人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域
観音崎周辺の自然
称名寺
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ママではない
at 2020-02-18 18:19
ミクラミヤマクワガタと神山の結界
at 2020-02-17 18:19
雪辱を果たす ~ハマスナホリ..
at 2020-02-11 19:03
チームグリーン
at 2020-02-09 18:48
リュウキュウヒメミズスマシ
at 2020-02-08 20:11
侍従川の源流(2020年2月)
at 2020-02-06 18:05
三浦半島の里山(2020年2月)
at 2020-02-02 22:24
ヤマアカガエルの卵塊(202..
at 2020-02-01 17:52
チャマダラチビゲンゴロウ
at 2020-01-30 19:05
ナガチビゲンゴロウ
at 2020-01-29 19:00
陸生貝を探しに
at 2020-01-28 15:47
オオクワガタが産んでいた!
at 2020-01-25 19:48

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


日本の水生昆虫 (ネイチャーガイド)


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


クワガタクワジ物語


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

<   2019年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ダブルヤマダ企画

 先日、久しぶりに侍従川で活動をしてきました。 
ダブルヤマダ企画_b0348205_17402402.jpg
 この日はふるさと侍従川に親しむ会に観音崎自然博物館のお魚講座がお邪魔するという活動で、山田陽治さん(侍従川)×山田和彦さん(観音崎)という「ダブルヤマダ企画」でした!笑
ダブルヤマダ企画_b0348205_17403136.jpg
 観音崎博のお魚講座は学芸員の山田和彦さんの企画で、毎月おこなわれているのですが、この日のテーマは「保全」ということで、侍従川の川づくりについて学びました。
ダブルヤマダ企画_b0348205_17403516.jpg
 僕はというと、侍従会であり観音崎博であり、ということで、この日は大人しく道案内や写真撮影や片付けをしていました!笑
ダブルヤマダ企画_b0348205_17404652.jpg
〈シマヨシノボリ〉
 侍従川では、3月に土手を削る浚渫工事がおこなわれたのですが、やはり予想していた通り、ウキゴリ、シマヨシノボリ、チチブの3種は激減しました。石の下に産卵するこれらのハゼは、土砂が流れることで、石が埋まってしまい影響が出てしまうのです。特に産卵期ドンピシャだったウキゴリへの影響は大きく、これまで何百と簡単に採れたものが、この日は2個体しか確認されませんでした。まぁそれだけ聞くととんでもない話だ!となるのですが、一部の地域住民の方たちにとっては土手を削らないと川が溢れるのではないか?という心配もあるようで、それを考えていくこともまた川の保全をしていく上で難しい問題だという話を山田陽治さんがしました。
ダブルヤマダ企画_b0348205_17405056.jpg
〈スミウキゴリ〉
 こちらはスミウキゴリです。スミウキゴリはウキゴリより産卵期が早いため、難を逃れた個体も多かったようです。この日もそれなりの個体数が確認されました。

 上の個体はお腹がパンパンですね。侍従川では、11月末頃から1月頃にかけて産卵します。たくさん産んで回復してほしいものです。
ダブルヤマダ企画_b0348205_17405665.jpg
〈モクズガニ〉
ダブルヤマダ企画_b0348205_17410026.jpg
〈コクワガタ〉
 なぜかガサガサで採れました!笑
ダブルヤマダ企画_b0348205_17410446.jpg
〈コオニヤンマ〉
 ハゼ類には大きな影響を及ぼした工事でしたが、ヤゴにはそれほど大きな影響は見られずにいます。
ダブルヤマダ企画_b0348205_17414232.jpg
〈ダビドサナエ〉
 ダビドサナエも2000年代初頭までは、年に1回見つかるか見つからないかというくらい珍しい種でしたが、現在は毎回1個体くらいは見られます。横浜市内では貴重な生息地の一つです。
ダブルヤマダ企画_b0348205_17411400.jpg
 採集をした後は、侍従会の中学生・小学生たちがみんなに生き物の解説をしました。
ダブルヤマダ企画_b0348205_17412350.jpg
ダブルヤマダ企画_b0348205_17412906.jpg
ダブルヤマダ企画_b0348205_17413550.jpg
 みんなフィールド経験だけでなく、知識の方もなかなかのものです☆
ダブルヤマダ企画_b0348205_17414719.jpg
〈ゴクラクハゼ〉
ダブルヤマダ企画_b0348205_17415436.jpg
〈ビリンゴ〉
ダブルヤマダ企画_b0348205_17415991.jpg
〈スミウキゴリ〉
 というわけで、久しぶりに侍従川に行ってきてました。やはり故郷の川は良いものですね☆夏の間は忙しくてなかなかいけなかったのですが、冬は行けるようにしたいと思います。


