comments(0)

1950年代の三浦半島の里山を探る

 先日、仕事で県立 横須賀高校に行く機会があったのですが、その際に1950年代に当時の生物部が発行した「生物化学」という部誌のコピーをいただきました。
 その中に、水生昆虫の調査をまとめたものがあるんです。これについては、三浦半島昆虫研究会の会誌「かまくらちょうNo.61」でまとめられているのですが(橋本・石渡,2004)、まさか原本のコピーをいただけるとは思えず感激しました。
b0348205_17545402.jpg
〈県立 横須賀高校の部誌「生物化学」〉
 さて、この報文の中には、今となっては信じられないほど貴重な水生昆虫の記録がたくさん記されています。横須賀市産のナミゲン、クロゲン、コガタノゲン、マルガタゲン、シャープツブゲン(当時はアヤナミツブゲンゴロウと記載)、ルイスツブゲン(当時はタテナミツブゲンゴロウと記載)、ミズスマシ、ガムシ等、希少種・絶滅種のオンパレードです。また、採集した池についても手書きの地図が記されています。しかし、これがまた、今となっては何処にあった池なのだろうかと夢を膨らまされる記述なのです!
 例えば↓
b0348205_18085088.jpg
 これは逗子市と葉山町の池を表した地図です。上の図は僕が報文の図を真似して書いた図なのですが、
b0348205_17551122.jpg
〈逗子市田越川付近〉
 池①は、おそらく逗子市桜山の田越川付近だと思われます。池①は、2009年に三浦半島全域を調査した際に探したのですが見つかりませんでした。おそらく現在は無い池だと思われます。 
 しかし、謎なのは池②です。図の通り、結構大雑把に書かれているため、正確な位置が分からないのです。確かなのは葉山町だということだけです。これについても2009年に探しに行ったのですが分かりませんでした。しかし、今回部誌のコピーをいただき、再び熱が入り、先日妻と二人で探しに行ってきました。
b0348205_17544708.jpg
 上の写真は葉山町の谷戸です。以前にも探しに来たことがあったのですが、やはり池はありませんでした。
b0348205_17550455.jpg
 ただ、畑の間を細い水路が通っており、何かしらいるかもしれないなぁという印象でした。
b0348205_17552175.jpg
 こちらの池は、現在の地図には載っていないのですが、少し古い地図には載っている小さな池です。現在は埋まりかけています。でも位置的には池②ではなさそうです。
b0348205_17552844.jpg
〈ヤマアカガエルの卵塊〉
 そのまま南下して、横須賀市内の谷戸でヤマアカガエルの卵塊を撮影しました。
b0348205_17555129.jpg
 三浦半島は子どもの頃からだいぶ回って来ましたし、たくさんの人が散策していると思うので、やすやすと新たな発見ができるとは思っていませんが、昔の文献を見ると思わず「もしかしたら、まだどこかに希少種の生息地があるんじゃないか!?」と夢を膨らませ探しに行きたくなってしまいます。


by shingo-ayumi | 2018-01-22 18:43 | 田んぼ・里山 | Comments(0)

冬が長い…

 毎年のことなのですが、虫が見られなくなる11月頃から僕にとっても長い冬がやって来ます。フィールドに行っても寒いし、あまり採れないし徐々に覇気がなくなり今ぐらいの時期にやる気のでないピークを迎えます。以前は冬に南の島に行ったりしていましたが、今年は休みもとれないし…。とはいえ、12月終わり頃からダンゴウオを見に行ったりするので、少しは持ち直すのですが、それでも2,3回も行けば飽きてしまいます。
b0348205_00434131.jpg
〈ダンゴウオ〉
 
b0348205_01073926.jpg
〈ミミイカ〉
 昨夜も大潮だったので、相模湾に行って来たのですが、今年は仕事とプライベートの両方で夜磯に行っていたので、「あ~いたいた」といった気分でした。やっぱり虫とりの方がいいなぁ~
b0348205_00434706.jpg
 話は変わりますが、以前紹介したキンクマハムスターが死んでしまい、新たにジャンガリアンハムスターを飼い始めました。僕はジャンガリアンハムスターを飼うのは初めてなのですが、ゴールデン系とは行動がぜんぜん違うんです!そもそもすぐ噛むし、ウンチやオシッコは覚えないし、顔はカワイイのですがイマイチお利口ではないようです。
 なんだかどうでも良い話になってしまいましたが、次はヤマアカガエルとサンショウウオを見に行こうかなぁと思っています。


by shingo-ayumi | 2018-01-19 01:03 | その他 | Comments(0)

トウキョウサンショウウオの幼体

 そろそろサンショウウオの観察にでかける時期でしょうか。知り合いの話では、まだ産卵はしていないものの親の姿はすでに見られるそうです。
b0348205_21465913.jpg
〈トウキョウサンショウウオ幼体〉
 上の写真は、上陸して2年目のトウキョウサンショウウオの幼体です。野外っぽい写真ですが、飼育下での写真です。上陸してからの飼育は手間がかかって面倒くさいですよね。
b0348205_21470712.jpg
 ちなみにこの個体は、職場で飼っているいただきものなのですが、くださった方は、乾燥アカムシのみで5,6cmくらいまで育てたそうです。爪楊枝の先を濡らし、その先に乾燥アカムシをくっつけて顔の前まで持っていき食べさせたとのことです。僕はそんな丁寧な性格ではないので、トビムシ、ワラジムシ、ヨコエビ、ミミズを集めてあげています。


by shingo-ayumi | 2018-01-12 22:02 | 両生類・爬虫類 | Comments(0)

ダンゴウオ(水彩画)

b0348205_22450014.jpg

by shingo-ayumi | 2018-01-11 22:47 | イラスト | Comments(0)

ミミイカ〈水彩画〉

 
b0348205_22450624.jpg

by shingo-ayumi | 2018-01-11 22:46 | イラスト | Comments(0)

新年会(2018年1月)

 先日、三浦半島とその周辺で自然に関する活動や仕事をする人、興味がある人で新年会を企画させていただきました。
b0348205_21264011.jpg
 生き物が好きな人の他にもクラフトが造れる人や絵が描ける人など、自然といってもいろいろな関わり方があるんだなぁと思いました。 
 これから少しずつ広げつつ、飲み会が情報交換の場になればと思っています。興味のある方は是非☆


by shingo-ayumi | 2018-01-10 21:34 | その他 | Comments(0)

イイダコ(水彩画)

b0348205_23124858.jpg
〈イイダコ,歩海作〉
 最近毎日お絵かきをしている妻がイイダコを描きました。タコは色の変化が激しいこともあり、微妙な色合いが難しかったとのことです。また、眼状紋もよく見るとカラフルなんですよね。ここもポイントだそうです。
b0348205_23132319.jpg
 ちなみにこちらが元の写真です。


by shingo-ayumi | 2018-01-09 23:22 | イラスト | Comments(0)