人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域の自然
観音崎周辺の自然
称名寺の自然
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ハコネサンショウウオの観察(..
at 2020-04-05 20:49
三浦半島の里山(2020年4月)
at 2020-04-04 19:12
侍従川の桜(2020年4月)
at 2020-04-03 17:30
ジュニア生物調査隊3期生と特..
at 2020-03-31 19:58
観音崎自然博物館のまわり(2..
at 2020-03-27 19:52
1年ぶりの称名寺(2020年..
at 2020-03-26 20:15
三浦半島の里山(2020年3..
at 2020-03-25 23:01
侍従川のクリーンアップ&調査..
at 2020-03-23 20:37
アンピンチビゲンゴロウ
at 2020-03-19 18:50
三浦半島の里山(2020年3月)
at 2020-03-17 20:12
ウーパー系赤ちゃん
at 2020-03-14 20:17
引地川流域めぐり(2020年..
at 2020-03-12 21:16

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


日本の水生昆虫 (ネイチャーガイド)


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


クワガタクワジ物語


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

<   2018年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

北関東の里山(2018年5月、6月)

北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20290994.jpg
 今年の5月後半から6月は、生き物仲間のウチダくん、クシイくんの案内で北関東に通っていました。ちなみに上の写真の田んぼは、見た目はきれいですがザリガニだらけでした…。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20292565.jpg
〈カトリヤンマとシマゲンゴロウ〉
 地元神奈川では減少が著しい2種ですが、神奈川に比べればずいぶん残っている印象がありました。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20293546.jpg
〈タガメの卵塊〉
 このあたりはタガメが広く分布しているのですが、驚いたのは、田んぼに設置された防獣ネットに産卵している光景が多く見られたことです。最近、多くの場所で防獣シートが張られるようになりましたが、タガメがシートに産卵するのは最近ならではの光景ではないでしょうか。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20361370.jpg
〈休耕田に集まっていたタガメ〉
 休耕田に集まっていました。個体数をカウントして逃がしました。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20294961.jpg
〈キイロサナエの幼虫〉
 田んぼの横の水路には、キイロサナエの羽化殻がたくさん見られました。水路を掬うとたくさんのヤゴが採れました。写真の個体は来年羽化するものだと思われます。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20295512.jpg
〈オゼイトトンボ〉
 次は、湿地に移動しました。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20300058.jpg
〈モートンイトトンボ〉
 もの凄い数のモートンイトトンボがいました。湿地のトンボです。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20300753.jpg
〈ネクイハムイシの1種〉
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20301295.jpg
〈ウシガエル〉
 しかし、気になったのは、かなり広範囲でウシガエルやアメリカザリガニ等の外来種が入っていることでした。特に池はほとんどの場所に入っていて、タガメやゲンゴロウはよく生き残っているなぁと思いました。とはいえ、やはりウシガエルやザリガニがいる池でタガメやゲンゴロウは見られませんでした。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20303332.jpg
 さて、今度はまた違う地域で、時期も6月下旬です。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20303830.jpg
 この田んぼは見た目は良いのですが、近くに茶畑があるせいなのか(茶畑ではたくさんの農薬を撒きます)昆虫がほとんどいませんでした。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20311174.jpg
〈オオイトトンボ〉
 クシイくんに案内していただき、池にやってきました。ウシガエルやザリガニが入っていない池です。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20311543.jpg
〈モノサシトンボ〉
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20312340.jpg
〈ゲンゴロウの幼虫〉
 ゲンゴロウ(ナミゲンゴロウ)の幼虫です。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20313576.jpg
 この日は、1齢から終齢までの幼虫が見られました。関東のナミゲンは、タガメよりも分布が限られるので貴重な生息地です。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20313907.jpg
 前の投稿でも書きましたが、一見透明度の高い池でもカメラを沈めると意外にも浮遊物が多くうまく撮れないことがあります。止水域での水中撮影の難しさを感じています。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20315871.jpg
〈コサナエ〉
 神奈川ではかなり貴重なコサナエですが、このあたりでは池があればだいたいの場所で見られました。外来種がいてもあまり影響はなさそうです。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20320310.jpg
 採った生きものを撮影する山田さん
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20321388.jpg
〈タカネトンボの幼虫〉
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20322575.jpg
 農道にできたタイヤの跡に水が溜まっています。