by shingo-ayumi | 2019-10-29 18:06 | 侍従川流域 | Comments(0)

ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~

 今日は、このブログではおなじみの山田陽治さん主催のナチュラリスト養成講座の講師として「マニアックな水生昆虫を学ぶ」という講座をやらせていただいてきました。
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23455819.jpg
しかし、前日の大雨により川は濁流!!果たして水生昆虫はちゃんと採れたのでしょうか?
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23460548.jpg
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23462390.jpg
〈アキアカネ〉
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23482726.jpg
〈ハラビロカマキリ〉
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23483475.jpg
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23464425.jpg
 濁流の川でもキベリマメゲンゴロウはいつも通りたくさん見つかりました。
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23463844.jpg
 こちらはツマキレオナガミズスマシです。
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23465149.jpg
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23472444.jpg
 どこかから流されてきたのか、タイコウチも見つかりました。タイコウチはやはり子どもたちに人気がありました!笑
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23473420.jpg
 この日、皆さんに知ってもらいたかったことの一つして「こんな場所にも水生昆虫はいる!」というのがありました。コモンシジミガムシは、上の写真のような河川敷にできた水たまりや掘ったら水が湧くような場所でたくさん採集できます。
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23473830.jpg
 というわけで、小さな水たまりにみんなで集まってコモンシジミガムシ採集をしました。
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23474771.jpg
〈コモンシジミガムシ〉
 数ミリのガムシですが、皆さんちゃんと探してくれました。ちなみにこの時点ではコモンシジミガムシだということは言わず、その後、交尾器を抜いて、小さい虫でも交尾器を見れば同定ができるというお話をさせていただき、交尾器の取り出しと、他のシジミガムシ属との比較を実践しました。
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23480844.jpg
〈コモンシジミガムシの雄交尾器〉
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23481171.jpg
 交尾器の話の後は、白バック写真の撮り方を実践しました。
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23481697.jpg

〈キベリマメゲンゴロウ〉
 というわけで、コンディションが悪かったこともあり、種類は多く採れなかったのですが、楽しくやることができました。小さい虫について人に伝えるのは、自分の中であまり自身がなかったのですが、今回やっていて、自分なりに次回はこうしてみよう!これをやったらウケそうだ!などなど、良い勉強になりました。
ナチュラリスト養成講座 ~マニアックな水生昆虫を学ぶ~_b0348205_23483140.jpg

by shingo-ayumi | 2019-10-27 00:10 | 生きものに関する活動 | Comments(0)

ハセガワセスジダルマガムシ

ハセガワセスジダルマガムシ_b0348205_17452340.jpg
〈ハセガワセスジダルマガムシ Ochthebius hasegawai, 神奈川県〉
 体長2mm程の小さな虫です。2015年から継続して河川の水生昆虫を調査しているのですが、普通にガサガサをしているとなかなか採れない虫です。というのは、こいつらは水面に出ている石や岩の水際近くにすんでいるからです。なので、調査中に偶然網に入ることはあるのですが、水面上の石や岩を真面目に見ていない私は、見落としが多く、結局調査対象から外していました。
ハセガワセスジダルマガムシ_b0348205_17453157.jpg
 先日、台風の後にしぶき立つ激流の際にあった石にくっついている本種を見つけました。きっとこの石も完全に流れに浸かっただろうに、水際に棲むこいつらはどこで過ごしているのだろうと不思議に思います。
ハセガワセスジダルマガムシ_b0348205_17453916.jpg
 ちなみにこいつらが好む藻が生えた石や岩、コンクリ等には、以外にもいろいろな昆虫が見られます。ハネカクシの仲間やゴミムシの仲間、トビムシの仲間、ハエの仲間などなど、まったく種類は分かりませんが、こういう場所が好きなやつらがいるんですね!


