人気ブログランキング |


水辺の自然を中心としたブログです。夫婦でやっています。


by 佐野真吾、歩海

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログジャンル

自然・生物
科学

検索

カテゴリ

全体
自己紹介



田んぼ・里山
侍従川流域の自然
観音崎周辺の自然
称名寺の自然
ゲンゴロウ
タガメ
水生半翅
水生昆虫いろいろ
トンボ
虫いろいろ
両生類・爬虫類
淡水生物いろいろ
外来種
我が家のいきもの
自然を食す
生きものに関する活動
観音崎自然博物館
カメラ、機材、道具
イラスト
その他
未分類

画像一覧

以前の記事

2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月

最新の記事

ハコネサンショウウオの観察(..
at 2020-04-05 20:49
三浦半島の里山(2020年4月)
at 2020-04-04 19:12
侍従川の桜(2020年4月)
at 2020-04-03 17:30
ジュニア生物調査隊3期生と特..
at 2020-03-31 19:58
観音崎自然博物館のまわり(2..
at 2020-03-27 19:52
1年ぶりの称名寺(2020年..
at 2020-03-26 20:15
三浦半島の里山(2020年3..
at 2020-03-25 23:01
侍従川のクリーンアップ&調査..
at 2020-03-23 20:37
アンピンチビゲンゴロウ
at 2020-03-19 18:50
三浦半島の里山(2020年3月)
at 2020-03-17 20:12
ウーパー系赤ちゃん
at 2020-03-14 20:17
引地川流域めぐり(2020年..
at 2020-03-12 21:16

お気に入り

外部リンク

タグ

(2)
(2)
(2)
(2)
(1)

ライフログ


図説 日本のゲンゴロウ


日本の水生昆虫 (ネイチャーガイド)


ゲンゴロウ・ガムシ・ミズスマシハンドブック (水生昆虫1)


タガメ・ミズムシ・アメンボ ハンドブック (水生昆虫2)


日本産水生昆虫 第二版: 科・属・種への検索


よみがえれゲンゴロウの里 (守ってのこそう!いのちつながる日本の自然)


タガメのすべて―水生動物との共生を願って


タガメはなぜ卵をこわすのか?―水生昆虫の「子殺し行動」の発見 (わたしの研究)


日本のトンボ (ネイチャーガイド)


身近なヤゴの見分け方 平地で見られる主なヤゴの図鑑




世界のクワガタムシ大図鑑 (月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ)


山溪ハンディ図鑑 日本の淡水魚


日本の海水魚 (山溪ハンディ図鑑)


海獣の子供 1 (IKKI COMIX)


海のいのち (えほんはともだち―立松和平・伊勢英子心と感動の絵本 (25))


クワガタクワジ物語


Nikon デジタル一眼レフカメラ D750


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2


Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応


OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 レンズキット ブラック 1605万画素 防塵 防滴 OM-D E-M5 LKIT BLK


OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 ブラック 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 BLK

記事ランキング

<   2020年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

チャマダラチビゲンゴロウ

チャマダラチビゲンゴロウ_b0348205_18060507.jpg
〈チャマダラチビゲンゴロウ Hydroglyphus inconstans
 小さいゲンゴロウの話が続きます!本種も体長2mm程の小さなゲンゴロウです。南西諸島から東南アジアにかけて分布する種です。
チャマダラチビゲンゴロウ_b0348205_18061070.jpg
 前投稿のナガチビゲンゴロウに比べると、まだ見かける機会が多い印象がありますが、それでも産地は局地的で少ない種だと思います。生息環境は、正直よく分からないのですが、水生植物が豊富で貧栄養な池や湿地で見られることが多いような気がします。
チャマダラチビゲンゴロウ_b0348205_18212433.jpg
 ナガチビゲンゴロウ属やチビゲンゴロウ属は小さいので、野外での見分けは難しそうですが、目を凝らしてみると、それぞれ個性的な色や模様をしているので、意外にも野外での同定が可能です。


by shingo-ayumi | 2020-01-30 19:05 | ゲンゴロウ | Comments(0)