 そこを覗くと↓
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20322963.jpg
 アカハライモリがいました。山田さんが「えぇー!ここは沖縄かぁ!」と叫んでいました。沖縄や奄美では、このような林道の水溜りにシリケンイモリがいます。
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20324762.jpg
〈オオオバボタル〉
北関東の里山(2018年5月、6月)_b0348205_20325272.jpg
〈ニホンカワトンボ〉
 というわけで、今年はずいぶん通いました。まだまだいろいろ回って調査した場所はたくさんありますが、これから少しずつやっていきたいと思います。案内してくれたウチダくん、クシイくんに感謝です。


by shingo-ayumi | 2018-06-30 21:12 | 田んぼ・里山 | Comments(0)

ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)

ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23374811.jpg
 ある番組からご依頼をいただきゲンゴロウのいる里山に取材に行ってきました。※風景の写真は生息地ではありません。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_17512452.jpg
 夜、盛んに泳ぎ回っていたゲンゴロウ
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23375459.jpg
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23380044.jpg
 田んぼの中にはアカネ属のヤゴやミズカマキリ、オオコオイムシ、ガムシ等がたくさんいました。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23241572.jpg
田んぼ脇の水路です。ここは希少な水生昆虫や水生植物が豊富な場所です。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23243453.jpg
〈ゲンゴロウ〉
 普段は、主に池にいるゲンゴロウですが、この時期は水田や水路にやってきて繁殖します。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23242747.jpg
〈ゲンゴロウの幼虫〉
 幼虫もいました。1齢から3齢まで、すべての齢期の幼虫が見られました。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23242143.jpg
 オタマジャクシを捕食しています。

 水路の中は、上から見ると比較的透明度が高いのですが、カメラを鎮めると思った以上に濁っていてうまく撮れませんでした。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23363176.jpg
 田んぼに線のようになった足跡が!?足跡の先にはガムシの幼虫がいました。これから蛹になるために上陸するようです。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23240047.jpg
〈トウホクサンショウウオ〉
 移動中の路上でトウホクサンショウウオに出会いました。大きな個体です。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23240839.jpg
〈アオダイショウ〉
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23364130.jpg
〈オニヤンマの羽化殻〉
 林道にはもうオニヤンマが飛んでいました。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23362433.jpg
 溜め池も回ってきました。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_17541974.jpg
 ちょうどジュンサイの収穫の真っ盛りで、収穫中の方たちにいろいろ伺うことができました。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_23361583.jpg
 ここでは、自分で食べるだけのジュンサイを収穫しているそうです。収穫は今月いっぱいまでだそうです。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_17550225.jpg
 この地域に通い始めて11年目になりますが、11年前とそれほど大きく変わったことはなく安心します。地図上に載っている池はほとんど回り尽くしました。ジュンサイやヒシ、ヒルムシロが生えた池がたくさんある地域で羨ましく思います。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_17552433.jpg
〈コサナエ〉
 コサナエのメスが産卵にやってきていました。このあたりでは、ほとんどの池で見ることができます。
ゲンゴロウがいる里山(2018年6月)_b0348205_17550791.jpg
 もちろんゲンゴロウもいます。

 ゲンゴロウがいる里山の取材は、これからも続く予定です。


by shingo-ayumi | 2018-06-28 18:16 | 田んぼ・里山 | Comments(0)