by shingo-ayumi | 2019-10-23 17:57 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)

モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_22395157.jpg
〈モンキマメゲンゴロウ Platambus pictipennis (Sharp,1873), 横浜市〉
 先日、実家の近くの森を歩いてきました。まだ柔らかく翅がペコペコしたモンキマメゲンゴロウの新成虫がたくさんいました。
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_22400489.jpg
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_22401340.jpg
 ここは鎌倉市の沢をずっと奥まで登って行ったところです。
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_22402091.jpg
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_22402833.jpg
 三浦半島のモンキマメゲンゴロウは、沢の落ち葉が溜まっているようなところで見られます。
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_22403866.jpg

 水中で撮影してみました。
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_22404428.jpg
 前々から思っていたのですが、神奈川県東部におけるモンキマメゲンゴロウの分布は限られ、三浦半島は貴重な産地だと思われます。また、半島内でも、分布は三浦丘陵沿いの沢に限られ、実際どのくらいの範囲に生息しているのか調べた人はいません。前から調べよう調べよう!と思っているのですが、モンキマメだけのために沢回りするのもなぁ~と面倒くささもあり、まだ真面目に調査していません。
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_22404931.jpg
 川底に空いた穴に集まっていたモンキマメゲンゴロウ
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_22405525.jpg
きれいですね☆
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_22410149.jpg
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_21394200.jpg
 また、モンキマメゲンゴロウは個体変異が大きく、さまざまな色彩パターンがあります。それもこのゲンゴロウの魅力の一つです!
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_21292742.jpg
 さて、話は変わり、地元の森の中は先の台風の影響で大荒れでした。
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_21293608.jpg
 ここまでひどく木が倒れたのは初めてではないでしょうか。台風15号による被害です。
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_21294293.jpg
 木が倒れて、森の中にできたギャップの中をミルンヤンマが飛んでいました。ここまでひどいと、片付くまで時間がかかりそうです。
モンキマメゲンゴロウ(三浦半島産)_b0348205_21505881.jpg
 ちなみに上の写真は、この日最後に行った横浜市の侍従川流域の生息地…だった場所です。この水路がうまい具合にせき止められて、モンキマメゲンゴロウの多産地になっていたのですが、先の台風による土砂崩れの整備のため、水路はきれいに掃除され、土嚢置き場にされてしまっていました。当然モンキマメゲンゴロウは暗渠を伝って侍従川本流の中流域まで流されてしまったでしょう。なんてこったとショックでした。
 
 侍従川流域は横浜市内では非常に貴重な生息地です。ですが、それもちゃんと知られないまま一つ生息地が失われてしまいました。やはり、ちゃんと調査して県東部のモンキマメがどれほど貴重なのかということを証明していかないといかんなぁ~としみじみ思いました。


by shingo-ayumi | 2019-10-19 21:47 | ゲンゴロウ | Comments(4)

ジムグリ

ジムグリ_b0348205_20392782.jpg

〈ジムグリ Elaphe conspicillata, 鎌倉市〉
 先日、ジムグリ2匹とシロマダラとマムシとアオダイショウが同時に現れて、まずシロマダラを捕まえて、次にジムグリに手をかけ、手をかけたジムグリ噛まれながらもう一匹のジムグリをつかみ、次はマムシだと足で押さえつけた夢を見ました!笑 なんて楽しい夢なんでしょうかね!  