ナガチビゲンゴロウ

ナガチビゲンゴロウ_b0348205_17502943.jpg
〈ナガチビゲンゴロウ Limbodessus compactus
 体長2mm程の小さなゲンゴロウです。チビゲンゴロウという名が付いていますが、チビゲンゴロウ属ではなくナガチビゲンゴロウ属に属す種です。国内では1種しか分布していませんが、北アメリカやアフリカには近似種がいるそうです。
ナガチビゲンゴロウ_b0348205_17503427.jpg
 国内では、南西諸島に広く分布していますが、生息地は少なく、基本的には結構珍しいゲンゴロウです。生息地をたくさん知っているわけではありませんが、今まで採った場所はいずれも水生植物が繁茂する比較的貧栄養な池でした。
ナガチビゲンゴロウ_b0348205_18265825.jpg
 10年くらい前に、後輩たちと南西諸島に調査に行った時、池の中でナガチビゲンゴロウを複数個体採ろうと頑張っていました(この場所では個体数が少なかったので、ひたすら掬って追加個体を狙っていました)。
 すると、一人の後輩がイネ科の浮島に乗ったまま少しずつ岸から離れて行くのに気づき、それを見た私たちは「これが本当の島流しだぁー!」と叫びながら浮島をタモ網で押すと、浮島は後輩を乗せたまま沖の方まで流れて行ってしまいました。焦った後輩は半分浸水しながらタモ網で浮島を漕いで戻ってきました。そしてみんなで大笑いした記憶があります。今思うと、なんとまぁ危険なことをしたなぁと思いますが、ナガチビゲンゴロウを採ると毎回その時のことを思い出します。


by shingo-ayumi | 2020-01-29 19:00 | ゲンゴロウ | Comments(2)

陸生貝を探しに

陸生貝を探しに_b0348205_15100434.jpg
 上司である山田和彦学芸員は海の魚が専門なのですが、貝類も好きでいろいろ調べています。そんな山田さんが、最近仕事で陸生貝類を調べ始めました。でも本人曰く、「陸生貝のことはホントに分からないよ!水生昆虫の方が分かるくらいだよ!」とのこと。しかし、先日、キセルモドキという陸貝が、三浦半島では観音崎周辺で記録されていて、そのポイントがどうやら我が家の近くの森なのでは?ということで、先日山田さんと事務のアンナちゃんと3人で探しに行ってきました。
陸生貝を探しに_b0348205_15102914.jpg
 我が家に車を停めて、3人で陸生貝を探しに行きました。

 ちなみにキセルモドキとはキセルガイに似た種なのですが、キセルガイは左巻きなのに対して、右巻きなのだとか!しかし、キセルモドキがどんな環境にいるのかもよく分からず、とりあえず闇雲に探してみることにしました。
陸生貝を探しに_b0348205_15104831.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15105304.jpg
 落ち葉や石、朽ち木の下など探してみると、種類は分かりませんが、キセルガイの仲間がいろいろ見つかりました。
陸生貝を探しに_b0348205_15105832.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15110250.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15110665.jpg
 他にもカタツムリの仲間が見つかりました。
陸生貝を探しに_b0348205_15111210.jpg
 山田さんに駅まで送ってもらうつもりでついてきたのに、とんだ寄り道となってしまったアンナちゃんも楽しそうに(?)陸生貝を集めていました。ちなみに彼女は、この後買い物に行く予定だったそうなのですが、斜面からすべってドロドロになっていました…笑 この後買い物には行ったのでしょうか?笑
陸生貝を探しに_b0348205_15112384.jpg
 陸生貝を探していると、ダンゴムシやワラジムシ、タマヤスデ、ヤスデなど、他にもいろいろな土壌生物が見つかります。
陸生貝を探しに_b0348205_15112999.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15113668.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15114166.jpg
陸生貝を探しに_b0348205_15115327.jpg
 キノコ?
陸生貝を探しに_b0348205_15115733.jpg
 というわけで、結局キセルモドキは見つかりませんでしたが、個人的には知らない世界に触れられて結構楽しかったです☆

 帰宅すると、留守番をしていた妻が、「そういえばウチの風呂の中によくキセルガイいるよね?」と!そういえば確かに!我が家の風呂の中で結構大きめのキセルガイがよく闊歩しているのを思い出しました。すぐに風呂場を見てみましたが、その時はいませんでした。また暖かくなったら出てきますかね。


by shingo-ayumi | 2020-01-28 15:47 | その他 | Comments(0)

オオクワガタが産んでいた!