キタノツブゲンゴロウ

キタノツブゲンゴロウ_b0348205_22332108.jpg
〈キタノツブゲンゴロウ Laccophilus vagelineatus ZIMMERMANN,1922, 茨城県〉
 コウベツブゲンゴロウ系の中では最も小さい種で、師匠である北野先生の名前が和名になっているゲンゴロウです。
キタノツブゲンゴロウ_b0348205_22332602.jpg
 10年以上前、私が大学生になったばかりの頃、先生にキタノツブの採集に連れて行っていただいたことがありました。当時は、小型種の知識・経験が浅く、いろいろおしえていただきながら採集した記憶があります。その時は、キタノツブも含め多種多様な小型種を見せていただき感激した記憶があります。この時の採集が小型種の採集にはまるきっかけになりました。
キタノツブゲンゴロウ_b0348205_20071580.jpg
〈キタノツブゲンゴロウ幼虫〉
キタノツブゲンゴロウ_b0348205_22333927.jpg
〈生息地の様子,茨城県〉
キタノツブゲンゴロウ_b0348205_22333279.jpg
 ツブゲンゴロウの仲間は、ゲンゴロウ属をそのまま小さくしたようなホルムで好きです。また、撮影をする時もピタッと静止してくれるので撮りやすいです。


by shingo-ayumi | 2018-06-27 18:21 | ゲンゴロウ | Comments(0)

西表島のマングローブ

 
西表島のマングローブ_b0348205_00324810.jpg
 西表島ではマングローブも見てきました。
西表島のマングローブ_b0348205_00325339.jpg
西表島のマングローブ_b0348205_00330258.jpg
〈オキナワハクセンシオマネキ〉
西表島のマングローブ_b0348205_00330875.jpg
西表島のマングローブ_b0348205_00331938.jpg
 マングローブの中は濁っているところが多いのですが、場所によっては透明度が高く写真を撮りやすいところがあります。
西表島のマングローブ_b0348205_00332505.jpg
西表島のマングローブ_b0348205_00333234.jpg
西表島のマングローブ_b0348205_00333820.jpg
西表島のマングローブ_b0348205_00334560.jpg
西表島のマングローブ_b0348205_00335497.jpg
 夕方の干潟
西表島のマングローブ_b0348205_00342772.jpg

by shingo-ayumi | 2018-06-23 23:55 | | Comments(0)

ホソゴマフガムシ

ホソゴマフガムシ_b0348205_22060541.jpg
〈ホソゴマフガムシ Berosus pulchellus MACLEAY,1825, 石垣島〉
 ゴマフガムシの仲間はゴマフガムシ亜属とトゲバゴマフガムシ亜属に別けられますが、本種はその中でもゴマフガムシ亜属に属します。また、ゴマフガムシ亜属の中では最小です。
ホソゴマフガムシ_b0348205_22061093.jpg
 このホソゴマフガムシですが、写真を撮るのにすごく苦戦しました。というのは、上の写真のように、すぐに頭を下げてうつむいたような姿勢なってしまうからです。しつこく撮影したのですが、結局疲れてきてこのくらいで妥協しました。
ホソゴマフガムシ_b0348205_22061620.jpg
 石垣島、西表島では池や田んぼで見られました。


by shingo-ayumi | 2018-06-22 00:34 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

アマミチビゲンゴロウ

アマミチビゲンゴロウ_b0348205_22313930.jpg
〈アマミチビゲンゴロウ Hydroglyphus amamiensis (M.SATÔ,1961) , 西表島〉
 チビゲンゴロウとよく似ていますが、トカラ列島以南に分布しています。
アマミチビゲンゴロウ_b0348205_22314447.jpg
 池や湿地、水溜り、水田等、様々な水辺で普通に見られますが、より開放的な水辺を好み、水田などに多い印象があります。


by shingo-ayumi | 2018-06-20 00:05 | ゲンゴロウ | Comments(0)

西表島の旅(2018年6月)