 そんな夢を見たのも偶然ではなく、夢を見た前日に現実世界でジムグリと出会い写真を撮っていました。
ジムグリ_b0348205_20393645.jpg
 神奈川県では珍しいジムグリですが、ここひと月の間に何度かジムグリに出くわしています。ジムグリは夏場に絶食をします。ネズミやモグラの子どもを好んで食べることから、それら小型哺乳類が子どもを産む春と夏に活性化し盛んに摂食をおこないます。しかし、エサが少なくなることに加え、気温が上がり活性が鈍る夏場は絶食するのです。
 そのため、この時期はようやく涼しくなり活性を取り戻し、おまけに絶食明けでお腹を空かせてエサを探し回るようで、見つけやすくなるというわけです。
ジムグリ_b0348205_20401891.jpg
ジムグリ_b0348205_20402820.jpg
ジムグリ_b0348205_20403861.jpg
 ヘビにカメラを正面から向けるとファイティングポーズを撮ることが多いと思います。レンズに反応しているようです。
ジムグリ_b0348205_20404662.jpg
 夢の中でジムグリに噛まれましたが、現実でも噛まれました。ジムグリはよく噛みつく印象があります。
ジムグリ_b0348205_20405163.jpg
 こちらは横須賀市で見つけたジムグリです。もう成蛇で美しい模様も消えています。
ジムグリ_b0348205_20405811.jpg

〈シロマダラ,三浦市〉
 ちなみにシロマダラもここひと月の間に数件情報が入ってきました。

私が見た夢は、現実世界で起こったことの集大成だったんですかね!笑


by shingo-ayumi | 2019-10-17 21:13 | 両生類・爬虫類 | Comments(0)

ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~

ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21203702.jpg
 台風19号が通り過ぎた翌日、観音崎自然博物館ジュニア生物調査隊は、ホームである観音崎の浜で、海浜性昆虫の調査をおこないました。  
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_23394852.jpg
 風と波は少し残っていましたが、爽やかに晴れて過ごしやすい1日でした。 
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_23395266.jpg
見つかるかな~?
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21212585.jpg

〈フチトリケシガムシ〉
 岩をひっくり返すとフチトリケシガムシが見つかりました。前日、砂浜はすべて波をかぶっているはずなのに、海浜性昆虫はちゃんと見つかります。石や漂着物にくっ付いてじっとしているのかもしれません。
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21212945.jpg
 生首!?・・・ではありません。マネキンです!笑

 台風の後の浜にはいろいろなものが落ちています。
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21233535.jpg
 トンネルを通って
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21214146.jpg
 たたら浜でも調査をおこないました。
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21215381.jpg
 台風時、たたら浜は全面波をかぶります。そして台風が去った後は足跡のない美しい砂浜になります。最初に足跡を付けるのはなかなか気持ちの良いものです☆  
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_23401618.jpg
 その写真をとる様子 笑
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21222031.jpg
 なかなか全員合わない・・・そして結局全員合わない・・・笑 
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_23400010.jpg
 浜辺でシュノーケルを見つけたアンナちゃん
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21220698.jpg
 すべて洗い流されたと思われた砂浜ですが、海浜性昆虫はちゃんと採集できました。どこでどうやって過ごしていたのか気になりますね。
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21483972.jpg

〈ハマベエンマムシ〉
 打ちあがったクサフグの死体の中からハマベエンマムシが出てきました。
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21224217.jpg
 何か見つけたか?
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21224774.jpg
 打ち上げられた漂着物の中にハネカクシやガムシと一緒にいたイチョウガニの1種
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21225745.jpg
 気持ちが良いね~  この日は、ハネカクシ類、ガムシ類、ハサミムシ類、ゴミムシダマシ類、ゴミムシ類、ゾウムシ類等の海浜性昆虫の他に、台風で飛ばされてきたのか流されてきたのか、コクワガタやヒナカマキリなどの昆虫も採集されました。
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21235765.jpg
 午後は採集した昆虫を確認し、次回の標本づくりの準備をしました。 
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_23400581.jpg
 昼過ぎ、少し時間が余ったので、観音崎公園の旧噴水広場で虫とりをして遊びました。
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21244191.jpg
 さすがみっちゃん!画になる男!!
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21245659.jpg
 ツノの先のアキアカネ 
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_23402059.jpg
 だぁーー! 笑 
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_23402423.jpg
 この日は、台風で飛ばされてきたのかいつもよりアキアカネの数が多く、みんなで観察しました。
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21273592.jpg
ジュニア生物調査隊(2019)~観音崎調査(海辺編)~_b0348205_21281609.jpg
 ツチイナゴがYくんの顔を真似ているのか、Yくんがツチイナゴの顔を真似ているのか!笑 虫もYくん良い笑顔だねー☆

