人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺の自然
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

陸生貝を探しに
at 2020-01-28 15:47
オオクワガタが産んでいた!
at 2020-01-25 19:48
ミナミヒメガムシ
at 2020-01-24 19:31
チンメルマンセスジゲンゴロウ
at 2020-01-23 19:50
トビイロゲンゴロウ
at 2020-01-22 21:18
コガタガムシ
at 2020-01-21 19:31
与論島の旅(2020年1月)
at 2020-01-20 19:30
沖永良部島の海
at 2020-01-19 21:29
沖永良部島の旅(2020年1月)
at 2020-01-19 19:09
奄美群島の旅(2020年1月)
at 2020-01-18 22:39
ジュニア生物調査隊 ~4団体..
at 2020-01-07 19:08
2020年最初のフィールドワーク
at 2020-01-03 20:53

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


日本の水生昆虫 (ネイチャーガイド)


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

<   2018年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

横浜西部の田んぼ(2018年11月)

 今日は久しぶりに夫婦で横浜市西部の田んぼを散歩してきました。
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22121298.jpg
 横浜市内の水生昆虫調査をしていた時は散々行った場所でしたが、調査が終わってから早数年が経ち、ずいぶん久しぶりに来た感じがしました。
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22093129.jpg
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22094471.jpg
 冬が近くなって虫たちの姿もずいぶん少なくなりました。
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22094924.jpg
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22100455.jpg
 この日はいろいろな赤とんぼの写真を撮りたかったのですが、残念ながらアキアカネしか見られませんでした。
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22100892.jpg
〈アキアカネ〉
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22101678.jpg

 捕まえたー!

 この時期になると、アキアカネも寒さや老熟で鈍っていて素手でも簡単に捕まえられます。
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22102721.jpg

 違う田んぼに移動しました。
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22105614.jpg
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22103844.jpg
 秋の田んぼには、上の写真のようにとんがり帽子がたくさん並んでいることがあります。
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22105098.jpg
 これは「つづみ」といいます。収穫後のイネの藁を束ねて乾燥させているのです。こうして並んでいると可愛いですね。
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22110551.jpg
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22113709.jpg
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22111641.jpg
 格式高そうなお寺の横には小さな小川が流れていました。横浜市内では貴重な風景です。
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22114943.jpg
 カキがたくさんなっていました。
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22120378.jpg
 ん?何かいるか?
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22115520.jpg

〈センチコガネ〉
 地面に落ちて潰れたカキにはセンチコガネが来ていました。
横浜西部の田んぼ(2018年11月)_b0348205_22121721.jpg
 というわけで、久しぶりに横浜市内の田んぼを散歩してきました。
by shingo-ayumi | 2018-11-23 22:36 | 田んぼ・里山 | Comments(0)

黒バック写真を撮る

 今年は黒バックの写真を撮る練習をしました。個人的には白バックより難しくいろいろ試行錯誤しました。小さなホコリも結構目立ってしまいます。
黒バック写真を撮る_b0348205_17282478.jpg
黒バック写真を撮る_b0348205_17285097.jpg
黒バック写真を撮る_b0348205_17283757.jpg
 白っぽくて輪郭がはっきりしている生き物は比較的撮りやすい気がします。
黒バック写真を撮る_b0348205_17285994.jpg
黒バック写真を撮る_b0348205_17283139.jpg
 透明な生き物も映えやすくて撮りやすいです。
黒バック写真を撮る_b0348205_17291327.jpg
黒バック写真を撮る_b0348205_17292214.jpg
黒バック写真を撮る_b0348205_17293380.jpg
 一方輪郭がはっきりしない生き物や暗い色をした生き物は難しかったです。でも上手な人たちの写真を見るとまだまだです。皆さんはどうやって撮影しているんだろうなぁと気になるところです。
by shingo-ayumi | 2018-11-19 17:36 | その他 | Comments(0)

野生生物としてのハムスター

 このブログのイメージとはかけ離れたネタなのですが、我が家では2匹のハムスターを飼っています。ペットショップでは「クロクマハムスター」と「プディングハムスター」という名前で売られていました。個人的に愛玩動物は、可愛いとは思うのですが、生き物としてはあまり興味がないので、「ヘンな名前~」と思うくらいで、深く疑問に思ったことはありませんでした。しかし、いろいろ調べてみると野生動物としては結構面白いのではないかと思いました。