 さて、新城島を後にした私たちは、夕方5時頃に西表島に到着しました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01433793.jpg
 夜は林道巡りをする予定だったので、日が暮れるまで周辺をフラフラしました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01425592.jpg
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01434940.jpg
〈ヤエヤマセマルハコガメ〉
 林道にヤエヤマセマルハコガメが歩いていたので写真を撮りました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01435902.jpg
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01440528.jpg
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01441016.jpg
 一度スーパーで買い出しをし、日が暮れたくらいに再び林道へ戻りました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01444146.jpg
〈ヒメアマガエル〉
 夜の林道ではたくさんの生き物たちと出会うことができます。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01451022.jpg
〈タイワンサソリモドキ〉
 地元の活動仲間である山田さんはサソリモドキが大好きで、いつも採って来てと言うのですが、僕はこの手の生き物は苦手で(主にクモが苦手)、毎度「いなかった!」と嘘をついています!笑 夜の林道ではたいてい見られます!
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01452023.jpg
〈タイワンセスジゲンゴロウ〉
 林道に溜まった水溜りにはゲンゴロウの仲間も見られました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01452705.jpg
〈リュウキュウオオイチモンジシマゲンゴロウ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_00064990.jpg
〈リュウキュウセスジゲンゴロウ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01453991.jpg
〈コガタハナサキガエル〉
 近年、特別希少野生動植物種に指定されました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01453464.jpg
〈ミナミオカガニ〉
 ロードキルにあい潰れたカエルを食べていました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01454490.jpg
〈ヤシガニ〉
 今回の旅では比較的多く出会いました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14240372.jpg
 朝から田んぼにいきました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14253683.jpg
〈タイワンヤツボシハンミョウ〉
 一見きれいな色をしたハンミョウですが、こいつは外来種なのです。西表島は在来種の宝庫だと思われている人もいますが、意外にも様々な分野で外来種の問題があるのです。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14293038.jpg
〈アカスジベッコウトンボ〉
 本種もここ10年くらいの間に見られるようになったトンボです。昔、台湾に行った時に初めて見て感激した記憶がありますが、その直後に西表島や石垣島でも見られるようになり驚きました。本種は外来種ではなく、自然にやってきた種です。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14255222.jpg
 移動の途中、車が3台くらい路上で渋滞していたので、なんだろうと思ってみてみると、路上をセマルハコガメが横断している最中でした。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14313827.jpg
 林道にやってきました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14302472.jpg
 このように林道に水溜りが出来ていますが、このうような溜まりは、意外にも生きものたちの生活の場になっていることが多いのです。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14302986.jpg
 オタマジャクシがいっぱい!
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14323249.jpg
 ここにもセマルハコガメがいました。今回の旅は、これまでになく何度もセマルハコガメと出会いました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14383164.jpg
〈カンムリワシ〉

 カンムリワシはカエル等を食べているのを見かけます。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14401137.jpg

西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14402010.jpg


  林道にて
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14410615.jpg
〈クロアゲハ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14411138.jpg
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14440120.jpg
〈サキシマキノボリトカゲ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14411838.jpg
〈コナカハグロトンボ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14412985.jpg
〈ホソアカトンボ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14413592.jpg
〈オオハラビロトンボ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14414207.jpg
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14523983.jpg
〈リュウキュウカトリヤンマ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14415007.jpg
〈ウエノチビケシゲンゴロウ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14415702.jpg
〈オオゴマダラ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14434512.jpg
〈サキシマカナヘビ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14464259.jpg
 川にも行きました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14515012.jpg
 今回は、リュウキュウイノシシに何度も会いました。基本的には小さいので、威嚇しつつも向こうが離れていくのですが、一回は、群れでなかなか大きな個体が1頭いて、むかってくるんじゃないか!?というくらい威嚇されました。唸りながら近づいてきたので、「ストップ!!」と叫びながら手を前に出すと止まりました!そしてそのままお互い睨み合いが続きましたが、こちらが一歩踏み出すと、少しビビった様子が見てとれたので、「どけぇっ!!」と怒鳴ると林道からそれて山の方に去っていきました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_01512166.jpg
〈コナカハグロトンボ〉
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14520879.jpg
〈ヒメホソサナエ〉
 それにしても今回、トンボが少なかったことが気になりました。この時期だと、本来なら上空にはイリオモテミナミヤンマが飛んでいて、川の上にはヒナヤマトンボなんかが見られるはずなのに、とにかく少なく、西表のトンボはどうなってしまったんだ!?と心配になりました。
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14523238.jpg
〈アトホシヒラタマメゲンゴロウ〉