 2019年の夏にオオクワガタのメスを採集しました。「卵を産んでくれないかな~」と産卵木を入れておいたのですが、3か月くらい経っても木をかじった様子はなく、なんだ交尾してなかったのか~とあきらめていました。

 しかし、先日、久しぶりにオオクワガタの入ったケースを開けてみると、産卵木が柔らかくなっていて、「もしや!?」と思い、木を割ってみました。
オオクワガタが産んでいた!_b0348205_17535368.jpg
 すると、1個体だけ幼虫が出てきました!やったー!!いつのまに産卵していたのでしょうか?
オオクワガタが産んでいた!_b0348205_17535702.jpg
 クワガタの生態はあまり詳しくないので何とも言えませんが、1個体だけというのは、野外で交尾をした親が少しだけ卵を持っていたのでしょうか。それとも発見が遅れたために食い合ってしまったのでしょうか。はたまた、メスはある程度の期間、卵を体内で維持することができて、採集してからしばらく経ってから産卵したということなのでしょうか。
 いろいろ謎は深まるのですが、何はともあれ幼虫が得られたことは嬉しく思います☆
by shingo-ayumi | 2020-01-25 19:48 | 我が家のいきもの | Comments(0)

ミナミヒメガムシ

ミナミヒメガムシ_b0348205_17311477.jpg
〈ミナミヒメガムシ Sternolophus inconsphicuus
 国内では南西諸島に分布するガムシの一種です。本州から南西諸島まで普通に見られるヒメガムシとよく似ています。
ミナミヒメガムシ_b0348205_17312748.jpg
〈左:ミナミヒメガムシ/右:ヒメガムシ〉
 ミナミヒメガムシとヒメガムシは大きさもよく似ているうえに、同所的にいることもあるので、一見間違えやすいのですが、腹側を見ると見分けられます。

 ミナミヒメガムシは腹板突起が短いことに加えて、脚が黒っぽいのが特徴です。慣れてくると、裏っ返さなくてもこいつはミナミヒメガムシっぽいな!と感覚的に思うようになります。なんとなくミナミヒメガムシの方がガタイが良いイメージがあります。
ミナミヒメガムシ_b0348205_17312152.jpg
 ミナミヒメガムシは、南西諸島や東南アジアに広く分布していますが、生息地は局地的でどんな環境を好むのか正直よく分かりません。水草が豊富にある貧栄養な池にいたかと思うと、畑の汲み置きのバスタブやコンクリ水路で採ったこともあります。ただ、たくさんいることはあまりなく、見つけると少しだけラッキーな虫です。


by shingo-ayumi | 2020-01-24 19:31 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

チンメルマンセスジゲンゴロウ

チンメルマンセスジゲンゴロウ_b0348205_17504323.jpg
〈チンメルマンセスジゲンゴロウ Copelatus zimmermanni
 国内では本州から南西諸島まで分布するセスジゲンゴロウの一種です。北は東北地方まで記録があり、分布は広いのですがかなり局地的で珍しい種です。ちなみに私は南西諸島でしか見たことがありません。他のセスジゲンゴロウ属に比べて細長い印象があります。
チンメルマンセスジゲンゴロウ_b0348205_17504791.jpg
 古い文献では「ツインメルマンセスジゲンゴロウ」と表記されています!こっちの方がカッコイイ!笑
チンメルマンセスジゲンゴロウ_b0348205_17524109.jpg
 あまり多くの生息地を知らないのですが、水生植物が豊富で貧栄養な浅い水辺で見ることが多い気がします。


by shingo-ayumi | 2020-01-23 19:50 | ゲンゴロウ | Comments(0)

トビイロゲンゴロウ

トビイロゲンゴロウ_b0348205_20485331.jpg
〈トビイロゲンゴロウ Cybister sugillatus
 日本の南西諸島からアジアに分布するゲンゴロウです。
トビイロゲンゴロウ_b0348205_20490098.jpg
 フチトリやヒメフチを探していた頃は雑魚扱いして真面目に調べてきませんでしたが、同じく南方系で大型種のコガタノゲンゴロウに比べると、生息環境の選好性が強く、決して雑魚ではなくなりつつある種だと思っています。
トビイロゲンゴロウ_b0348205_20491486.jpg
〈左:トビイロゲンゴロウ/右:クロゲンゴウ〉
 ちなみに九州以北の国内全域に分布するクロゲンゴロウとよく似ています。アジアには、黒系のゲンゴロウ属が4種類いますが、日本ではトビイロゲンゴロウとクロゲンゴロウの2種が分布しています。
トビイロゲンゴロウ_b0348205_20491948.jpg
 トビイロゲンゴロウの特徴は、前胸背の縁がオレンジ色っぽい(鳶(とび)色)をしています。これが和名の由来にもなっています。
トビイロゲンゴロウ_b0348205_20490615.jpg
トビイロゲンゴロウ_b0348205_20492838.jpg
〈生息地の様子,ベトナム〉
 さきほど、生息環境を選ぶ種だと書きましたが、本種は水生植物が豊富な湿地のような環境を好みます。池や水田でも見られますが、いずれも水生植物が繁茂している環境で見られます。これは国内に限らず、東南アジア全体でも共通しています。
トビイロゲンゴロウ_b0348205_20494073.jpg