 ペットショップに行くと、「クロクマ」とか「キンクマ」とか「ロングヘア」とか「プディング」とか「サファイア」とかよく分からない名前がたくさん並んでいます。これらはみんな品種名であり種名ではないのです。日本で一般的に(?)売られているとされるハムスターは以下の5種だそうです。

ゴールデンハムスター Mesocricetus auratus
ジャンガリアンハムスター(和名:ヒメキヌゲネズミ)Phodopus sungorus
キャンベルハムスター (和名:キャンベルキヌゲネズミ)Phodopus campbelli
ロボロフスキーハムスター(和名:ロボロフスキーキヌゲネズミ) Phodopus roborovski
チャイニーズハムスター(和名:モンゴルキヌゲネズミ) Cricetulus griseus


 ジャンガリアンP. sungorus、キャンベルP. campbelli 、ロボロフスキーP. roborovskiは同属なので近い種のようですが、ゴールデンやチャイニーズは、属が違うので、種としては遠縁なのでしょうか。

 和名を見ると一気にネズミ感が出ますよね!笑 
さらに分布をみると↓


ゴールデンハムスター:シリア、トルコ
ジャンガリアンハムスター:シベリア、カザフスタン、中国北部
キャンベルハムスター:ロシア、モンゴル、中国
ロボロフスキーハムスター:カザフスタン、モンゴル、ロシア
チャイニーズハムスター:シベリア、中国北東部、朝鮮半島


 といった感じで結構寒い地域に分布しているようです。これだけ見ていると分布が重なる種もいるようですが、環境で棲み分けをしていたりすのでしょうか?気になるところです。
野生生物としてのハムスター_b0348205_18463363.jpg
〈クロクマハムスターのアズキちゃん〉
 ちなみに我が家のクロクマハムスターのアズキちゃんは、種としてはゴールデンハムスターになります。ゴールデンハムスターは、野生では乾燥した岩場や砂地に生息し、地面に巣穴を掘って生活しているそうです。また、分布域はシリアとトルコの国境周辺の限られた地域のみで、生息密度も薄く珍しい種だそうです。
野生生物としてのハムスター_b0348205_18462455.jpg
〈ブディングハムスターのヒノキちゃん〉
 一方プディングハムスターのヒノキちゃんはジャンガリアンハムスターになります。シベリアに多く分布し、冬になると毛色が変わるそうです。ゴールデンとジャンガリアンの2種を飼育していると分かりますが、行動や形態など、まったく別種であることがよく分かります。

 ちなみにハムスターは全般的に、野外では雑食性が強く、植物のみならず小型の動物や昆虫なども食べているようです。我が家でも床で遊ばせていると、偶然目の前を通りかかったハエトリグモを捕食していました!笑 思った以上に激しく飛びかかって捕食したので、これは面白いと思い、今度は家にいたゴキブリと戦わせようとしたら妻に怒られました…笑 でも出くわしたら普通に捕食するんでしょうね。

 ちなみにチャイニーズハムスターは、アメリカでは実験動物とて利用されてきましたが、それが野外で繁殖して、一部の地域では外来種問題となっているそうです。

 というわけで、ハムスターも野生生物として見ると結構面白そうだと思いました。是非野生で見てみたいですね。

by shingo-ayumi | 2018-11-14 19:26 | 我が家のいきもの | Comments(0)

観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)

 近所の道は知らない所がないようにしたいというのが自分のポリシーなのですが、観音崎周辺に引っ越してきてから半年以上経っているのに日々落ち着かず、いまだにちゃんと回りきれていません。仕事帰りにわざわざ遠回りをして知らない道を歩いてみたりしているのですが、すでに夕方だったり夜だったりして、暗くてよく分からなかったりもします。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23564546.jpg
 近所の裏山
 