西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14254378.jpg
〈ナンヨウボウズハゼ〉
 一人川の中を歩き回り、お昼は川辺の岩に腰掛け、足を川の中に浸しながら弁当を食べたのですが、なにやら足元でチョコマカと動き回っている魚が!ナンヨウボウズハゼです!網で掬おうとするとなかなか素早いのですが、こちらがボーっとしていると自ら足にくっついてきて、しきりにモグモグと口を動かしています。足の角質を取ってくれたのかな?笑 
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14540561.jpg
 夕日の様子
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14544112.jpg
星がきれいでした☆
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14554224.jpg
〈サキシマハブ〉
 サキシマハブがサキシマヌマガエルを飲む写真や動画を撮りました。

 上の写真のハブは、まだ幼蛇で小さいですね。こういう場合、一度噛みついて毒で殺した後にゆっくり飲む様子が観察できました。こんな体格差があるエサを飲みこむのは無理なんじゃないか?と観察していましたが、しっかり飲みこみました!さすが、ヘビってすごいな~☆
西表島の旅(2018年6月)_b0348205_14570023.jpg
 最終日の夜、この日は最後の林道回りをしようと思い、7時くらいにはご飯を食べてしまおうと店に入ると、突然「サノシン!!」と声をかけられました。そこには若い兄ちゃんが立っていて、一瞬「誰や?」と思いましたが、彼は、地元ふるさと侍従川に親しむ会のAくんでした。なんでも半年前に西表に移住したとか!というわけで、林道巡りはやめて偶然再会した同郷の仲間と飲みながら語り合い、最終日を飾ったのでした。


by shingo-ayumi | 2018-06-18 03:03 | | Comments(2)

アトホシヒラタマメゲンゴロウ

アトホシヒラタマメゲンゴロウ_b0348205_22434597.jpg
〈アトホシヒラタマメゲンゴロウ Platynectes chujoi M.SATÔ,1982, 西表島〉
 八重山諸島の流水域に生息するゲンゴロウです。黄色い斑紋が目立つ美麗な種です。
アトホシヒラタマメゲンゴロウ_b0348205_22433899.jpg
 10数年前に初めて西表島に行った時に偶然採集し、「これがアトホシヒラタマメか!」と一目で分かり、なんてきれいなゲンゴロウなんだと感激した記憶があります。
アトホシヒラタマメゲンゴロウ_b0348205_22435129.jpg
 本種は、和名に「マメゲンゴロウ」と付きますが、マメゲンゴロウAgabus属でもモンキマメゲンゴロウPlatambus属でもないPlatynectes属に属します。
アトホシヒラタマメゲンゴロウ_b0348205_01114135.jpg
〈生息地の様子,与那国島〉
 生息地は上の写真のような源流域から、ポットホールができるような川、染み出し水でできた僅かな流水まで、比較的様々な流水域に生息しています。


by shingo-ayumi | 2018-06-16 01:22 | ゲンゴロウ | Comments(0)

ウエノチビケシゲンゴロウ

ウエノチビケシゲンゴロウ_b0348205_22545756.jpg
〈ウエノチビケシゲンゴロウ Microdytes uenoi M.SATÔ,1972, 西表島〉
 南西諸島の染み出し水などに生息するゲンゴロウです。
ウエノチビケシゲンゴロウ_b0348205_22551222.jpg
 ユスリカの幼虫に群がるウエノチビケシゲンゴロウ
ウエノチビケシゲンゴロウ_b0348205_22550410.jpg
 このような染み出し水で出来た水溜りや湿地に生息します。今回はこれまで採っていた場所とは違う地域で生息地を見つけました。
ウエノチビケシゲンゴロウ_b0348205_22552490.jpg
 どこにいるでしょうか?笑
ウエノチビケシゲンゴロウ_b0348205_22553093.jpg
 ウエノチビケシゲンゴロウは地下水性の種を除けば、日本最少のゲンゴロウなのではないでしょうか?とにかく小さいです!
ウエノチビケシゲンゴロウ_b0348205_22551988.jpg
 野生にいるのを見ていると、結構忙しなく動き回っていました。