〈ベトナムで採集したトビイロゲンゴロウ〉
 日本の南西諸島では、多くのため池がコンクリートやゴムシート化されつつあり、各島の生息地点数をみると決して普通種ではありません。また、過去に記録があった島でも、現在は見られなくなってしまった島もあります。フチトリやヒメフチなどの派手な種に霞んでいますが、トビイロも結構珍しい種になりつつあるのではないでしょうか。
トビイロゲンゴロウ_b0348205_20494705.jpg

〈台湾のタイモ水田〉
 上の写真は、台湾ランユイ島のタイモの水田です。ここではたくさんのトビイロゲンゴロウが見られました。
トビイロゲンゴロウ_b0348205_20495560.jpg
 タイモにくっ付いて甲羅干しをしているトビイロゲンゴロウを見つけました。
トビイロゲンゴロウ_b0348205_20500320.jpg
 ちなみに、上の写真は、台湾高雄市の大都会にあった公園のビオトープなのですが、ここでもトビイロゲンゴロウを見つけました。日本の南西諸島では、街中近くの池で見かけることはほとんどないので驚きました。


by shingo-ayumi | 2020-01-22 21:18 | ゲンゴロウ | Comments(0)

コガタガムシ

コガタガムシ_b0348205_15315076.jpg
〈コガタガムシ Hydrophilus bilineatus cashimirensis
 コガタガムシは普通のガムシより一回り小さいですが、それでもかなりの大型種です。本州の一部と四国、九州、南西諸島に分布していますが、南西諸島以外の地域ではかなり珍しいと思います。
コガタガムシ_b0348205_15455730.jpg
 腹面のトゲが長いのが特徴です。
コガタガムシ_b0348205_16063426.jpg
 ゲンゴロウやガムシを見てゴキブリだと言う人がいますが、確かにガムシはしょうがない気もしますね…笑
コガタガムシ_b0348205_15315504.jpg
 近年、南西諸島でも減少が著しい印象があります。私が南西諸島に行き始めた2005年頃から比べても、見られなくなったところがたくさんあります。
コガタガムシ_b0348205_15523307.jpg
〈生息地の様子,西表島〉
 上の写真は西表島の池です。この池にはコガタガムシがたくさんいましたが、現在この池はありません。基本的には水草がわしゃわしゃあるような池で見られます。


by shingo-ayumi | 2020-01-21 19:31 | 水生昆虫いろいろ | Comments(0)

与論島の旅(2020年1月)

 沖永良部島を出港した私たちは、次なる島、与論島へ向かいました。沖永良部島から与論島までは船で2時間程です。旅に行く前に妻が、昔、沖永良部にザトウクジラを見に行ったと言っていました。さらに今ちょうど良い時期なのでは?というので、ザトウクジラを一目見ようと寒さに耐えながらデッキで探したのですが、結局クジラは見られず・・・そればかりかデッキで昼寝をしていた仲間二人と共に寒さに耐えきれなくなり、結局3人で船内に戻り爆睡してしまいました。
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14263912.jpg
 さて、与論島に着いた私たちは、早速水生昆虫の調査をおこないました。

 与論島もまた、10年前に師匠たちが調査をしているのですが、やはりダメダメだったという情報を得ていました。しかし、何を隠そう与論島には、あの幻のタイワンコオイムシの記録があるんです!ダメダメだと聞いていてもやはり夢が膨らみます。しかし、師匠たちの話に嘘はありません。いざ回ってみるとご覧の通り↓
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14265126.jpg
ほぼ全部の池がコンクリートかゴムシート池でした…。
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14282663.jpg
〈コガタノゲンゴロウ〉
 コンクリートの池でしたが、僅かに植物が生えているところには少し水生昆虫がいました。
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14270441.jpg
 ちなみにコガタノゲンゴロウは、コンクリート池にもいることがあるのでよく見る必要があります。
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14271423.jpg
 川にも行ってみました。しかし、3面コンクリートで、テナガエビの仲間やトゲナシヌマエビが少しいるだけでした。
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14271835.jpg
〈ヒラテテナガエビ〉
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14272380.jpg
〈スクミリンゴガイの卵塊〉
 調査中に特徴的なオタマジャクシを見つけました。「えぇ?これシロアゴガエルじゃない?」などど話をしていたのですが、案の定・・・。途中に立ち寄った川の近くの林の中から聞きなれない泣き声が聞こえてきたので車を止めました。やはりシロアゴガエルがいた!シロアゴガエルは特定外来生物に指定されているカエルで、島内各地で確認されているそうです。今回は泣き声だけで姿は見られませんでした。