 というわけで、今回も充実した活動をすることができました。次回はこれまで採集してきた生き物で標本づくりをおこないます。
ちなみに今回の活動はコチラ「観音崎自然博物館どたばた学芸日誌II」でも紹介しています。


by shingo-ayumi | 2019-10-15 22:00 | 観音崎自然博物館 | Comments(0)

アキアカネを産卵させてみた

アキアカネを産卵させてみた_b0348205_20520163.jpg

〈アキアカネ,横須賀市観音崎〉
 台風19号が通り過ぎた翌日、観音崎自然博物館のジュニア生物調査隊は、ホーム観音崎で活動をおこないました。この日はどこからか飛ばされてきたようで、アキアカネがいつもよりたくさん見られました。
アキアカネを産卵させてみた_b0348205_20512885.jpg
ゲット!
アキアカネを産卵させてみた_b0348205_20513383.jpg
アキアカネを産卵させてみた_b0348205_20511808.jpg
アキアカネを産卵させてみた_b0348205_20512303.jpg
 よく見ると、メスの腹の先には卵が付いています!
アキアカネを産卵させてみた_b0348205_20514034.jpg
 水につけてみると、プリプリたくさん卵を産み落としました。
アキアカネを産卵させてみた_b0348205_20514592.jpg
〈アキアカネの卵〉
 ↓こちらは卵を産み落とす動画です☆

by shingo-ayumi | 2019-10-14 20:59 | トンボ | Comments(0)

台風19号迫る!

台風19号迫る!_b0348205_22352374.jpg
 10月12日、神奈川県に台風19号が迫っていました。観音崎周辺も翌日から激しい雨と風が吹きつけていました。
台風19号迫る!_b0348205_22360590.jpg
 職場の屋上で一匹のオオカマキリが雨に打たれていたので一時的に保護してあげました。
台風19号迫る!_b0348205_22361056.jpg
 せっかく助けてあげたのにそんなに怒るなよー!
台風19号迫る!_b0348205_22353240.jpg
 道路まで波が打ち上っていました。
台風19号迫る!_b0348205_22354977.jpg
 たたら浜も浜がなくなっていました。
台風19号迫る!_b0348205_22360005.jpg
 15号の時は停電や倒木など大きな被害が出ましたが、今回は大丈夫でしょうか。


by shingo-ayumi | 2019-10-12 22:42 | 観音崎周辺の自然 | Comments(0)

10月の観音崎(2019年10月)

10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02071011.jpg
〈観音崎たたら浜〉
 今は台風が接近していますが、少し前までは毎日爽やかな日が続いていました。
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02072174.jpg
 夏が過ぎて涼しくなったので、休みの日は子どもを連れて博物館やたたら浜まで歩いてお散歩するようになりました。
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02072672.jpg
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02073337.jpg

〈ハマユウ〉
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02075200.jpg
〈ソナレマツムシソウ〉
 ソナレマツムシソウがたくさん咲き始めました。
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02080184.jpg
 ソナレマツムシソウからひょこりイチモンジセセリが顔を出しています!可愛いですね☆
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02080661.jpg
〈ヒガンバナ〉
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02095272.jpg
〈アキアカネ〉
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02100151.jpg
 今年はアキアカネの出現が少し遅かった気がします。
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02093952.jpg
〈シマヘビの共食い〉
 この日は、休みの日でしたが博物館に遊びに行くと、館長の河野さんがシマヘビの幼蛇同士が共食いをしている様子を撮影したと写真をいただきました。珍しい光景ですね☆
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02101331.jpg
んん??
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02101617.jpg
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02102698.jpg
 最後はたたら浜で海浜性昆虫を観察してから帰宅しました。 そういえば、少し前に地元観音崎でお宮参りに行ってきました。本当は生後30日後くらいに行くものですが、7月は雨が続いていて、8月は暑くて、結局こんな時期になってしまいました。でも、お宮参りというのは地域の神様に挨拶に行くという意味合いもあるそうなので、地元の神社に行ってきました。 
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_23453296.png
 みー坊も3か月でずいぶん大きくなりました。あのオバケズッキーニも今では小さく見えます。
10月の観音崎(2019年10月)_b0348205_02110259.jpg
 最後は少し子どもネタになってしまいました!笑