 昔、ゲンゴロウの師匠である恩師K先生に「西表島にしかいないゲンゴロウを見せてあげる!」と言われて生息地に連れて行ってもらったことがありました。今でこそ南西諸島に広く分布することが分かってきましたが、当時は、西表にしかいないとされていました。

 「いたいた!これだよこれ!」と見せられ、「え?どれ?」と思った記憶があります。そしてそれと同時に、「こんなに小さいんだ!?」と驚かされました。でも写真に撮ると結構可愛くきれいなゲンゴロウだと思っています!



by shingo-ayumi | 2018-06-14 02:24 | ゲンゴロウ | Comments(0)

新城島の旅(2018年6月)

新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00052526.jpg
 さて、今回の旅の目的である新城島に出発しました。

 新城島は上地島と下地島の2島からなることから「パナリ島(離れ島の意)」とも呼ばれています。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00053997.jpg
〈上地島の港〉
 これまで、八重山諸島の有人島は、すべてタモ網を持って旅をしてきましたが、この新城島だけは行ったことがありませんでした。それはなぜかというと、新城島は非常に信仰の深い島で、「アカマタ・クロマタ」という祭があることを知っていたからです。

 祭は「秘祭」とされ、祭事中は一切部外者の入島が禁止され、関係者ですら撮影、録音、スケッチ等が禁止されます。さらに祭事の中で行われる特別な儀式には、島の中でも特別な人しか参加できないそうです。そんな秘祭に興味を持ち、覗こうとしようものなら生きて島から出られないというような嘘か本当か分からない噂がネットの各所に飛び回っているのです。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00462506.jpg
 私の場合、タモ網やらカメラやら胴長やら持って闊歩していれば、怪しまれることは必至です!しかし、そんな島だからこそ、そそられるところもあり、いつかは絶対に虫とりに行きたい!と、夢を膨らませ続けて来ました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00055202.jpg
〈上池島の港,正面に見えているのは西表島〉
 というわけで、今回思い切って島の方にコンタクトを取り、水生昆虫を採りたいということを伝えると、本来シュノーケリングツアーしかやっていないところを、特別に付き添いのもと島内で虫とりをさせていただくことができたのでした。
 しかし、電話に出られた方は、優しい口調ではあるものの「この島は神の島だから!入っちゃいけない所や撮影してはいけない所もたくさんあるから、当日おしえるね!」とはっきり言われました。「神の島だから…」という言葉が強く印象に残りました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00065717.jpg
 さて、当日、一度石垣島から西表島に渡り、そこで今回お世話をしてくださるMさんと初めてお会いしました。そして、そこからMさんの船に乗せていただき、まずは上地島に向かいました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00072018.jpg
〈上地島の集落〉
 上陸すると、Mさんのお宅で麦茶をご馳走になり、島の歴史や島での注意についての話を伺いました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_23524352.jpg
 かつては、祭事に関係なく部外者がカメラを持って集落を歩くなんてことは持っての他だったそうです。私たちが集落内でカメラを持っていられるのはMさんと一緒だからです。「それでももし、あたなたちがお宮に入ったり、写真を撮ったりしたら、私も責任を問われてただでは済まない!本当だよ!私だってボコボコにされるよ!そしてあなたたちは掘った穴に埋められる!笑」。Mさんは笑いながら言っていましたが、この島の人たちにはそれだけ大切なものがあり、それを守ろうとする気持ちがとても強く、その重さが伝わってきました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00072546.jpg
 午前中、私と妻は島内に水生昆虫がいるところはないか、Mさんの案内で散策しました。そして生き物を探しながらいろいろな話を聞かせていただきました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00062008.jpg
 ここは「タカニク(火番盛)」と言って、かつて狼煙をあげる場所だったそうです。少し高台になっています。

 この後、祭事でアカマタ・クロマタが出てくるというお宮も見せてくださいました。もちろんお宮の中には入れませんし、外観の写真を撮ることはかたく禁じられています。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_23523678.jpg