 さて、与論島に着いた日は、雨が降っていて、途中から本降りになってしまったので、早めにあがって、最終日くらい飲みにいこうということになりました。

 数日前、奄美で仕事をしていた時に、与論に行くなら「与論献奉」という儀式的な飲酒方法があるので気を付けた方が良いですよ!と言われました。「与論献奉」とは、一般的には、お客さんをもてなす儀式で、客人全員が口上を述べてから酒を一気に飲み干し、杯を裏返し、飲んだことを示すものだそうですが、酒の場が激しくなってくると恐ろしい与論献奉になるそうです。そんな話を後輩たちにしながら、二軒ほど飲み屋を回ったのですが、そんなノリにはならず、普通に3人で盛り上がって宿に戻りました!笑
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14274700.jpg
 最終日は少し晴れ間がのぞきました。
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14275563.jpg

〈リュウキュウカジカガエル〉
 街中でリュウキュウカジカガエルを見つけました。ちなみにこの島には、ハロウエルアマガエル、ヒメアマガエルもいるそうです。
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14280230.jpg
 与論島の海岸はやたらきれいだなぁと思ったら海岸清掃をしているそうです。さすが観光地ですね。
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14280761.jpg
 オーム!?・・・と思いきやニシキエビのかけらです。
与論島の旅(2020年1月)_b0348205_14281403.jpg
というわけで、1週間程かけて奄美群島を旅してきました。


by shingo-ayumi | 2020-01-20 19:30 | | Comments(0)

沖永良部島の海

沖永良部島の海_b0348205_00295380.jpg
 沖永良部島では、私は海浜性昆虫、ぎゃんだくんは釣りを目的に海にもいきました。
沖永良部島の海_b0348205_00295747.jpg
沖永良部島の海_b0348205_00300319.jpg
 浜で釣りをするぎゃんだくん
沖永良部島の海_b0348205_00302632.jpg
沖永良部島の海_b0348205_00313790.jpg
 でかいアオヤガラが釣れた!
沖永良部島の海_b0348205_00300839.jpg
 ぎゃんだくんが釣ったヤガラと戯れるサキちゃん
沖永良部島の海_b0348205_00310446.jpg
 いつきくんも何かいたのかな?
沖永良部島の海_b0348205_00310897.jpg
 やったー釣れた!良い笑顔☆
沖永良部島の海_b0348205_00312045.jpg
 いつきくんはムラサメモンガラ、ギンガメアジ等を釣っていました。
沖永良部島の海_b0348205_00312743.jpg
 アオヤガラを次々と釣り上げるぎゃんだくん
沖永良部島の海_b0348205_00314268.jpg
 結局ぎゃんだくんは、30分くらいのうちにアオヤガラ9匹、カンモンハタ、ギンガメアジを釣りました。すげぇ!!
沖永良部島の海_b0348205_00321491.jpg
 海の中
沖永良部島の海_b0348205_00303472.jpg
〈ケシウミアメンボ〉
 一方私は、目的の虫は採れず、ケシウミアメンボの撮影をしていました。
沖永良部島の海_b0348205_00304157.jpg
 交尾をするケシウミアメンボ
沖永良部島の海_b0348205_00322601.jpg
沖永良部島の海_b0348205_00324295.jpg
沖永良部島の海_b0348205_00324710.jpg
 サキちゃんがフィルムケースに入ったムラサキオカヤドカリを見つけました。
沖永良部島の海_b0348205_00325151.jpg
沖永良部島の海_b0348205_00330048.jpg
 夜も釣りやら採集やらいろいろやりました。
沖永良部島の海_b0348205_00330515.jpg
沖永良部島の海_b0348205_00330988.jpg
 ライトを持って漁港を歩いていると、ダツが突っ込んできました。そして、ここでも先輩がギャグの手本を披露します。自ら率先してギャグをかましつつ、お世辞でも笑ってくれる後輩たちを見て、私はいった何歳までこんなことをやるのだろうか・・・と、悲しくなりました・・・。笑


by shingo-ayumi | 2020-01-19 21:29 | | Comments(0)