by shingo-ayumi | 2019-10-11 02:35 | 観音崎周辺の自然 | Comments(2)

ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2

 先月の投稿で、三浦半島の幻のウミアメンボを探しに行った話を書きました。1924年に三浦半島から新種記載されて以来記録のないウミアメンボを求めて探しに行きましたが、今回はその続きです。

 あのあと、博物館に戻って学芸部長の山田和彦さんにその話をしたところ、山田さんがいつも魚類の定例調査をしている場所がいいんじゃないかと言われました。なんでもウミアメンボが好みそうなマングローブ風の環境があり、さらにマングローブでよく見られるオニカマスやフエダイの仲間など、南の魚が多く見られるそうです。ただ陸路はないから泳いで行くしかないよ!と言われました。では寒くなる前に案内してください!とお願いし、先日連れて行っていただきました。
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20444610.jpg
 入り江の小さな港。確かに岸沿いに木が覆いかぶさっていて雰囲気があります。
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20445019.jpg
 この日は、普段山田さん個人も博物館としてもお世話になっている現地のHさんにお世話になり、エントリーさせていただきました。
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20445648.jpg
 さぁ出発だー!
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20450488.jpg
 写真だと分かりにくいのですが、船着き場の周りにはケシウミアメンボがたくさんいました。

 10月の曇った日の海は結構寒かったです。特に当地は入り江の奥にあるため停滞しやすく水温が低いそうです。
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20453973.jpg
 岸沿いに近づいてみると、山田さんの行った通りマングローブのような風景が広がっていました。
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20451995.jpg
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20452961.jpg
 木の一部や枝が海に漬かっていて、こんなところだったらウミアメンボがいそうです。
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20462415.jpg
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20461358.jpg
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20463342.jpg
 岸沿いを泳いで湾の出口まで行きましたが、残念ながらウミアメンボは見つかりませんでした。しかし、Esaki(1924)では、7月に採れていると書かれているので時期的に少し遅い可能性があります。
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20465899.jpg
 さて、せっかくカメラを持ってここまで泳いできたので、水中も覗いてみることにしました。
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20470927.jpg
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20471705.jpg
〈サツキハゼ〉
 サツキハゼの群れが泳いでいました。サツキハゼは八重山諸島のマングローブの中でも見かける種です。
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20472212.jpg
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20472940.jpg
〈ゴンズイ〉
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20474298.jpg
〈タイワンガザミ〉
 良い写真が採れなかったのですが、山田さんが言った通り、オニカマスやフエダイの仲間なども見られました。
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20475115.jpg
 私がウミアメンボを探している間、山田さんは自分の魚類調査をしていました。
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20475744.jpg
 こちらは山田さんの成果
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20480426.jpg
ウミアメンボ ~幻の三浦半島産を追って~ その2_b0348205_20481024.jpg
 というわけで、ウミアメンボは見つかりませんでしたが、良い下見になりました。何より、三浦半島にはこんな場所があったんだ!?ということに驚かされました。お世話になったHさんには、来年の7月にリベンジしたいので!とお願いしてきました。約100年ぶりとなる再発見は果たしてあるのでしょうか。夢が広がります。

Esaki, T., 1924. On the genus Halobates from Japanese and Formosan coasts (Hemiptera: Cerridae). Psyche, 31: 112-118, pl. 5.


by shingo-ayumi | 2019-10-09 21:23 | 水生半翅 | Comments(0)