 祭事の時期になると全国に散らばった島の関係者が集結するそうです。祭事は新城島にはなくてはならないもので、皆、祭事を生きがいに生きていると言っても過言ではないとMさんは言っていました。
 詳しいことはブログに書きませんが、祭事についてもいろいろな話をしてくださいました。Mさんにとって祭事は命のように大切なもので、島外者の私に対して、伝えるべきこと、伝えたいこと、伝えてはいけないことをしっかり判断し、核心には一切触れることなく話しているように感じました。
 
 もっとも私は民俗学者ではないので、歩をわきまえ、安易な興味でいろいろ聞くのは失礼かなと思い、祭事に付いて探るような質問はしないようにしました。とは言え、私もMさんが話してくれたことを話して良いものなのか自分では判断ができないので、とにかく新城島にとって祭事とは本当に本当に大切なものなのだということだけこの場で書かせていただきたいと思います。

 私もこの島に行きつくまでに島のことをたくさん調べてきましたが、ネットを見るとブラックな噂がたくさん書かれています。それは真実もあれば嘘もあるし、結局分からなかったこともたくさんありますが、部外者には計り知れない島の精神があることは確かだと思いました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00103353.jpg
 Mさんが撮ってくださいました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_23524895.jpg
〈アオムネスジタマムシ〉
 さて、自分の本分に戻り、生き物を探して島内を散策すると、オオゴマダラやスジグロカバマダラなどのチョウ類やキシノウエトカゲ等の爬虫類を多く見かけました。ハブはいないけれど、スジオはいるそうです。また、水辺がないのにカエルもいるんだよなぁ~とMさんは言っていました。

 あとから調べたところ、サキシママダラの記録はあるようでしたが、カエルの記録は見つけられませんでした。何ガエルなのか気になります。ちなみに同じ八重山諸島の鳩間島には、かつてオオヒキガエルが入った記録があります。2014年に行った際は確認できず、民宿のオジサンが「俺が見つける度に潰してたらいなくなった!」と言っていました…笑 侵略的外来種も水場が少ない離島では根絶も容易なのかもしれません。もっとも上池島にいるというカエルがオオヒキガエルかどうか分かりませんが。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_23525472.jpg
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00103859.jpg

 上地島の北側は岩場になっていました。

新城島の旅(2018年6月)_b0348205_23530072.jpg
〈下地島〉
 さて、お昼を食べて午後は、船に乗り下地島に移動しました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00105122.jpg
〈下地島の港〉
 午後、私は一人で島内散策、妻はシュノーケリングをしました。上地島に比べて下地島は、信仰的に入ってはいけない所などがないのでしょうか…。 

 Mさんには牧場の管理者が一人いるけど、島に入るなって怒られたりしないから、いたら声をかけてみなと言われました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00105994.jpg
 こうして、一人で散策を始めました。それにしても下地島は、上地島と違って日陰がほとんどなく炎天下でしんどい散策でした。しかし、水辺がいくつかあり、水生昆虫やトンボ類等、成果がありました。それについては、別の場で!
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00110868.jpg
〈アオムネスジタマムシ〉
 アオムネスジタマムシは下地島にもいました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00111512.jpg
 下地島はパナリ牧場という広大な牧場が大半を占めています。かつては、北部に集落があったそうですが、1960年代に廃村になったそうです。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00112511.jpg

新城島の旅(2018年6月)_b0348205_00113486.jpg
〈クロマダラソテツシジミ〉
 道端にたくさんのクロマダラソテツシジミが集まっているのを見つけました。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_23530647.jpg
 何かの糞に集まっているようでした。
新城島の旅(2018年6月)_b0348205_23531257.jpg

というわけで、16時半頃に港で拾ってもらい西表島に戻りました。

 今回お世話をしてくださったMさんとその息子さんには大変お世話になりました。普段はきれいで爽やかな新城島。しかし、島の魂である祭事は、時に厳しく、時に美しく神聖であり、新城という島の根っこであることがよく分かりました。


by shingo-ayumi | 2018-06-13 02:24 | | Comments(0)