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_09262923.jpg
 近所の道。ここをおりていくと港に着きます。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_09260921.jpg
 この日は、朝から歩きでいろいろ散策してきました。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23565611.jpg
〈叶神社と浦賀城〉
 叶神社という神社を登ると浦賀城という城跡があります。天守などはありませんが、本丸があったと思われる頂上までは長い階段が続いています。ちなみに浦賀城は、戦国時代に北条氏康が房総半島の里見氏に備えるため、三崎城の出城として築いたそうです。さらなに江戸時代後期には、勝海舟が叶神社に来て航海の安全を祈願したそうです。この辺りは以外と歴史ある地域なんですよね!
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23570295.jpg
 誰かがお供えしたのでしょうか?
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23570806.jpg
 浦賀城の頂上のひらけたところにアキアカネがとまっていました。さて、浦賀城から裏道を使って下山して、今度は観音崎に行く道沿いの谷をすべて攻めてみることにしました。とは言っても谷の形状が残っているだけでほとんどは住宅街です。それでも一部沢が残っている場所もありました。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23572904.jpg
 コンクリートの暗渠沿いに登っていくと、最後の最後に、僅か1m程の土畦の沢がありました。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23573501.jpg
〈サワガニ〉
 沢に転がっていた岩をどけるとサワガニがいました。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23574352.jpg
〈タブノキ〉
 また、何本もある入りくんだ脇道をかたっぱしから入っていると、一か所でタブノキの大木を見つけました。夏にはミヤマクワガタなんかがいそうですね~
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23575711.jpg
 ここは、岩から滴る水があふれ出ている場所です。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23580537.jpg
 こんな所でもよく探せば生き物がいそうです。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23581183.jpg
 カワニナがたくさんいました。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23581782.jpg
 ミズムシもたくさんいました。本当は水生甲虫がいないかと期待したのですが、残念ながら見つかりませんでした。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23582600.jpg
 このあたりは、かつて水田があり水が豊富な地域だったそうです。しかし、現在はほとんどが暗渠になってしまったそうです。それでも各所から染み出した水は、人の目を盗むようにして数か所から湧き出て和田川という川に流れ込んでいます。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23583494.jpg
 
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_09255443.jpg
和田川沿いに歩いて下流に進むとすぐに河口に出て鴨居港に着きます。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23584116.jpg
〈ハラビロカマキリ〉
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23584634.jpg
 この辺りは、まだ外来種のムネアカハラビロカマキリは見かけません。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23585426.jpg
 観音崎方面に行くと、また少し雰囲気が変わります。写真はイソギクの花を食べるトノサマバッタです。
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23590971.jpg
〈タカチホヘビ〉
観音崎周辺の地域を散歩(2018年11月)_b0348205_23591688.jpg
 というわけで近所を散策をしてきました。やはりちゃんと歩くと、車や自転車に乗っていては見えない風景が見られて良いですね。自分の足で歩くということはこれからも大事にしていきたいと思います。


by shingo-ayumi | 2018-11-10 00:32 | 観音崎周辺の自然 | Comments(2)

トノサマバッタ

トノサマバッタ_b0348205_17142825.jpg
〈トノサマバッタ Locusta migratoria, 横須賀市〉
 今日は、職場の庭にトノサマバッタがいたので写真を撮りました。
トノサマバッタ_b0348205_17141336.jpg
 観音崎周辺では、少し前まではほとんど見られなかったそうですが、ここ1、2年で急激に増えたそうです。本来日当たりがよく背丈の低い草地を好むバッタなので、ここ1、2年におこなわれた近隣の整備が影響したのかもしれません。
トノサマバッタ_b0348205_17142050.jpg
 職場の庭はそこそこ広い芝生で、庭内ではよく見かけます。上の写真はシバを食べている様子です。ムシャムシャとよく食べています。
トノサマバッタ_b0348205_17140496.jpg
〈ツチイナゴ〉
 こちらはツチイナゴです。本当はトノサマバッタの飛翔を撮りたかったのですが、なかなか警戒心が強くすぐに飛び立ってしまうため、普通の写真を撮るのが精いっぱいで、飛翔写真を撮る余裕がありませんでした。そのためしかたなくツチイナゴを追い掛け回して撮影しました。
トノサマバッタ_b0348205_17143555.jpg
 ここ数日は毎日夕焼けがきれいです(昨日、今日は曇りでしたが…)。虫の時期もそろそろ終わりですね。


by shingo-ayumi | 2018-11-05 17:26 | 虫いろいろ | Comments(0)